唾液を飲まされ感じる女

唾液を飲まされる

唾液を飲まされ感じる女
「 唾液を飲まされ感じる女 」と言うこのページのタイトル、そんなの感じるわけないじゃんと疑問に思い、見にこられた方も多いと思います。

「 唾液を飲まされ感じる 」ではなく「 彼に唾液を飲まされ悩む 」の方が妥当かも知れません。

性行為中、キスをしている時、唾液を口に送り込まれ飲まされた経験はあるでしょうか?

唾液は、人の体液にあたります。
通常、唾液なんて誰のものであろうが気持ちいいものではありません。

  • 笑った時やものを食べている時に、歯の間につばが糸を引いている人。
  • 年を重ねた人に多い、話しているうちに唇の端にどんどんつばが溜まってくる人。
  • 寝ている時によだれを出す人。

不潔感ある人なら尚更、唾液は鳥肌がたつくらい気持ち悪い場合もあります。


唾液を飲まされるなんて、考えただけでもゾッとします。

” コップに唾液を溜めて飲ませる ”
かなりマニアックなアダルトビデオでそういったシナリオのものがありますが、そんなことしていったい何になるの?と、唾液というもの自体、敬遠して当然です。
女であっても男であっても、そう感じるのは同じです。

唾液を飲ませる側の心理

上記ページで、唾液を飲ませる心理について触れていますが、要は自分の体液を飲ませる事によって支配欲や征服欲が満たされる事で快感を感じ興奮します。

知っている範囲では、普通の生活の中で、唾液を飲ませる人はいません。

性行為中には、気分が高まり、脳がもっと性的快感が欲しいと要求する事で、そういった行為に及びます。


男性の勃起には、テストステロンというホルモンの分泌が大きく関係していますが、それが分泌されると闘争本能や征服欲を刺激し、性的衝動を引き起こします。

  • 脳が刺激を求める
  • 性的刺激によりテストステロンが増加。
  • 征服欲もより増加する。

こういうわけなんですね。

唾液を飲まされ感じる女

唾液を飲まされて感じる女性と、全く感じない むしろ嫌いな女性と大きく二手に分かれると思います。

でも、基本的にオンナはキスが大好き。
キスが好きなオンナは、

  • 女性が大好きなムードあるロマンスを感じる。
  • 男が感じるとされるペニスを挿入する快感だけでなく、深い繋がりや愛を確かめるため。
  • そして、性的快感を得る。

これらにより、愛されていると実感できるからです。

ただし、それでも男性とあまり大差はありません。

詳しくはこちらの下部からどうぞ⇒彼氏がキスしてくれなくなった

唾液を飲まされ感じる女は

愛しているパートナーに、舌で唾液を送り込まれ、飲まされる事により、よりパートナーと密な接触をしていると感じ、支配される悦びを得・ひとつになったと一体感を感じ、特別なコトをしてもらったという感覚から「自分のものにした」という満足感までも感じます。

それだけでなく、男性の唾液にはテストステロンが含まれていて、これが女性の口に入ると、テストステロン濃度が上がり、性欲や感受性が高まるとも言われているんです。



当サイト管理人紗江は、実は彼に唾液を飲まされるととても感じます。
彼の体液を、自分の体内に受け入れたという精神的な喜びが一番の理由。
そして、唾液を送り込まれた事で、自分のためにしてくれたんだと深い繋がりを感じ、愛を実感できる瞬間でもあるんです。

彼は過去に、射精する直前キスしてきて、唾液を送り込んできた事があります。
何千回ものセックスの中でたったの数回程度なのですが、その時はたまらない程の幸福感を感じます。

あえて、聞いた事がなかったのですが、この記事を書くにあたって聞いてみました。

  • 「そんなコトしてるつもりはないけど、言われてみればしているかも・・・」
  • 「なんで唾液を飲ませるの?」
  • 「・・・征服欲かな?」

という答え。
もっと詳しく教えて欲しかったのですが、「わからない。」ばかりであまり当てにはなりませんでしたが。

今まで唾液を飲まされて感じたのは、現在の彼で2人目です。
という事は、いくら「愛している」を前提としても、それが紗江の本質という事になりますね。

自己分析すると「 オトコに支配される 」それで悦びを感じるオンナだってワケです。
特別なコトをしてもらっているという面では、ある意味「 支配欲 」でもあります。


下記も合わせてご覧下さい。

でも その特別なコトをしてもらって嬉しいと思うのとは裏腹に、彼もそういう癖があるという事です。
男は、好きではない女性にでも唾液を飲ませるという行為を、性的興奮を得るために普通にできるものなんです。

ただし、根本的に逆はありません。
好きでもない女の唾液を飲まされて悦ぶ男性は、よほどマニアックな性癖の持ち主だと言えるでしょう。
合わせてご覧下さい⇒唾液を飲ませる男の心理とは?

キスマークをつける心理とは?

キスマークどうしてつけたいと思うのだろう?

キスマークをつける心理とは?

若い男女に多い、首筋につけているキスマーク。

キスマークは、愛撫していて自然につくなんて事は、決してありません。


いくら情熱的にセックスしても、知らない間にキスマークをつけてしまっていたなんて事、それはパートナーの真っ赤な嘘。


何か特別な心理があってつけている事に間違いはありません。

キスマークは、内出血です。
皮膚を強く吸って、意識的にしなければつくようなものではありません。

何故何のためにキスマークを付けたくなってしまうのでしょうか。その心理について考えていきたいと思いますよ。

見える場所にキスマークをつける心理

若いカップルによく見られるのが、セックスしていることを見せびらかせたいという、格好がいいことだと勘違いしているケースです。
キスマークをつけることによって、「私たちセックスしてるんだよ。」とドヤ顔をしている若者は多いですね。


セックスやキスなんて、当人達だけの秘密の出来事であって、人に話したり見せびらかせるものではありませんよね。


それをまるでタバコを吸っているのが格好いいと勘違いしている中学生のように、格好がいいんだと履き違える心理があります。

当サイトはとりあえず18禁なので、これを見て下さっている人は皆わかっておられると思いますが、中には年齢をある程度重ねていてもわかっていない人がいるかも知れませんね。

そういう人は、すぐにそんな事やめましょうね。

女がキスマークを人に晒すという程、格好悪い=ゲスい事だと認識して下さい。
そして一緒にいる彼も、みっともないと思われてしまう事を覚えておいて下さいね。

もし、仮に見せびらかせたいというだけの意味ではなく、

  • 異性が近づいてくるのを避けるため
  • 浮気防止

の意味合いだとしても、見える場所につけるのは絶対にNGです。

キスマークをつけるとすれば、どんな心理であっても見えない場所につけるのが原則です。
でないと、お互いに「ただのお馬鹿」と思われて、それだけ軽く見られてしまうだけです。
好きな彼・彼女が、たかがキスマークごときで軽く見られてもいいですか??

キスマークの心理 独占欲その1 ~ マーキング ~

キスマーク=マーキングという心理です。
誰でも、独占欲があります。


自分のマークをつけることによって、独占したいという気分になるというのは当然です。自分がつけた証とでも言いましょうか。
それで、自分のものだという独占欲が満たされるんですね。


こんな気持ちは、若い子だけに限らず、70になっても80になっても当たり前にある感情で、キスマークをつけるのに年齢はさほど関係ありません。

ただ、年を重ねていけば、万が一誰かに見られたら?!という冷静な考えを持てるようになるので、そんな年齢でマーキングをするなんて事は、あまりないと言えるでしょう。

キスマークの心理 独占欲その2 ~ 浮気防止 ~

そして、他の異性とそういう関係にならないめの浮気防止したいという心理です。


マーキングと同じような意味合いで、キスマークで「自分のものだ」というしるしをつける事によって、浮気できないようにするためですね。


キスマークがあるのに、他の異性に手は出さないだろうという風に考えますよね。
ベッドに入ろうとする相手にキスマークがあったら、当然ちょっと引きます。


ただ、どちらも火遊び的な目的だったとしたら、キスマークがついていようがいまいが、あまり効果はありません。

割り切った関係でと思っていたら、そのキスマークがついている事によって、ハラハラドキドキという気分になり余計に燃え上がらせてしまう可能性もありますので、完全な浮気防止にはならないでしょう。

そういうお遊びをしたいと考えているのは、男性だけではありませんので、女性にキスマークをつけて、男除けできるだろうと考えている男性・・・それは一般的な考えなので、全ての女性がそうとは限りませんよ。

逆に男性の場合はなおさらです。人のものに手をつけたという女のスリルも搔き立ててしまう事も、頭に置いておいた方がいいですね。

キスマークの心理 独占欲その3 ~ 自分の存在の証 ~

マーキングという心理と似たようなイメージですが、相手に自分のしるしをつける事によって、自分をいつも思い出してほしいという心理です。
自分とのセックスを、キスマークを見るたびに思い出してほしいという願いですね。

  • 大切な夜のひと時の事を、いつも思い出して欲しい。
  • 自分の事をいつも忘れずに想っていて欲しい。
男性でも女性でも、自分の存在を相手の心に刻み付けたいという心理は必ずありますよね。
いつもどんな時も忘れずにいて欲しい願いを、形にするのはなかなかできないものです。
それがキスマークをつけるという形に変えて、存在を表現したいという感じです。

体中のキスマーク・・・その心理は?!

実は、かなり前 紗江も彼に面白半分でキスマークをつけた事があります。
おっちゃんとおばちゃんが何やってんだ?!と、自分でも失笑してしまいますが、胸中キスマークだらけにしてやりました。
面白半分でふざけながらした事ですが、写真を見るとドン引きです・・・はい。
これですよ。
キスマークをつける心理とは?

いやー。なんて気持ち悪い・・・まるで何か悪い病気みたいですね。
それに、このキスマークをつけた時の自分の心理を考えるとほんと気持ち悪い・・・
ちょうど1年程前の事でしたが、これはもうやりすぎです。


ゴルフに行った後のお風呂だとか、そういうのも入るに入れないですね。
お前が言うな!という感じですが・・・あなたはここまでの事しないようにしましょうね。

その時、紗江がキスマークをつけた心理は、その1 その2 その3 全てに当てはまります。
3つに分けてはいますが、きっとその3つは一くくりになることだなぁと、書きながら感じていました。

キスマークは、首筋などの柔らかい部分だと、ちょっと吸うだけでできるのですが、男性の胸あたりになると痛い程吸わないとつける事ができません。


彼も「イタイイタイ!」と悶えていました。


またそういう風に悶えられると、余計に痛くしてやろうなんて考えてしまうんですね。
紗江は、MですがもしかしたらSっ気も結構強いのかも知れません。

キスマークをつける鉄則

さて、このページの「キスマークをつける心理」のまとめに入りたいと思いますよ。

  • 100%男除け女除けにはならない可能性もある
  • 服を着ていればわからない場所につける
  • 見えない場所でも相手の行動範囲を考えてつける
  • 数多くつけすぎると気持ち悪いのでほどほどに

こんな感じでしょうか。

決して、紗江みたいなきちがいなキスマークの付け方はなさいませんように


SorMについてはこちらからご覧ください。⇒あなたはサドですか?マゾですか?

合わせてご覧下さい。