急に濡れなくなった・・・どうして?!

今まではそうじゃなかったのに急に濡れなくなった

急に濡れなくなった

彼氏やパートナーのとの今までと同じSEX、そして新しい彼氏に変わった時?
今まではちゃんと濡れていたのに、急に濡れなくなってしまった。


そういう経験はありますか?
SEXの経験がある人は、少なからず同じような経験をした事があるのではないでしょうか?

女が感じる時には、精神的な要素がかなり影響してきます。

濡れるしくみ

「濡れる」という事は、脳が感じる事によって分泌されます。

愛液とかラブジュースという風に呼ばれるこの分泌液は、

  • 膣の入り口辺りから分泌されるバルトリン腺液
  • 膣内の壁から分泌される膣液血しょう
  • 子宮頸管から分泌される粘液

この3つが混ざったものと言われていて、成分は血しょうであり、いわゆる「汗」のようなものなんです。
そして、この愛液の量には個人差があり、濡れすぎなくらいの人、少ししか分泌しない人様々です。

こちらも合わせてご覧下さい⇒女が濡れる時濡れない時

キスなどの性的な刺激を感じると、オキシトシンというホルモンが脳に分泌されます。


そのオキシトシンは、なんと哺乳類だけが持っているホルモンで、幸せな気持ちになったり、安心感を得たり、心が癒されるという効果があります。
キスや抱擁などの愛情表現で分泌されるため、愛情ホルモン・恋愛ホルモン・抱擁ホルモンなどと言われています。

異性との性的な刺激だけでなく、母子間や友情などの場合でも分泌される、人にとっては大切なホルモンなんです。

そして、その後 性的興奮が高まると、体の血流が増し、愛液が分泌されるしくみとなっています。
膣の入り口や膣内が濡れる事で、ペニスの挿入がスムーズになり、最終的に射精された精子を卵子の元に泳いでいくためのサポート役となるんです。

濡れるという事も、子孫繁栄のための人間の本能なんです。

急に濡れなくなった原因 その1

ただし、オキシトシンの分泌に問題があれば、愛液の量が減ったり、濡れなくなってしまったりする場合もあります。
繰り返しますが、オキシトシンは

  • 幸せな気持ちになったり
  • 安心感を得たり
  • 心が癒されたり

そんな時に分泌されるホルモンです。
SEXの時に、緊張ばかりしていたり、リラックスしていない場合は、分泌されないので、愛液も分泌されないという事になってしまいます。

  • SEXする環境が変わって緊張している
  • 彼氏との喧嘩
  • 新しい彼氏とのSEX

など、何らかの心因的な緊張や心の乱れによってリラックスできず、今までは濡れていたのに、急に濡れなくなったという事があります。


SEXは、安心感を得た上で、自分を曝け出し、快感を得られるものなので、新しい彼との場合は、少しずつリラックスできるように、愛を深めていけると徐々に濡れるようになってきます。

急に濡れなくなった原因 その2

急に濡れなくなった

  • 寝不足などの疲れ
  • 睡眠不足
  • 空腹
  • ストレス

体がそういう状態の場合は、体全てのホルモンバランスが乱れてしまいます。


子孫繁栄の本能よりも、生存するための本能が働くんですね。そして、オキシトシンの分泌にも当然影響が出てしまうという事に繋がります。

急に濡れなくなったという人は、仕事に対してのストレスや疲れなどを改善していけるようにしてみて下さい。

急に濡れなくなった原因 その3

濡れるためには、体の血流が増加する必要があります。そして、愛液の成分は血しょうです。そして「汗」のようなものなので、

  • 水分不足
  • 体の冷え

があると、血流が悪くなり、濡れにくくなってしまうんですね。


急に濡れにくくなったという頃、生活に何らかの変化はありませんでしたか?
十分に水分を摂る・半身浴やストレッチをしたり、体を温めるように気をつけてみて下さい。


血液の循環をよくする事で、濡れなくなったという状態を改善できるかも知れません。

急に濡れなくなった原因 その4

そして最後は、急に濡れなくなった事を気にしすぎている場合です。
何らかの原因である日急に濡れなかった。
当然 「何故?!」と感じます。彼はどう思っているだろう? えーどうしよう!


次にベッドに入った時、

「この間みたいに濡れなかったらどうしよう・・・」とまた気にしてしまう事で、そんな精神状態が尾を引き、緊張しリラックスできずに悪循環してしまうという事です。

上記の原因に繋がりますね。
今日は、体の調子が良くないんだくらいの軽い気持ちを持てるようにしましょう。

急に濡れなくなった原因 その4

年齢を重ねている人の場合は、更年期障害が影響している場合もあります。


更年期障害のホルモンバランスの乱れですね。
更年期障害は、誰もがなるわけでもなく、軽度な人・辛いくらいに重度な人と様々ですが、婦人科へかかったり、サプリを飲むなどして対処してみてはどうでしょうか。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


■【クレイジーガール】 ワナビーワイルド・インテンスオーガズムジェル

そして、オキシトシンは、愛情ホルモン・恋愛ホルモン・抱擁ホルモン です。
SEXだけでなく、趣味や新しい事をパートナーと楽しんだり、自分なりの楽しみを見つける事も、かなり大きなプラスになるに違いありません。
濡れなくなったと嘆くよりも、アダルトグッズを使って、ちょっとワクワクするようなプレイを楽しむのもいいですね。



そして、女性は、40歳を過ぎた頃くらいから、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなっていきます。


エストロゲンは、卵巣で作り出されるホルモンで、肌の細胞や粘膜の潤いを保つ役割をしています。
膣の中の潤いもそれによって低下するために、余計濡れないという原因にもなります。

卵巣を健康に保つために必要な栄養素は、ビタミンEです。
ビタミンEはアーモンド・らっかせい・唐辛子・モロヘイヤ・せん茶などに多く含まれています。
そして、エストロゲンの代謝を良くするのがビタミンB6です。レバーやまぐろ・バナナなどに多く含まれています。少し気をつけて多めに摂取したり、サプリを飲んだりするのもいいかも知れません。

そしてSEXの時には、ローションでより気持ちよく楽しめるようにして下さいね。

急に濡れなくなっても気にしない

最終的には、全て「急に濡れなくなった」と気にしてはいけないという事です。
今まで濡れていたんですから、きっとすぐ元に戻るという楽な気持ちでいるようにしましょう。
気にしてばかりだと、SEXも楽しくないし、もっともっと悪化させることになってしまいます。

合わせてご覧下さい。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


■【クレイジーガール】 ワナビーワイルド・インテンスオーガズムジェル