性の幻想に拘らないセックス

幻想に拘らないセックス

幻想に拘らないセックス
セックスは脳で感じるものです。


見て聞いて満足感を得る。
男も女も、自分のものであるという支配欲や征服欲・そしてその性の幻想の中にいます。

詳しくは下記からどうぞ。

お互いがその違う幻想の中で快楽を感じているのだから、何も問題はありません。


でも、本当に愛し合うためには、そういった幻想を取り払う事でできるものだと、管理人紗江は最近とても感じています。

当サイトでは、女性が気持ちよくイクための方法などを掲載していますが、その「イキたい」「パートナーと本当の愛を感じたい」という気持ち自体も、自分が満足を得るための欲であって、心からの慈しみや愛で相手を感じるセックスこそが本当の意味での交わりなんじゃないかって思うんですね。


ですが、感じたい・イキたいという欲は、世の中の人間一人だって無くすことは絶対に不可能です。
自分に正直である事は間違いではありません。

  • 欲を持つか
  • 欲を持たないか

どちらの考えも合わせてサイト内を見ていただけると、男女の性について 良くわかっていただけると思います。

合わせてご覧下さい。

幻想に拘らないセックス

幻想に拘らないセックス

  • こういう姿勢で責めないと満足できない。
  • そんな風に喘ぐから満足感が得られる。
  • こういうキスをしてくれないと愛されている実感を得られない。
  • そうやって思うとおりに奥に刺激を与えてくれるから、気持ちいいし心から感じる事ができる。


などと、それらは全て自分が快楽を得るための幻想を持っているだけです。

その幻想に拘らずにセックスする事によって、本当の愛を感じることができます。

  • お互いにシンプルな身体の触れ合いを味合う
  • 相手の手を握りしめてその圧力を感じる
  • 動きを止めて相手を感じてみる
  • いったん動きを止め抱きしめてみる
  • 相手の口から洩れる息を聞いてみる

そんな素朴な身体の接触の感覚に集中する事で、幻想に支配された性ではなく、相手を悦ばせ・慈しみの気持ちのある本当の交わりが出来るようになるんです。


相手を気持ちよくさせてあげて それを見て聞いて自分も気持ちよくなる



幻想のフィルターで相手を変質させて見るのはやめて、一体感や相互接触の気持ちよさの当たり前で素朴な幻想で満足すると、カラダの感覚の圧倒的な臨場感を味わえる事になります。

お互いの気持ちよさの循環により、愛情や安心感が生まれ、本当の意味での愛を感じるセックスができるようになるんです。


そういうセックスこそが、エネルギーを交換するセックスなのではないでしょうか。

女が最もイキやすい体位 【正常位編】

イキやすい体位 ~ 正常位編 ~

正常位は、女性が最も好む体位と言われています。
大好きなパートナーの顔を見たり、キスをしたり、向き合って肌が密着した時の温かさなど、とっても幸福感が高められる体位ですよね
正常位で乳首を愛撫してもらいながら、ピストンしてもらうと、紗江はすぐにイッちゃいます。


でも、実は正常位は女性にとって少しイキにくい体位なんですね。
女性の膣の上つき下つきによっても違いますし、男性のペニスがあまり大きくない場合は、中イキできるGスポットやポルチオまで届かない場合もあるんです。


でも、角度によってはイクポイントを直撃して、正常位でも簡単にイってしまうような体位があります。

正常位でイキやすくする

イキやすい正常位

正常位でイキやすくするには、男性ができるだけ上体を起こしたり、反らし気味にする事です。
イメージとしては、膣の中 下から上へ向かって挿し入れる感じですよ。
足を上に持ち上げるのもひとつの手です。


イキやすい正常位

イキやすい正常位

そして、上記のように枕を腰の下に引く事で、女性の膣が上向きとなり、下から上へ突き上げる動きを枕がサポートしてくれて、Gスポットに当たりやすくなります。
でも、枕を下に敷いて・・・なんて言いにくいかもしれません。

イキやすい正常位

その場合は、できるだけパートナーに腰を押し付けて、自分で腰を持ち上げブリッジのような体勢になり、腰を上下に動かして見て下さい。

上の写真のような恰好ですね。
足先でつま先立ちになり、上に下に激しく腰を振ります。
あなたの大胆な腰使いに、パートナーはきっと興奮しますよ♪

ちなみに、紗江は彼とのセックスでは常にポルチオに当たります。
こんな普通の正常位でもコリコリとポルチオを刺激できるんですが、きっとカラダの相性がよっぽどいいのだと思っていますよ。

紗江のポルチオ刺激

arrow

イキやすい正常位 ~ 屈曲位編 ~


イキやすい正常位 ~ 屈曲位編 ~

正常位の中で一番イキやすいのが、この屈曲位です。
簡単にペニスを奥深くまで挿し入れる事のできる体位ですね。

膣の中を見てもわかると思います。
膣の入り口が上向きになるため、ペニスが上から入り、ポルチオを容易に刺激しやすくなります。
男性もリズミカルに腰を動かす事ができますし、ピストンせずに押しつけを繰り返しているだけでもイク事ができるんです。


イキやすい正常位 ~ 屈曲位編 ~

ただし、ポルチオが開発されていない場合は、無理なピストンでポルチオにダイレクトな刺激になるのは痛みの元なので、痛いと思ったら我慢せずにきちんとパートナーに伝えましょう。


イキやすい正常位

その時、上体を起こしたパートナーに両足を抱えてもらったり、肩にかけて、下から上へと責めてもらいます。

イキやすい正常位
画像のように入るので、ポルチオではなくGスポットでイキやすい体位となります。

イキやすい正常位

足を折りたたんで抱えてもらうのも、カラダを持ちながら強く奥まで挿入できる体位です。

イキやすい正常位 ~ 屈曲位編 ~

そして、片足を降ろした体勢や、降ろした足を絡めて「つばめ返し」や「丁字引き」の体位に簡単に変える事ができます。

どんな体位であれ、気持ちのいいことは気持ちいいと伝えながら、パートナーとのセックスをより良いものにしていきたいですね。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪

女が最もイキやすい体位 【後背位編】

女がイキやすい体位ってあるの?

女性がセックスでイキやすい体位ってありますか?


とご質問をいただく事が大変多いのですが、基本的に、顔の同じ人がいないように
イケる場所は人によって様々ですので、100%確実にイキやすい体位というのは、残念ながらありません。
ただ、人それぞれイキやすい体位はもちろん存在します。

中イキする場所や、性感帯は、上記のページでご説明していますが、

  • それぞれの感じ方の違い
  • 女性の膣の形状
  • 男性のペニスの形状
  • 女性の膣の動かし方
  • ペニスの動かし方

ざっと思いつくだけでも、これだけの違いがありますので、全ての女性が同じ体位でイキやすいという事はあり得ませんね。
ここでは、紗江を中心に女性の基本的なイキやすい体位をご紹介させていただきますよ。

イキやすい体位 ~ 後背位編 ~

arrow

イキやすい体位 後背位編その1


女が最もイキやすい体位 【後背位編】
寝バックとも言いますが、紗江がすぐにイってしまう体位もこれです。


女性は全身楽な体勢でペニスを迎える事ができますので、全神経を膣に集中させることができます。
男性も体重をかけて挿入できるので、女性がイキやすい体位というだけでなく比較的楽な体位です。
とにかく膣の奥深くまで、ペニスが入りますので、お互いに凄く気持ちいいんですね。

イキやすい後背位



そして、女性がイキやすいだけでなく、男性もイキやすい体位なんです。
ピストンしなくても、押し付けてきたペニスをグニュグニュと締め付けるイメージで、膣やお尻に力を入れて動いてみて下さい。
女性の動きだけで、容易に男性をイカせる事ができます。

二人がイキやすい体位というだけでなく、二人一緒にオーガズムを迎える確率も高くなります。



そして、少し浅めに、そして上から突きさすように挿入すると、Gスポットを突き刺すような、角度になります。
ポイントは、どちらの場合も女性は腰を高く上げる事です。
写真のように、腰をキュッと上向きにしましょう。

イキやすい後背位



イキやすい後背位

arrow

イキやすい体位 後背位編その2


イキやすい後背位

男女共に、膝立ちになり、カラダはほぼ平行にします。
画像とは少し違いますが、男性に後ろから両方の腕を羽交い絞めにして支えてもらう事で、女性が体勢を保ちやすくなります。

この時、膣の様子は画像のようになっています。
ダイレクトにポルチオ(子宮口)に当たっていますね。
そして、カラダを平行に密着させる程、Gスポットに当たる角度となり、Gスポットでもイキやすい体位なんです。

イキやすい後背位

この時、女性は全ての体重を男性に任せて下さい。
余計な事を考えていると、せっかくイキやすい体位をとっても、気が散ってイケなくなってしまいますよ。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪

潮吹きで悩んでいる人におすすめのシーツがあります。潮吹きしてももう安心のビニールベッドシーツ




騎乗位のテクニック ~腰の使い方基本~

騎乗位の腰の使い方って難しい?

騎乗位の腰の使い方

普通、男性が主導権を握るセックスが一般的ですよね。


男性のようにあんなに長く腰を振ったりするなんて、女性では体力が持ちません。


でも、だからといって、いつもされるがまま、横になったままという女性では、セックスを存分に楽しむ事はできません。

女性が主導権を握る騎乗位、した事がない人にはとっても難しく感じてしまうかも知れません。
腰の使い方どうやればいいのかわからない。それで躊躇する女性も多いですよね。

紗江も、初めての騎乗位では、どうやったらいいものか?恥ずかしいやら腰の使い方がわからずどうしたらいいのやらでした。


初めての騎乗位の相手が、女慣れしていた人だったので、手でサポートしてくれて、頑張ってみたのですが、初めはぎこちない腰の使い方をしていたと思います。


でも、実は腰の使い方はそんなに難しくはありません。
コツさえ覚えれば、すっごく簡単♪
どんどん騎乗位を練習して、場数を踏むのが一番上達する道です。


自分の一番気持ちいいように腰を動かす事ができる上、実は男性は騎乗位がとっても大好きなんです。

女性を妖艶に魅せる騎乗位

騎乗位で女性が自分の上で腰を振っている姿は、とっても妖艶。

  • 下から見た揺れるバストがキュンと上を向いた綺麗な形に見えます
  • ウエストのくびれが女性を強調
  • いやらしい腰の使い方にそそられます
  • 女性が快感を求め・乱れる姿に興奮度も上昇

騎乗位で腰を使っている女性を下から見ると、とってもスタイルが良く綺麗に見えるんですね。
そして、普段は出せない女の本来の本能を見せる体位が騎乗位です。
騎乗位で乱れている女性を見るのは、男性にとってとても嬉しい事ですし、何より興奮するんです。

騎乗位の心得

まず、騎乗位の腰の使い方云々の前に、恥ずかしがっていたのでは、騎乗位はできません。


快感を得るために、野獣になって彼のペニスを貪り、気持ちよさを求めて下さい。


髪が乱れて気にしたり、局部を見られて恥ずかしがっているようでは、まず騎乗位はできません。
一心不乱に快感を求めて腰を使って動きましょう。


騎乗位でペニスを刺激する腰の使い方には、2種類あります。

  • 前後に動かす腰の使い方
  • 上下に動かす腰の使い方
どちらかと言うと、男性にとって気持ちいいのは、上下に動かす腰の使い方です。

上下の腰の使い方は、ペニスをピストンする動きになるので、イカせてあげるには上下運動の方がいいと言えるでしょう。
基本的に、ペニスは縦にしごかれる方が気持ちいいものです。
男性がマスターベーションをする動きですね。

でも、前後に動かす腰の使い方は、精神的な興奮を高めます。

女性が腰をクネクネしている動きは、何よりいやらしい!そして色っぽいんですね。
女性のツンと上がった胸が揺れ、いやらしい腰の使い方を見るためにある体位だと言えるくらいなんです。

ずっと同じ腰の使い方を長く続けるのはまず不可能ですので、騎乗位にバリエーションをつけて色々な腰の使い方を駆使して、自分も気持ちよくなり、男性も気持ちよくしてあげて下さい。

では、続きで騎乗位の腰の使い方を見ていきましょう。


■■ 運命の媚薬 ■ 男があなたにハマってヤミつきになる!男を虜にして離さない女のセックステクニック

騎乗位のテクニック ~腰使いその2~

男が喜ぶ騎乗位のテクニック

騎乗位の腰のテクニック

騎乗位のテクニック ~腰の使い方基本~
は見ていただきましたでしょうか?

では、早速arrow騎乗位の前後のテクニックから見ていきましょう。

騎乗位のテクニック ~前後その1~

騎乗位の前後テクニック

男性と向き合って、そのまま女の子座りしてペニスを挿入します。
おばぁちゃん座りとも言いますね。

画像のように前後に腰を動かします。
その時、身体を揺さぶって動かすのではなく、腰から下だけを擦り付けるように前後に動かすのがコツです。


腰から上を固定したまま、滑らかに前後に動かします。
イメージとしては、擦り付けた後 腰を上にあげ 上から下に回して戻すような動きです。
少し難しい表現ですが、やってみればすぐわかると思います。


手は、男性の胸やベッドに手を置くといいでしょう。
慣れてきたら、後ろに手を回し男性の太もも辺りで支えるのもいいですし、乳首をコリコリと触ってあげてもいいですね。

※下記画像をクリックすると、別ウィンドウで短い動画が開きます。
とってもわかりやすいですよ。
騎乗位のテクニック

騎乗位の前後テクニック
騎乗位の腰のテクニック

そして、背面の場合も同じです。
なめらかにそして擦り付けるように前後させて下さい。
騎乗位の前後テクニック

前後のテクニックで、一番大切なのは腰から下のなめらかな動きです。前後運動やグラインドは、クリが擦れて気持ちいいので、それでイク事も可能です。

騎乗位のテクニック ~前後その2~

騎乗位のグラインド

前後その1と同じように、腰から下だけを前後だけでなく、左右にも動かし、腰を回します。(グラインドさせます)
そして、必ず上半身は動かさないようにして下さい。

それで、気持ちいいと思う場所があったら、自分で調整して、そこを重点的に刺激してもいいですね。

※下記画像をクリックすると、別ウィンドウで短い動画が開きます。
参考にして下さいね。
騎乗位のテクニック
基本的に、前後のテクニックでは、ペニスを出し入れしなくてはいけないという事は一切考えないで下さい。上達すれば、擦り付けながら少し出し入れする事もできますが、最初は腰を前後にくねらせる事に集中する事が大切です。

男性と背面になる体位でも同じです。
膣の中のあたる場所が全く違うので、色々と試してみて下さいね。
騎乗位の腰のテクニック

次にarrow騎乗位の上下のテクニックを見ていきましょう。

騎乗位のテクニック ~上下その1~

騎乗位のピストン

男性と向き合って、そのまま女の子座りしてペニスを挿入します。
そして、そのまま身体全体を上下に動かし、ピストンします。
これは女性にとって、かなりキツい動きになります。腿がプルプルしてきますよ。

騎乗位のテクニック ~上下その2~

M字開脚でピストンします。
お人形では、M字開脚の体位は表現できず、無理に体勢を作ろうとして、パーツが何度も外れてしまいましたよ。

早いピストンをするのはできませんが、オーソドックスな騎乗位の上下運動です。
パートナーの上で、弾むように身体全体でピストンして下さい。
騎乗位のM字開脚のピストン

騎乗位の腰のテクニック

※下記の画像2つはクリックすると、別ウィンドウで短い動画が開きます。
騎乗位のテクニック
騎乗位のテクニック

騎乗位のテクニック ~上下その3~

「上下その2」のまま、体勢を少し変えます。少し膝を立て気味にし上体を後ろに反らし、斜めにピストンします。

こちらは特に早い動きはできないので、ゆっくりと繋がっている部分をパートナーに見せつけるように、動かします。
騎乗位のM字開脚のピストン

※下記画像をクリックすると、別ウィンドウで短い動画が開きます。
騎乗位のテクニック

ピストンの気持ちよさというよりも、視覚から入る精神的な刺激の効果は絶大です。

騎乗位のM字開脚のピストン

このテクニックは、繋がっている部分が丸見えになり、いやらしい気分もより一層高まります。
※下記画像をクリックすると、別ウィンドウで短い動画が開きます。
騎乗位のテクニック

騎乗位のテクニック ~上下その4~

パートナーに抱きつき、腰だけを上下させるテクニックです。
早いピストンをする事ができ、男性をイカせやすいテクニックです。
もし疲れたら、男性の方が腰を振って下から突き上げてくれますので、安心して下さいね。
騎乗位の腰のテクニック

騎乗位のピストン

紗江はこの時、腰を上下させながら、彼の乳首を舐めてあげます。


体勢的にかなり無理がありますが、男性の片手を上に上げて押さえます。万歳の格好です。
そうする事で、乳首に届きやすくなるんです。


素早くピストンして、乳首も刺激します。


紗江も、彼からピストンしながら乳首を舐められるのが大好きなので、同じように気持ちよくしてあげるんです。
ただ、かなり疲れます。あまり長くは無理ですね。


逆バージョンは、男性から繋がっているところもアナルも丸見えなので、おすすめですよ。

※下記画像をクリックすると、別ウィンドウで短い動画が開きます。
騎乗位のテクニック

騎乗位のピストン

騎乗位のピストン

騎乗位のテクニック ~上下その5~

騎乗位のピストン
背面の状態から、上体を倒した体位です。
この状態で、腰を上下に動かしピストンします。
かなりの体力がいりますが、疲れたら下記のように身体全体を男性に預けて下さい。
男性が下から突き上げてくれます。

※下記画像をクリックすると、別ウィンドウで短い動画が開きます。
騎乗位のテクニック

騎乗位のピストン

騎乗位では男性のサポートあり

SEXの経験がない男性は別として、女性が一心不乱に乱れ腰を振っている時は、必ず何らかのサポートはしてくれます。


手を握って身体を支えてくれたり、あなたの腰の動きに合わせて腰をグラインドさせたり、腰に手を当ててあなたの腰の動きに合わせて手伝ってくれたり、感じすぎや疲れたりで動きが鈍くなったら、どの騎乗位の体位でも下から突き上げてくれます。

何よりも実践する事が一番です。
枕やクッションなどにまたがって、腰の動かし方を練習してみてもいいですね。
頑張って下さい
騎乗位のテクニックを磨いて彼を虜にしましょう。


でも、気をつけて!その騎乗位本当にそれで大丈夫ですか?

こちらも合わせてご覧下さい。



セックステクニック

Gスポット・ポルチオを刺激しやすい体位

Gスポット・ポルチオを刺激【騎乗位編】

セックスは通常男性が主導権を握ってする事が多いですよね。
挿入中は特に、女性が腰を動かしてもタイミングがずれる場合もあったりで、男性に合わせて腰を動かす事はちょっと苦手だな・・・という人も多いかも知れません。


でも、女性が上になる騎乗位では、自分の好きなように動く事ができるので、
「もっとそこ刺激してほしいのに・・・」なんて言えないままじれったい思いをする事もありません。
それに、女性の腰の動きに男性も合わせたり、手を添えてくれたりサポートしてくれるので、案外簡単に動けるものなんですね。

詳しくはコチラから⇒騎乗位のテクニック

騎乗位では、ポルチオイキしやすく、上記のように上体を少し反らし気味の騎乗位の体勢を取ります。
こうする事でポルチオにペニスが直撃しますので、廻すように押し付けたり、腰を前後にグラインドさせる事で、自分のペースでイキやすくできる体位なんです。
女が最もイキやすい体位 【騎乗位編】

ただし、自分でイクには慣れていないとこの体位は大変辛い体勢です。
少しずつ長く動けるように練習していきましょう。



そのまま後ろに倒れ込んで、下記のようなスタイルになると、Gスポットを刺激できます。
女が最もイキやすい体位 【騎乗位編】

Gスポット・ポルチオを刺激 【対面座位】

対面座位
対面座位は上記のように、座った男性の上からまたがって、座り込む体位です。
腰を前後に動かしたりくるくる廻す事もできますし、男性の下からの突き上げに合わせてはずむ事でピストンもできます。
でも、最もポルチオ刺激しやすいのは、下記のように後ろへカラダを反らせた体勢です。

対面座位

この体勢で、腰を前後に振ります。
あまり長くはできない体勢なので、こちらもフィニッシュ向けではありませんが、ポルチオ刺激をしたい場合に最適です。

Gスポット・ポルチオを刺激【測位編】

イキやすい後背位
後背位と同じような角度で膣に当たる体位がこれです。

横向きになった女性に、男性が添い寝をするようにカラダを密着させペニスを挿入します。


こちらもピストンはしなくても、押し付けるだけでOKです。
ご夫婦の場合、お子様が横に寝ている時などにもバレにくい体位ですね。

ただし、ポルチオやGスポットに当たりやすい体位なのでここでご紹介しましたが、動きにくい点から、イキやすい体位ではありません。

イキやすい後背位
紗江は、あまりにも気持ち良くて、測位からの体勢移動で彼の上に乗る事も多いです。
Gスポットにペニスが直撃して、痺れるような気持良さです。

ペニスの短い男性の場合、ペニスが抜けてしまう可能性があるので、気をつけて下さいね。

Gスポット・ポルチオを進んで刺激

自分から積極的に行動する事で、パートナーにいつももらっている快感を与えてあげる事もできますし、自分の一番気持ちいいポイントを知る事も、イクための開発には欠かせません。
恥ずかしいと思う人でも、ぎこちない動きしかできなくても、少しずつ大胆な行動が取れるようになってきます。
パートナーとのより良いセックスライフを楽しむために頑張りましょう。


下記のイキやすい体位は当然の事ながら、Gスポット・ポルチオを強く刺激できる体位です。
合わせてご覧下さい。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪

女の年齢とオーガズムの関係

なかなかオーガズムを経験できない

年齢とオーガズムの関係

当サイトは、セックスやオナニーでイク事できない女性が多いという事。
そして、なかなかイケなかった紗江がオーガズムを感じられたことで、同じ様に悩む人に、少しでも気持ちよくオーガズムを迎えてもらえたら・・・という気持ちから立ち上げたサイトです。


サイトを通して色々な悩みを持つ人からメッセージをいただきますが、やはりダントツに多いのが、「セックスでオーガズムが得られない」というメッセージです。

女性の約7割がオーガズムを経験したことがないと言われていますが、実際にメッセージをいただいて、こんなにもいらっしゃるんだと実感しています。

セックスは年齢とともに良くなる

アメリカのインディアナ大学の研究によると、

  • 18歳~24歳までの女性が61%
  • 30代で65%
  • 40~50代では70%

オーガズムを経験している年齢の割合です。
年齢を重ねるごとに、オーガズムを得やすいという事になります。


一般的に男性は年齢を重ねると、精力は低下していきますよね。
その逆で女性は年齢と共に、感度がUPしていくんですね。
年齢を重ねるということは、セックスの経験を重ねることと繋がりますよね。


女性は30を過ぎた頃から女性ホルモンのエストロゲンが減少し、男性ホルモンのテストステロンの分泌が多くなると言われています。そのために性欲が強まるんです。

オーガズムは年齢を重ねたほうが得られやすい

このように、医学的研究からも、オーガズムは年齢を重ねた方が経験しやすいとわかっています。
それについて考えてみましょう。


求めるものの変化

若い頃のエッチは、激しくお互いを求めるのが一番の快感です。
カラダを重ねる快感に酔いしれるのではなく、勢いに任せたセックスをしてしまいがち。
「好きで好きで仕方がない」とカラダよりも気持ちの方が先走ってしまい、カラダの快感を本当の意味で味わえる余裕もありません。
よって、オーガズムも経験しにくいという傾向にあります。


羞恥心を取り払える

年齢を重ねたセックスでは、通常はパートナーも年齢を重ねています。
お互いに長い期間経験してきた中で、お互いが気持ちよくなれるセックスをするために、感じる事をきちんと伝えられ、それぞれに望む事が楽しめるようになってくるんですね。
結果オーガズムを経験しやすいという事になります。


テクニックの向上

年齢を重ね、経験を重ねるごとに、女性が求めている事・男性が求めている事が、お互いにわかるようになってきます。
ひとりよがりなセックスをするのは、一般的には若い男性に多いと言えますね。
テクニックの向上によっても、気持ちいい部分に的確に刺激をされることによって、オーガズムも迎えやすくなるんです。


カラダと気持ちのバランス

愛しているからカラダを重ねたい そういう思いは若くてもどの年代でも同じだと思います。
ですが、心とカラダのバランスが取れていないと、全てを委ねるセックスはできません。
上記「求めるものの変化」と同じ感覚ですが、相手をより信頼し、全てを任せる事によって、精神的にも肉体的にも満足のいくように楽しむ事で、オーガズムを得られるようになります。


オーガズムを経験したいと焦らない

若くしても、オーガズムを経験している人ももちろんいますが、あまりに焦りすぎて、パートナーと触れ合う事よりも、オーガズムの事ばかりを考えていても、本当の快楽は得られません。

こちらでもご説明していますが、イク事を意識していてはいつまでたっても、オーガズムは経験できないと思って下さいね。
オーガズムだけが喜びではありません。
愛する人に抱かれるだけで幸せですよね。

30させ頃40し頃50ゴザむしり

年齢とオーガズムの関係

こういう言葉をご存知ですか?
昔のことわざですが、女性の年齢と性とをうまく表現している言葉です。

30させ頃

女性がセックスを体験し、30代になると、ある程度の経験を重ねることによって、恥じらいなどの性に対するガードが緩くなりオンナそのものが開花し始めます。
そして、男性にとって、その頃から出はじめる開花したばかりの色気に魅せられ、一番させていただきたいという年齢が女の30代です。


40し頃

40代になると、性の悦びを知り尽くすことから、より開放的になり快感を貪る事を覚えます。
男性にとって一番魅力のある30代が「させ頃」なら、快感を貪る40代は「し頃」
性欲も上昇し、もっと快感を求めるがゆえに、「気持ちよくなりたい」「もっとしたい」と
性に魅了されるんです。


50ゴザむしり

そして、50代ともなれば、ゴザ(今でいう畳)を掻きむしる程に、快楽を感じるという事です。

そして、実はこの後に続きがあるんです。

60ろくに濡れずとも

江戸時代の有名な面白いお話があるんです。

江戸時代のこと。
母親に「女はいつまで性欲があるのか」と尋ねたところ、母親は黙って火鉢の灰を掻きまわした。

母親が答えたのは、言葉ではありませんでしたが、女の性欲は灰になるまでと無言で答えたんですね。
※このお話の訪ねた人物は、大岡越前守とも新井白石ともどちらの説もあります。


紗江はいつまでたっても女でありたいと考えていますよ。
例え、おばぁちゃんになっても女を忘れたくはありません。
決して、セックスやオーガズムだけに限ったわけではなく、女だけが持つつつましさやたおやかさなどは忘れたくないと思っています。
海外にはこういった解釈の仕方はないかも知れませんね。

オーガズムを経験した事のない人でも、長い目で見て、イケるまではパートナーに抱かれる喜びを感じ、お互いが思いやりのある気持ちいいセックスをする事に専念して下さいね。
ふと気づくと、あれっ?いちゃった・・・と突然イク事ができているかも知れません。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


合わせてご覧下さい。