【FSD】女性性機能障害の治療方法

【FSD】女性性機能障害は治療できるの?

【FSD】の治療方法

【FSD】とは、「女性性機能障害」で、ストレスによる心因的なFSDや、肉体的なFSDなどがあります。

一言で【FSD】とは言っても、様々な原因があることから、FSDの治療は大変困難なものであり、多くの改善方法・治療方法が考えられています。

【FSD】女性性機能障害の治療方法

まず、【FSD】の根本的な治療方法では、以下のような気持ちを改善する事が必要とされています。

  • 性行為への嫌悪感
  • 性行為への罪悪感
  • 性行為への恐怖心
これらを治療・改善する事で、パートナーとのSEXは気持ちを伝え合うスキンシップであり、楽しく幸せな行為だという気持ちを訓練して取り戻す事が、解決策になります。

【FSD】の治療方法その1・・・人間の本来の「性」を理解する


誰でも思春期の頃は恋をした経験があるでしょう。

淡い恋や恋い焦がれて切なくなる気持ちを感じた事は多かれ少なかれ一度くらいはあるものですね。

胸がキュンとする小説や恋愛映画・アニメでも構いません。異性に好意を寄せる気持ちや、異性と性的行為に及ぶ自然な本能や過程を理解する事で、性を理解する事を促します。

【FSD】の治療方法その2・・・「性」を受け入れオナニーする


極端に嫌悪感や恐怖心があった場合、ある程度上記のような「性」を受け入れる事に慣れてきたら、ストーリー性のあるアダルトを見てオナニーする事も良いとされています。

アダルトではなく、少女が見るような恋愛映画でも構いません。それを見て性的なイメージを豊かに働かせます。

【FSD】の治療方法その3・・・パートナーとコミュニケーションをとる


SEX以外のコミュニケーションを多くとり、パートナーへの信頼や尊敬の気持ちが増すような努力をします。

性行為の時だけ時間を取るというのは、逆効果になりますので、お互いが楽しい趣味の時間を共有したり、男性は相手を思いやる気持ちを忘れないで下さい。

二人で散歩したり、SEX以外のスポーツをするなど、幸せを共有できる時間を過ごすのも大切です。

【FSD】の治療方法その4・・・タッチング


「タッチング」とは、安心を与えるために行われるコニュミケーション法で、患部や身体に手を触れたり、さすったり、そっと揉んだり押さえたりすることで、痛みや不安を軽減する効果があります。

タッチングには以下のような効果があります。

  • 幸せホルモンであるオキシトシンによる多幸感
  • 脳内麻酔のβ-エンドルフィン分泌による鎮痛作用
  • 脳内へ痛みや不安を伝える伝達を緩和する

性的な意味でタッチするのではなく、あくまで愛おしさを表現する手段が、【FSD】の治療方法の一環として考えられます。


【FSD】の治療方法その5・・・センセート・フォーカス・テクニック


センセート・フォーカス・テクニックは、感覚集中訓練とも呼ばれており、【FSD】治療の基本技法になります。

上記の「タッチング」を中心とした触れ合いにより、自分がSEXの道具ではなく人として認められ求められていると感じる事で、性的嫌悪を取り除けます。


ポリネシアンセックスが最も良い例ではないでしょうか。


【FSD】の治療方法その6・・・自律訓練法


自律訓練法とは、1932年ドイツの精神科医Schultz,J.H.によって創始されたストレス緩和・心身症改善のためのリラクゼーションの治療方法です。

自律訓練法は7段階の公式に分類されており、心の中で以下のように繰り返し唱える事によって、自己催眠状態を作り出し、不安定になった心身を安定させる効果をもたらします。

  • 背景公式・・・気持ちがとても落ち着いている。
  • 第1公式・・・手足が重い。
  • 第2公式・・・手足が温かい。
  • 第3公式・・・心臓が静かに打っている。
  • 第4公式・・・呼吸が楽になっている。
  • 第5公式・・・お腹が暖かい。
  • 第6公式・・・額が涼しい。
この訓練法を行った後は、必ず深呼吸や両手両足の開閉や屈伸・背伸びなどを行って下さい。

自身で【FSD】と自覚のある場合も含め、精神を安定させるために、一度実践してみてはいかがでしょうか?

【FSD】の治療方法その7・・・系統的脱感作


系統的脱感作とは、精神科医、ジョセフ・ウォルピが考案した行動療法で、不安の対象となる状況・モノに対して、治療が必要な人自身が感じる強弱によって階層化していく治療法です。

【FSD】による系統的脱感作は、細い棒状のものから挿入する練習を行います。

始めピストンはせずに、ゆっくり挿入し静止した状態を保ちます。

女性の不安感が薄れたり、こうして欲しい・もう少し太いものがいいなどと感じるようになってから、次のステップへ進みます。

弱い刺激から始め、本人の意思を確認しながら徐々に刺激を強めます。


性を拒絶する不安な気持ちや恐怖心を少しずつ改善していくのが目的です。

濡れない場合、細いものであっても無理に挿入するのは余計に【FSD】を悪化させてしまうので、本人承諾の元でローションや温感で心地よく感じるジェルなどを使うことをおすすめします。


【FSD】の治療には薬物が使用される事もある

病院での診察結果によっては、医薬品が治療として使われる場合もあります。

専門的な事に関しては、診断を受けた医師にきっちりと確認して下さいね。

オーガズムを迎える事ができない【FSD】の場合は、シルデナフィルがオルガスムの復活に有効であるという報告もされているようです。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


■【クレイジーガール】 ワナビーワイルド・インテンスオーガズムジェル

女のED?女性性機能障害【FSD】

女のED?女性性機能障害【FSD】

女のED?女性性機能障害【FSD】
EDは男性にだけある症状ではありません。

女性にも【女性性機能障害】という、女版のEDがあるのをご存じでしょうか?

オトコと同様で、女がEDになると、パートナーとの性生活はおろか、カップルの関係に大きな溝を空けてしまう事にも成り兼ねません。

女のED【女性性機能障害】にはどういったものがあるのでしょうか?

女のED 女性性機能障害【FSD】

女のED【FSD】は、下記のようなものが当てはめられています。

        
  • (性的関心)性行為への関心が減り興奮が困難になる
  • オルガズムの障害
  • 性行為に関する痛み・挿入障害

女のED【FSD】についての調査・研究は、困難かつあまり進められておらず、女性性機能障害についての報告は大変少ないものとなっています。

2005年に報告されたグローバル調査(対象40~80歳)では、性的関心/興奮障害は約30%、オルガズム障害は約15%、性行為に伴う疼痛は約15%と推定されているとの事です。

女のED【FSD】の原因

女のEDには、多くの原因があります。

女のED【FSD】の原因その1・・・ストレス


精神的なストレスが最も大きく占めていると考えられます。

パートナーとの関係性は、SEXをする上で重要な部分ですよね。セックスレスになってしまう精神的な要素を始め、生活をしている上でも大きな悪影響をもたらします。

  • パートナーの女好きによる浮気や不倫からED・セックスレスに陥る。
  • 生活の基盤となる収入への不安・パートナーの金遣いの荒さ。
  • 子育ての違いや考え方の相違によって口論や喧嘩が絶えない。
  • 閉経による【女としての自信】の消失
  • ホルモン異常(テストステロンやエストロゲンなど)や薬の使用(抗うつ薬、経口避妊薬、ガンに対する化学療法)による性的な関心の低下。
  • レイプなどの過去のトラウマもEDの原因です。

このように、精神的なストレスは大きく影響し、女をEDにもたらす危険性があります。

女のED【FSD】の原因その2・・・肉体的な要素

  • 加齢の膣萎縮による性交通が原因。
  • 更年期障害での潤い不足。
  • 子宮内膜症・尿道憩室・骨盤や膣の手術歴による性交痛や恐怖心。
考えられるEDの原因は、精神的要素・肉体的要素どちらも含まれますが、やはりパートナーとの精神的なつながりが最も大きく関係しているのではないでしょうか。

多少の性交痛があったとしても、信頼感安心感を感じる事や、相手を気持ち良くさせたいと感じる事によって、ある程度の努力を進んでしたいと考える要因にもなりますし、パートナーとの関係性はかなり大きく影響していると言えます。


※ここでは、激痛が発生したり本当にSEXが困難な場合は除きます。

オンナにとってのSEXとは・・・

オンナがSEXする上では、精神的な要素は大きな割合を占めます。

  • 【愛】があるからそれを感じたい・伝えたいという気持ち。
  • SEXする事で、愛されている安心感を得られる。
  • パートナーと交わる事で自身の存在を感じる。
このように、オンナにとってのSEXは基本的に肉体的な快楽だけを欲しているわけではありませんよね。

オトコが、射精したいと本能的に感じるのとは根本的に全く異なるのです。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


■【クレイジーガール】 ワナビーワイルド・インテンスオーガズムジェル


合わせてご覧下さい。

浮気と不倫の違いって?

浮気と不倫の違いって?

浮気と不倫の違いって?
浮気と不倫の違いを考えた事はありますか?

上記ページで浮気についてお話していますが、【浮気】は基本的に、心が浮ついた状態で他の異性に惹かれ、逢ったり関係を持ったりする事です。

「配偶者・婚約者などがありながら、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと。」として、【浮気】の中の意味にありますが、【浮気】と【不倫】の違いに対しては、色々な解釈の仕方があるかと思います。

  • 気持ちが入るのが【不倫】、単なる遊びが【浮気】。
  • 【浮気】はいつかは元に戻るが、【不倫】は家庭崩壊に至る可能性がある。
  • 【浮気】は短期で終わる場合が多いが【不倫】は長続きする可能性がある。

などと言う検索結果がありましたが、

本気であっても気持ちが入っていない遊びであっても、配偶者がいながらも継続した身体の付き合いをする事が【不倫】と呼ぶのではないかと、管理人紗江は感じています。

一度や二度 肉体関係を持っただけでは、【不倫】とは言わず【浮気】のような感じがしますが、皆さんはどう思われますか?

浮気は許せるけど不倫は許せない

紗江の友人の奥様が言っているという言葉を聞きました。

「浮気は許せるけど不倫は許せない。」

その友人の家庭はセックスレス。何となくお互いにそんな気になれないそうなのですが、そのお宅では風俗公認だそうです。

その理由として、奥様が不倫をされるのだけは嫌だからという事。セックスレスでも大変仲の良いご夫婦で、話によるとお互いが男と女ではなく「家族」という認識で、とても大切だし愛しているという事でした。

でも男性はセックス抜きではいかない事をわかっていて、風俗で遊んできてと公認なんだそう。奥様の希望で、定期的な性病検査も行っているとの事でした。

特定の相手と不倫関係になり、気持ちまで揺らいでしまう事だけは絶対に許せないとの事で、その友人もその気持ちはわかる気がすると話していました。

お互いに納得した上での事なので、折り合いがついているんですね。そういったご夫婦もいらっしゃるんですね。

それを考えると、上記の「【浮気】はいつかは元に戻るが、【不倫】は家庭崩壊に至る可能性がある。」というのは一理あるかも知れません。

やはり継続した付き合いを重ねる事によって、身体だけの付き合いから気持ちの上での付き合いに発展してしまう可能性が高いですから。

身体の関係がない場合は【浮気】?【不倫】?

紗江が二十歳すぎくらいの頃、全く身体の関係がなくお付き合いしている人がいました。仕事の相談に乗ってもらったり食事へ行ったりとお世話になっていたのですが、その方は当時で60を回りもちろん既婚者。

紗江は、その人に気持ちは全くありませんでした。でも、きっと好きだったなら身体の関係のある不倫に発展していたでしょう。

※ただし、その時はわからなかったのですが、とても好きでも本当に相性が合わない人がいるんだという事も知りました。

その人は、紗江の事を本当に大切にしてくれていたのですが、最終的には「抱きたい。」と言われ、お断りしました。そしてそのまま少しづつ付き合いが終わっていったのですが、約3年程はあった付き合いの間、ずっと我慢していたのでしょうね。

その場合、相手の男性は【不倫】していた事になるのでしょうか?

身体の関係が一切なく、相手の事が大好きで会うだけの付き合いは、【浮気】になるのでしょうか?【不倫】になるのでしょうか?

紗江は、それは【不倫】とは言わず【心の浮気】だと考えます。
皆さんはどう感じられたでしょうか?

そして、ここで金銭的な援助を受けていたら【愛人】となっていたのでしょうか?身体の関係がなくても、【愛人】と言えるのでしょうか?

またいずれ考えていきたいと思います。


合わせてご覧下さい。

女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」の効果 セックスをエンジョイする!

女性ホルモンであるエストロゲン・プロゲステロン

女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」の効果 セックスをエンジョイする!
女性が濡れるためには、脳内物質であるセロトニンが必要です。セロトニンは副交感神経を高める作用があり、気持ちの良いSEXをするためには、リラックスする事が大前提となります。

セロトニンについて詳しくはこちら

そして、そのセロトニンが減少すると、女性ホルモンの分泌も減少してしまう原因になります。


女性ホルモン

女性ホルモンとは、2種類のホルモンの総称で「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」を指します。



人の体中のホルモンは、全て密接に関係しており、何が欠けても健康な体を維持する事はできません。
肉体面でも精神面でも、幸せになるためには、全てのホルモンがバランス良く充分に分泌される必要があるんです。

女性が濡れるため・感じるため・イクためには、それらのホルモンや女性ホルモンは必ず必要です。


女性ホルモン「エストロゲン」の効果

女性ホルモン「エストロゲン」は、美人ホルモンとも呼ばれていて、魅力溢れる女性に多いと言われています。

恋をすると綺麗になると言われるように、恋をするとエストロゲンが多く分泌されます。女性ホルモン「エストロゲン」の効果は様々のものがあります。

  • 艶やかな肌や髪をつくる効果
  • ふくよかで丸みのあるオンナらしい体つきにする効果
  • 幸福感溢れる穏やかで前向きな精神面にする効果
これだけでなく、新陳代謝の向上・生理周期の安定・骨や神経の生成など、女性にとってエストロゲンの効果はなくてはならないものなんです。

女性ホルモン「プロゲステロン」の効果

女性ホルモン「プロゲステロン」は、実は別名でブスホルモンと言われています。
では、大事なホルモンではなく、なくしちゃわないと!なんて思いがちなのですが、「プロゲステロン」が減ってしまうと、女性ホルモンの分泌に乱れが生じます。

乱れるという事は、大切な女性ホルモン「エストロゲン」の分泌にも大きく関わってきますよね。

恋人同士が片方はゾッコン・かたや片方は冷静だと、その恋はいいバランスを保てず、必ず何らかの不平不満が出てしまいますよね。
何事にもバランスは必要です。

セックスをしたくない時の「弊害」効果

パートナーが「SEXしたい」と誘ってきたとき、乗り気じゃない。したくないのに。などと断ったり嫌々応じる時もあるかと思いますが、そんな時は女性ホルモンのバランスが崩れている可能性があります。

女性ホルモンは、SEXへの気持ちをコントロールする影響も与えます。

逆に、女性ホルモンのバランスが整い、エストロゲンが多く分泌している時は、性欲が上昇します。

パートナーとのセックスに、エストロゲンの分泌・女性ホルモンのバランスは大切なんです。

セックスで女性ホルモンが増える?

セックスをすると綺麗になる = 女性ホルモンが増える と言われてはいますが、実はセックス自体が女性ホルモンを増やす直接的な関係にはありません。

体だけでなく精神的に満たされるセックスをした場合、脳が刺激されて快楽ホルモンの「ドーパミン」や幸せホルモンである「オキシトシン」が多く分泌されます。

女性ホルモンは卵巣から分泌されていますが、女性ホルモンの分泌を調調節しているのは脳内の視床下部という器官です。
セロトニンやドーパミン・オキシトシンなどは、その視床下部を活性化させる作用があります。

その結果、女性ホルモンの分泌が増えるという関係性にあるんですね。

セックスを通じてだけではなく、パートナーとの幸せな時間や愛されている満足感・愛しているという充実感などを満たす事によって、女性ホルモンのバランスが整うのです。

女性ホルモンの分泌を促進させセックスを楽しむ

女性ホルモンは性欲を増進させる作用があることを本ページ上部でご説明していますが、パートナーとのセックスを楽しむためには女性ホルモンが必要です。

だからといって、誰とセックスしてもいというわけではありません。

好きでもない人と無理な恋愛をしたり無理にセックスすると、ストレスが溜まり女性ホルモンのバランスを崩してしまい悪い影響になってしまいます。


愛し愛されたセックスをする事が、女性ホルモンを整え感じてイク・・・オンナの一番の喜びです。

決まったパートナーがいない場合は、好きな俳優でも映画の登場人物でもアニメの主人公でも構いません。何かしら自分がときめくものを見つけ、女性ホルモンUPを目指しましょう。

同時に、気持ちのいいオナニーをして、体の欲求を満たす事も必要ですね。



感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


■【クレイジーガール】 ワナビーワイルド・インテンスオーガズムジェル


どうして誘ってこないの?もう私とはセックスしたくない?

セックスを誘ってこない

どうして誘ってこないの?もう私とはセックスしたくない?
同棲のカップルやご夫婦の間で、男性の方からセックスを誘ってこないというケースがあります。

一般的な男性からすると、セックスしないままなんてあり得ないと感じると思いますが、実際に妻とはもう長くセックスレスだというご夫婦がおられますし、ご夫婦でない場合でもパートナーが誘ってくれる事がなくなったという場合だってあるんです。

そんな風に誘ってきてこない男性側の気持ちについて考えていきたいと思いますよ。

どうして誘ってこないの?変わったのはお互い様

女性にとって、パートナーとのセックスは「愛されている」ことの証なので、誘ってこないととても不安になります。そんな悩みを抱えている女性は実は沢山おられます。

何故、夫やパートナーはその気にならないのでしょうか?

「妻を誘わなくなった」原因として管理人紗江の知人数人に実際に聞いた声をご紹介していきます。


誘ってこない原因・・・変貌その1

若い頃とは違ってスタイルを維持するのは、当然難しくなってきます。男性は綺麗な女性が好きなもの。

お菓子をボリボリ食べながらゴロゴロしてテレビを見ている。全く努力もせずに「こんなに太った。」「痩せなきゃ。」なんていつまでたっても口だけ。
そりゃ太っても当たり前。
大幅に変わってしまったスタイルでは、なかなか性欲が湧かない・・・


誘ってこない原因・・・変貌その2

もう慣れてきたからといって、全てにおいてずぼらになっていませんか?日頃の態度・食べ方や話しぶり、物ぐさ全てがだらけてしまい、女としての恥じらいそのものを忘れていませんか?

昔は、とても可愛らしかった。
今では本当に女か?と疑うような態度を見ていると、全く女として見る事ができない。誘う気もなくなってしまう。


誘ってこない原因・・・変貌その3

パートナーへの気遣いがなくなってしまっていませんか?

面倒な事でも、相手のために何かしてあげたいという気持ちが薄れ、偉そうな態度を取ってしまっていては、変わったと言われても仕方ありません。誘ってくれなくなったと、相手が変わったことだけ指摘はできませんね。

今では朝仕事へ行く時でも、起きてこなくなった。起きてきても「行ってらっしゃい。」どころか「おはよう。」さえ言わない。
夜だけ求められても・・・俺は性欲のはけ口か?

上記のページの、「私は道具?」というのと同じような感情かも知れませんね。

誘ってこない原因・・・変貌その4

一緒に笑い合っていますか?常に上から目線で見ていませんか?

笑顔が好きだったのに、長い間不機嫌な顔しか見てない気がする。
不愛想な表情しかしないし、こっちの言う事は何でも全面否定的。あげく「男はどうせそんなだから。」とか馬鹿にする。
お互いの関係がそんな風なのに、誘う気にもならない。


このように、相手が変わった事だけを主張してはいても、自分自身が変わってしまっているじゃないか?という意見が見られました。

オンナとして見られ誘って欲しかったら、オンナとしての努力・昔ラブラブだった頃の気持ちや、オンナである事を忘れてはいけません。

何度も拒否されてもう誘えなくなった

パートナーが誘ってきても、何度も断ってしまいそのまんまという事はないでしょうか?

今までその気になって誘っても、「疲れているから。」「眠いから明日にして。」などと何度も断られると、もう誘えなくなるし、やる気も失せる。

相手も誘ってこないし、自分からも絶対に誘わない。もう嫁とは絶対セックスしないと決めた。

この方は、数十年セックスレス。
恋愛感情もなくなりただの同居人だと言っていました。

「自分は子供のために家庭を守っているけど、残りの人生はやっぱり男でいたい。」と恋人を作り、恋愛と家庭は別物として考えておられます。

思い当たる方は「誘ってこない。」と思い待っているだけでなく、自分から誘っていく事も必要です。

誘ってこないのは起たない事が原因

加齢による勃起不全・年齢が若くてもEDで悩む男性は多く存在します。

ちゃんと勃起しない・中折れしてしまう事が原因で、きつい言葉を言われてしまったり、自分で情けなくて男としての自信をなくし、誘えなくなったという方もいます。

詳しくは下記をご覧ください。

セックスは義務?

長年の生活で、男と女の会話もなくなり夫婦としての会話だけで、女として見れなくなった上「好きだから抱きたい。」という気持ちがなくなってしまい、妻とのセックスに義務感を覚えてしまった。
「しばらくしていないな。ちゃんとしなきゃ。」と思えば思う程、性欲は遠のくばかりで、もう誘えなくなった。

「ねぇ。もうずっとしてないのよ。」と夫婦であれば必ずしなければいけない事として、押し付けるような言い方をしてはいけません。

男はどうせセックスは絶対必要なんでしょ。などのように、決めつけてはいけません。

男性は、自分本位に気持ちよくなれる自慰の方が楽でいいという人だっているんです。

誘ってこないのは家族になったから?

パパ・ママと呼び合い、家族としか見れなくなってしまった。

何となく、親として・家族としての付き合いになるにつれて、性欲が薄れ誘えなくなってしまった。
一生の伴侶としてそばにいたいと思うし、自分で決めた女だから一生守ると決めているけど、性の対象ではない。
もう我が家にセックスは必要ない。

そう言いながら、数か月・半年に1年くらいの頻度で自分から誘って性行為をしているそうですが、奥様から誘ってくる事はなく、当然ながらこの方にもセックスフレンドがいるとの事。

セックスフレンドとは言っても、ただの身体の関係だけではなく「愛情」もあるとその方はおっしゃいます。そしてその相手には欲情し進んで自分から求めている。

だけど、違うオンナに愛情があっても「何があろうと守るべきものは守る。」とおしゃっています。

家族としか見れなくてもう誘ってこなくなったからと言って、男が必ず浮気するとは限らず、浮気しない男性だっています。

それを見極めるのはあなた自身ですし、そんな相手を見切るのか愛していくかもあなたが決める事ですね。

誘ってこなくても「愛」は存在する?

人の主観は十人十色なので、誘ってこないことをこういう理由だと、一概に言う事はできませんし、本人の考え方は本人にしかわかりません。

浮気という言葉そのままでフワフワと浮ついた心の持ち主で、離婚を繰り返すような人もいます。

また逆に、上記の方のように、浮気相手がいても、愛している・守っていく事を心に決めている人もいるでしょう。
ただ、浮気するしない以前に、誘ってこない・セックスレスである場合でも、「愛」は存在しているケースだってあります。


合わせてご覧下さい。

もうしたくない?夫婦のセックスレスの原因

夫婦のセックスレス

もうしたくない?夫婦のセックスレスの原因
一度セックスをしなかった原因により、レスはどんどん悪化。
結果もう何年もレスのままというご夫婦はかなり多いのではないでしょうか。


恋愛に熱く燃え、結婚というスタートラインに立ったものの、セックスレスになるご夫婦が多くおられますが、せっかくそばにいたい・一生を共にしたいと思った二人なのに、夫婦になるとレスになってしまうのは何故?

  • 毎回同じパターンのセックスばかりで、刺激が得られなくなってしまった。
  • 毎日顔を合わせ嫌な面が見えてきた。
  • 子どもができ、パパ・ママと呼び合うようになり、お互い異性として意識しなくなった。
  • 良く見せたいという気持ちがなくなり、自分を飾らなくなた。
  • 相手を感じさせたい気持ちよくしてあげたいという気持ちが減っておざなりな扱いになった。
  • 結婚前とは容姿が変貌してしまった。

どういった理由だとしても、レスになる原因の根本はお互いに「あまり興奮しない。」「自分本位になる。」ということになります。

夫婦であってもそうでなくても、付き合いが長くなると、「慣れ」によって興奮が減少してきたり「自分本位」になるのは仕方ありません。

どんなことでも、継続に必要なのは「努力と忍耐」。

レスを防止するには、必ず「努力」が必要になってきます。

もうしたくない?夫婦のセックスレスの原因

夫婦間でレスになってしまっている原因は、人によって様々なものがあると思います。

ここでは、夫が求めてきても「したくない!」と断ってきた結果レスになった場合で考えていきたいと思います。


夫をもう男として見られないのが原因?

夫婦であればマンネリ化するのは当然です。

セックス中に他の相手を想像してしまうように、興奮を得られなくなってきた事が原因にもなります。

あれだけ好きで、抱かれると幸せだったという気持ちを思い出してみて下さい。

相手も同じで妻を女として見れなくなるのは相手も同じです。


忙しくて疲労が重なる毎日・・・断っているうちに自然にレス

現代では、共稼ぎが主流でお仕事をされながら家事・育児に追われている女性も多いですね。

日々の疲れで求めてこられても応じる気になれず「また今度。」その言葉のまま放置していたら、いつの間にかレスになってしまうというケース。

「また今度ね。」と言ったら、夫から求めてくるのを待つのではなく、自分から積極的に誘ってみる努力が必要です。

一度断ると男のプライドもあって夫からは言い出せないものです。いつまでも受け身でいると、そのままレスになっても仕方ありません。

多少疲れていても、数日後には色っぽく自分から責めていってあげるなど、夫の性欲を満たしてあげて下さい。


もう私に愛がない?・・・レスの原因

夫の前戯の減少・自分本位な行為にうんざり。

  • 昔はちゃんと前戯をしてくれていたのに今は全くしてくれない。
  • 愛撫は全くなく、イカせてもくれず自分だけがイッて終わり。
  • キスもろくにしてくれない。

そういった愛の感じないセックスが度重なり、自分に対しての愛が感じられず、セックスが嫌になってしまう事も原因にあります。

でも、そこに自分の欲ばかりが先だっているのにお気づきですか?

自分の欲を抑えて、夫を感じさせてあげるという事も必要です。

でもいつも我慢ばかりしていることはありません。時々は、「愛されていないような気がして寂しい。」「もっとこうしてほしい。」と、お願いしてみるのもちろん必要ですね。


私は道具なの?レスの原因

ただ隣にいるからセックスすると、道具として見られているような感覚になってそれが我慢できずに、レスになってしまう場合もありますね。

管理人紗江が、まだ十代の頃こんな声を聞いた事があります。

20代くらいの若者が沢山集まって話していました。

  • 結婚って、タダでヤルためにするもんだろ。
  • 気もお金も時間も使わずにデキるんだから凄くラッキーじゃね?
  • 俺もう毎日やるわ!早く結婚したいやつはみんなそうだろ。

大声で大笑いしながら話すその様を見て、吐きそうになったことを鮮明に覚えています。

紗江が男性に対して不信感を持ったのはこの事がきっかけでした。

その時から、女として見られるのではなく「人」として求められたいと思い始めたのですが、おざなりな愛撫・挿入だけで終わるセックスが続くとそんな風に感じても仕方ありません。
でも、そんな風に思っているオトコはただの下衆であり、そんなオトコばかりではありません。それに、自分が惚れたオトコがそんなしょーもないオトコであるわけがないですよね。

もし仮にそんな風に感じたら、その気持ちをきちんと話すべきです。

夫が全く求めてこないのがレスの原因

レスの原因が相手が求めてこないというのは、なかなか難しい問題です。
セックスは、お互いに求める事が前提でないと成り立つ行為ではありません。

自分ばかりが性欲があっても、相手がその気になってくれないと必ずレスになってしまいますよね。

男女が仲良くしていくためには、話し合いをする事が必ず必要です。
上記のように心のうちを打ち明けてみて下さい。


夫に対する不満がレスの原因

夫婦になると、今まではなかった問題が出てきます。

  • 私ばかりが忙しくしているのに、何も手伝ってくれない。
  • お金の使い方や人付き合いの事で揉めている。
  • 子育ての方針の不一致で喧嘩が絶えない。

このような原因で、顔を見るとイライラするし、もう触れられたくないと思い断っているうちにレスになってしまったという人も多いと思います。

嫌な面を見つけると、次から次へと増えてきて、何をしても腹が立ってくるものです。人は固定観念を持ってしまうとなかなか変える事ができなくなってしまいますね。

ただし、そこで考えて欲しいのは「自分自身」についてです。

変わってしまったのは自分だけでしょうか?昔は、「そういう男っぽいところが好き」なんて思っていた事もあります。

自分自身も変わってしまったんだという事を少し考えてみて下さい。


どんどん状況が悪化するレス

男性は、女性と違って必ず射精する必要があります。とは言っても、精子を溜めておくと身体に悪いという事はありません。

精液の主な主成分はタンパク質です。精液が溜まると、古いものは分解されて体内に吸収されます。

だからといって、精液を溜めていても何の不都合もないというわけではありません。

射精という一定期間のリズムが狂ってしまうと、精神的なストレスになってしまい、ストレスがかかるというのは当然肉体的な健康にも害を及ぼしてしまうので、やはり男性には必ず女を抱くという欲望を満たす行為やそれに伴った射精をすることは必ず必要です。


子どもが可愛すぎて、妻に対して興味がなくなってしまう夫もいますが、女性は結婚して子どもができると、全神経が子どもにいってしまったり育児に追われそれどころではなくなってしまったりして、夫に対する配慮もなくなってしまいますよね。

夫がセックスを求めてきても、性行為自体がおっくうで「今日は疲れているから」と断る事の繰り返し・・・
断られた夫は、男としての自信をなくし大変傷つきます。そして次に誘う事が怖くなったり、「次も断られるだろう。」次第に求める回数が減ってきた原因で、レスになってしまう。

そして、「もういいや。」と思いその刺激を外に向けてしまう事にもなり兼ねません。

レスの原因が自分にあるという場合は、自分が嫌だからという理由だけで断るばかりではなく、男性の立場になって少し考えてみて欲しいと思います。


合わせてご覧下さい。

マンネリ化してしまったセックス

セックス マンネリ化していませんか?

セックスのマンネリ化していませんか?

付き合いの長いカップルや、夫婦間になると、セックスのマンネリ化はどうやっても訪れるもの。初めてのセックスの時はあれだけドキドキし、お互いに燃えて熱く何度も重ねたいと感じます。


そして相性も言う事なしで、その時にはマンネリ化してしまう時がくるなんて思いもしません。
お互いに幾度も求め合っていたあの頃に戻りたい!

セックスのマンネリ化は、どうやって回避すればいいでしょうか。

女のセックスのマンネリ化・男のセックスのマンネリ化

カップルによっては、マンネリ化せずにいつまでも刺激的なセックスをしている場合もあります。


それは、お互いに努力の上で成り立っているんですね。
紗江は、セックスにマンネリ化してしまうなんて全く理解ができませんよ。


しっくりくる手の温もりや感触・いつもの指・いつもの舌・いつもの動き
こんな事を感じれるなんて幸せ以上の何があるでしょうか。
女は、こう思います。
セックスのマンネリ化というよりも、その慣れた手つき・慣れた腰つきに愛を感じ、それ以上望む事なんて何もない。
それは基本的に女の感覚なんですね。


だけど、男は違います。
セックスはマンネリ化してしまうのが男なんです。


ただ、女性にも色々なタイプがいますので
紗江のように、自分は変わっていないのに、相手が自分とのセックスにマンネリ化しているかもと感じる人もいれば、自分もパートナーとのセックスにマンネリ化してしまったという人もいるかも知れません。


でも、お互いにセックスにマンネリ化しないためには、お互いの努力あっての事。


本来は、セックスのマンネリ化は、お互いが努力しなければ回避することは不可能です。
まず、お互いに努力するべきなんですね。
一人だけ変わってもどうしようもありません。
個人の問題だけではありませんから。


まずは、自分が変わってみましょう。
今までの自分とは違う自分を見つけて、色んな手段で努力してみるんですね。

紗江が言いたい事は、ただひとつ
相手に変わって欲しければ、まず自分を変えるという事なんですね。

セックスのマンネリ化なんて嫌だ

ただ、自分は変わっているつもりでも、パートナーが全く変わってくれない。
そんな場合はどうすればいいのでしょうか?


パートナーに自分とのセックスをマンネリ化して欲しくないと願い、何をどうすればいいのかもわからない。そんな風に感じている女性 多く存在します。
マンネリ化とはいったいどういう意味なのでしょう。


マンネリズム (英: mannerism) は、文学・芸術・演技などの表現が型にはまっていることである。形式主義、様式主義。日本ではマンネリとも略し、「マンネリ化」といった使い方もされる。癖・礼儀作法・行儀といった意味の manner(マナー) と同じ語源である。


型にはまったセックス。
紗江は、それはそれでいいんじゃないかって思いますよ。


でも、それでは男と女の関係。
刺激が足りず、お互いに不満が生じてしまうのは仕方がないことですよね。
お互いに、新しい刺激を外に向け、セックスの回数も少なくなってしまい

  • あるのかないのわからない空気のような関係
  • 長年連れ添った夫婦の関係
  • セックスで価値観を得るのではない人対人の関係

そんな風に変わってしまいます。

でも、セックスの快感を得たい、女として見て欲しい
マンネリ化なんて嫌だ
そう考えるのは、女である限り当たり前です。

セックスのマンネリ化を解消したい

男と女でいる以上、セックスのマンネリ化が起きるのはどうしようもない事です。
それを、どうにかしたい!!
あなたができる何らかの努力は、ないわけではありません。

arrow

男の意のままに操られる女にならない


これはとても大切な事で、絶対に忘れてはいけない事です。
惚れたら負け
そんな言葉があるように、相手の思うまま・相手を喜ばせたい一心で行動してはいけない時もあるんですね。


疲れている でもパートナーがセックスしたいと言うのならそれに応じてあげたい。
そんな想い その根本的な部分を変えなくてはいけません。


相手の意のままの動く女というのは、自主性のないただ退屈な女になってしまいます。
面白みのない女になってしまうんです。


セックスも同じ。
いつも相手の思うように応じていたら、何の刺激もない女になってしまうんですね。


パートナーがセックスしたい・こんな風なセックスをしたいと言っても、自分が思うまま感じるまま拒否すればいいんです。


それで、あなたが嫌われる事はありません。もし、たったそれだけの事で別れを告げられるようなら、そんな男こっちから願い下げです。


したくない時にはしたくない。
これは嫌という時には自分を押し通す。

それくらいの気持ちでいる決断をして下さい。
セックスのマンネリ化は、そういった相手の意のままに動く女には、遭遇しやすい出来事なんです。

arrow

責められる女から責める女に


セックスのマンネリ化していませんか?

殆どのセックスが男性の主導権にあります。
女性は体力もありませんし、何よりも女は受身の立場ですよね。
でも、いつも同じパターンでは、男が刺激に不足してしまうのが現実。

時々は、あなたが主導権を握るセックスをしてみませんか?



いつも責められるばかりではなく、大胆にパートナーを責めてみる。今までになかった事で、パートナーはその変わりように刺激されます。
体力がなくても大丈夫。


女性も男性も「イク」という事は、激しいピストンだけではありません。
静止したままでだってイク事はできるんですよ。

でも、とりあえず思いのまま、本能のままに、パートナーを求め、激しく責めてみるのも、ひとつの手段です。
マンネリ化していたセックスとは打って変わって、今までとは違う新しいセックスができるかも知れません。

マンネリ化には「新しい刺激」これに尽きます。