感じるためのオナニーのやり方~STEP1~

感じるためのオナニーのやり方~STEP1~イメージ作り

気持ちのいいオナニーをする準備はできましたか?

その環境作りなどの準備はとっても大切なので、あまりよく見ていないという方は、再度見て下さいね。


それでは、後はひたすら感じることに集中するのみとなりました。
ベッドや布団に横たわります。
座った状態でも構いませんが、実際にSEXする環境の方が頭の中が入り込み感じやすいので、それに近い環境にして下さい。

手を綺麗に洗うことも必ず済ませておいて下さいね。

オナニーのやり方 ~カラダに触れる前にイメージを膨らませる

脳で感じるようにレッスンする

SEXの時もオナニーの時も、感じるにはイメージする事はとても大切です。エッチな事を考えてそのイメージを膨らませて感じると濡れてきますよね。

そのイメージできる精神的な状態に慣れる事も実際のSEXでイキやすくするコツなんです。

  • エッチな動画を静かに見て
  • 彼の写真を眺めながら、時々目を閉じて
  • 彼の匂いを嗅ぎながら
とにかくエッチな事をされている場面を思い浮かべて全身で感じて下さい。
そして、彼の匂いを胸いっぱいに吸い込みます。子宮がきゅんと疼きませんか?触って欲しくなりませんか?

オナニーのやり方 ~とにかく全身で感じる

感じるためのオナニー

オナニーでイケる人は、すぐにイッてしまいたいと思い、感じる事よりもカラダの快感・イク時の快感を求めてしまいがちです。

そうなったら、いつもと同じように、ただオナニーでイク それだけで終わりになってしまい、レッスンにはなりません。
ここでは、イク為のオナニーではなく、感じる為のオナニー=SEXの時にイケるカラダにするオナニーのやり方をご紹介しています。

だから子宮が疼き、乳首あたりがモゾモゾしたり、腰が自然とくねくねし出して、全身が感じてもまだカラダには触らないで下さいね。

それでも、まだずっと想像し感じ続けるんです。もう駄目・・・早く触ってと悲願するくらいになっても、ひたすら想像して下さい。

そして着ている服を少しずつ脱いでいきます。
全て脱がなくてもOKです。自分が一番いやらしいと思う格好になって下さい。

オナニーのやり方 ~エッチな動画を切る

もう感じすぎて駄目となったら、動画は切って下さい。写真も見るのをやめて下さい。
匂いはそのまま感じていて下さい。
そして、想像し続けます。
想像はご自分の好きなもので構いません。

エッチな動画を見ていたなら、その続きをイメージしたり、彼に抱かれていると想像していたなら、目を閉じてもっともっと彼をイメージして感じて下さい。

ここが一番重要な鍵となります。視覚を奪った時点で、どれだけ想像を膨らませて感じるかによって、実際のSEXの時にも関わってきます。

ただ、いきなり動画を切るだとか、絶対にというわけではありません。あくまでも自然な流れで、少しずつで構いません。

鏡を使う人は、ここから鏡を見て下さい。
鏡に映った自分の姿を見て、ここを触られたら、ここをこうされたらともっと想像を大きくしていきます。そして、急所を除いたカラダ全体にそっと指を這わせ感じていきます。


世の中には、カラダに触れてもいないのに、イメージだけでイク事ができる人もいます。

それだけイメージし感じて興奮する事は大切なんです。

オナニーのやり方 ~カラダに指を這わせ、自分の息遣いを感じる

SEXでイクためのオナニー

その頃にはもう吐息は漏れ始めていますね。

指・腕・二の腕・肩・首筋・頬・耳・唇・腰や太腿・お尻など全身にソフトタッチで指を這わせて感じていきます。

少し弧を描くように触ったり、色々な触り方をしていきます。
もう声がでる寸前ではないでしょうか。

自分の手だと意識してはいけません。
男性に触られていると考えて感じて下さい。


触るスピードはゆっくりで触るか触らないか程度にします。


アダムタッチってご存知でしょうか?
性感マッサージで有名なやり方ですが、3秒で10cm動かすくらいのスピードがいいとされています。

ただ、細かに考えすぎていると集中できませんので、あくまでも自然に思うままが一番良いです。


息も少しずつ荒くしていきます。人によって違いますが、声を出したい人は出してもいいですし、出ない人は、息遣いを感じて下さい。

自分の息遣い・声も、重要です。

もし、うまくイメージできない人は、何度もここまでの段階を時間をかけて吐息が漏れるくらいまで試した方がいいですが、慣れていない場合は、わざとでも構いませんので、息を大きく吸い込み大きく吐き、少しずつあえぎ声を出してみて下さい。



自分の声で聴覚を刺激するんです。気分も高まってもっと感じてくるはずです。