アンダーヘア処理 日本と海外の違い

アンダーヘアの考え方

アンダーヘアの考え方
アンダーヘアのVIO処理をしている女性は、現代ではかなり増えてきているようですが、それでもワキや腕・スネなどの処理よりも認知度は低いものです。


実は海外と比べると、考え方がまったく違うという現実。

日本人は、何故か見た目に拘る人種のようで、アンダーヘア以外のムダ毛は完璧と言えるまでにしっかりと処理しているのに、「アンダーヘアだけはまだしていない」という人が多いんです。

女性のあそこは、仮に毛がなくても常に蒸れやすい場所です。


その上、毛が沢山あると、オリモノや生理で不潔になりやすく、臭いの原因にもなってしまいます。


それなのに、何故アンダーヘアよりも腕やスネなどの処理だけを重視するのでしょうか?


日本人は、見た目さえ綺麗でいればいいと考えている一面を持っています。
あそこは常に隠れている部分ですよね。
見えている場所は、人から見られると恥ずかしい・・・そう思って、綺麗に処理をします。
でも、あそこは?
大切な人に見られる場所なのに、どうしてケアしないのでしょうか。

アンダーヘアは処理して当たり前

アンダーヘアは処理して当たり前
正反対で海外では、腕やスネなどはそのままなのに、アンダーヘアは処理している人が殆ど。
海外での考え方は、「一番不潔になりやすい場所だから、綺麗に処理しておくのは当然」という考え方なんですね。


日本のように、「見られる」「見られない」云々の問題ではないんです。

常に体を清潔に保てるように処理するのが、海外の考え方です。
身だしなみという点では、当然見える場所をお手入れするのは、女として格も上がりますが、大切な部分を不潔にしておくのはどうなのでしょう。

日本人女性と海外の男性がセックスした時に、アンダーヘアが生えっぱなしという事に驚くという話。
海外では、男性もアンダーヘアの処理をするのが当たり前。

日本で言うパイパン=アメリカで言うハイニジーナにしている男女も多く、アンダーヘアの全処理の習慣を持つ人も増えてきています。

ハイニジーナは、アンダーヘアを全処理した状態の事。
その語源は、hygiene(ハイジーン)で「 衛生 」を意味しています。
男女共に、アンダーヘアを処理していない人は、「 不潔 !」と、驚く事なんです。

アンダーヘアを処理して清潔に

アンダーヘアを処理して清潔に
いつも清潔にしているのが女性というもの。

「 身なりは綺麗だけど、一歩部屋に入ると物が散乱 」
当サイト管理人紗江は、綺麗好きの部類なので、今まで見てきた女友達の部屋にびっくり仰天する経験が多く、昔から「残念だなー」といつも感じていました。

紗江からすると、アンダーヘアを処理していない人は、まさにそれに似た感覚なんです。
かといってパイパンにした時は、やはり恥ずかしい思いをしました・・・

見える場所のムダ毛と同様、アンダーへアもきっちりと処理して、いつでも清いオンナでありたいものですね。

女子力アップのボディケア用品は下記から
ボディケア


合わせてご覧下さい。



最速1分で綺麗にゴッソリ!おすすめ除毛クリームは下記からどうぞ
アンダーヘアのおすすめお手入れ法