潮吹きは恥ずかしい?

潮吹きは恥ずかしいの・・・

潮吹きは恥ずかしい?
潮吹きは、後の布団の処理や後片付けもあるでしょうが、根本的にオンナにとって「恥ずかしい」と思う気持ちがあります。

ですがオンナが恥ずかしいと感じる反面、オトコはさせたいと考えています。


オトコがオンナに吹かせたいと思っている理由はいくつかあります。

  • 自分は潮を吹かせるだけのテクニックがあると満足したい。
  • させた事見た事がないから、させてみたい・見てみたい。
  • いやらしいところから出てくるいやらしい潮やオンナの悶える姿が見たい。
  • 潮を吹くことで恥ずかしがる姿に萌える。
  • パートナーがそれを望み、気持ち良くさせてあげたいと思っているから。

など、このような事が考えられます。

逆に、オンナにとっては

  1. おしっこだと思われたら恥ずかしい。
  2. 遊んでいると思われてしまうかも。
  3. 吹きたくて吹いているわけじゃないのに、好き者だと見られるかも。

などと、恥ずかしい気持ちだけでなく色々な不安がありますね。

おしっこをしているところを見られるのは、恥ずかしいですよね。
尿道から水分が出てしまうのが恥ずかしいと思っても当然です。

オトコは内心嬉しいと感じている

ですが、心配は要りません。

全ての男性にあてはまる事ではありませんが、パートナーが潮吹きする事は内心では嬉しいと喜んでいる男性の方が多いと言えます。

オトコは、基本的に「潮吹き=気持ちいいもの」と思っています。

潮を吹く事で「それだけ感じているんだな。」と感じますし、見る機会の少ない現象を見れるだけでも満足する場合が多いと言えるでしょう。

恥ずかしい人は、予告をしておく

初めてSEXする場合、いきなり潮吹きしてしまうと恥ずかしいし、相手に引かれてしまうかもという不安がつきまといますね。


でも恥ずかしいと気にするばかりでは、パートナーに抱かれる喜びに集中できず、気持ちのよいエッチをすることができなくなってしまいます。

潮吹きをしてしまう方は、ベッドインする前にパートナーに「するかも知れない」という予告をしておくのもいいかも知れません。

毎回吹くわけではなくて、時々するという方も、「毎回ではないけれど、潮を吹く時があるの。」と予告した上で「それすごく恥ずかしくて嫌なんだけど。」と恥ずかしい気持ちを先に伝える事で、少しだけでも気持ちを楽にできますね。


それでも、恥ずかしさを全て消すことはできませんが、何も伝えておかないよりはいくらかましだと思いませんか?

そもそもSEXをするという事は、相手に恥ずかしい部分を曝け出す事です。

  • あそこを見られるのは恥ずかしい。
  • 裸を晒すなんて恥ずかしい。
  • 恥ずかしいから明るい場所では絶対にしたくない。

そう思うのは当然です。

潮吹きを見られるのもあそこを見られる恥ずかしさと同様で、必要以上の不安感を持つことはありません。


これを見て下さっている男性は、パートナーが潮吹きする相手だとしたら、「大丈夫だよ。」と優しい言葉をかけて安心させてあげて欲しいと思います。



男と女の潮吹きのあれこれ TOP