膀胱炎とクラミジア

膀胱炎とクラミジア

膀胱炎とクラミジア
膀胱炎は、大腸菌などが原因で起こる病気だけではありません。


性感染症のクラミジアにより膀胱炎を引き起こす事があるんです。

女性の場合、症状があまり出ないまま発症する場合も多く、クラミジアの感染に気がつかない事があります。
そして、クラミジアの菌が、膣や尿道・膀胱へ広がっていき、膀胱炎を引き起こすことも考えられます。


膀胱炎も軽く考えあなどれない病気ではありますが、症状が軽い場合は大量の水分を摂って膀胱内の菌を尿で排出する事も可能ですし、それで完治する可能性もありますが、クラミジアはそう一筋縄ではいきません。


クラミジアは自然治癒するという事は絶対にありません。そして、そのまま放置していると、不妊症の原因になる可能性もある怖い病気です。

いつもと同じ膀胱炎になった・・・と気楽に考えるのではなく、クラミジアによって膀胱炎の症状が出ていると疑う必要もあるんですね。

膀胱炎とクラミジアの検査

膀胱炎とクラミジアの検査
膀胱炎の検査は、尿検査で行います。
一方、クラミジアの検査は、子宮頚管から分泌物を採取し、病原体の有無を調べるのですが、膀胱炎の疑いの上でする通常の尿検査では、クラミジアをはじめ性病かどうかを調べる事はできません。

また膀胱炎が再発したと思ったり、膀胱炎だとの思い込みで、クラミジアだった。
長年クラミジアにかかっている事を知らずに、卵管炎で卵管の閉塞や癒着が起こり、不妊の元になってしまったという女性も現実にいるんですね。

そして、実は膀胱炎もクラミジアもどちらも、うつる病気なんです。
膀胱炎でもクラミジアでも、性行為はしないようにして下さい。