【愛している人に裏切られた】あれだけ信じてたのに・・・

【愛している人に裏切られた】

愛している人に裏切られた】あれだけ信じてたのに・・・

  • 信じていた人に裏切られた
  • あれだけ愛していたのに、何故裏切ったの?

今まで、パートナーだけを想い、自分の事を差し置いてまで尽くしてきた。何故なの?

そんな状況に陥った時、愛が憎しみに変わってしまう場合があります。

あなたが「裏切られた」と思っている状況は、果たして本当に相手に裏切られただけなのでしょうか?

【裏切り】とは


【裏切り】の対義語・裏側にある気持ちは【信用】ですね。

  • 相手を信用していたけど、自分が思っても見なかった出来事が起きてしまった。
  • 相手を信じてきたからこそ、予想もしていなかった行動をされた。

という事になります。


信じていた。なのに自分にとって、全く予想外の出来事が起きてしまう。

あんなに愛していたパートナーが、「自分をずっと好きだ。」と言ったのに、他の人を好きになって、別れを切り出すと【私を裏切った】という風に感じます。

【誰かを信じる】ということ

実は、誰かを信じているという気持ちは、自分自身で決心している気持ちなのです。

  • パートナーに対して、「こうであってくれるだろう」と期待している。
  • パートナーの言葉通りになることを望み、思い通りにこのまま進むと望んでいる。

相手を信じているのではなく、自分を信じることなのです。その感情は、自分が可愛いという自己愛であり、その感情を持っていない人など一人もいません。


でも、愛している人が心変わりをしたとすれば【裏切った】と相手を責めます。


何故でしょうか?自分で自分を信じたのにも関わらず、何故相手を責めるのですか?

  • 相手が無理矢理信じさせたわけではありません。
  • 「信じろ!好きになれ!」と、どれだけ言われても、想いを変えることなんて不可能です。
仮に、この芸能人を好きになってと言われても、好きじゃないものは好きではありませんし、このウニ美味しいからと無理に食べるよう促されても、無理なものは無理ですよね。
自分が好きになり、信じたのは自分なのですから、パートナーにフラれても【信じた自分が自分を裏切ってしまった】だけなのです。もっと簡単に言えば【信じた自分が間違っていた。】ということなのです。

ここでは、自分自身を基本としてお話していますので、心変わりしたパートナーを基本に置くと、「ずっと好きだ」と言った事に対して【自分が裏切った】と感じていなければいけないことですね。


あなたが【裏切った】と思ったパートナーは、貫き通せもしない言葉を断言してしまったのですから。

裏切られる前・信じる前に

基本的に、オンナは自分が愛されているのか大変不安になり、常に愛を確かめるための言葉が欲しいと感じますね。

「私が好き?愛してる?」「一生ずっとそばにいてくれる?」

  • 「ずっといるよ。愛しているよ。」と、その時の真実の感情で言う
  • 心底の愛がなくても、その状況の雰囲気だけで言う

大きく分けると二手に分かれるでしょう。


まずオンナはそこを見極めなければいけません。


特に、妻帯者で不倫をするようなオトコのうち、相手を抱きたいがため、自分の欲求を満たすためについ口をついて出るオトコが半数以上を占めているでしょう。

そして、そういうオトコは必ず不倫を繰り返します。

ですが、それを信じた=自分を信じた のはあくまでもあなた自身のはずです。

決して、相手がどれだけ悪いオトコだとしても、身体を弄ばれただけと感じても、相手だけのせいとは言い切れませんよね。

あなた自身の問題では、【裏切られた】のではなく、【自分を裏切ってしまう】結果になってしまいます。


そして、あなた自身も付き合いの間は、幸せを感じ自身の欲を満たしていたのではないでしょうか?その【裏切った】相手と同様、何ひとつ変わりはしないのです。


騙すも裏切られるも、自分次第です。


だから、その前にきちんと相手を見極め、自分に問いかけ、本当に信じてもいいのかを見定め決断する勇気を持って下さい。


決して、自分自身の【欲】に負けてはいけません。

結婚詐欺に騙され裏切られたオンナ

管理人紗江の昔の友人で、結婚詐欺に遭った方がいました。

結婚しようという約束をしていましたが、まだ籍は入れずに一緒に生活していました。会社が経営破たんしてしまう・いつまでにお金が必要だ・親が病気だ などと、まるで美人局のような手口で、その友人からも友人の親御さんからも、一千万近いお金を騙し取り、雲隠れをしてしまったそうです。


その友人以外にも何人もの被害者がいて、結果捕まったそうですが、お腹の中にはその犯人の子どもが宿っていました。


「この世に宿ったかけがえのない命を消す権利なんて自分にはない。」一人でそのオトコの子を生んだのです。

彼女は言いました。


「恨んでないと言ったら嘘になる。愛情はもうないけど、この子の父親は確かにあの時愛したあの人だった。

私は騙され裏切られたけど、それも仕方がない事。今もまだ苦しいけど、どうしようもないよね。」


そう言いながら、生活を維持するために風俗で働き出しました。

現在はもう付き合いはありませんが、きっとその子どもは中学・高校生くらいになっているでしょうか。
その友人が、そんな気持ちに辿りつくまでどれだけ苦しんだでしょう。紗江には想像もつきません。

でも、友人は自身の欲も自己愛も、起きてしまった事実も全て受け入れ、裏切られても相手を憎まず、騙されたのにも関わらず【裏切られたのではない】と潜在的に感じ取ったのでしょう。

自分を否定していては、誰も愛する事はできません。

人間は、固定観念というものをなかなか振り払う事ができません。

  • こういう人だから愛している。
  • どうしても、信じたい・・・信じている。

そう思う決断をするのは、他の誰でもないあなた自身の問題ですが、冷静に真実と向き合っていただきたいと思います。

裏切られても憎しみに変わらない【愛】

裏切られても憎しみに変わらない【愛】なんて、本当にあるのでしょうか?

  • たとえ裏切った相手だと思ったとしても、ただ相手の幸せだけを願い
  • 笑っていてくれるだけで、自分も幸せを感じる。
  • 自分のものにならなくても、想い浮かべるだけで幸せ。

上記ページでのお話の「H君」が正にその一人です。

自己愛を認め、自分の欲を受け入れ、そして愛を手放す それでも愛している人の幸せだけを願った。


「自分がしたいと思ったようにする」という根本的なものには、上記の登場人物3人には何ら変わりはありません。

  • H君は、【裏切られた】と思った事でしょう。でも、自分がしたいことをした。
  • Sちゃんは、自分が裏切った事を自覚し苦しんでもどうしようもなく、違う道を選んだ。それも自分の意志。
  • Kさんは、自分のしたい事をし、自己の欲求のまま生きている。

いい人・悪い人という話ではありません。


「自分で思うように操作する事はできない」・・・人の想いはそういうものなのです。生き方に間違いなんてありません。自身の生きたいように生きる。それは人それぞれです。


ただし、口にした言葉を絶対に貫き通すという人もいないわけではありません。それが、その人のしたい【生き方】なのですから。

続き ⇒

合わせてご覧下さい。