【FSD】女性性機能障害の治療方法

【FSD】女性性機能障害は治療できるの?

【FSD】の治療方法

【FSD】とは、「女性性機能障害」で、ストレスによる心因的なFSDや、肉体的なFSDなどがあります。

一言で【FSD】とは言っても、様々な原因があることから、FSDの治療は大変困難なものであり、多くの改善方法・治療方法が考えられています。

【FSD】女性性機能障害の治療方法

まず、【FSD】の根本的な治療方法では、以下のような気持ちを改善する事が必要とされています。

  • 性行為への嫌悪感
  • 性行為への罪悪感
  • 性行為への恐怖心
これらを治療・改善する事で、パートナーとのSEXは気持ちを伝え合うスキンシップであり、楽しく幸せな行為だという気持ちを訓練して取り戻す事が、解決策になります。

【FSD】の治療方法その1・・・人間の本来の「性」を理解する


誰でも思春期の頃は恋をした経験があるでしょう。

淡い恋や恋い焦がれて切なくなる気持ちを感じた事は多かれ少なかれ一度くらいはあるものですね。

胸がキュンとする小説や恋愛映画・アニメでも構いません。異性に好意を寄せる気持ちや、異性と性的行為に及ぶ自然な本能や過程を理解する事で、性を理解する事を促します。

【FSD】の治療方法その2・・・「性」を受け入れオナニーする


極端に嫌悪感や恐怖心があった場合、ある程度上記のような「性」を受け入れる事に慣れてきたら、ストーリー性のあるアダルトを見てオナニーする事も良いとされています。

アダルトではなく、少女が見るような恋愛映画でも構いません。それを見て性的なイメージを豊かに働かせます。

【FSD】の治療方法その3・・・パートナーとコミュニケーションをとる


SEX以外のコミュニケーションを多くとり、パートナーへの信頼や尊敬の気持ちが増すような努力をします。

性行為の時だけ時間を取るというのは、逆効果になりますので、お互いが楽しい趣味の時間を共有したり、男性は相手を思いやる気持ちを忘れないで下さい。

二人で散歩したり、SEX以外のスポーツをするなど、幸せを共有できる時間を過ごすのも大切です。

【FSD】の治療方法その4・・・タッチング


「タッチング」とは、安心を与えるために行われるコニュミケーション法で、患部や身体に手を触れたり、さすったり、そっと揉んだり押さえたりすることで、痛みや不安を軽減する効果があります。

タッチングには以下のような効果があります。

  • 幸せホルモンであるオキシトシンによる多幸感
  • 脳内麻酔のβ-エンドルフィン分泌による鎮痛作用
  • 脳内へ痛みや不安を伝える伝達を緩和する

性的な意味でタッチするのではなく、あくまで愛おしさを表現する手段が、【FSD】の治療方法の一環として考えられます。


【FSD】の治療方法その5・・・センセート・フォーカス・テクニック


センセート・フォーカス・テクニックは、感覚集中訓練とも呼ばれており、【FSD】治療の基本技法になります。

上記の「タッチング」を中心とした触れ合いにより、自分がSEXの道具ではなく人として認められ求められていると感じる事で、性的嫌悪を取り除けます。


ポリネシアンセックスが最も良い例ではないでしょうか。


【FSD】の治療方法その6・・・自律訓練法


自律訓練法とは、1932年ドイツの精神科医Schultz,J.H.によって創始されたストレス緩和・心身症改善のためのリラクゼーションの治療方法です。

自律訓練法は7段階の公式に分類されており、心の中で以下のように繰り返し唱える事によって、自己催眠状態を作り出し、不安定になった心身を安定させる効果をもたらします。

  • 背景公式・・・気持ちがとても落ち着いている。
  • 第1公式・・・手足が重い。
  • 第2公式・・・手足が温かい。
  • 第3公式・・・心臓が静かに打っている。
  • 第4公式・・・呼吸が楽になっている。
  • 第5公式・・・お腹が暖かい。
  • 第6公式・・・額が涼しい。
この訓練法を行った後は、必ず深呼吸や両手両足の開閉や屈伸・背伸びなどを行って下さい。

自身で【FSD】と自覚のある場合も含め、精神を安定させるために、一度実践してみてはいかがでしょうか?

【FSD】の治療方法その7・・・系統的脱感作


系統的脱感作とは、精神科医、ジョセフ・ウォルピが考案した行動療法で、不安の対象となる状況・モノに対して、治療が必要な人自身が感じる強弱によって階層化していく治療法です。

【FSD】による系統的脱感作は、細い棒状のものから挿入する練習を行います。

始めピストンはせずに、ゆっくり挿入し静止した状態を保ちます。

女性の不安感が薄れたり、こうして欲しい・もう少し太いものがいいなどと感じるようになってから、次のステップへ進みます。

弱い刺激から始め、本人の意思を確認しながら徐々に刺激を強めます。


性を拒絶する不安な気持ちや恐怖心を少しずつ改善していくのが目的です。

濡れない場合、細いものであっても無理に挿入するのは余計に【FSD】を悪化させてしまうので、本人承諾の元でローションや温感で心地よく感じるジェルなどを使うことをおすすめします。


【FSD】の治療には薬物が使用される事もある

病院での診察結果によっては、医薬品が治療として使われる場合もあります。

専門的な事に関しては、診断を受けた医師にきっちりと確認して下さいね。

オーガズムを迎える事ができない【FSD】の場合は、シルデナフィルがオルガスムの復活に有効であるという報告もされているようです。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


■【クレイジーガール】 ワナビーワイルド・インテンスオーガズムジェル