カンジダの時セックスしてもいい?

カンジダの時セックスしてもいい?

カンジダの時セックスしてもいい?
カンジダ症は、免疫力の低下などによって常在菌であるカンジダ菌が増殖する発症が多く、性感染としてのカンジダの割合は少ないものです。

ただ、カンジダ症にかかっている時にセックスすると、パートナーに菌をうつしてしまう可能性もあります。

上記ページでご説明していますように、男性がカンジダにかかっている女性と仮にセックスしても、行為後すぐにペニス全体を綺麗に洗い流す事で、感染する可能性が下がりますので、確実にうつってしまうという事はありません。

でも、免疫が低下していると言った感染しやすい状態だと、もちろんそれでもうつってしまう場合もあります。

パートナーの事を考えるなら、基本的にカンジダ症が完治していない間は、セックスは避けた方がいいでしょう。

カンジダの時セックスしたら・・・

管理人紗江も、昔カンジダを繰り返していた時期がありました。

カンジダは、おりものに異変があったり、痛みや痒みの症状が表れたら、ある程度重症化しているケースが多く、初めは無症状である事も多くあります。

  • 性器全体の熱っぽさ
  • 何となく痛いような痒いような不快感
  • 白いボロボロしたおりもの

紗江はこんな症状になってから、病院へ行くと殆ど抗真菌薬の膣錠と塗り薬が処方されて、膣錠を入れ始め塗り薬を塗ると、2日もあれば痛みや痒みはすぐに良くなっていました。

そんな時、男性はそれでも構わないとセックスをしたがります。

男性は基本的に、性感染症の事に対してあまり深くは考えず、もしうつったとしても「薬を飲めばいいだけ。」のような軽い気持ちで考える人が多いものです。
だから、割り切った風俗遊びなんかができるんですね。

カンジダの症状が多少よくなっていても、炎症を起こしているのに間違いはありませんので、粘膜全体は大変弱く脆くなっています。

そんな状態の時にセックスをすると、やはり外陰部や膣にヒリヒリとした痛みを伴います。

そんな時にもし、パートナーがその他の性病にかかっていたりすると、その性病の感染率もグッと高くなってしまいます。
いくら男性がそれでもいいと言ったとしても、自分の身を守るためにはやはりセックスは控えた方がいいでしょう。

カンジダ中のセックス

お互いの事を考えると、カンジダ中のセックスは避けた方がいいのですが、お互いに全てのリスクを承知の上でセックスする場合は、コンドームの装着は必ずして下さい。
そして、あまり摩擦してしまうと、女性は痛みを感じるので、ピストンは少なめにした方が良いです。

性行為後は、男性のペニスの根本にカンジダ菌が付着している場合もあるので、お互いにキレイにシャワーで洗い流す事も必需です。
※女性の洗いすぎには注意です。

詳しくはこちら⇒カンジダ症の再発


カンジダは性器だけにかかる病気ではありませんので、クンニなどのオーラルセックスはしないようにして下さい。

そして、カンジダ治療のためにもらった膣錠が1週間に1度のタイプの場合は、セックスは避けるようにして下さい。
途中で膣錠が出てしまい、薬の効果がなくなってしまう可能性があります。


カンジダは再発しやすいので、少しでもおかしいと思ったら病院で診てもらって下さい。
日頃、免疫を強くしておくことも必要です。


健康をサポートするサプリメントはこちらから検索



性病や女性の病気 TOP