女性のクラミジアの症状

自覚症状が表れないクラミジア

女性のクラミジアの症状
性感染症のひとつ「 クラミジア 」
クラミジアは、感染しても潜伏期間があり、その時はもちろん何の自覚症状もありません。

そして、クラミジアは女性の場合は特に、発症してからも全く自覚症状がない場合が多いんです。

性器クラミジアは、女性の場合子宮頚管炎が起こります。


男性の場合は尿道に炎症を起こす事が多いため、排尿の際に痛みや違和感があったり、大半の人が気づきますが、女性は多くが無症状のまま、放置してしまうというパターンが多いのが特徴です。


そしてその無症状のまま病気が進行してしまい、最終的には骨盤腹膜へ炎症が広がると、治療も難しくなる上、不妊の原因にもなってしまいます。

女のクラミジアの症状ってどんな?

昨今では、10代の年齢層にもクラミジアの蔓延化など、性病の問題はどんどん大きくなってきています。
軽い気持ちでセックスし、症状が軽い事からそのまま放置。
そして、子宮へ拡大し取り返しのつかない事態に・・・


気が付きにくいクラミジアの症状では下記のようなものがあります。

  • 黄色いオリモノの増加
  • オリモノの臭いがキツくなる。
  • 生理痛のような痛み。
  • 肋骨あたりの痛み。
  • 下腹部だけでなく、お腹の痛み。
  • あそこが何となく痒い気がする。
  • ほんの少量の不正出血。
  • 排尿時のごく軽い痛み
  • 性交痛がある。

女性のオリモノの状態や不正出血などは、ほんの少しの体調の変化で、影響が出る場合がありますし、ごく軽い症状しか出ないため、いつもの体調不良かなと思ってしまったり、排尿時の痛みなどはただの膀胱炎と勘違いしてしまうことも。


クラミジアは症状がなくても、パートナーなどには感染する可能性が高いので、少しでもおかしいなと感じたら、できるだけ早く検査を受けてみる事をおすすめします。


健康をサポートするサプリメントはこちらから検索