【オンナを再確認?】女にとってセックスの要は・・・

女にとってセックスの要は・・・

【自分を再確認?】女にとってセックスの要は・・・

  • セックスは本能である。
  • 子孫を残すための無意識に求める行為である。
  • 快楽を求める生物としての当然な欲求である。

ですが、女がセックスをする上で、何より求めるのはやはりパートナーと肌を重ねる喜び・愛し合い「愛」を確認する事でもあります。

また、中には夫婦円満のためであったり、セックスレスになり夫の浮気や不倫を避けるために嫌々射精の相手をしているという方もいるでしょうが、そういった方でも「オンナ」を全て失くしているとは言い切れません。

男の自分本意なセックス

付き合いが長くなり、また夫婦生活が長くなると、「友人・家族・同居人として見てしまう」など、男女違わずセックスの対象ではなくなってしまいます。

相手の嫌な面が見えてきたり、ドキドキする胸の高鳴りは既に消え去り、

  • オンナとして気取る事も必要ない。
  • 今更綺麗に見られたって仕方がない。
  • お互いにただの「人間同士」でいいんじゃないの?

なんて具合に、マンネリ化はどんどん進行していくばかり。

2016年10月発売のAERAでは500人アンケートで、「セックスを好きではない」と答えた40代女性はたった9.6%しかいない事を公開しています。

セックスが好きではないわけではないけれど、「オンナ」として扱われるのではなく自分本意な「性処理道具」として扱われる事に憤りを感じている女性が多いように感じますが、皆さんはどう思われますか?

別の異性にときめく・・・

その反面、会社の同僚であったり・同窓会で昔好きだった異性に会うと新鮮な事ばかりで脳はドーパミンを大量に分泌します。

上記では、オンナが不倫相手とSEXをしたという割合は31.5%と出ていますが、AERAの500人アンケートでは以下のような結果になっています。

不倫経験があるか・・・女性

【自分を再確認?】女にとってセックスの要は・・・

40代女性の不倫経験があるかどうかのアンケートで「ある」と答えたのは36.5%と、一番多い回答となっています。

  • セックスが嫌いなわけではなく、
  • オンナを忘れたわけでもない
オンナとして扱ってもらい「自分がオンナである事を再確認したい」という気持ちがセックスに対し望む要なのです。

夫とは全く違った態度で接してくれて、名前で呼ばれ胸がトキめく・そういった高揚感を味わう事で自分が女なんだと再確認できる事が「女としての喜び」を呼び覚ますという感じでしょうか。


ちなみに男性の不倫経験についての結果は下記です。

【自分を再確認?】女にとってセックスの要は・・・

男性の場合は、50代を過ぎる頃から、嫁や子どもから虐げられ家庭に居場所がなくなり、男としての再確認をしたい気持ちが強く働く時期に差し掛かると言います。

男も女も、要は自分を確認するために、浮気や不倫をしてしまう傾向にあるようですね。

やはり女は女

オンナはどれだけ年を取ろうが、オンナである事に変わりはありません。

サイト管理人紗江は、自分が30代になった頃、「まるで10代と同じだな」と感じた事がありますし、もちろん今現在だって恋する気持ちは十代の若い子と何ら変わりはないと恥ずかしながら感じています。

これを見て下さっている男性は、奥様がそういった想いを秘めていると考え、それなりの努力をしていただきたいと思います。

もちろん女性も同じくで、お互いに良い関係を継続できるように務めていきたいものですね。

納得のいくおすすめの内容が掲載されていましたので、ご紹介したいと思います。
セックスレスやマンネリ化を防ぐためには、「刺激」だけではなく「ジェラシー」が大切だそう。

一番のおすすめは、混浴風呂で、

  • 他の男から視線を浴びる妻に、喜びを感じると共に嫉妬心と合わせて、その魅力を再確認し
  • 女の方も、他人から受ける視線に興奮を覚え喜びを感じ「女であること」を再確認

お互いの気持ちに再度火がつくと紹介されていました。

何とも納得のいく記事でした。

互いにオトコであること・オンナであることから目を背けてしまっているご夫婦やカップルの方は是非お試しを


合わせてご覧下さい。