【ドーパミンの悪戯?】あらゆる刺激を求める脳とセックスの関係

脳とセックスの関係

【ドーパミンの悪戯?】あらゆる刺激を求める脳とセックスの関係
人が快感を感じる時、脳内にβ-エンドルフィンが分泌されます。

詳しくはこちら⇒刺激を渇望する性依存症

そして、ドーパミンというホルモンも分泌されます。

βエンドルフィンは、快感を司る快楽物資ドーパミンと連携しています。

とりあえず細かな事は省くとして、βエンドルフィンはドーパミンの分泌を抑制する効果があります。


ドーパミンは、βエンドルフィンと同じ快楽物資ですが、交感神経が高まった時に分泌されるホルモンです。
ですが、βエンドルフィンが分泌される時には副交感神経が優位になっている時です。


人間には快楽物質と言われるホルモンは20種類くらいあるのですが、その中でβエンドルフィンは麻薬のモルヒネよりも6倍以上の麻酔作用があり最強と言われるホルモンなんです。

  • 好きな人と一緒に過ごす幸せな時間
  • セックスしている時の幸福感

などは、βエンドルフィンが分泌され、ドーパミンを抑制する効果がなくなってしまった時、一気に多量のドーパミンが分泌されます。
イク時に必要なのは、副交感神経が優位に立った状態から交感神経を優位に立たせる必要があるのですが、そのドーパミンが過剰に分泌してしまうと、恋愛依存症・アルコール依存症・ギャンブル依存症に陥ってしまう場合があります。

それが、快楽を「もっと。もっと」と求めてしまう脳の働きによるものなのです。

【ドーパミンの悪戯?】あらゆる快楽を求める脳とセックスの関係

サイト管理人紗江は、かなり前ですが、ふと疑問に感じた事がありました。

  • 何故、辛いものを食べて「美味しい。」と感じるのだろう?

おかしな疑問ですよね。

当然、自分でも感じました。美味しいから美味しいと感じるに決まってる・・・

でも、辛いものを食べると、甘いものを食べた時程の幸福感はありません。もちろん「美味しい。」というのは同じです。「辛っ!!」と舌や口の中が痺れて涙が出てきますね。

辛いものが苦手な人には、わからない状況ではありますが、「もっと辛いもの」が欲しくなるんです。それでますます辛党になっていく。今まで食べていた辛いものでは物足りなくなっていってしまうんです。

紗江の彼が答えてくれました。
「すっごいいいとこに気がついたね。」
「脳は、刺激が大好物なんだよ。」


彼は脳の働きを詳しく知っているわけではありません。私たちもそんな詳しくドーパミンや脳の事を知りたいわけではありませんよね。

何にせよ。脳は刺激を好み、刺激を求めているという事なんです。

  • 辛いものの刺激や、怖い映画を見る刺激
  • 失恋して悲しいという刺激
  • 心から満足し嬉しいという刺激
  • セックスで快楽を得る刺激

どれもこれも、脳に対し通常ではない刺激だという事がわかりますね。

何故怖いというのに、ホラー映画が見たくなるのか?思春期の女子が、失恋して悲劇のヒロインになっている状態もこれにあたります。

必ずしも全てがドーパミンの影響だけとは断言できませんが、どんな刺激であっても、ありとあらゆる刺激を求めるのが脳なんです。

快楽物資ドーパミンが大きく関わっている事に間違いはありません。

セックス依存症・オナニー依存症でも、そして恋愛依存症でも同じような現象が起きているのです。



合わせてご覧下さい。

自慰依存を引き起こす欲求

自慰によって快楽を得る生き物

自慰依存を引き起こす欲求
動物であっても人間であっても、子孫を残すための本能があるのは至極当然です。

動物の世界では、子孫繁栄の本能というのはただ原始的な衝動であり、基本的に性行為自体を隠すような事はしません。快楽を得るための行為ではないため、当たり前に他の動物の前でも行い、快楽を得るため自分で自分を慰める行為【自慰】を行う事はありません。
※ここでは基本的な事であり、一部例外の事は除いたお話です。

人間だけが、子孫繁栄である性行為に快楽を見出し、その快楽を得たいがために自慰をする動物ですが、【性行為】や【自慰】に何故快楽を欲求するのでしょうか?

自慰依存を引き起こす欲求

快楽を求めるというのは、本能に強く関係しています。

快楽を得る行為は、βエンドルフィンというホルモンを分泌させます。βエンドルフィンはモルヒネの6倍もの麻酔作用があり、脳内の麻薬・快楽物質と言われています。

この快楽物質が自慰によって満たされるのは欲求も満たされると言う事ですね。

人の性行為を求める欲求は、脳の中で複雑化されていて、子孫繁栄の本能もあり、快楽への渇望もあり、愛への執着もあり、一言では言えないものです。

  • ただの肉体的な快楽への欲求。
  • 愛する人に抱かれて幸せを感じたいという欲求。

言い出せばキリがありませんが、欲求を満たしたい事であるのは間違いありません。

そして、そういった欲求が満たされないために、自慰を行って自分を誤魔化してしまうという説があります。

自慰依存は一時しのぎである事を知る

自慰を行い、その時に欲求を満たす事はできても、ただ一時的なものでしかありません。

快感は癖になるものなので、欲求を自慰で満たしても

  • また快楽を感じたくて自慰をする。
  • そして自己嫌悪に陥る。
  • いつまでたっても、同じ事の繰り返しですね。

寝ても覚めても自慰してしまったり、何かをしなければいけない時間や睡眠時間を割いてまで自慰する場合は、自慰依存に陥ってしまっている事をまず自覚する事から始めてみましょう。

そして、その快楽を得る事で欲求が満たされる自慰は、ただの一時しのぎという事を、しっかりと知って下さい。
自慰をして欲求が満たされたら、すっきりして頭が冴えるというのなら、その欲求は持っていけないものではありません。

ごく簡単な事ですが、自慰を何のためにするのか?
そういう部分を自分なりに深く考えて見て、その自慰が一時しのぎでない場合は、自慰依存にまではいたっていないと言えるでしょう。

合わせてご覧下さい。

男の性感帯について

男はどこが気持ちいいの?性感帯はどこ?

男の性感帯

女性と同じで、男性にも当然性感帯があります。
女性も性感帯をあげるとキリがないくらいにありますが、男がよがってしまう性感帯はいったいどこ?あなたは彼の性感帯を知っていますか?

どちらかというと、一般的にSEXは男性がリードして行うことが多いパターンなので、男は大半責める側です。
なので、自分の性感帯さえわかっていない男性が多いものなんです。

男がよがる性感帯とは?

まずペニスが気持ちいいのは当たり前。

フェラの仕方にも好みがありますが、ペニスや睾丸への愛撫の仕方はこちらで確認して下さいね。⇒喜んでもらえるフェラチオテクニック

あなたは愛撫される時、どこが一番気持ちいいですか?
性感帯と言っても、ちょうど良い気持ちよさ、もうダメ!というくらいの場所があったり、感じ方も色々ですね。

性感帯も感じ方も人によって全く違いますが、いったい男はどこが基本的に気持ちいいのでしょうか。


男の性感帯 ~ 耳 ~

耳が弱い男性は、かなり多いと言えます。
優しく息を吹きかけるだけでもよがる程の気持ちよさです。

吐息を出しながら触れるか触れないか程度でも、声が上がるほど感じる男性も多いですね。

耳たぶを舐めてあげたり、耳の中にもねっとりと舌を入れてみましょう。

その時に気をつけないといけないのは、素早く耳に舌をねじ込むと耳の中に圧力がかかって痛みを感じてしまいます。

高い場所に行って気圧が変化した時に起こるようなイメージです。

紗江の体験上、がっついている男性がよくやってきますが、痛いんだよ!と言いたくなってしまいます。
急に舌をねじ込んで耳の穴全てを舌で塞ぐのは絶対にやめましょう。
そして、耳の裏側も以外と感じる男性も多いです。

男の性感帯

男の性感帯 ~ うなじ ~

耳の延長で、耳たぶから首筋、そしてうなじへと舌を移動させていきます。
こちらも触れるか触れないか程度でも充分感じます。

そして、うなじより上・頭皮まで上がってみましょう。
寒くて手がかじかんだ時に「はぁ~」と息を吹きかけますよね。
あの要領で、息で愛撫してあげるんです。

その時、抱きかかえるようにして手で頭を優しく撫でてあげましょう。
彼の腰もくだけてしまうかも。

おとこの性感帯

男の性感帯 ~ 肩 ~

肩先から背中に向けても感じる部分です。

まずは、チロチロと舐めながら、時々舐めあげるようにすると、多分声を上げるでしょう。

あまり、愛撫された事のない場所なので、そんな場所が性感帯だなんて男性自身も気がついていない人が多いのです。

男の性感帯

男の性感帯 ~ 背中・腰 ~

背中や腰に触れながら、吐息を吹きかけ、舌でなぞってあげます。

上から下に、下から上に、腰は特に舌を強くあてながら舐め上げてあげます。あまりに気持ち良さに、声も出てしまい、彼の腰はくねくねと動いてしまいます。

男の性感帯 ~ お尻 ~

腰からお尻に移動していきます。
お尻のほっぺたも以外と感じる性感帯なんです。

後ろから腰を舐めて、お尻へいき、また腰に戻るなどして、同じ場所をずっと舐めるのではなく、常に移動しながら変化をつけます。

男の性感帯 ~ 会陰部 ~

そして、お尻からの延長で、そのままアナルを舐めてあげ、アナルと睾丸の間をチロチロと舐めます。

アナルと睾丸の間は会陰部(えいんぶ)と言い、別名、蟻の門渡り(ありのとわたり)とも言います。

ここは、性器や肛門などに繋がっている神経が集まっているので、殆どの男性の性感帯になっています。

四つん這いにさせて、彼の羞恥心をあおるのも、一段と感じさせる事ができます。

おとこの性感帯

男の性感帯 ~ 乳首 ~

乳首は、感じる男性と全く感じない男性と極端に分かれますが、感じる男性は、もしかするとペニスよりも気持ちいいんじゃないか?!と思えるくらい最高の性感帯です。

フェラをしている時、乳首をコリコリしてあげると、それだけでイってしまう人も沢山います。乳輪をぐるぐるを舐めて、先は舌先でツンツンしたり、口含んでそっと吸ったりと、反応を見ながら責めてあげます。

男の性感帯 ~ 指 ~

指は、フェラする要領で愛撫します。
指を咥えてあげると、フェラを連想し、むずむずして欲しくなる人が多いですね。
フェラの仕方はこちら⇒喜んでもらえるフェラチオテクニック

性感帯は反応を見ながら責める

男を責める

女性と同じく、人によって性感帯は様々ですから、彼の感じ方を見ながらにします。

性感帯だと言われているからといって、感じない部分を、執拗に責めても逆に萎えてしまいます。

反応がないな と思ったら、すぐにやめて別の性感帯を探しましょう。

以外とある レアな性感帯

こんなところ感じるの?こんなところが性感帯?と思ってしまうような場所も沢山あります。

  • 脇・・・女性も感じますね。
  • 肘の内側・・・以外と多いものです。
  • 膝小僧・・・感じるのは柔らかい場所だけではありません。
  • 膝の裏側・・・腰・お尻・の延長で責めてみて下さい。

紗江は時々、男になったような気分で、彼を気持ちよくさせたいと思う時があり、その時は攻めに徹します。そんな時は、男性が女性の感じるところを見るコトが快感という気持ちがよくわかるものです。

自分が感じさせているという征服感ですね。
いやいやながら四つん這いにさせている時なんて、たまりませんよ。

いつも愛撫してもらうだけでなく、時々は積極的にリードして彼のカラダの性感帯も開発してあげましょう。

合わせてご覧下さい。

イク時の体の変化

イク時、体はどうなるのか?

女がイク時体はどうなるのか

まず、愛撫などの刺激によって、女性の体には色々なホルモンが分泌されます。
見つめられたりキスなどの性的刺激から幸福感を感じたり、興奮が増すにつれ様々なホルモンが分泌されます。

  • 愛情ホルモンのオキシトシン
  • 幸せホルモンセロトニン
  • 興奮ホルモンのノルアドレナリン
  • 快楽物資のドーパミン
  • 脳内麻酔のエンドルフィンなどが分泌。
  • 副腎髄質からアドレナリンも分泌されたり、様々な変化が現れます。

では、オーガズムを感じる時、体はどういった変化をするのでしょうか。


イクということは、肉体的・精神的に生理的な機能が最高調にまで高まって、
それが一気に開放された時に起こる生理的な快感です。



性的な興奮がおきると、大脳から性器に対しオーガズムの刺激が伝達されます。
イった時の快感はそれらのホルモンの影響を受けているからですね。

イク時の交感神経の働き

交感神経と副交感神経で成り立っている自律神経があります。
寝ている時やリラックスしているときは、副交感神経の働きがあり、緊張している時や活動しているときに働くのが交感神経です。リラックスして副交感神経の働いているときから、興奮が高まっていき、交感神経の働きにスイッチされます。

そして、イク時は、その交感神経の働きが極度に高まると言われています。

女が気持ちよくイク時

脳が感じる・脳がイク

つまり極論を言うと、脳が感じて・脳でイクということになりますね。

イクには、全てを開放する必要があるのです。何も考えずに、体の快感に集中することで、脳が感じ始めます。


体への刺激から脳内の神経の働きが起こり、その脳内から性器にオーガズムの指令を出すという感じでしょうか。

そのループに入った時には、何度も何度も連続してイクことができるようになりますよ。

では、イケないアナタは、今までのことを踏まえてオナニーレッスンをしてみましょう!⇒気持ちのいいオナニーをする

脳の麻薬PEAの作用とは?

脳の麻薬PEAにより脳が快楽を感じる

脳の麻薬PEAの作用とは?

誰かを好きになった時に、脳内から分泌される「フェニルエチルアミン」ってご存知ですか?
脳の麻薬とも言われている「フェニルエチルアミン」は略して「PEA」と言われています。
そして、フェニルエチルアミンは恋愛ホルモンともいわれています。


このホルモンが分泌されると、脳内で性的興奮と快感に直接関係する神経伝達物質として機能します。

興奮、陶酔するいう一種の幻覚作用を引き起こし、麻薬の中毒症状と似た精神状態が発生。
そして、快楽物資のドーパミンの濃度をUPさせる働きがあります。
そのことから、脳の麻薬と言われているんですね。



ドーパミンは、女性がイク時にも多く分泌されるホルモンで
恋愛初期は、ドキドキと胸が高鳴りますよね。
顔を見ただけでときめき、さっと手やカラダが触れるだけでも、体中が熱くなったり、このような症状を引き起こしているのが、脳の麻薬「PEA」なんですね。

恋に落ちるという状態は、脳の中で恋愛ホルモンであるPEAが分泌されて、濃度が上がる事によって、脳が快楽を感じているという状態なんです。

緊張したり、不安な時、ドキドキする時などにも脳の麻薬PEAは多く分泌します。

映画でよくある、危険の中一緒に行動する男女が、恋に落ちるストーリーがありますが、あれは実際にPEAの効果そのもの。
脳の麻薬が多く分泌される事が原因でもあるんですよ。
これを「吊り橋理論」または「吊り橋効果」と言います。

管理人紗江の吊り橋効果体験はこちら⇒嫉妬心?やきもち妬くのは誰に対して?


脳の麻薬PEAのその他の作用

PEAは、

  • 食欲抑制効果
  • 肌や目に艶や潤いを与える効果
  • やる気を起こさせる効果

恋をすると女性は綺麗になると言いますよね。
恋に落ちると、些細な事でも嬉しく感じたり、やる気が出て、テンションも上がりますね。

それは、実は脳の麻薬PEAの作用でもあるんです。

ただし、この恋愛ホルモンPEAもいつまでも分泌し続けるわけではないんです。

脳の麻薬PEAの寿命は3か月~3年

脳の麻薬 フェニルエチルアミンは、恋をして何も喉を通らないなどといった恋わずらいを引き起こす原因にもなります。


PEAが大量に分泌され過ぎてしまうと、

  • 理性をコントロールできない
  • 冷静さを失くしてしまう
  • 正しい判断ができない

などのような心の状態に陥ってしまいます。
脳にとって、大変負担がかかってしまうんですね。
よって、脳は、PEAの分泌は徐々に減らすような仕組みになっているんです。
そして、より多くの子孫を残す本能により、同じ相手では、分泌する期間が限定されているんです。


PEAの寿命は約3ヶ月~3年と言われています。


脳の麻薬PEAがなくなれば倦怠期?!

PEAに寿命があり、分泌されなくなれば倦怠期?!
でも、嘆く必要はありません。

脳の麻薬PEAが減少してくると、脳内麻酔βエンドルフィンの分泌が多くなります。
このβエンドルフィンはモルヒネの6倍以上の作用があり、心を落ち着かせ、不安を鎮めてくれるたり、多幸感をもたらす働きを持っています。
PEAが分泌していたドキドキするなどの脳の感覚はなくなり、安心感や多幸感を得るようになります。


トキメキの恋から安らげる愛へ

出会って恋に落ちたばかりの時は、恋愛ホルモンのフェニルエチルアミンの作用で、トキメキお互いに情熱的に求め合うけれど、長く付き合っていくと、一緒にいても落ち着く・安らげる愛に変わっていくのは、βエンドルフィンの作用なんですね。


ただし、βエンドルフィンがあるから大丈夫なんてあぐらをかいていると、パートナーはまた新たな恋を求めてしまう可能性もありますよね。


夫婦になったり、恋人と長く付き合っていくには、お互いの努力が必要です。
相手を思いやり、お互いがお互いに興味を持つことが必要となってきます。
そして、スタイルを維持したり、自分を綺麗にする事も大切ですが、外見を磨くよりも、自分の内面磨きも必要なんじゃないかなって、紗江は思いますよ。

脳の麻薬PEAの禁断の恋への作用

脳の麻薬PEAとは?

当然ですが、浮気や不倫など、許されない恋・禁断の恋をしている時にも、フェニルエチルアミンは大量に分泌されます。


そして、その恋の障害、

  • 逢いたい時に逢えない
  • 人目を忍んで会わなければいけない
  • 相手を手に入れられない
  • 思いどうりにならない
  • 自分ってどういう存在?という疑問

こういった不安な要素により、脳の麻薬PEAは多量に分泌されます。


逢っている時は、とても幸せな気持ちをもたらすPEAですが、離れた途端に不安に襲われ、またPEAがどんどんと分泌されます。
そして、禁断の恋をしている人は、このままでいいのだろうか?でも別れたくない そういったジレンマを常に感じています。
そのジレンマも要因となり、脳の麻薬PEAをとめどなく増加させてしまうんです。


興奮、陶酔するいう一種の幻覚作用を引き起こし、麻薬の中毒症状と似た精神状態が発生する作用で、その禁断の恋のフラストレーションをエスカレートさせてしまうんですね。


そういった負の連鎖が、いつまでもPEAを分泌する要因となり、禁断の恋をいつまでも燃え上がらせる事になってしまいます。

脳の麻薬PEAがセックスに与える作用

そして、恋愛ホルモン そして 脳の麻薬 「フェニルエチルアミン」が分泌している時は、セックスの時にも大変な快感を与えます。


興奮、陶酔するいう一種の幻覚作用を引き起こし、麻薬の中毒症状と似た精神状態が発生する作用で、快楽物資のドーパミンの濃度をUPさせる事から、特に禁断の恋では、その時に興奮や快感を与えてくれた相手に、依存してしまう可能性が多くなるんです。

PEAの禁断の恋への作用はセックスが絡むと、もっと増幅されるという事になります。

辛い恋をしている人は、一度冷静になって、自分を見つめ直してみるのも必要なのかもしれません。


合わせてご覧下さい

荒っぽくされて快感を感じる

強引に荒っぽくされて快感を感じる?

荒っぽく髪をわしづかみにされると快感を感じる

SEXで、少し荒っぽくされる方が快感を感じるという人はいますか?
何を隠そう紗江もその一人。

  • 荒っぽく髪をわしづかみにされて感じる
  • 荒っぽく胸を揉みしだかれて快感を感じる
  • 荒っぽくお尻を捕まれて感じる
  • 荒っぽく抱きしめられて感じる
  • 荒っぽくキスされて感じる
女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる
アドルフ・ヒトラーの名言です。

だけど、荒っぽくされるのにも、条件がありますよね。

愛しているひと・・・


それだけが条件です。
愛していない人に、少しでも荒っぽくされると、これ以上にないというくらい腹が立ちます。

逆に優しくされすぎても腹が立ちます。
この男なに勘違いしているの?!と言いたくなりますよね。
荒っぽくも優しくも、紗江が今までに感じた「男の勘違い」色々ありますよ。
  • 服を脱いでいる時、わざわざ綺麗にたたむヤツ⇒いえね。自分でできますから。
  • 脱いだパンティを整えるヤツ⇒触らないでくれる?
  • SEX中、頬や耳元・頭を撫でるヤツ⇒あなたにされてもね・・・
  • SEXが終わっておでこにキスしてくるヤツ⇒気持ち悪いから
  • 深い関係でもないのに「可愛い」とか言うヤツ⇒恋人気分なんだか知らないけど
  • フェラ中、頭を押さえるヤツ⇒それだけはやめろ
  • 唾液まみれにしておいて「濡れてるよ」って言うヤツ⇒いやいや。あなたの唾液です
  • バックの時、お尻を叩くヤツ⇒好きでもないのに気持ちよくもなんともないから
  • 「いくよ?いくよ?」と確認してくるヤツ⇒さっさとどうぞ



人によっては、腹が立つ程でもない場合もあります。
する人が違うと感じ方って全く変わってくるんですよね。

荒っぽくされると胸がキュンと感じる

触れてますが、紗江は日頃彼とのSEXで荒っぽく強引にされているのがたまらなく感じるんです。


色々な事を伝えてはいますし、今まで荒っぽいことをしてもらってきましたが、髪を荒っぽくわしづかみにされたいという事は何故かまだ伝えた事がなかったんです。
それで、先日SEX中に言ってみましたよ。


「こうやって荒っぽくつかんで」って、彼の手を髪に持っていきました。


会ってはいても食事をして、二人でお酒を呑み、そのままバッタンキューという日が続いていたのでSEXは久しぶりでした。


多分、5日はしていなかったかな。
これが世間的には久しぶりというとおかしいのかも知れませんが、紗江にとっては久しぶりでした


そんな状態で抱き合ったので、挿入してから ふと思い出しお願いしたので、きっちりと伝えたわけではありませんでしたが、ちゃんと応じてくれました。


荒っぽく髪をわしづかみにし、少し首がのけぞるように強く引っ張ります。
彼の手に荒っぽく力が入るたびに、紗江の胸はドキュン 子宮もドキュン
彼がする荒っぽい扱い、いつもよりうんと感じました。

荒っぽく野生的な強い男がいい

何故、女は荒っぽくされるのが感じるのでしょうか。

※全ての女性が荒っぽくされるのが好きなわけではありませんので、男性群勘違いしないで下さいね。

それはやっぱり、男と女の関係にあります。


子孫を残す本能の上で、女はより強い男を選ぼうとします。
より優れた子孫を残していくためですね。


またここで勘違い君が現れそうですが・・・荒っぽくする男が強いわけではありません。
でも、自分の愛している自分が選んだ男は、いい男であるのは間違いありませんよね。そこで、その男に荒っぽくされると、その本能や征服される快感から、より感じるということです。


彼はいつもこう言いますよ。「女は男の才能に惚れる」
う~ん。納得です。


何にしても、荒っぽくして欲しくても、なかなか言い出せない人は、勇気を出して彼やパートナーに話してみてくださいね。

恥ずかしい事でも、お互いが感じるSEXをしていくために色々話し合えるのって、とっても大事だし、とっても素敵だと思います。

合わせてご覧下さい。