私ってオナニー依存症?

私ってオナニー依存症?

やめられない!オナニー依存症とは?
性欲が異常に強いだとか、いつでも何をしていてもオナニーをしたくなる。

私ってもしかして、オナニー依存症?と悩む女性もいるかも知れませんが、実は管理人紗江もそのうちの一人です。

彼とSEXをしても、もっとしたい・足りないと感じ、オナニーをしてしまう・・・
昔はオナニー依存症なのかな?なんて考える事もありましたが、今は「依存症ではない。大丈夫!」と感じています。

その「大丈夫。」には、理由があります。

やめられない!オナニー依存症とは?

オナニー依存症とは、下記でご説明している性依存症のうちの一つです。

そこで書いていますように、「依存者はそれらに性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく」とありますね。

管理人紗江が、自分で依存症ではないと感じているのは、この部分なんです。

オナニー依存症だと思う人は、自己コントロールを失っているかどうかで判断してみて下さい。

  • 1日に何度もオナニーを繰り返し、それができないとイライラする。
  • オナニーの行為が何時間にも及んだり、その他の事が手につかなくなる。
  • 友人との外出や、仕事・するべき事よりオナニーを優先してしまう。
  • オナニーのせいで寝不足になったり、日常生活に支障をきたしている。
  • 何をしていてもどこにいてもオナニーの事しか考えられない。
こういったように、自己コントロールできないという場合は、オナニー依存症かも知れません。

自分を制御できる場合は、紗江は依存症ではないと考えていますよ。

オナニー依存症になる原因

オナニー依存症をはじめ性依存症になる原因は、不安から一時的に逃れようとする事が原因になる場合があります。

オナニーや性行為をしている間は、脳内から分泌される快楽系のホルモンの作用により、嫌な事を忘れられたリ、一時的にその不安から逃れる事ができるため、それらの行為に依存してしまっている可能性があります。

一概には言えませんが、小さい頃に親から愛情をもらえずに寂しい思いをしてきた場合や、成長してからでも強いメンタル面でのストレスが生じた場合が原因となる事もあります。

上記の判断項目以外でも、少しでも嫌な事があったり、少しでもストレスを感じると、オナニーがしたくてたまらなくなるという場合も、自分をコントロールできていないという事なので、そういった人は精神的な疾患の依存症を疑った方がいいかも知れません。

合わせてご覧下さい。