セックスの体位48手 廿九.時雨茶臼

セックスの体位48手 廿九.時雨茶臼

時雨茶臼
まず本茶臼(騎乗位)に組んでオチンチンをしっかりくわえ込みます。


そして、女性は上体を起こし、男性の腰に跨がる形になります。踏ん張った脚で腰を浮かせる事が出来るので、自由に腰を動かすことが出来ます。


前後左右に動かすとクリトリスが擦れて気持ちいいですし、腰を浮かせて上下に動けば、ペッタンペッタンと肌が当たる音がして気分が盛り上がります。


男性も下から小突いてあげることで、快感に歪む女性の顔を見ることが出来ます。激しくするといやらしい喘ぎ声を上げるので頑張ってイカせてあげてください。



セックスの体位 48手 TOPに戻る