女の湿布オナニーしてみますか?

湿布オナニーしてみますか?

クリへ媚薬を塗り付けると、快感が増しとんでもない快楽が得られるとも言われていますが、本当のところは管理人紗江はまだ試したことはありません。

最近女用の感度アップのラブグラを試してみたくて、購入してはいるのですが、「紗江の感度で、それ以上におかしくなったらどうするの?必要ないだろ?」と彼から猛反対されています。

とりあえず、嘘をつくのは嫌いですし、承諾を得てから使用したいと考えていますが、昔友人から聞いたことのある「湿布オナニー」を試してみました。

湿布オナニーに挑戦

湿布とは言っても、通常の白い湿布はあいにく自宅にはなく、モーラステープのようなものしかありませんでした。

湿布オナニーしてみますか?

湿布オナニーに使用する湿布の大きさは、左端の小さく切り取ったくらいの大きさで充分です。

  • 切り取った湿布をクリ周辺へ貼りつけます。
  • 湿布の冷ややかなな感覚を感じながら、抱かれて愛撫されている妄想にふけります。
  • しばらくすると冷たく感じていた湿布が、燃えるような熱い感覚に変化。
  • クリへ貼った湿布をそのままの状態にしておくことは5分で限界。

女が湿布オナニーを楽しむ方法

オトコが湿布オナニーという方法を楽しむ事は、以前から知っておりました。

亀頭に湿布を擦りつけ、尿道へ湿布の表面の柔らかいモロモロが入り込むのは大変危険な行為です。

今回の紗江の湿布オナニーは「女ならどうなるんだろう・・・」と興味本位の試し見でした。

女の湿布オナニーは無謀だったと、少し後悔です。

今回使用した湿布は、モーラステープでした。

モーラステープの使用用途は、本来腫れや痛みを緩和するためのお薬です。

医薬品のため、当然副作用が生じる事があります。

  • 発疹・発赤ができる
  • そう痒感がある
  • 刺激感がある
  • 接触皮膚炎になる

ひどい場合には、アナフィラキシー様症状が生じる危険性もあります。

湿布は、オナニーで使用するという用途用ではないという事ですね。

上記で言う副作用の「湿布の刺激感」が得たくてオナニーに使用したのですが、女性のあそこは粘膜が近く、粘膜に湿布が触れるととんでもない刺激感を感じる事になってしまいます。

紗江は、約5分でたまりかねて湿布を外しましたが、その後続く湿布のジンジンする感覚を感じながら、舌でお手伝いでのオナニーに切り替えると、いつもの刺激以上に感じてしまい、とんでもない快楽を得てオーガズムにいたってしまいました。


湿布オナニーをするには湿布は5分で外す

そこで、わかった事があります。

オナニーする際、湿布=モーラステープは、5分以上付けていてはいけません。


これは、紗江の感覚であって、皮膚がもっと過敏な人は1分だけで発疹を起こしてしまったり、重度なアナフィラキシー様症状を起こす確立もありますので、一概には言えませんよ。

ですが、湿布の冷ややかな感覚の後に訪れる燃えるような熱い感覚は、

  • パートナーの熱い息や肌
  • ペニスを挿入した際の燃えるような感覚
  • オーガズムの際、カラダの奥から沸き起こる熱さ

を感じるような熱さであり、とてつもない快感を与えてくれるオナニーの感覚でした。

ただし、湿布オナニーは全て自己責任の上で使用されるようにお願いいたします。

  1. 湿布を付けて何秒・1分以内であっても、熱い・痛いと感じる場合はすぐに外す。
  2. 上記のような症状になったらすぐ洗い流す。
  3. 痛みや赤み・発疹が表れたらすぐに泌尿器科や婦人科で受診を受ける。

必ず、上記のような事を含め、自己責任で湿布オナニーを試して下さいね。


湿布オナニーをする前に、湿布オナニーよりも安心・安全と言えるメンソレータムオナニーを試す事をおすすめします。

一番安全な方法は、安全とされている媚薬を試す事です。

合わせてご覧下さい。