男性のクラミジアの症状

男性のクラミジア

男性のクラミジアの症状
クラミジアの症状でオンナの場合は、子宮頚管炎が起こりますが、男性の多くの症状は尿道に表れます。


男性の尿道炎はクラミジアにかかった時だけに出る症状ではありませんし、比較的男性の場合は症状がわかりやすいとはいえ、時には無症状に近い場合もありますので同様に気を配る必要がありますね。

男性は、性病に関して、パートナーにもうつしてしまうという危機感さえ持っておらず、薬さえ飲めばすぐに治ると楽観視している人の割合が多い気がします。
  • あなたがクラミジアにうつってしまったら、男性(パートナー)にも必ずうつる。
  • 男性(パートナー)がクラミジアになっていたら、あなたも必ずうつっている。

あなたと男性(パートナー)は必ずセットとし、こういう風に考えておかなければいけません。

男性のクラミジアの症状

男性がクラミジアに感染してしまった場合、下記のような症状が表れます。

  • 排尿の際の軽い痛みや違和感。
  • ペニスの先から液体上の膿などが出る。
  • 下っ腹の違和感や痛み。
  • ペニスの痒みや不快感。
  • 睾丸の腫れやしこり。
  • 睾丸の痛み。
  • 軽い発熱や高熱。
  • 太もも近くのリンパの腫れ。

男性の症状も必ずしも強いものばかりではなく、軽い症状だけで「思い過ごしかも・・・」なんて考えていると、前立腺炎や血精液症になったりと、確実に症状は悪化していきます。



そして、男性の場合ももちろん全くの無症状の時 いわゆる潜伏期間にはクラミジアにかかっているなんて考えもしていません。その時に性行為やオーラルセックスをすると、確実にうつっていると考えるべきでしょう。


上記のような症状がなくとも、風俗へ通う男性や浮気癖のある男性がパートナーだとしたら、やはりあなたが自己管理する上でも気をつけておかなければいけませんね。

避妊同様、絶対に男性任せにしておいてはいけません。


健康をサポートするサプリメントはこちらから検索


合わせてご覧下さい。

性病や女性の病気 TOP