挿入での潮吹き体験

Gスポットでの潮吹き

挿入での潮吹き体験
サイト管理人紗江は、昔から潮を吹く体質だったようで、Gスポットでの潮吹きを多くの男性にさせられてきました。

本当に気持ちいいと思える潮吹きを経験したのは、現在の彼が初めてでした。Gスポットでの潮吹きのさせ方に上手い下手があるのかも知れませんが、紗江自身は「 愛している気持ち 」だと考えています。

身も心も委ね快楽に没頭する事で、本当の快感を得る事ができるんじゃないかと考えています。

もちろん、クリを触られただけで潮を吹くとか、乳首を触られただけで・・・など言う人もいるようなので、そういう人は例外のハナシです。

ただ、紗江は演技で潮を吹く量までもを調節できるという友人もいましたし、自分が経験した事がないのでその辺りはかなりの疑問も持っていますし、はっきりとは言えません。

潮吹きのおねだり

彼に潮吹きは気持ちいいものなんだと開発されてからは、紗江からおねだりをするほどで、セックスが終っても潮を吹かせてもらっていないと、物足りないような気持ちにかられ、
「ねぇ。奥触って。」と言うのが、潮吹きをねだる時の言葉でした。


その時必ず彼は「潮吹きたいの?」と聞き返します。
紗江は、潮を吹きたいのか、触って欲しいのか、自分でもわかっていないので「ゆっくりでいいから」と、彼の手を持って指先を膣の入口に差し込み誘導します。

結局ゆっくりと触られているのがもどかしくなり、潮を吹くほどの快感を得たくなって、「もっと」と懇願。

紗江が潮を吹くのはGスポットはもちろんAスポットの両方です。
Aスポットを指で掻くように触られても大量の潮が吹き出します。

いつも最終的にはシーツはビショビショ。
家では絶対にできない行為でした。

いつもはそうやっておねだりをしたり、彼が潮を吹かせようと思う時以外は、潮を吹いた事のなかった紗江ですが、先日全く思いもよらない事が起きたんです。

挿入での潮吹き体験

先日、ちょっと久しぶりのセックスで、彼のいつもよりも長い前戯にうっとりしながら、温もりや息遣い。触れる指、舌の感触を味わっていたんです。


膣に指を軽く出し入れしながら、クリトリスを丁寧に舐めてくれる彼。何度も絶頂を迎えながら、もうそろそろ彼のが欲しいと考えてると、「奥触ってあげようか?潮ふきたい?」そういって、大量に潮を吹かせてくれました。


そして、冷たい潮の海を避け少し移動し、ペニスを挿入。
正常位で気持ちよくさせてもらっていました。
ピストンなしで、ポルチオを圧されてオーガズムを迎え、Gスポットを突かれてオーガズムを迎え、その快楽に酔っていました。

そして、体位を変え彼が上の方からグッと押し込むのと同時に、紗江もGスポットにあてようと腰を少し前に出すように意識すると、温かいものが紗江の太ももを伝ったんです。


挿入での潮吹き体験
上記画像で手前側の足をもっと曲げた体位でした。
向こう側の足は、彼の足と足の間で延ばし気味です。

下半身はうつぶせで片足を曲げ、上半身は横向きの状態です。

全く同じ体位でご紹介できないのですが、セックスの体位で言うと「 続八 裾野 」がまぁ近いという感じでしょうか。

彼の腰の動きに合わせて、潮がバシャバシヤと飛び出すのがわかりました。


彼も途中でそれに気がつき、
「紗江。潮吹いてるよ。どうして?」と、横から下半身を覗きこみました。そして、その腰使いを繰り返します。


紗江もあまりの気持ちよさに、自然に腰が動き、彼の腰の動きに合わせて自分で前後に動かすたびにバシャバシャと潮を吹きました。
挿入での潮吹き体験
紗江の腰の動かし方は、上記のような感じです。

  • ピンクの矢印のように前へしゃくり上げ、前後へ動かしてもいいですし
  • 緑の矢印のように、くるくる回すようなイメージでも、潮を吹きます。

膣内でペニスがあたっている場所は、下記のイキやすい後背位と同じものです。

イキやすい後背位


「紗江どうしたの?挿れて吹くの初めてだね。気持ち良かったの?」


紗江も挿入での潮吹きが初めての経験で本当にびっくりしました。

以前から女が最もイキやすい体位 【後背位編】を中心に、「 もう潮を吹きそう 」という感じの快感は得ていましたが、潮を吹くまでには至った事はありませんでしたから。

ベッドはもちろん冷たい潮の海。
指で吹かされた潮の海も反対側にあるしで寝るスペースがなく、宿泊できずに二人で帰るはめになってしまいました。

挿入での潮吹きに悩む・・・

潮吹きをもうしたくないっていう人の気持ちは、今まであまりわからなかった紗江でした。
口では、シーツが濡れるから防水シートを敷きましょうと簡単に言えても、実際自分がそんなカラダになって初めてその大変さに気がついたんです。

挿入だけで潮吹きしてしまうのが嫌だという切実な気持ちがやっとわかりました。


ホテルだから良かったものの、こんなに潮を吹いてしまっては家では安易にセックスできません。
家のお布団でのセックスはお預けでしたが、もうどこでも安心です。

潮吹きで悩んでいる人におすすめのシーツ⇒潮吹きしてももう安心のビニールベッドシーツ

紗江と現在の彼との付き合いは、はっきりと覚えていはいませんが、6年になるでしょうか。

愛しているんだと気が付いた頃に、感じた彼のニオイや、イクという事、ぴったりと吸い付くような手の感触など、今回の挿入での潮吹き、そんな事を考えるとやはり男と女の身体は、愛を持って重ねるたびに馴染んでくるものなんだなと実感しています。

今現在、彼とのセックスと比べると、若い頃していたセックスは、ただのおままごと程度で何の面白味もないものでした。
オンナのカラダは年齢と共に、性行為が良くなってくるものなんだという事も身を持って証明できている気がします。

その後、電マをクリにあてられて潮吹きも体験しました。

イケないと悩んでいるあなたも、もしかしたら一生イケないんじゃないかと心配しているかと思いますが、今イケなくても愛する人に抱かれているうちに、いきなり「イっちゃった」という可能性もあります。
イク事に拘らないのが一番です。


男と女の潮吹きのあれこれ TOP