イクことができない女たち

女性がイク事ができないのには色々な事が関係していますが、アナタはセックスの時、何を考えていますか?

  • 顔やアソコを見られるのを恥ずかしがったりしていませんか?
  • 皮膚が感じる熱・体が感じる快感だけに溺れたことってありますか?
  • イかないと、彼に申し訳ないと演技をしていませんか?

もしアナタがイったことがない、なかなかイクことができないのなら、その辺りに重大な問題があるのかも知れません。

そして、考えられる原因は本能的な要因、根本が男性とは違うということにもあります。

女性は実はイク必要がないという面があります。

イクためには羞恥心を棄てよう

まず女性が1番に思うのは、”恥ずかしい”という気持ちですね。素っ裸になって、アソコを見られたり、アナルまで丸見え、こんな格好いや~!恥ずかしい!そう思っても当たり前ですよね。わたくし紗江も昔はそうでしたよ。

イクためには羞恥心を棄てる

  • 胸小さいのに、嫌だな
  • 乳首の色黒いって思われないかな
  • お腹出てるから引っ込めておかなきゃ
  • Vゾーンのできもの、汚いって思われたらどうしよう
  • お尻の黒ずみ、何て思うだろう
  • ムダ毛の剃り残しないかな、ザラザラしたどうしよう
  • アソコを見られてクリまで剥かれて恥ずかしい
  • アソコを舐められるなんて恥ずかしい、臭わないかな
  • 四つん這いなんてこんな格好嫌だ

羞恥心を棄てることがイクための第一歩

などなど、セックスを知ってから暫くは、もう顔を隠しておきたいくらい恥ずかしい思いをしますよね。それは当然!当たり前ですよ。一般的に最初から恥ずかしくない人なんていません。


でも、そんなことを考えていては、せっかくのセックスも台無し。
イけるはずもありませんよ。

あなたがまだイクということを知らないのなら、まずその羞恥心を棄てて下さい。これは、初歩的な第一段階ですよ。

気持ちのいいところを正直に伝える

そして、本当はこうして欲しいのに、恥ずかしくて言えない。そんな事言ったら淫乱だって思われるかも。痛いけどちょっとくらい我慢しようなどと、心の奥で思ってはいてもなかなか言えない、言ったら駄目なんだって思い込んでいる女性が多いと思います。


でも、それでは余計な事ばかり考えてしまって、気持ちよさを感じるというより、ほぼ拷問に近いですよね。

  • そこあんまり感じないけど、感じてるフリしなきゃいけない。
  • も少しそっと触って欲しい。ちょっと痛いけど我慢しなきゃ。
  • あーそこじゃなくてもう少し右の方なのに
  • もっと舐めて欲しいけど言えない
  • その体勢ちょっときついな
  • そうじゃなくてもっと小刻みに刺激して欲しい
  • 彼がこんなに一生懸命頑張ってくれてるのに、ちゃんと感じなきゃ。

気持ちのいい場所や感じ方は十人十色です。

そして反対に男性の方も、女を喜ばせるための知識や癖・考え方、そして愛撫の仕方なども十人十色。どれだけセックスに慣れている男性でも、全ての女を喜ばせられることなんて不可能なんです。だから、コミニケーションはとても重要になってきます。


素直に自分の感じる場所、こうして欲しいと伝える事が大切ですよ。だって、もしアナタが彼にフェラしていて、「本当はこうして欲しいのに」と思っても、黙っていられたら嫌でしょ?




彼にしてあげる時にも、「これ気持ちいい?」「どうすればもっと気持ちよくなるか教えて」「こうしたらどう?」と聞いてあげましょう。そして、自分も本当のことをお願いしてみるんです。

何度も言いますが、恥ずかしいのは当たり前ですね。でも、ここを克服できなきゃ、イクカラダにはなれないと思って下さいね。

彼は淫乱なんて思いません。そうやってお願いされたら、もっと愛おしくなるのが男です。アナタの感じる表情やしぐさを見て、もっと感じさせてあげたいと思って、男は頑張るのですから。気持ち良くない・足りないのに感じているフリをする方が、失礼だしかわいそうとは思いませんか?

お互いに気持ちよくなる方法を探していけるようになるのが、第一条件です。




合わせてご覧下さい。

一人エッチが全く感じない女