イク時の体の変化

イク時、体はどうなるのか?

女がイク時体はどうなるのか

まず、愛撫などの刺激によって、女性の体には色々なホルモンが分泌されます。
見つめられたりキスなどの性的刺激から幸福感を感じたり、興奮が増すにつれ様々なホルモンが分泌されます。

  • 愛情ホルモンのオキシトシン
  • 幸せホルモンセロトニン
  • 興奮ホルモンのノルアドレナリン
  • 快楽物資のドーパミン
  • 脳内麻酔のエンドルフィンなどが分泌。
  • 副腎髄質からアドレナリンも分泌されたり、様々な変化が現れます。

では、オーガズムを感じる時、体はどういった変化をするのでしょうか。


イクということは、肉体的・精神的に生理的な機能が最高調にまで高まって、
それが一気に開放された時に起こる生理的な快感です。



性的な興奮がおきると、大脳から性器に対しオーガズムの刺激が伝達されます。
イった時の快感はそれらのホルモンの影響を受けているからですね。

イク時の交感神経の働き

交感神経と副交感神経で成り立っている自律神経があります。
寝ている時やリラックスしているときは、副交感神経の働きがあり、緊張している時や活動しているときに働くのが交感神経です。リラックスして副交感神経の働いているときから、興奮が高まっていき、交感神経の働きにスイッチされます。

そして、イク時は、その交感神経の働きが極度に高まると言われています。

女が気持ちよくイク時

脳が感じる・脳がイク

つまり極論を言うと、脳が感じて・脳でイクということになりますね。

イクには、全てを開放する必要があるのです。何も考えずに、体の快感に集中することで、脳が感じ始めます。


体への刺激から脳内の神経の働きが起こり、その脳内から性器にオーガズムの指令を出すという感じでしょうか。

そのループに入った時には、何度も何度も連続してイクことができるようになりますよ。

では、イケないアナタは、今までのことを踏まえてオナニーレッスンをしてみましょう!⇒気持ちのいいオナニーをする