膀胱炎で性行為中 注意すること

膀胱炎の時って性行為してもいいの?

膀胱炎の時って性行為してもいいの?
基本的に膀胱炎になっている時は、性行為はしてはいけません。

とは言え、管理人紗江は膀胱炎であろうがいつも性行為をしてしまっています。

それが、急性膀胱炎を繰り返し引き起こしている原因となっているかも知れないので、これを読んでる皆さんはしないで下さいね。
絶対にお願いします。

膀胱炎は、膀胱が炎症を起こしている状態なので、それ以上に刺激して負担をかけるのは絶対にやめて下さい。


性行為で、サイズの大きな男性のペニスを挿入することや、たとえサイズが小さくても、Gスポットを刺激するような体位は、膀胱へ負担をかけてしまいます。


細菌によって侵された膀胱へ、性行為によってまた雑菌が侵入し、膀胱炎をより悪化させてしまうという理由もあります。

絶対やめて” 潮吹き ”

性行為の時、潮吹きをさせる事は、オンナが気持ちいいと感じる場合のみ、お互いに快楽を得られる行為ですが、膀胱炎の時に潮吹きの行為は。絶対にしないで下さい。

潮吹きは、ペニスより遥かに膀胱に刺激を加える事になり、薬を飲めば簡単に治る急性膀胱炎であっても、確実に悪化します。


もしパートナーがしようとしてきたら、必ず断って下さいね。

膀胱炎で性行為中 注意すること

膀胱炎で性行為中 注意すること
膀胱炎の時に、性行為はしてはいけませんが、膀胱炎にならないために性行為で気をつけなければいけない事があります。

手マンをする時

たとえ性行為前にシャワーをしたとしても、指で膣周辺を愛撫してもらう際には、アナルを触った指や手で、クリや膣を触らないで下さい。

膀胱炎の一番多い原因は大腸菌の侵入です。
大腸菌のついた指や手でクリなどを触ると、尿道へ菌が付着し、膀胱へ侵入してしまう原因となってしまいます。

アナルを責められた時も、その指を膣内に入れないようにして下さい。

ペニスを挿入する時

膣が愛液で潤っている時や、ローションなどでぬるぬるの状態だと、挿入する際、つるっとアナルの方へ滑ってしまう事があります。

童貞くんや性行為に慣れていない男性にも多いですね。

上記同様、ペニスの先について大腸菌が膣内へ入り込み、膀胱炎になる危険性もある上、細菌性膣炎になってしまう恐れがあります。

細菌性膣炎は、痒みや痛み・違和感に性交時痛・オリモノの増加や悪臭の元にもなってしまいます。
膣炎がもっと悪化すると、不妊になってしまう可能性もありますので、充分に注意が必要です。

ピストンする時

性行為で激しくピストンするあまりに、ペニスが抜けてしまったという経験はありませんか?

特に騎乗位の際、オンナが動いている時にありがちですが、その場合も「挿入する時」と同様です。
入りはしていないけど、アナルの入り口にペニスがあたったという場合、性行為は中断し必ず1度綺麗に洗い流して下さい。

雰囲気が壊れるとか、そんな悠長な事を言っている場合ではありませんよ。

アニリングスの後クンニする

アニリングスは、アナルを舐める事を言いますが、アニリングスの後クンニをすると、舌についた大腸菌を尿道口や膣へ付着させ感染する事になるので注意が必要です。

それに、アナルからクリまでを一舐めで行い、それを繰り返す男性もいますが、菌を伸ばしている事にも成りかねませんね。

アナルへ挿れたペニスを膣に挿れない

これは、言うまでもありませんね。
アナルセックスは様々な病気を引き起こす原因です。

アナルセックスには必ずコンドームは必需です!

その他、大人の玩具を使う時も同じです。

  • アナルを刺激したローターを膣内にも入れる。
  • アナルに入れたものでクリを刺激する。
基本的には、性行為中 アナルの菌を膣や尿道に近づけない事が大切です。




健康をサポートするサプリメントはこちらから検索



性病や女性の病気 TOP