女がイキやすい時期

女がイキやすい時期ってあるの?

女がイキやすい時期
マルチプルオーガズムは別として、男性が「イク」という事は、射精というカタチではっきりと知る事ができますが、女性はそうではありません。

マルチプルオーガズムについて詳しくはこちら⇒愛を育むポリネシアン・セックス


女性がイク時のカラダの状態や膣の痙攣もかなりの個人差がありますし、イクという事は到底一言では表せません。

女性がイクのは、年齢を重ねた方が得られやすいと下記ページでご説明しています。

では、女性にイキやすい時期というものは存在するのでしょうか?

女がイキやすい時期

男女の性行為によって、膣内へ射精された際、女性の膣は大変興味深い動きを見せます。

上記ページでバルーン現象についてお話していますが、膣内に精子を溜めるための大きな”器”を作り出し、子宮が傾きを変え下に降りてくる現象です。


必ずしもイク時に起こるとは限りませんが、この状態は「 テンティング 」と呼ばれています。

精子を受け入れるために、「 バルーン現象 」・「 テンティング現象 」を起こし、子宮が準備するのです。

「 テンティング現象 」は、必ずしもイク時に起こるわけではありませんが、女性がイクと「 テンティング現象 」が起きやすくなり、この2つはとても深い関りを持っています。


そして、受精するためには、精子と卵子が必要ですね。女性は排卵している必要があります。

  • 精子の寿命は2日~1週間
  • 卵子の寿命は約12時間~36時間

一番妊娠しやすい時期は、射精された精子が子宮内で卵子を待っているタイミングです。

女性がイク事で、精子を溜める”器”を作り、精子を吸い上げ、子宮内で待機している時に排卵し、精子と卵子が出逢う。

これらの事を考えると、女性がイキやすい時期は、排卵の約1週間前という事になります。
もちろん、パートナーの性行為では、身体の面・気持ちの面・シュチュエーションなど様々な要因によって、必ずしも排卵の1週間前に必ずイケるかという事ではありませんし、排卵の約1週間前でイキやすい時期の性行為だからイケるかも?!・イキたい!と、拘ってしまうのは逆効果になってしまいます。

イキやすい時期であってもそうでなくても、ただパートナーと触れ合える幸せを感じ、気持ちの良いセックスを楽しみましょう。

それが、イク一番の秘訣です。