女は優しい男・強い男どっちに惹かれる?Vo.Ⅱ

女は優しい男・強い男どっちに惹かれる?Vo.Ⅱ

女は優しい男・強い男どっちに惹かれる?Vo.Ⅱ
優しそうな男・強く逞しい男どちらが好み?という実験で出た結果でわかった事は

  • 二人の間の子どもをずっと一緒に暮らし育てるという見込みの場合は、強く逞しい男性的な人を好きになり、強い遺伝子を引き継ぐ確率が高まります。
  • 行きずりの相手の場合で、子どもができる可能性が高い時には、強い遺伝子を残すため強く逞しい人を自然と選びます。
  • 行きずりの相手の場合で、子どもができる可能性が低い時には、ただその時優しくしてくれるだけでいいので、優しそうな男を選ぶのです。

万が一妊娠したとしても、強く逞しい遺伝子を持った子孫を残す事ができるため、このような結果になっているのです。

【「強く逞しい男性」の子を宿し生んで】、【「優しい男性」と生活がしたい】という、生物の潜在的な本能がそうさせるんですね。

優しい男が好き・強い男が好き

ここで最終的にわかるのは、人間は矛盾だらけだという事です。

「優しい男が好き」と言いながら付き合っているのは強く逞しい男であったり、「強く逞しい男が好き」と言いながら甘い優しさを求めたりもします。


それは、上記でされた実験はあくまでも本能的な意味での例であり、皆さんもおわかりでしょうが必ずしも優しい男が女性的な顔をしているわけではないのです。

優しい男に見えるだけであって、実は強面の男性が心優しいという場合も多くありますよね。



どれだけ本質を見極めるか

仮に、自分には本当に優しくしてくれる男性であったとしても、周囲への配慮に欠けていたり、他の人には冷たく暴言を吐いたり嫌味な男性だったとします。

そういう男性は、いつかボロがでてくるはずだと思いませんか?

「本当に優しい男性」は、誰にでも態度を変えることなく、全ての人に対して優しいものです。

顔の好き嫌いではなく、客観的・総合的に見てみると、

  • ただ風貌が綺麗で男前
  • 野獣的で荒っぽそうな男性

というだけではなくて、本質的な姿が見えてくると思います。


見た目だけに左右されてはならないのですね。

いくら女性的で優しそうな顔立ちの男性であっても、全ての人に対し平等に優しい人でなければ、社会でのグレードは低いままです。

逆に、どれだけの大男で皆から怖がられるような顔立ちをしていても、真の優しさを持っている男性なら、社会的な位置づけは想像できますよね。


そして、世間ではダメな男であっても、自分にとっては大変いい男ということもあります。

個々によって好みのタイプが違うのは当然ですし、自分がその男の子を生めるのかをそれぞれに判断をしています。

管理人紗江は、顔立ちだけで言うと、どちらかといえばあっさりした薄い系統の顔立ちが好きでした。

でも、現在の彼は大きな瞳と彫りの深い顔立ちです。それにセックスを含め、最初は違うと感じていた部分でも、今では一番だと感じています。

もしかすると、これも脳の麻薬PEAが長く効きすぎていて、正常な判断ができなくなっているのでしょうか。でも、依存しているのは確かですが、PEAの寿命は遥かに超えているので、やはりそれとは異なると思っています。

結局のところ、優しい男が好きなタイプの人でも強く逞しい男好きなタイプの人でも、仮にまるっきり正反対であっても惚れてしまえば、その相手が好きなタイプになるという事ですね。