処女膜って何?

処女膜の価値

処女膜って何?
「セックスで処女膜が破れて出血する。」
初体験もまだの頃、破れてしまう処女膜や、出血に対し恐怖を抱いてしまう事から、「自分で感じる処女の価値」というものも高くなってもおかしくはありません。
そして、出血してしまう程痛いのだから、やっぱりほんとに好きな男じゃないとあげられない!となるのも当然ですよね。


処女膜って具体的にどういったものなのかご存知ですか?

処女膜って何?

処女膜は、別に膜が張られていて膣が塞がれているわけではありません。
イメージ的には、金魚すくいのポイみたいに考えられていると思いますが、そういう”膜”ではないんです。


処女膜とは膣の入り口付近にある粘膜の”ひだ”を指し、時に膣内にある薄い膜を指す。
形状は個人差があり様々であるが、普通は膣の開口部をせばめるようにしているだけであり、膜で膣を塞いでいるわけではない。
なお稀に膣内に膜を張っている場合もあるが、普通は小さな穴が開いていたり、縦に長い穴が二つあるものや泡のように多数穴が空いているので、月経時の経血やおりものは問題なく排出される。出典wiki


下記の画像は、処女膜の色々な形状のイラストです。出典wiki

処女膜って何?

膜をペニスでぶち破るようなイメージで考えている人の方が多いんじゃないかと思いますが、せばめられた開口部にあるひだの粘膜が避けてしまったり、損傷する事で出血してしまうと考えて下さい。


そして、初めての性行為の際に必ず出血するわけではありません。
約半分程の女性は処女喪失により出血しないと報告されています。

実際、当サイト管理人紗江も、15の処女喪失の際、全く痛くもなければ出血もしませんでした。

ですが、処女膜は、初めての性交だけでなく、激しい動作によって損傷したり、ペニスが挿入されたとしても損傷しない場合もあります。
よって、処女膜の状態で、確実に処女かどうかという判断材料にはならないという事なんですね。

そして、相手の彼氏は、ある程度女慣れしていたため、紗江に「処女ではない」という事は一言も言いませんでした。

出血しないから処女じゃない!
なんていう男は、女の事をあまり知らないと考えて間違いありません。

タンポンを使うと処女膜は破れる?

紗江が初めての性交の時に出血しなかった理由の可能性として、生理の時にタンポンを使っていたという事も考えられるのかなと思ったのですが、タンポンくらいのサイズや、血液を含んで膨らんだタンポンを抜く際には、するりと抜け落ちる事から、処女膜は破れないと考えられています。

実際に、タンポンをずっと使っていたけど、処女喪失の時に出血したという例もありますので、一概には言えません。


処女膜の異常?

処女膜閉鎖症

ごく稀ではありますが、処女膜で完全に塞がっている状態があります。
経血等が排出されず滞留し、体内に溜まって身体的に危険な状態となるので、早急に外科的治療を受けなくてはなりません。

処女膜強靭症

膣が完全には塞がれていなくても、処女膜が厚く、膣口が狭く伸び難いため、性交が困難である状態もあります。
手術を受けることで、普通に性交できるようになります。
あまりにもひどい性行痛がある場合は、一度レディースクリニックへ相談に行ってみるのもいいかも知れませんね。

処女膜再生手術

面白い事に、裂けてしまった処女膜を再生する美容整形の技術がある事を先日 知りました。
小陰唇の大きさや、膣口の縮小などと同様、処女膜を繋ぎ合わせる手術を美容外科などで行う事ができるのだとか・・・


縫い合わせたり、レーザーで癒着させた後、縫合したりと複数のやり方があるようですが、痛い思いをしてまで処女膜を再生させる必要があるのでしょうか。
かなり疑問に感じてしまいますね。

  • たとえ、激しい動作によって処女膜が損傷してしまったとしても、処女には変わりありません。
  • またその逆に、セックスによって裂けた処女膜を手術によって、再生したとしても、非処女は非処女です。

人工的な処置によって、処女膜を再生する事には何の意味も持たないと思いませんか。

処女膜切除術

また、上記の処女膜再生手術とは逆に、初めての性交渉でひどい痛みのために、処女膜を切除する手術もあるようです。

ですが、一般的に処女膜が裂ける痛みは、ペニスが入るまでのほんの短い時間だけと言われています。
通常はそこまで怖がる必要はありません。


ただし、すべての女性が短い時間だけの痛みだけで初めての性交渉ができるとは言えず、例外があってもおかしくはありませんね。

そして、激痛に苦しむようなら、処女膜で完全に塞がっている処女膜閉鎖症という場合も考えられますので、お医者様に診てもらう事をおすすめします。



処女のハウツーTOPへ戻る