セックスの体位48手 廿七.本茶臼

セックスの体位48手 廿七.本茶臼

本茶臼
数ある茶臼(騎乗位)の基本の形なので、本茶臼という名が付いています。


男性が仰向けに寝ている上に女性がお股を広げて跨り、広げたオマンコにオチンチンを充てがい静かに挿入します。片膝を立てるようにすれば挿入が楽になります。


もちろん、上に乗った女性が積極的に腰を動かす必要があります。オチンチンを離さないように擦り付けて、奥に奥にと飲み込むように腰を動かします。


腰を浮かせて上下に動かしたり、膝をついて前後に動かしたりと、色々な腰使いが出来るようになれば男性も喜びます。男性の耳元でいやらしい喘ぎ声を漏らせば、より興奮して男性の方でも腰を突き上げてきます。




セックスの体位 48手 TOPに戻る