あそこや乳首が黒いのは生まれつき?

あそこや乳首が黒いのは生まれつき?

あそこや乳首が黒いのは生まれつき?
お肌の色と同じように陰部も乳首の色も、人によって様々です。

あそこや乳首を含め肌の色を決めているのは。皮膚の表皮にあるメラノサイトという色素細胞です。このメラノサイトがメラニンという色素を作って、周辺の角化細胞に分け与えることで皮膚の色が決まります。

おわかりだと思いますが、メラニンの活動が活発だとあそこや乳首の黒ずみが多いという事になりますね。

そして、そのメラニンの色素の量は遺伝的要素がかなり強いと言えます。

メラニン活性は、肌の黒い黒人が最も高く、白人は低く、黄色人種である日本人はその中間という感じになります。

色黒や色白と言うように、あそこや乳首の色もそれと全く同じで、言えば「生まれつき」という事になりますね。

元々色黒の人は、メラニンを作り出すメラノサイトが敏感で、肌がすぐに黒くなってしまいます。

色白の人は、日焼けしても赤くなって黒くはならない人が多いですよね。
あそこや乳首も肌の色と同様で、ある程度「個性」とも言えるんです。

ですが、小陰唇含むあそこの黒さは、個性なんて言葉では表したくはないものです。

年齢によるターンオーバーが遅くなって黒ずむ

そして、肌のは日々新しい表皮が生まれ、古い表皮が剥がれて生まれ変わります。肌のターンオーバーと呼ばれるものですね。

スキンケアでよく言われる「ターンオーバー」=「お肌の生まれ変わるサイクル」は、顔だけではなく、カラダの全ての部分で起きています。
あそこも同じで、そのターンオーバーのサイクルの速度は、年とともに遅くなってきます。

古いメラニンを皮膚に溜め込んでしまい、色素沈着によってあそこが黒ずんでしまう原因になってしまいます。年を重ねるにつれて、あそこも黒ずんでしまうのは、ただ自然な事なんです。

またそのターンオーバーが早すぎても、皮膚が完全な状態ではないのに、剥がれてしまいう事で過敏になりトラブルの原因となります。

どちらにしても

  • 皮膚のカサカサや毛穴の目立ち
  • 毛穴の黒ずみや角栓
  • 湿疹などの皮膚のトラブル

などは、特にビキニラインに多いですよね。

クンニをしてもらう時は特に、間近であそこを見られてしまいますが、黒ずんだビキニラインやあそこは見られたくないものです。

でも、パートナーは本当に好きな相手のあそこの大きさがどうとか、あそこがもし黒ずんでいたって、決してそれを指摘する事はありません。
どんな部分でも、愛おしく思ってくれるものです。


「黒いね・・・」なんて傷つくような事をさらっと言う男性なんて、ほおっておけばいいんです。

とは言え、オンナなら、あそこを見たパートナーから「綺麗なピンク色だね。」なんて言われるのをやっぱり誰もが夢見ます。

黒ずみを美白に イビサクリームの詳しい詳細は下記からどうぞ


ib_1敏感肌の人でも使えるあそこの黒ずみ対策

イビサクリーム

脱毛サロンが開発したデリケートゾーンの黒ずみクリーム 日本で人気NO.1

毎日のケアで、あそこの美白が簡単!憧れのピンク色のあそこに!
28日の全額返金保障がついているから、安心して試すことができますね。

黒ずみが気になっている人は、是非お試し下さい。




黒ずみTOPへ戻る