膣萎縮で起こる性交痛

膣萎縮で起こる性交痛

更年期に入っての性交痛
歳をとって女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が低下すると、若い頃にはふっくらとしていた膣内の壁が薄くなり萎縮していく事で、様々な悪い症状を引き起こす原因となります。

更年期に入っての性交痛

  • デリケートゾーンの痒み・臭い
  • 膣内の乾燥や炎症
  • 排尿時の痛み・尿漏れ
  • 性交時の痛み・出血 など

その性交痛「萎縮性膣炎」かも

閉経後 膣壁が萎縮するのは個人差がありますし、必ずしも膣萎縮により性交痛をはじめ上記のような症状があるわけではありません。

ですが、あまりにひどい場合には、萎縮性膣炎を疑ってみて下さい。

閉経後の膣の萎縮率は、下記のように年数と共に増加する傾向にあります。

更年期に入っての性交痛


「エストロゲン」の分泌が低下が原因で、膣内の自浄作用も低下します。その結果細菌が侵入しやすくなり、デリケートゾーンの臭いや痒みを引き起こす事にもなります。

合わせて、更年期障害によるのぼせやほてり抗うつなどの症状が出ている場合は、治療する事も必要になってきますね。萎縮性膣炎での性交痛やその他症状が出ている場合は、病院ではHRTという(ホルモン補充療法)が用いられます。

ホルモン補充療法


更年期障害の症状や膣萎縮による性交痛などを緩和するために、閉経後分泌が低下した「エストロゲン」を補充する方法。


ホルモン補充療法は、保険も適応されており、飲み薬や貼り薬・塗り薬などの種類がありますので、萎縮性膣炎の疑いがある場合は、病院で診察を受ける事をおすすめします。

日頃のパートナーとのSEXは、愛を育むだけではなく、ホルモンの減少や膣の萎縮を抑制する方法にもなります。

萎縮性膣炎などで性交痛があると、パートナーとのSEXも気がのらないまま、セックスレスへと発展してしまうばかり・・・

負の連鎖になる前に、せっかくオンナに生まれた幸せを守っていきたいものですね。


合わせてご覧下さい。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪