イヤやめて・・・って女の本心?

イヤやめて・・・って女の本心?

イヤやめて・・・って女の本心?
当サイトでは、男性からメッセージをいただくのは女性よりもかなり少ないのですが、今回は男性からのメッセージをご紹介させていただきたいと思います。

18歳 Hさん 男性

最近付き合い始めた彼女と初エッチをしました。
彼女は、クンニしてても手マンしててもペニスを入れてても「イヤ・・・やめて。」「ダメ・・・」とか言っていました。

僕は初体験なので、初めは少し焦って舐めている舌の動きを止めたのですが、「イヤー」と言いながら頭を持って顔をあそこに寄せられました。

「えっ?」と思い、そのまままたクンニをしましたが、やっぱりまた「イヤッダメ!」って言います。
ピストンしている時も、「イヤイヤー!」と言いながらも、別に僕を払いのけたりしないし本心で嫌がっている感じもありません。

AVでもそんな感じのが多いし、本心でイヤがっているのなら、じっとしてたりしないですよね?友達に相談はしたくないから、メールさせてもらいました。

Hさんは、初めての経験で大変戸惑っているようでしたが、彼女の言い方や動かない様子を見てある程度は察しているようでした。

女性が「イヤ・・・やめて・・・」というのは、お察しの通り本心ではありません。

何故本心でないのに「イヤ」「やめて」って言うの?

女性が「イヤ」「やめて・・・」「ダメ・・・」と言うのは、いくつかの理由があります。

  • 本心からイヤでやめて欲しい時。
  • 気持ち良すぎてどうにかなってしまいそうだから怖がっている。
  • おかしくなりそうくらい感じている事を伝えようとしている。
  • 「ダメ・・・もっとして。」「イヤ・・・やめないで。」をつい本心とは裏腹な言葉に変換して言ってしまう。

上記のご相談のHさんは初体験だそうですが、彼女さんはバージンではなかったそうです。バージンの時は、そこまで感じないという可能性がありますが、イヤやめてと言いながらもじっとしている・本当にやめると引き寄せられた。との事から、彼女さんは本心で「やめて欲しい」とは思っておらず、

「イヤ・・・ダメよ。やめないで。もっとして。」「もっと感じさせて。」という気持ちを表現しているようですね。

本心でイヤがっている場合は、頭を引き寄せるような事はしません。
ただ、頭を引き寄せる行為ができたという事は、ある程度性行為の経験があると感じました。

女性は、本心を素直に言えないという部分があります。

ケンカをしても、本心では構って欲しいのに「もういい!」と怒ってしまう場面がありますよね。

エッチの場面では、小さい頃から

  • 女は慎むべき。
  • はしたない女になってはいけない。
  • 節操を保たなければいけない。

などと、そういう風に刷り込まれてきた事から【恥じらい】が邪魔をして、「気持ちいい。」「もっとこうして欲しい。」などという本心が、なかなか言えない生き物なんですね。

面倒臭いのはお互い様ですが、何とも面倒臭い生き物なんです。

計算の上で「イヤ・・・やめて・・・」というオンナ

上記を見ると、オンナって面倒くさいけど、可愛いななんて感じるかも知れません。

が・・・オンナは実はオトコが思う程、可愛いものではないんです。


オトコをより欲情させるため

どんな事をすればどんな言葉を言えば、オトコが興奮するのか、オトコが可愛いと感じるのか、色っぽいと感じるのか、知っているのがオンナです。

「イヤ。やめて」と本心で言っているかのように見せかけ、オトコを興奮させるための術を知っている・・・ただの演技という事もあり得るんです。

犯されたい願望やSMプレイへの好奇心

無理矢理されているところや荒っぽくされている場面などを想像し、自分を刺激し興奮へ導くため「イヤ」「やめて」という言葉を発している場合もあります。

犯される事でしか感じない性癖だったり、もっと感じたいという女の本性そのものですね。

本心で「イヤ」と感じている場合

基本的に、女性は男性の雑な愛撫に痛みを感じた場合でも、その本心もなかなか言い出せません。

そんなの声や態度でわかるだろうと思うのは、オトコの勝手な想像でしかありません。

  • 本当に気持ちが良くて恍惚な表情を浮かべているのか。
  • 痛みを感じて身体をのけぞらせているのか。

これを見抜くのは、何十年と性行為をしてきた経験豊富な男性にだってわからないものなんです。
基本的には、自称 遊び人であってでもです。

女性を扱う時は優しくソフトに、そして「痛くない?」「大丈夫?」などの声掛けは必ず必要ですよ。

セックス中に漂ういやらしいあそこの匂い

ニオイ・臭い・匂い?

ニオイ・臭い・匂い?
パートナーの匂いって好きですか?
体臭は、する人しない人に分かれますが、する人の中でもニオイがかなりキツい人もいますよね。


紗江は、現在の彼からする匂いがたまらなく好きです。
紗江の彼は、体臭なのかわかりませんが、口からも着ているシャツからも、車の中にも充満する程。

かなり年上の彼なので、周囲の意見を聞くと「加齢臭」じゃないかという意見が出ているのですが、その匂いは紗江にとっては「性的に興奮する匂い」なんです。

その匂いを嗅ぐと、子宮辺りが疼くような感覚になるんです。


で詳しくお話していますが、ニオイと相性には深い繋がりがあるんですね。

ただ、好きだから匂いが好きなのか?
嫌いだったらクサいと思うのか?
まではわかりませんが、

  • ニオイの嫌いな人とのセックスの相性は悪いと言えますし
  • ニオイの嫌いな人は愛せません。

男の匂い・女の匂い

ただし、女性の立場として考えると、「男のニオイ」というものは多少の違いはあるものの、似通った臭いがしますよね。
「匂い」ではなく「臭い」です。

年頃で男性ホルモンがみなぎっているような男まみれの部屋や、男性の多い電車などに入ると、「うん?何かクサい?」と感じた事はありませんか?

その男特有の臭いの元は、汗の出る器官「アポクリン汗腺」から分泌されている男性ホルモンのテストステロンから変化した「アンドロステノン」が皮膚にある在菌と混ざったものです。


実は、アンドロステノンは男女を問わず汗に含まれるステロイドです。


なのでもしかすると、汗をかきやすい女性からも「男のようなニオイ」がしているかも知れません。
実際汗っかきだと、同性であっても、「クサい」と感じる事はありますよね。


女性は、男性よりも脳の(嗅覚をつかさどる)「嗅覚野」が発達していて、匂いには大変敏感です。
生理の時期には特に、そういった「不快なにおい」に敏感になる女性が多いと言われています。

ちなみに「嗅覚野」は、大脳の記憶をつかさどる器官や感情を司る扁桃体があるので、匂いと記憶、また、匂いと感情 は結びつきやすいと言われています。
女性はにおいを嗅いだ時に、それに関連する記憶まで呼び覚ましやすいので、紗江が彼の匂いを嗅ぐと興奮するのは、密接に体を重ね合わせるセックスの時に感じた快感を思い出すから、興奮してしまうのかも知れないなと思いました。

セックス中に漂ういやらしいあそこの匂い

セックス中に漂ういやらしいあそこの匂い
先日のこと、「バックから犯したい」とバックから突き紗江は一度目の中イキ。
すると「いやらしいニオイがする」と興奮気味の彼。今まで何度か同じようなセリフを言った事がありました。

そこでそのいやらしいニオイってどんな?と詳しく聞いてみたんです。

  • メスのニオイ。
  • 動物的なニオイ。
  • いい匂いではなく、どちらかと言うとクサい類。

そのいやらしいあそこのニオイは、おしっこやうんちの臭いが同じように人によって違うものではなく、女は誰でも殆ど同じだという事でした。
でも、紗江にクンニしている時はいつも無臭なので、愛液のニオイでもないとか。

動物的ないやらしい臭い

生殖器にも、ワキの下などに多いアポクリン腺があって、ニオイが発生しています。

男性の性器周辺から発生する「アンドロステノン」のニオイと、女性器周辺から発生する「アンドロステノン」が混ざり、膣とペニスのピストンにより、ニオイが拡散して「動物的な臭い = いやらしいニオイ」が漂うんじゃないかなというのが、紗江の予想です。

そもそも男性ホルモンの「アンドロステノン」は、フェロモンです。

好きな人の汗の臭いでちょっぴり生々しいいやらしい気分になったり、野性的に「オトコ」を感じる事もありますよね。

男であっても女であっても、汗や体臭というものはクサいものではありますが、本能的に犯している・犯されている感もあったり、興奮する材料となります。


紗江の彼の言うセックスの時漂ってくる「いやらしいニオイ」は、動物の本能的なものなのかも知れません。


合わせてご覧下さい。

相性のカギを握る遺伝子 HLA

恋愛遺伝子と言われるHLAとは?

相性のカギを握る遺伝子 HLA

1954年白血球の血液型として発見された「HLA」(Human Leukocyte Antigen=ヒト白血球抗原)は人の体内のほぼすべての細胞と体液に分布していて、免疫に関わる重要な物質です。
臓器移植の際に、臓器の相性を決めるカギがこのHLAなのですが、


A座、C座、B座、DR座、DQ座、DP座など多くの抗原の組み合わせで構成され、それにさらにそれぞれが数十種類の異なるタイプ(アリル)をもち、ハプロタイプ(父母それぞれから受け継いだ遺伝子座の一対)の組み合わせは数万通りともいわれます。出典:hla.or.jp/about/


HLAは、体に侵入してきた外敵に対抗する免疫の仕組みをささえている物質で、色々な組み合わせのHLAの型を持っている方が、病気に対抗する力が強くなるんですね。

より強い子孫を残す事ができるので、HLAの型の違う相手に惹かれるという生き物の本能があるんです。

そして、HLA型の違いはフェロモンの組成の違いを生み出しています。

HLAと男女の相性の関係

HLAと男女の相性の関係

Tシャツの嗅ぎ分けテストの実験

1995年スイスのベルン大学 クラウン・ウィスデキンド博士のとても面白い実験の報告があります。
普段全く接触ない男女の学生50人に対して行われた実験です。

実験前には、ニンニクなど体臭に影響の出るものを食べることを禁止し、タバコも香水もなし・石鹸も無香料のもので、シーツも新品にし、できる限り関係ないニオイを遠ざけて行いました。


そして、男子学生に、二晩に渡り着たTシャツを、女子学生に嗅がせ「いい感じ」か「嫌な感じ」かを答えてもらいました。
そして、それを11段階の点数で採点してもらったのです。

実験結果

その結果、殆どの女子は、HLA型が自分と似ている男子学生が着ていたTシャツよりも、HLA型の似ていない男子学生が着ていたTシャツの方が、高い点数を付けたのです。


そして、それに対し感想を書いてもらうと、「元カレの匂いがした」とは「彼氏を思い出した」というコメントが多くありました。

HLAが相性を決める本能

このHLAの実験の結果で、HLAが人間の相性に影響を与えていると考えられるようになりました。


相手の顔を見る事もなく、話もせずにただTシャツを嗅ぐ事によて「好み」かどうかを判別しているのですから、「ニオイ」や「フェロモン」という信号が、HLAの識別に使われていると考えられるんです。

ただし、例外がひとつあり、これもまたクラウン・ウィスデキンド博士の実験により明らかになりましたが、自分のHLAの型と全く同じ型の男性にも惹かれるという事がわかったんです。


それは、父親から受け継いだHLA型限定とされ、母親から受け継いだHLA型は避ける傾向にあると報告されました。

人の意識とは全く無関係の遺伝子という本能が、相性に大きく関わっているんですね。


無意識のうちにHLA型を嗅ぎ分け、パートナー選びの上で相性を見極めているという、何とも不思議な現象が起こっているわけですが、人間の本能は本当に凄いものなんだと、紗江は感じましたよ。

妊娠のしやすさにも影響があるHLA

まだ驚く事に、女性が妊娠しやすいかどうかにHLA型が関係あるという事実も報告されているんです。

不妊治療のひとつに、「体外受精」ってありますよね。
妻から卵子を採取して、試験管の中で夫の精子を使い受精させます。

この方法で何度やっても受精が成功しないケースを調べていったところ、HLA型の一致度が高い夫婦程、成功が難しいという事がわかったというんです。

妊娠しない理由を、遺伝子だけで考えるのは、何ともせつない話ですが、

  • より強い子孫を残すため
  • 女性はより病気になりにくい強い免疫を持っている子ども

そういった本能が備わっているんですね。

HLAに拘らず出逢いを大切に

HLA型の一致・不一致に男女間の相性が左右されるのなら、ひたすら直感的にこの男性だと感じる相手を待ち続けるべきなのでしょうか?


本能的に直感的に、それがどこの程度なのかどんなものなのか、そんな事わかりませんよね。
顔がタイプだから一目惚れする場合だってあるでしょう。

私たちの本能は、自分で全く自覚がないところで働いていますので、本能的なHLAの相性がどうとか拘らずに、どんな小さな出逢いであっても大切にしていきたいなと紗江は考えます。

合わせてご覧下さい。

HLAの識別に使われているフェロモンについて⇒フェロモンっていったい何?

フェロモンっていったい何?

フェロモンって本当にあるの?

フェロモンって本当にあるの?

魅力的な人を見ると、男女関わらず「フェロモンが出ている」そう言います。
そして、好みにもよりますが、

  • 特に美人でもないのに、何だかわからないけれど色っぽいな
  • 男前ではないのに、どこからあの色気が出ているんだろう

そう感じた事はありませんか?


フェロモンと聞くと、「ニオイ」のような感じがしますよね。
「お色気がプンプンする」
こんな表現も、フェロモンはニオイのように感じるから現れた言葉のような気がします。

そもそもフェロモンというものは本当に存在するのか?
ですよね。


フェロモンは実際に存在します。

フェロモンの正体は?

フェロモンの正体は?

「フェロモン」とは、体内で生産され、排出されてほかの同種の個体に特異な行動を引き起す物質」のことです。

フェロモンという言葉が生まれたのは、1959年カイコガの雄が雌を呼び寄せるために放出するアルコールの一種「ボンビコール」が見つかった時です。


ギリシャ語で「運ぶ」という意味の「pherein」
「興奮」を意味する「horman」
の2語を組み合わせて作られた学術用語なんです。


合成したフェロモンの実用化もされていて、害虫駆除のための、毒をまくのではなく、性フェロモンを使っておびき出し、一網打尽にするという方法で、果樹園の害虫退治に役にたっているんです。

「AND」と言われる男性のフェロモン

男性のフェロモンは、精巣でつくられるアンドロゲンというホルモンが変化してできるステロイドの一種の「5β-16-アンドロステン-3α-オール」。

「EST」と言われる女性のフェロモン

女性のフェロモンは、卵巣でつくられるエストロゲンから出てくるステロイドです。

これらの物質が、フェロモンの有力候補だと言われています。


動物や人での様々な実験も実証済みで、ブタのメスにANDを嗅がせたところ、それだけで交尾の姿勢をとらせることに成功したと報告されています。

歯科医院の待合室の椅子に、”男性のフェロモン”ANDを振りかけておいたところ、女性の外来患者は何もしていない椅子よりもANDのついた椅子に座る傾向が高かったそうです。


一方そのとき、男性患者は、どちらの椅子にも均等に座ったといいいます。
ですが、ANDの濃度をずっと高くしていくと、男性はANDのついた椅子を避けるようになるのです。


フェロモンを感じる場所ってどこ?

まず、フェロモンはニオイと同じではなく、また別物なんです。


フェロモンは、極めて低濃度でその効果を果たすものが多い。それはホルモンなどと共通の性質である。その意味で、いわゆる臭いによる情報伝達とはまた異なったものである。出典:wiki


フェロモンを感知する鋤鼻器
ニオイは、通常の嗅覚ですが、フェロモンを感じるのは、鼻腔と上あごの間にある鋤鼻器(じょびき)という器官です。


ただし、ヒトの鋤鼻器は、胎児期に退化してしまい、機能している可能性は低いと言われています。


ただ、退化していても、フェロモンを受け止める受容体は存在していて、そこから脳の本能の中枢 視床下部へと情報を送っていると言われています。

そして、ヤギやヒトでは通常の嗅覚系でもフェロモン受容体の遺伝子が発現していることが報告されています。
ニオイを感じる器官でフェロモンを感じるという事ですが、フェロモンはニオイとして感じないレベルのごく薄い濃度でも、人に影響を与えるんです。

フェロモンが出ていると誰でも刺激を受けるの?

では、女性フェロモンが分泌されていたら、全ての男性が惹かれるのかって事考えますよね。
それは、間違いですね。


カラダの相性と同じく、男女間で刺激を受けるのは、色々な要素が組み合わさっての感覚なので、ホルモンの分泌や理屈では片付けられません。


紗江が、彼のニオイがたまらなく好きだからといって、臭いと感じる人もいますし、人それぞれですよね。



薄い濃度のフェロモンはニオイがするわけではありませんが、女性の場合は男性のフェロモンを匂いとして知覚できる人が多いという実験結果も出ています。


フェロモンが視床下部に反応を起こす濃度よりも1000倍濃くなると、ニオイとして感じられるようになります。
この濃度では、汗臭いようないやなニオイと感じられる事が多いようですが、ヒトによってはジャコウのような香りだという場合もあるようです。

紗江が彼の匂いに執着しているのは、もしかしたらこれなのかなと思いました。
紗江の彼はフェロモンがきつすぎるのかも?
1000倍の濃度なんてそんなわけないですが・・・

何だかわからないけれど、気になったり惹かれているようなら、その相手のフェロモンに刺激されて影響を受けているという事なのかも知れませんね。


こちらも合わせてご覧下さい。

フェロモン香水試してみますか?

ニオイと愛とセックスの関係

ニオイは愛とセックスに関係がある?

ニオイと愛とセックス

当サイト管理人の紗江が男性のニオイについて考えたのは、15の頃でした。
当時、付き合っていた人は、紗江からすると年上の大人。
一人暮らしをしていて、昼間や夕方 合鍵を使って部屋をよく掃除しに行っていたんですね。


部屋に入ると、何とも言えないいいニオイで充満しているんです。
掃除というよりも、そのニオイを嗅ぎたくて、部屋に行っていたとも言える程でした。


その人はヘビースモーカーで、部屋には決まった芳香剤が置いてあったのですが、

  • 相手の体臭と
  • タバコ

その二つが混ざっていたのだと思います。


そして、そのニオイをいつも嗅いでいたいという気持ちから同じ芳香剤を自分の部屋にも買いました。
未成年でしたが、紗江もタバコを吸っていたので、同じニオイがするはずだと。


でも、ダメでした。
全く同じニオイはしません。

体臭が混ざっているからですね。
男性は、若い頃は特に「男くさい」と言われるニオイがします。


もしかすると、他の人にとっては臭いニオイだったのかも知れません。
でも紗江にとっては、とってもいいニオイだったんです。

それは愛していたからですね。


愛している男性のニオイは特別なもので、本当に心地よくたまらないくらいに感じる事があるんです。


当時は、その人と別れてから気がつきました。


その人は初セックスの相手でした。
セックスするのは殆どその人の部屋だったので、抱かれている時に、そのいいニオイを感じながら、とっても幸せだった事を覚えています。

実は、感じるニオイは、愛情そして、セックスの相性と深い関りがあるんです。

ニオイと愛とセックスの相性

野生の動物は、パートナーを選ぶ時のひとつの判断材料として、「ニオイ」が含まれます。


それはニオイではなくフェロモンなのかもと考えますが、フェロモンとニオイは似ているようで、実際には違うものだと紗江は思っていますよ。


心地よく感じる・好きでたまらないそのニオイを感じているのは、通常の嗅覚です。
嗅覚は第五感のひとつですね。
わかりやすく「臭覚(しゅうかく)」と言っていましたが、「嗅覚(きゅうかく)」と言うのが正確な言葉です。


嗅覚の仕組みは、鼻の穴の粘膜にある細胞によって、匂い物質が感知され、
電気信号となって神経を伝わり、脳へ伝わるというものです。
五感のうちで、嗅覚だけが、ダイレクトに脳に感覚を伝達すると言われています。
出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1373786398;_ylt=A2RAjLOLFnZWeigAa1SDAPR7


誰かを愛することや、セックスをする行為は、第五感であらゆるものを感じます。


その中で、ホルモンが分泌したり体が様々な変化を起こし、エクスタシーやオーガズムを感じるのですが、射精する男性とは違い女性は第五感のどれが欠けても、本当に感じる事はできません。


人それぞれですので、誰としても感じるという女性も事実存在しますが、そのケースは省いた上でのお話ですよ。


愛とセックスは理屈で言い表せないものもありますが、本来持っている本能的なもの・本能的な行動なので、相手のニオイが好きではない場合、本当の意味でのセックスは絶対にできないんです。

  • ニオイの嫌いな人とは、セックスの相性は悪く
  • ニオイの嫌いな人を愛せるか?と言えばそれは無理なんです。
ニオイとは言っても、香水の匂いや、おならの臭い、足の臭いなどとは別物で、体臭の事を指しています。

紗江にとってのニオイと愛とセックス

若かりし頃に、愛していた人のニオイというものを体験してから20年弱たった今、再度そういう事を体験しました。


現在の彼とは、少し距離を置いた関係から少しづつ近くなるにつれ、彼のニオイが気になりだしたんです。


迎えに来てくれた彼の車に乗ると、「ん?何かニオイがする?」くらいにしか考えていなかったのですが、気づいた時にはそのニオイが紗江にとっては何よりもいいニオイだと感じる様になっていたんですね。

彼に対して、愛を感じてからなんだと、今は確信しています。


中イキや乳首イキ、そして潮吹きの快感など、セックスの相性がここまでいいと思わせてくれた彼ですが

  • 心から愛している
  • 彼のニオイがたまらなく好き
  • セックスの相性が抜群にいい

順序はわかりませんが、ニオイと愛とセックスは全て繋がっているんだという事は、自身で体験して初めて言い切れるようになりました。

ただし、愛しているからと言って、必ずしもセックスの相性がいいとは限りません。
紗江は、たまたま今まで愛した人とは相性が良かった方だと思いますし、愛していない男性に抱かれて、そのテクニックにまいったというくらい気持ち良かった経験もありますので、一言では言い切れないものもあるんだと思っていますよ。

愛していると臭いニオイまで好きになる

ニオイと愛とセックス

紗江が大好きなその彼の大好きなニオイは、加齢臭なんじゃないかっていう結論が出ています。


体だけでなく、口からも同じニオイがしていて、どれだけ洗濯をしても、シャツからそのニオイが消える事はありません。


加齢臭を好きという人はいませんよね。


人にとっては、臭いニオイだとしても、紗江にとっては、何よりもたまらなく好きなニオイだし、彼のそのニオイの芳香剤を作れないかと思うくらいなんです。
きっと、愛や相性ってこういう事をいうんです。


先日、紗江の一番の友人とその話をしていましたが、友人は自分の小学生の息子の口のニオイがたまらなく好きで、朝起きたばかりの口の臭いでも、すごくいいニオイがするんだって言っていました。

自分の子供と、愛している異性を、比べるのは間違っていますし全くの別物ですが、それでも愛している異性の事でも少なくとも「愛」は存在しています。


紗江のニオイと愛とセックスの見解は以上です。
皆さんはどうお感じになられたでしょうか?




合わせてご覧下さい。

魅惑の香りで惹き寄せる フェロモン

フェロモン香水で色気を発揮

フェロモン

フェロモンは体内で生産され、排出されてほかの同種の個体に特異な行動を引き起す物質」のことです。
女性のフェロモンは、卵巣でつくられるエストロゲンから出てくるステロイドと言われていますが、それを実際に香水などで、異性に対して刺激を与える事はできるのでしょうか?
実は、残念な事に振りかければ異性に刺激を与えるフェロモン香水というものの、医学的根拠は全くありません。

  • フェロモン香水でモテるようになった。
  • フェロモン香水をつけだしてすぐに恋人ができた!

という声も実際に挙がっているようですが、フェロモン香水をつけることで自分自身に自信がついて、結果異性にモテるようになるというフェロモン香水の「プラシーボ効果」だと考えられます。

好きな香りを身にまとう事で、精神的にもリラックスできますし、そのプラシーボ効果だけでもいいかな くらいに試して見るのもいいかも知れませんね。


デルタ・フェロモン
デルタ・フェロモン 3280円

フェロモン香水にはもはや必須ともいえる成分“アンドロステノール”を、高濃度で配合した、期待値満点のモテ系スプレー。
ムスクと、サンダルローズ、無臭が選べます。


フェロモンパフューム Destiny
フェロモンパフューム Destiny 2780円

人気のアダルトグッズ販売サイトNLSで売れている販売数・実力ともにトップクラス「フェロモンエロス」と同じ工場でつくられた、同じ成分の廉価版です。
価格が安い分、容量が少ないのですが、お試しにつけているのもいいですね。

ムスクと無臭の2種類があります。


フェロモンスプレー(女性用)
フェロモンスプレー(女性用)1280円

女性用のフェロモン香水のスプレーです。レビューは少ないものの大人の女性の香り、強すぎず甘い香りと好評のようですよ。
価格もお手頃なので、普通の香水をつける感覚で試してみて下さいね。


催淫香水 フェロミニア ハイ
催淫香水 フェロミニア ハイ1080円

ネーミングからいやらしい雰囲気が漂ってきますが、エロで艶のある芳香という商品詳細にもありますように、エロさを発揮したい人にはおすすめの香水ではないでしょうか?
失敗してもいいくらいの価格ですので、お気軽に購入できますね。


売れています
FILLYフェロモン練り香水
FILLYフェロモン練り香水 2800円

カジュアルな容器で、香水のようにこぼれる心配のない練り香水です。噴射範囲が散らばる事もなくスポットでしっかり乗り、持続効果も長めで、アルコール蒸発による香りの変化がないなど、香水に比べて優れた点がたくさん。女性用は大人の愛らしい香り。



京女 (キョウオンナ)
京女 (キョウオンナ)1620円

美しく女らしい優雅でおしとやかな京女。


男性用はこちら⇒東男 (アズマオトコ)




どんな梱包でくるのか、バレてしまいそうで購入を戸惑っている方は、こちらをご覧下さい。


エッチ可愛い大人のおもちゃ館TOP