急性膀胱炎と慢性膀胱炎

急性膀胱炎と慢性膀胱炎

急性膀胱炎と慢性膀胱炎
一言で膀胱炎とは言いますが、大きく分けて2つの膀胱炎があります。

急性膀胱炎

急性膀胱炎とは、細菌が原因で起こる膀胱炎です。
一般的に膀胱炎と言われる殆どは、急性膀胱炎だといわれています。


急性膀胱炎は単純性膀胱炎とも言い、基礎疾患がないという事が特徴です。

上記でご説明している膀胱炎の原因は、この急性膀胱炎が起こる原因となっています。


通常は、急性膀胱炎だけで熱が出る事はありませんので、高い熱が出た場合は腎盂腎炎などを起こし、病気が進行していると考えた方がいいでしょう。

慢性膀胱炎

慢性膀胱炎は、複雑性膀胱炎とも言い、急性膀胱炎よりもごく軽い症状が続くのが特徴です。
この慢性膀胱炎は、基礎疾患がある人が多く、女性だけでなく男性がかかることがしばしばあります。

元々持っている基礎疾患が原因で、細菌が膀胱の中に侵入・そして繁殖して炎症を起こします。前立腺肥大症・糖尿病・尿路結石や腫瘍などの基礎疾患などがあります。

そして、急性膀胱炎を繰り返しているうちに慢性膀胱炎になってしまう場合もあるので、注意が必要です。

症状は、急性膀胱炎と似たような感じではありますが、自覚症状がないケースもあります。

元々の疾患がない場合は、完治させるのも難しく、治療に時間がかかってしまいます。


健康をサポートするサプリメントはこちらから検索


性病や女性の病気 TOP