セックスの体位裏48手 裏一.俵だき本手

セックスの体位裏48手 裏一.俵だき本手

裏一.俵だき本手

俵だき本手は、裏体位(続体位)で、正常位のバリエーションのひとつです。

正常位で挿入したところから、男性は膝で起き直り、女性の太ももの外側から両手を廻して、お尻や腰をグッと抱きかかえ・引き寄せます。

角力の手に四十八手の裏表というのがありますが、それになぞらへて夫婦和合の仕方に四十八手と洒落て云つたまでゝ、四十八手に限ったわけではなく、その他に色々の仕方があります。
何時も同じ形ではアキますし、快味が薄らぎますからこゝに四十八ての続篇として甘手を御披露いたしますが、精々実際にやつて見て下さい。

※本来、四十八手とは、相撲における決め技のことです。江戸時代になると、縁起が良いことから、様々なものの数を48で定めることが多くなっています。

俵だき本手の男性のメリット


女性器が上を向くので深く挿入することができます。
奥へ押し込み、腰を擦り合わせるようにすると、何とも言えないポルチオのコリコリ感を味わうこともできるでしょう。

俵だき本手の男性のデメリット


腕で女性の腰やお尻を支えるので、目の前で揺れ動く胸を愛撫したくてもできないところが難点です。

とは言え、この裏体位・俵だき本手では、欠点と言えるものはほぼないとも言えます。

俵だき本手の女性のメリット


パートナーが自分を引き寄せると共に、自分もパートナーの下半身へ擦り付けるようにすると、ポルチオが刺激され良い具合になります。

そして、イラストの体勢から足を広げパートナーへすり寄り、腰を回すように動けば、クリを刺激することにもなり、多くの快感を感じることができるでしょう。

俵だき本手の女性のデメリット


俵だき本手の女性のデメリットは、男性同様ほぼないと言えます。

ただし、パートナーの腕力の弱い場合は、お尻がどんどん下がってきてしまうので、じれったい気持ちになるかも知れません。

通常のSEXでも上へずり上がってきてしまい、最終的にベッドの端に頭がぶつかってしまいますが、この俵だき本手も徐々に、上へ上へと上がってしまうかも知れませんね。

俵だき本手は、お互いに引き寄せあってこそ、気持ちよく感じる裏体位です。




セックスの体位 48手 TOPに戻る