セックスの体位 48手 二.揚羽本手

セックスの体位 48手 二.揚羽本手

揚羽本手

揚羽本手(あげはほんて)


本手(正常位)の型の一つです。


仰向けに寝た女性が股を開いて、その上に男性が乗ってオチンチンを入れます。
胸とお腹がぴったりくっ付くように密着します。


抱きつき方はそれぞれ好きなように工夫しましょう。


図では、男性は左手で女性の首を巻き込むように抱きしめ、右手は女性の腰の下あたりに回して抱いています。女性の手は男性の背中に回してギュッと握るようにして繋ぎます。


男性の手は女性の下敷きになっちゃっても不思議と痛さはあまり感じません。


女性は男性の腰辺りに脚を絡めます。
ちなみに、この形がアゲハ蝶に似ている(?)ことから、揚羽という名前が付いたみたいです。


女性が腰に回した腕と脚で自分を持ち上げるようにしてあげれば、男性もスムーズにオマンコを擦ることが出来ます。




セックスの体位 48手 TOPに戻る