男のシャワーオナニーのやり方

男のシャワーオナニーのやり方って?

男のシャワーオナニーのやり方

男性のシャワーオナニーのやり方は、いたってシンプルで簡単。

自分の気持ちいいと思うポイントを見つけ、ひたすらシャワーを当てるだけです。
シャワーオナニーのやり方と言う程のモノではありません。

ですが、シャワーオナニーをした事のない方には、シャワーで気持ちよくなれるのか??と耳を疑ってしまうオナニーのやり方だと思います。

そんな方のために、シャワーオナニーのやり方をご説明したいと思います。

男のシャワーオナニーのやり方

先ほども言いましたが、シャワーオナニーは大変シンプルです。

やり方とは言っても、まずはシャワーの刺激がキツすぎる場合があるので、皮の上から当てていく方が無難でしょう。

シャワーオナニーのやり方 STEP1・・・想像を膨らませる


オトコでもオンナでも、オナニーに必要なのは「イメージすること」です。

好きな芸能人・好きなパートナー・憧れのあの人・お風呂にTVを持ち込める人ならお気に入りのAVを見ながらが一番良い方法ですが、

  • とにかく相手とSEXしていることやイジメているところ
  • 責められているところ
  • 実際に女性と接触しているところ

これらの事をイメージしながら、興奮を高めていく事が必要です。

シャワオナニーのやり方を知っていたり慣れている方は、もうおわかりだと思いますし妄想せずともシャワーの刺激だけで奮い立つかもしれませんが、初心者の方は必ず想像することは必須です。

シャワーオナニーのやり方 STEP2・・・勃起前からでもOK


シャワーオナニーは、勃起する前からシャワーを当ててもOKです。

勃起していなくても、シャワーを当てる事により、感じてくれば必ず勃起してきます。

やり方云々よりも、まずシャワーをペニスに当ててみて下さい。

シャワーオナニーのやり方 STEP3・・・包皮は剥かずにそのまま


慣れていない方は、包皮を剥かずそのままサイドから当ててみましょう。

その際、妄想するのをやめてはいけません。

目を閉じ、妄想を膨らませたまま、乳首が性感帯の人は片手で乳首をつまんだりひねったりします。


シャワーオナニーのやり方 STEP4・・・睾丸や裏筋に当てる


サイドからの感覚がイマイチな場合は、ペニスを持ち上げて蟻の門渡り部分に当ててみて下さい。
睾丸からペニスの裏筋にかけて、徐々にシャワーを当てる箇所を上げていきます。

そこまでで、少し気持ちいいなと感じたら、シャワーオナニーでもイケる可能性があります。


シャワーオナニーのやり方 STEP5・・・亀頭責め


シャワーの水圧に気をつけながら、亀頭を真正面からシャワーで責めます。
真正面から当てると、尿道口に刺激が加わりますので、慣れていない場合はあくまでもゆっくりした水圧で徐々に水圧を上げていきます。

ただし温度には充分気をつけて下さいね。冷たくなるだけならいいのですが、熱湯なみに熱くなった時は火傷して大変な事になってしまいます。


シャワーオナニーのやり方 STEP6・・・角度・距離を測る


同じシャワーと言えども、水圧調節と同じく、距離感を好みに切り替える事も必要です。
遠ざけたり近づけたりする事で、水圧を調節したり尖った感覚・丸みのある感覚を自分でコントロールさせていきます。

  • 離せば当たる箇所は少なくなりますが鋭利な感覚
  • 近づければ当たる部分は多くなりますし、水圧が強く感じられますが、目と鼻の先ほど近づけた場合は柔らかい感覚になってきます。

そうして調節してみて下さい。

シャワーオナニーのやり方 STEP7・・・気持ちいい場所を見つけたら


シャワーオナニーの一番重要な部分です。

フェラをしてもらっていても、イクためには継続した感覚が必要ですよね。

これはオトコもオンナも同じです。あちこちやり方の違う刺激を与えられてもイクにイケないという事になってしまいます。

スポットを見つけたら、とにかくじっとその場所にシャワーを当て続けます。


これで、射精できたらシャワーオナニーは成功♪ですね。

自分なりの順序・やり方を見つけ、楽しんでみて下さい。


合わせてご覧下さい。シャワーオナニーのやり方よりも重要な注意点をご説明しています。