ピルの種類

ピルの種類について

まずピルには、3つの種類があります。

  • 低用量ピル
  • 中用量ピル
  • 高用量ピル

卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれている量による違いです。

生理不順やホルモン異常のためなどの治療目的や緊急避妊用のアフターピルでは、中・高用量が使われますが、避妊目的の場合に使うピルの種類はだいたい低用量が使われます。

以前は中用量ピルが避妊の目的として使われていましたが、低用量ピルが普及してからは、副作用が抑えられるようになりました。
副作用は、ピルに含まれるホルモンが原因で、そのホルモンの量が少なくなった事で以前よりは安心して飲む事ができるようになっています。

低用量ピルのタイプ

低用量ピルには、2つの種類があって、21錠タイプと28錠タイプがあります。
ピルの種類
21錠タイプは、3週間服用し、残りの1週間は飲む必要がありません。
28錠タイプは、4週間飲み続けますが、そのうちの1週間はプラセボ効果の錠剤で、実際にホルモンが含まれていない偽薬です。偽薬を飲む理由は、ピルを毎日飲む習慣をつけ、飲み忘れをしないためです。

21錠28錠どちらの種類でも、ピルの効果は全く変わりません。

低用量ピルの種類

低用量ピルにも種類があり

  • 一相性
  • 段階式ピル

という種類があり、1錠1錠のホルモンの配合の量の違いで分類されています。
ピルの種類
一相性というのは、1シート全部のピルのホルモン量は全て同じで、どれを飲んでも構いません。
段階式は、ホルモンの含有量を段階的に変化があります。
段階式ピルの二相性は2種類の含有量のピルを前半と後半にわけて服用します。
段階式ピルの三相性は3種類の含有量のピルを3段階に分けて服用します。


飲みやすさとしては一相性が楽ですが、段階式ピルの方が不正出血を起こしにくいと言われています。

紗江は、昔 段階式ピルの三相性を、4年程服用していましたが、シートに直接飲む日にちをマジックで書き込んでいました。
そして、ピルは、正しく毎日同じ時間に服用することが大切ですから、毎朝決まった時間に携帯でアラームを設定。
アラームが鳴ったら、その時に何をしていてもすぐに飲むという事を確実に守って、飲み忘れを防いでいましたよ。




避妊についてTOPへ戻る