スースー感がたまらない?ハッカ油・湿布オナニー

スースー感がたまらない?ハッカ油オナニー?

スースー感がたまらない?ハッカ油オナニー?

オンナの媚薬代わりにメンソレータムが代用になる事や、湿布オナニーをご紹介しましたが、男性のオナニーの場合も湿布オナニーというものも存在します。

ハッカ油オナニーは簡単に言えば、肌がスースーしたような熱いような不思議な感覚になれるオナニー法です。


冷たすぎるものに対し熱く感じるあれです。

ハッカ油オナニー

ハッカ油とは、薄荷(はっか)の葉を精製して抽出された油で、薬局などで1000円弱で販売されています。


暑い夏には、湯船に数滴垂らすと上がった後の冷感がとても気持ちよく感じられる活用法があります。


霧吹きにハッカ油を数滴垂らした水を入れて、肌に直接スプレーして、真夏を乗り切る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こういったハッカ油のスースー感が、いつものオナニーに加わると、また違った性感具合でとても気持ちいいんです。

ハッカ油オナニーの注意点


ただし、ハッカ油の威力は考えているよりも結構威力があります。

分量が多いと、ピリピリした痛みを伴ってしまいます。

特に尿道口には絶対に塗らないようにしなければいけません。


首元に湿布やサロンパスなどの貼り薬を貼ると、ピリピリ感というより激痛でたまらない時がありますよね。

肌に合わない可能性もありますので、ハッカ油を使う時には注意が必要です。

ハッカ油のスースー感を増幅


ハッカ油をペニスに垂らし、そのスースー感を増幅させるのが「風」です。

扇風機の首振り機能やランダム送風を利用してペニスに風をあてると、交互にくる快感がより気持ちよくしてくれます。

ハッカ油に匹敵?湿布オナニー

ハッカ油のように、熱い・冷たいような感覚を得られるもので、湿布があります。

湿布は水を含むと膨らんでブヨブヨになるので、ペニスを巻き込んだり擦りける事で、オナホールと同じような感覚も得る事ができます。

湿布オナニーの注意点

ハッカ油と同様、尿道口には注意です。

ブヨブヨになった湿布がボロボロと剥がれてくるので、その小さな湿布カスが尿道に入ってしまうと、とんでもなく激痛が走りますし、最終的には尿道が膿んでしまうことも・・・それこそ病院行きです。


しかも、お風呂場で試す方もいるようですが、湿布のカスが排水溝で溜まって詰まる可能性があるので、あまりおすすめできません。


それなら、やはりハッカ油も湿布も、オナニーを用途には作られていませんので、

  • 「ハッカ油 + オナホール」
  • 「ハッカやメントール入りのローション + オナホール」

でオナニーすることをおすすめします。

大人のおもちゃ館はこちら

男のオナニー TOP