セックスやオナニーで膀胱炎?

セックスやオナニーで膀胱炎になる?

セックスやオナニーが原因で膀胱炎になる?

何度も原因不明で膀胱炎を繰り返してしまう人はいますか?
病院へ行って、”膀胱炎”と診断されて、せっかく治ったと思ったのに、またおしっこをしたら何となく違和感が・・・

  • 頻尿になる。
  • 少し下っ腹あたりに違和感がある。
  • おしっこが何となく白く濁っている気がする。
  • 残尿感がある。

そういう人は、膀胱炎になってしまっている可能性が高いといえます。


実は、紗江も膀胱炎を繰り返すタイプで、泌尿器科への受診もしょっちゅう。
いつもいつも同じ病院へ行くのは何か嫌で、時々は違う病院へ行ったりもしています。


病院へかかった時に、何をしましたか?などという事は一切聞かれません。
そのあたりは安心して大丈夫です。
症状をそのまま話し、おしっこを検査してくれて、何も聞かれないままお薬が処方されます。


お薬はだいたい5日くらい出されるのが殆どですが、飲めば1,2日程で違和感はなくなります。
だからといって、それでお薬をやめてはいけませんよ。


そして、尿の色も濁りはなくなって、ほっとします。
でも、実は泌尿器科では、セックスやオナニーが原因なんていう診断は下されません。
それで、レディースクリニックで受診してもらいました。

すると、不潔なセックスやオナニーをすると、膀胱炎になってしまうという事を言われました。

不潔なセックスやオナニーで膀胱炎

セックスやオナニーで膀胱炎になる?

セックスやオナニーで膀胱炎になると考えられるのは、まず不潔なセックスやオナニーです。


膀胱炎の原因は、一番多いのが大腸菌による最近への感染です。
女性は、肛門と尿道口が非常に近いですよね。肛門の周囲の大腸菌がそのまま尿道へ入って感染してしまいすぐに膀胱炎を引き起こしてしまうんです。


そして、男性よりも女性が膀胱炎にかかりやすく、その理由は尿道の長さにあるんです。
男性は14~18センチあるのに、女性はたった3~5センチしかないので、膀胱へ菌が入り込みやすい体の作りなんです。



そして、実は潮吹きも膀胱炎の原因のひとつ。

膀胱への無理な刺激によって、膀胱炎や尿道炎を引き起こしてしまう可能性があります。
紗江の膀胱炎の原因は、ほとんど潮吹きと言えるでしょう。


紗江に潮吹きをさせるとき、彼は必ず石鹸で念入りに手を洗ってくれます。
もし、シャワーせずにベッドに入ってセックスが始まっても、潮を吹かせるときは手を洗いに行きます。

それでも、いくら気持ちいいからとって、何度も膀胱に負担をかけてしまう事はあまりよくありません。
ある程度、程ほどに・・・という感じですね。

膀胱炎を予防するために

  • セックスやオナニーの後、必ずシャワーをして性器や手を清潔にする
  • セックスの直後、必ずおしっこをする
  • コンドームをつけてセックスする
  • おもちゃでのオナニーの時も、必ずコンドームをつける

その他、冷えないようにしたり、疲労やストレスによって抵抗力が弱まらないように気をつけるなどです。

今まで膀胱炎になんてなった事がない人も、自分には無関係とは思わずに、膀胱炎になってしまう可能性があるという事を少し頭において考えておく方がいいでしょう。

安易な考えでいると痛い目に合ってしまうかも知れません。
詳しい症状はこちら⇒膀胱炎の症状


健康をサポートするサプリメントはこちらから検索


そして、アダルトグッズを使う時にコンドームをつけていたとしても、おもちゃへのメンテナンスは必ず行って下さいね。
メンテナンスグッズは、下記からどうぞ

エッチ可愛い大人のおもちゃ館TOP

性病や女性の病気 TOP