セックスの体位裏48手 裏十九.絞り芙蓉(しぼりふよう)

セックスの体位裏48手 裏十九.絞り芙蓉

裏十九.絞り芙蓉

絞り芙蓉は、座った男性の上に女性が後ろ向きに座り挿入します。

見るからにたまらない形ではありませんか。


勿論これも変り型の一種で、到底兩方共腰なぞ満足に使えるものではなく、唯マラにドキドキ脈を打たせ女房の乳を亭主が下からもんだりいぢつたり・・・

絞り芙蓉の男性のメリット


大きく足を開いて露わになった女性器を思う存分弄ぶことができます。


さらにもう片手で乳首を転がすといった同時攻めもできる体位です。

絞り芙蓉の男性のデメリット


女性の体重をふとももで支えることになりますので、腰の動きはかなり制約されます。


絞り芙蓉の女性のメリット


バックでペニスが突き上げられる快感に加えて、クリトリスへの刺激もあるので、とても感じる体位です。

絞り芙蓉の女性のデメリット


男性の腰の動きがあまり大きくないので、男性が未熟であった場合や女性が積極的になることに抵抗があるカップルだと、あまり気持ちよくなれないかもしれません。

また、体重がかかっていることも気になるでしょう。


絞り芙蓉(しぼりふよう)の芙蓉とは、花の名称です。


芙蓉

古くは往々にして蓮(ハス)の花を指した。美女の形容としても多用された表現である。

出典:wiki

女のあそこを芙蓉の花に見立て、それを絞るように愛撫したところからきているのでしょう。


絞り芙蓉は女性の羞恥心を煽る体位です。

ペニスはあくまでもゆっくりと緩やかな動きで十分です。

女性の体重が乗っているので、早く動かすこと自体難しいですし、敏感なクリトリスをせめている時は、ペニスはゆっくり動いていた方が、クリトリスの快楽に集中できるのです。

クリや乳首等敏感なところを丹念に愛撫されているとほとんどの女性はよがりあそこから蜜が溢れだします。

そして緩やかなペニスの動きが物足りなくなり、自分で腰を動かし始めます。



セックスの体位 48手 TOPに戻る