おばさんと女子との違いって?

おばさんはもう女子ではない?

おばさんと女子との違いって?
皆さんは、おばさんと呼ばれるのはいくつになってからだと思われますか?熟女アンケートに引き続き、また面白いものがありました。

おねえさんとおばさんの境界線は何歳だと思いますか?

  • ~20代 (男性) 8% / (女性) 6%
  • 30代 (男性) 9% / (女性) 55%
  • 40代 (男性) 63% / (女性) 29%
  • 50代~ (男性) 20% / (女性) 10%

こちらでは、女性自身の目の方が厳しいようで、30代からおばさんという女性に比べ、男性は40代からが6割を占めています。

男性にとっては、熟女とおばさんとほぼ同じなのに比べ、女性にとっての熟女は40・50代が多い中、たったの30でおばさんという認識のようです。熟女よりもおばさんの年齢の方が若いのには少し驚きました。

おばさんだって女子です!

小さい頃、18歳・20歳 という歳に憧れたことはないでしょうか?

18になれば「オトナの恋ができる」管理人紗江はそう考えていた頃がありました。
でも、この歳になってやっと気がついたのですが、中学生でも20歳でもおばさんになってからだって、恋心には大差ありませんよね。

  • 好きな人を想い、胸を締め付ける切なさ
  • 恋い焦がれて眠れない夜
  • 恥じらう心だってもちろんあります。

もちろん深い部分や、表現の仕方などはおばさんに近づけば近づく程、色々な要素が入り交じり複雑になってもきますし、それなりに心にも貫禄がつきますが、おばさんでもやっぱり女子は女子!

おばさんでも女子として扱われないと、心が満たされません。

おばさんと女子との違いって?

とは言っても、世の中、おかしな事になっていて、おばさんと言われる年代全般的に定着しているイメージがありますよね。

おばさんと言えば

  • がさつで下品。
  • 声が大きく、うるさい。リアクションがオーバー。
  • すぐ割り込みをする。厚かましい。ずうずうしい。マナーを知らない。
  • 被害妄想がひどい。
  • 身だしなみも気にせず汚い。ずぼらなイメージ。

とにかく、おばさんは悪いイメージしかありません。

女子として扱わない男性や世の中というよりも、「オンナは30でおばさん」と自身で認識している事が、事態を悪化させてしまっている要因なのでは?と紗江は感じています。


女子と言えば、普通に【おんなのこ】として考えますよね。

現在は女子の集まりは「女子会」などと言う風に呼ばれていますが、紗江にとってはおばさんの集まりと似たように感じていて、女子会に対しあまりいい印象はありません。


女子であっても、おばさんと大差はなく

  • 周囲に気を遣えず、ところかまわず騒いでうるさい。
  • 綺麗な身なりをしているのにがさつな態度。
  • 電車でお化粧をする恥じらいの無さ。
  • タバコをふかしながら自転車に乗るみじんも女子を感じない姿。
  • 綺麗にしているのは外見だけで、内面磨きをしない。

こんな女子が溢れ返っているように感じます。

おまえみたいなおばさんに、若い女子である私がそんな事言われたくねぇよなんて言われてしまいそうですが・・・

結局、女子もおばさんでも違いは全くないわけで・・・
ただ年齢だけがおばさんと女子の違いなのでしょうか。

堂々とおばさんでいよう!

若い女子が綺麗なのは当たり前。
歳を重ねると体が衰えてくるのも当たり前。

それに逆らっても、何を変える事もできません。
おばさんなんだからと開き直って、「オンナ」である事を忘れ、下品な言動をしても平気になっている事こそが、更におばさん度に磨きをかけることになってしまいます。

  • 深くなってきたしわやたるんだ皮膚は、歩いてきた人生の証として受け入れる。
  • 外見だけに拘った下手な若作りをしない。
  • オンナのつつましさ・たおやかさをいつまでも忘れない。
  • 人に媚びず流されず、【自分】というものをしっかり持つ。
  • そして、最低限の身だしなみは整えて、綺麗でありたいという気持ちは忘れない。
おばさんという歳になったことに抗っても意味はありません。
おばさんである事を受け入れ、うまく歳をとっていけたら素敵なおばさんになれるんじゃないかと紗江は思っています。

若い女子にはない色気が滲み出るのも、色々な人生を歩んできたおばさんだからこそです。

おばさんであっても若くても、美しいオンナである事をはき違えないように気をつけていくべきですね。


合わせてご覧下さい。