カンジダ菌っていったいなぁに?

カンジダ菌っていったいなぁに?

カンジダ菌っていったいなぁに?
カンジダ菌が原因のカンジダ症には、性病から感染する場合と、性病ではない場合があると下記で言いました。

カンジダ症は、カンジダ菌が繁殖してしまい、おりものの異常や痒みを起こす病気です。

カンジダ菌の正体って?

性病ではない場合?と言ってもピンとこないかも知れません。

カンジダ菌は、簡単に言えばカビの一種です。生物学的に言えば「真菌」と言います。

そして、カンジダ菌はどんな人でも少しは身体の中に常に持っている「常在菌」なんです。

腸の中の善玉菌なんかを思い浮かべていただければわかると思いますが、私たちの身体は常在菌と共存しています。善玉菌は、消化・吸収を助けてくれる役割を担っていたり、悪い菌が繁殖しないように助けてくれています。

カンジダ菌が、何かを助けてくれてる役割は持ってはいませんが、完全に身体の中からなくすという事はできません。

カンジダ菌をなくせないのに、治せるの?

カンジダ菌をなくす事はできないのなら、治す事はできないんじゃ?と思いますね。

カンジダ症はカンジダ菌が何らからの理由で外陰部や膣の中で繁殖してしまう事で、何らかの症状が起きてしまうのですが、全滅させるわけではなく繁殖してしまったカンジダ菌を通常の状態に減らす事で「カンジダ症を治す」という事になります。

カンジダ菌の症状が出たら・・・

カンジダ菌が身体の常在菌であるように、少しばかり膣の中や外陰部にいたとしても、おりものの異常や痒みの原因になるわけではありません。

そのような異常が出た場合は、ある程度重症化しているという事になります。

カンジダ症がひどくなれば、性器が熱っぽくなったり、痛痒くなるので、大変不快です。カッテージチーズのようなおりものがあったら、パートナーとエッチもできませんし、最悪の場合パートナーにうつしてしまう可能性もあります。
そして知識のない男性は、カンジダを性病と思っている場合も多いので、浮気を疑われて二人の仲に亀裂が生じてしまう危険性もあります。

カンジダは比較的簡単に治ります。病院でカンジダのお薬を処方してもらい、できるだけ早く治療する事をおすすめします。

健康をサポートするサプリメントはこちらから検索



性病や女性の病気 TOP