局部以外の性感帯【そけい部(鼠蹊部)】への愛撫

局部以外の性感帯【そけい部(鼠蹊部)】への愛撫

愛撫をする際、オトコもオンナも感じさせたいがために、急いでやりがちなのが以下のような事です。

  • 急いで乳首やあそこをすぐ触る。
  • 膣に指を入れたり、手でしごく。
  • クンニやフェラをする。

SEXに慣れていない方は、局部に触れたい一心という場合もありますね。

でも、あそこやペニスに触れる前に必ず必要なのが、そけい部(鼠蹊部)への愛撫です。

そけい部には、多くの神経が通っていて皮膚感覚がとても敏感に感じられる場所です。局部を愛撫する前に、そけい部を愛撫するのは大変効果的。

【そけい部(鼠蹊部)】ってどこ?

【そけい部(鼠蹊部)】は、太腿の付け根のくぼんだ箇所です。

局部以外の性感帯【そけい部(鼠蹊部)】への愛撫

大変くすぐったい場所なので、苦手な方ももちろんいますが、愛撫により気持ち良さを感じてくると、くすぐったい感覚も快感に変わりますよね。

「 くすぐったい = 快感 」

この2つは、全く違うようでも紙一重的なものです。

くすぐったいという気持ちは、身体が本能的に防御反応を表している状態です。


SEXの時は、パートナーを受け入れ身を任せる状態なので、そけい部などのくすぐったい場所であっても、それを通り越して快感と感じるのです。

人はくすぐったいと考えれば考える程、余計にくすぐったく感じてしまいます。

自分の身体を愛撫され、エッチな事をしている気持ちの方が大きくなる事で、そけい部を触られてもそのしっとりとした感触が気持ちよくも感じられます。

個人差はかなりありますので、そけい部は絶対に無理!という方もいますが、他の場所とそけい部を同時に責めたりすることでくすぐったさも軽減するかも知れません。

そけい部の愛撫の仕方

そけい部への愛撫は、服や下着を脱がせる前から行いましょう。

  • 手全体で包み込むように押しながら撫でる
  • ソフトなタッチでそっと撫でる。
  • クンニする前にそけい部を舌でなぞったり転がす。

下着を脱がせた後でも、クンニすると見せかけて、そけい部を舌で愛撫すると、いつ局部を舐められるかわからないワクワク感・ゾクゾク感を感じ、より興奮度も高まってきます。

もうクリを舐める頃には、頭の中やカラダ中トロトロになっているはず。


そけい部を口で愛撫する際には、

  • 触れるか触れないか程度で熱い息を吹きかける。
  • べっとりと唇と舌を密着させながら舐める。
  • 少し小刻みにチロチロと舐める。
本当にそけい部がくすぐったくて苦手な相手の時は、チロチロ舐めるのは避けた方がいいでしょう。


そして、もちろんオトコを責める場合もそけい部への愛撫はとっても効果的な場所です。

  • フェラをする前・している途中でもそけい部を舐める。
  • フェラしている最中でも、指でソフトにそけい部から太腿にかけて・睾丸などを撫でる。
そういった愛撫で感じる事に慣れていない男性の場合は、身体が硬直してしまい足がつりそうになったりかなり疲れてくるので「もう許して。」となる前にやめてあげましょうね。



そけい部への愛撫をした事のない人は、パートナーの様子を見ながら早速実践してみて下さい。


合わせてご覧下さい。