女性のオリモノの役割

オリモノって何のためにあるの?その役割とは?

オリモノは、女性なら誰にでもあるもので、健康のバロメーターでもあります。
オリモノが多いと憂鬱にもなりますし、オリモノシートを頻繁に代えなきゃいけないし、生理もあるしで女性は本当に面倒くさい事ばかり・・・

オリモノの変化を知れば、身体の変化を見つけ出すことにつながりますので、しっかりと理解する事が必要ですね。

膣内の環境とオリモノの役割

膣内から分泌されるオリモノには、とても大切な役割を担っています。

オリモノには、下記の二つの役割があります。

  • 自浄作用
  • 受精の手助け

オリモノの「デーデルライン桿菌」

オリモノには「デーデルライン桿菌」という善玉菌が含まれていて、膣内環境を整える役割もしています。

「デーデルライン桿菌」は、膣の中を酸性にして適度に潤す事で、侵入してきた細菌やウイルスなどを、膣から身体に入り込むのを防ぐ働きがあります。

細菌やウイルスなどが侵入すると、オリモノの分泌も増え、それらを取り込んで排出するのです。

オリモノが気になるからといって、ビデなどで洗浄し過ぎると、膣内環境が崩れ、細菌性膣炎やカンジダ・性病などにかかりやすくなってしまいますので、洗浄のしすぎには気をつけなければいけません。

オリモノの量と周期

オリモノには生理と同じように周期があり、女性ホルモンの周期と共に変化しています。
卵巣から定期的に分泌される下記の2種類のホルモンと、大きな関係性があり、オリモノの量はその周期に合わせて変化しています。

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)

女性のオリモノの周期

卵胞期前半のオリモノ

生理の後すぐにオリモノは、残った経血もあり茶色っぽいオリモノです。さらっとしていてオリモノの量も少なめ。

卵胞期後半から排卵期のオリモノ

卵胞期後半からはオリモノの量も多くなってきます。
そして、一番オリモノの量が増えるのは2日~3日の排卵期。オリモノの状態は、トロっとして透明。ニオイはあまりありません。

黄体期のオリモノ

オリモノの量が次第に減ってきますが、粘り気の強いドロッとした状態になります。下着に白く濁ったオリモノがつく頃です。

生理前のオリモノ

ドロっと白い粘り気のある状態が続き、量もまた増えてきて、ニオイが強くなり始めます。

自身の健康と何らかのサインを見つける事につながりますので、オリモノの量やニオイ・状態は日頃からきっちり把握し管理するようにしましょう。