二人のオトコを同時に愛した女 Vo.4

二人のオトコを同時に愛した女 Vo.4

二人のオトコを同時に愛した女 Vo.4

前回までのお話 ⇒ Vo.1 Vo.2 ・ Vo.3

自分の愛する人に、新しいオンナが出来て、それが自分の幸せだと感じる人がいるのか?

答えはNoですよね。

誰でも持っている「愛」は

  • 「自身の愛の上で成り立つ愛」
  • 「自分の幸せの上で成り立つ幸せ」

しかありません。

Hくんと別れKさんのもとへ戻りたいと行動したのは、自分の欲。


でも、今はただKさんが幸せでいてくれる・笑顔でいる事を想像するひと時が一番嬉しい時間だと。

Sちゃんが自分自身でこう言ったように、【自分が愛されない幸せの上で「相手に幸せがあるから幸せ」】このような感覚になれる人はいないと言えます。

もしあるとするのなら、これが「無償の愛」と呼べるものですが、人間そこまで器用なものではありません。

欲にまみれ【愛】と勘違いする?

sachiさんのご意見はこうでした。

私にも同じように愛した二人がいました。

私自身なかなか気付けませんでしたけど、二人に対する愛は同じくらいだと感じていました。
では、何が違うのでしょう。

それは手に入らないからこその欲がプラスされて望む気持ちが大きくなっていたのだって気付いたのです。
その気持ちをSちゃんは愛だと感じているのでしょう。

これが、不倫の怖いところではないかと、管理人紗江は感じます。

もちろん、このお話はSちゃんの話・価値観ですから、全ての方に当てはまるものではありません。
「自身がこうだから人がこう」なんて思う方もおられますが、同じ考えのわけはないのです。全てを否定する方もおられるでしょうし、ここは同じだけどここは違うな と感じる方・すごくわかると納得する方 様々です。

  • SちゃんとHくんの2人が成り立つ関係性
  • SちゃんとKさんが成り立つ関係性

ここですべてを説明するのも・他人が全てを理解するのも絶対に不可能ですね。

  1. Sちゃんが、騙し続ける事ができなかったというHくんに対する愛が真実なのかも知れません。
  2. Sちゃんが、離れていてもそれでもKさんを愛せる気持ちが真実かも知れません。

【愛】に正解も間違いもない

どちらだと思っても、どちらを選んでも、正解だという答えは存在しないのです。

あ~こうしたら、楽になれるのに・幸せになれるのにと人は誰でも言いたくなります。自分の思う事こそが間違いはなく絶対に正しいと思ってしまうからです。

だから、管理人紗江はSちゃんに「私だったら・・・」と自分の気持ちや考え方を伝えるだけです。

自分で気づく事でしか、何も始まりません。その人の想いはその人にしか救う事はできないのです。
このお話を見ていると、以下のように考える人の割合の方が多いでしょう。

  • Hくんを選んだ方が幸せになれるのに。
  • 愛される事で自分の幸せを見出せばいいのに。
  • 刺激を感じる自分の欲にまみれ、本当の愛を見失ってしまっている。
でも、Sちゃん自身の気持ちは誰も理解することはできませんし、こうした方が幸せになれるという答えもありません。



合わせてご覧下さい。

合わせて読まれています。