その騎乗位 痛がらせていない?

その騎乗位 痛がらせていない?

その騎乗位 痛がらせていない?
「男のペニスは、引っ張ってもねじっても痛くないから、騎乗位でも激しく前後に動かせば気持ちいい。」

そう考えている人はいませんか?そう考えてしまっている方がいたとしたら、「オンナはこうすれば感じるんだ。」と思い込んでいる輩と同じ事になります。

オンナと同じで、男性も様々な人がいます。騎乗位で激しく前後に動かされ続けるとペニスが痛いと感じる場合もあります。

騎乗位で同じ動きばかりは痛いし飽きる?

SEXは、ほとんどオンナが責めてもらっている時間が多いので、パートナーは好きなように動きますね。

騎乗位になってから、同じグラインドで腰を前後してばかりいるのでは、痛いと感じる男はもちろん、動きに飽きてきてしまう場合もあります。

上記ページで、同じ動きを「ほら。どうだ。感じるだろ。」と言わんばかりに、刺激するばかりでは感じないどころか痛いと苦痛になってくる場合がありますよね。

それと同じで、騎乗位の前後運動を痛いと思う男性だっているという事を、少し考えてみて下さい。

騎乗位の前後運動に弱いペニス

男性のペニスで、イクための動きは上下運動です。

上記ページで2ページにわたって騎乗位のテクニックについて解説していますが、男が感じる動きは基本的にペニスをしごく上下運動です。


前後に動かすやり方は、オンナが自分の上でいやらしい腰使いをしている精神的な快感と視覚から入ってくる快感の方が大きいんですね。

相手が痛いかも知れないのを知らずに、騎乗位でいつまでも前後運動ばかりしていると、精神的な快楽も薄れて、「痛い・・・」という事になってしまう場合もあります。

もちろん、こればかりは本当に個人差があるので、当然全ての男性にはあてはまりません。

騎乗位で辛い・・・痛いより重い

騎乗位での動きが痛くない場合でも、もうひとつ気をつけなければいけない事があります。

それは、体重を全てかけてパートナーの上に乗ってしまう事です。


いくら男性とは言え、騎乗位で全ての体重をかけられるのはやはり重いもの・・・

時々男性でも、何を考えているのか全体重をかけたり、胸の辺りに顎でギュウっと重みをかけて腰を振る男がいますが、重いし痛い 感じるどころか重さや痛さの方が勝ってしまい、二度とその相手とSEXなんてしたくなくなりますよね。

それと同じで、男性だって痛いと感じる時もあるし、重いと苦痛になる事もあるんです。

オンナにとって騎乗位で動きやすいのは、前後の腰の動きですが、騎乗位で責める場合にはそのような事も考えてみる必要があります。

騎乗位にはバリエーションが必要

ただし、前後の動きは全くしてはいけないというわけではありません。

先ほども言いましたが、騎乗位での前後の動きは、男心をくすぐりますので、必要なテクニックです。

のように、バリエーション豊かに色々な動きを交えて、楽しませてあげるようにしましょう。

合わせて読まれています。