思い浮かべるだけで幸せを感じる それが【愛】

あの人の顔を思い浮かべるだけで幸せを感じる【愛】

思い浮かべるだけで幸せを感じる それが【愛】
あなたが、大好きなパートナーを思い浮かべるのはどんな時ですか?
人は大好きな人を思い浮かべる瞬間があります。

  • 一緒に過ごした思い出の場所や、過去にあった出来事を思い浮かべた時
  • 綺麗な景色や感動するものを見た時
  • 失敗した時や悲しくてたまらない時

上記以外にも、何もしてないのにふと笑顔が浮かんでくるなど、大好きな人を思い出す瞬間がありますが、そんな時あなたは何とも言えない幸せを感じていると思います。

それが正に【愛】と呼べる感情です。

【愛】は自分の中にだけ存在する幸せである

今までに何度も【愛】は自分の中にだけ存在するもの だとご説明していますが、今回も全く同じことを言う事になります。

管理人紗江も、本当の【愛】について気づくには大変長い期間がかかりました。そして、今でももちろん強い葛藤があります。

その葛藤が何故あるのかと言うと、自己愛や煩悩と言うものが常に邪魔をしています。ただ、自己愛を持ち合わせていない人など一人だって存在せず、煩悩や自己愛があるからこそ人間なんですね。

  • 自分を認めたい・認められたいと言う【愛】
  • もっともっとと欲望に苛まれる。
  • 自分が大嫌いだと思い批判する気持ち
  • 自分以外の人を批判してしまう気持ち
  • 何でも我先にと思う卑しい心

挙げればキリがありませんが、そのひとつひとつをほんの少しずつ理解していければ、【愛】について深い部分が見えてきます。

自分の全てが満たされる時

こうしてタイピングしている間、ふとした瞬間でも、何の前触れもなく彼の笑顔が思い浮かぶ時があります。

そんな時、頭の中だけでなくカラダ全体が幸せいっぱいで” 笑顔になっている彼の笑顔 ”で満たされます。

大好きな人の笑顔は何にも代え難い【幸せ】を得られます。

  • 今、楽しい気持ちでいてくれたらとっても幸せ。
  • 心が満たされて、笑顔いっぱいになっているだろうか。
  • あの人が幸せでいてくれたら、それ以上の最高な幸せはない!
  • 苦しんでいないだろうか、痛みを感じていないだろうか。
大好きな人が、痛み苦しむ様を考えるだけで気持ちは落ち込みますが、笑顔を思い浮かべ幸せでいれくれることこそが、自分の幸せそのものであり、その人の笑顔を想うだけで全てが満たされます。

「相手の幸せを願い感じる」それこそが【愛】そのものなんです。

【愛】と葛藤する【自己愛】

それとは逆に、自己愛が勝ってしまう時もあります。

昨日SEXして快楽を感じ満たされた。
なのに、またこの瞬間もう一度抱いてもらいたい。あの人を感じさせてあげたい。
  • もう一度SEXをし、私が快感を感じたい。
  • もう一度SEXをし、あの人を感じさせてあげたい。

この2つの違いがわかりますか?

「わかっているよ!
【求める気持ち = 愛を求める】と【与える気持ち = 愛を与える】でしょう?」


そう思った方は、完全な思い違いをしている事に気がついて下さい。

愛は与える事はできません。愛を求める気持ちも与えると思っている愛も、全く同じ・ただの【自己愛】でしかないんです。

【愛】は自分の中にだけ存在するものであって、愛を伝える事は不可能で、与える事は決してできないのです。

紗江は、彼の笑顔を思い出し幸せで満たされた瞬間、彼とまた抱き合いたいと思ってしまいます。

それは【愛】と【自己愛】が葛藤している瞬間でもあります。

「幸せを与えたい」は【愛】ではない

このように「幸せを与えたいの。」と言う気持ちは、自分が【幸せ】を感じたいだけであって【愛】とは呼べないものなんです。

ただ、相手を思い出し「幸せであって欲しい。」と願う気持ちだけが【愛】です。

  • 私のそばで笑ってくれると本当にそれだけが幸せよ。
  • 私があの人に幸せを与えたい。

そう思っている事は、【愛】とは言えず、ただの【自己愛】だという事を知って下さい。

ただその【自己愛】があるのが人間です。

紗江は「恋は求めるもの」「愛は与えるもの」だとずっーっと思っていました。

もし、「本当にあの人の幸せだけを願っている。」と、思っているだけならば、他のオンナとセックスをして快感や射精の幸せを得ているパートナーを思い浮かべるだけでも幸せになれるはずです。

そんな人間、世の中どこを探したっていないのです。


自分がそうであると気がつくだけで、【愛】を深く理解する事ができます。

人間ですもの。ただそれだけでいいんです・・・

合わせて読まれています。