身体の相性とテクニック

身体の相性とテクニック

身体の相性とテクニック

  • オンナの扱いが上手い?テクニックがあるオトコとテクニックがないオトコ。
  • オトコの扱いが上手い?テクニックがあるオンナとテクニックがないオンナ。

セックスをする上で、どちらの方が相手に快感を与えことができるでしょうか?

もちろん、テクニックがある方ですね。

テクニックがものを言うのなら、相性なんてないのでは?全てテクニックの問題だけにかかってくるのでは?と思われるかも知れません。

イカせること・気持ちのいい潮吹きをさせることなど、SEXにおいて気持ちいいと感じさせるのは、テクニックだけなのかと言えばそうではありません。

そう疑問に思われた方がいる通り、相性が悪くてもテクニックがあれば潮吹きをさせることもできますし、感じさせることはできます。

でも、その逆で、相性が良くてもテクニックがないと相手を感じさせたり潮吹きさせることができないのか?と言えば、実はそうではありません。

そもそも、テクニックのあるオトコのそのテクがすべてのオンナに通用するかと言えばそうではないからですね。

テクニックは全てのオンナに通用するわけではない

今までの経験では、たった一人だってイカせる事ができなかったことはないオトコもいれば、ものすごいテクニックを持ち合わせているオトコもいます。

でも、それ程のテクニックを持っていたとしても

  • 全く感じない。
  • この人全然テクニックがないな。

と感じるオンナがいても、当然です。
世界中全てのオンナに通用するテクニックなんて絶対にありません。

逆に言えば、1000人のオンナが「テクニックがない」と思うオトコであっても、

  • そのオトコに抱かれるのが一番感じる・自分にとっては大変テクニックがある と思う場合だってありますし、
  • SEXにテクニックなんて必要ない・相性がいいと思った真実や相手を好きだと想う気持ちだけしか必要ない。

そう思う人だっているのです。

世の中自分と同じ考えの人ばかりではありませんよね。自分が当然だと思っている理屈が、人にとって当然なものではなく通らない相手もいるのです。

テクニックを求めるのは、相手を感じさせたいと思う気持ち以外に、自分の欲求を満たすためとも言えますし、必ずしも必要なのかと言えば全く不必要だと思う方だっているんですね。

でないと、世の中オトコもオンナも全てが偏ってしまいます。

もし、相性がいいと誰からも思われたことのない人でテクニックも全くないという人だとすれば、誰からも選ばれないという事になってしまいますね。


全ての人に共通するイケメンも美人もいないのです。

相手を想うのならテクニックを磨く必要がある

テクニックが全くない上、女性器への触れ方もガサツで、いつも痛い思いをさせてしまう人であるのなら、最低限のテクニックを磨くことは必要です。

どんな事にしても、人の「向上心」というものは必要ですし、相手のために・そして自分のためにもSEXのテクニックを向上させる事はとても良い事です。

テクニックを磨いて、もっと気持ち良くさせたいというのは、誰もが思うことでしょう。

ただし、上記でも言いましたように、テクニックがあるからと言って、全ての人に同じ快感を与えられるかと言えばそうではありません。

やはり「身体の相性」というものは存在します。

身体の相性は、テクニックのように身につけたものでは判断する事はできませんし、顕在的に感じ取れるような次元の問題ではありません。

ですが、今まで「相性がいい」と思うような人と出逢った事がないという人であっても、年齢や経験を重ねていくうちにいつか相性を感じる事ができるかも知れませんし、出逢えないかも知れません。

相性というものは、潜在的な部分で感じるものであって、どこでわかるという顕在的なものではないのです。

相性云々よりも、テクニックこそ全てとお考えになられている方は、男女どちらであっても相手に痛いと感じさせてしまうような自分本位な行為をしている可能性もありますし、良いスタイルをこれみよがしに見せつけ自慢している人が多いかも知れません。


相性とテクニックは全くの別物であるという事を一度考えていただきたいと思います。


■■ 運命の媚薬 ■ 男があなたにハマってヤミつきになる!男を虜にして離さない女のセックステクニック

思うようなやり方で セックスしてくれない男

思うようなやり方で セックスしてくれない男

思うようなやり方で セックスしてくれない男
人間、本当に色々な人がいるなぁと、この歳になってからは特に感じます。

10代20代の頃は、自分が共感できない人は「絶対おかしい!」と否定しかしていなかったような気がします。今では、普通に「へぇ、そうなんだ。」とただそんな人だと思うだけ。

セックスに関しても同様で、自分が好まないやり方をされても「この人はこういう人。」とだけ思い、嫌ならもうしなくてもいいだけです。

  • デリケートな部分なのに、気遣えないのかわからないのか、愛撫や触り方が痛い。
  • 舐めて欲しいのに、クンニをしてくれない。
  • キスを殆どしてくれない。
  • 挿入時間が短すぎて、自分がイクだけ。

色々なケースがあると思いますが、自分が不服を感じているのなら、必ず相手だって何らかの不服を同じように感じているはずですね。

自分だけが思うようなやり方でしてくれないという我慢をしているわけではありません。

「そうじゃない。思うようなやり方にして」と言われたら・・・

もし、あなたがパートナーとのセックス中、以下のようなことを言われたとします。

  • フェラのやり方が違う。もっとこうして欲しい。
  • 体への愛撫の舌の動きが思うような感じじゃない。
  • 腰の使い方が違う。もう少し動きに合わせて激しく動かして。

ちょっと想像しただけで、泣きそうになってしまいませんか。

自分のセックスが下手。相性が悪いと言われているようで、悲しくなりますね・・・

思うようなやり方でしてくれない。という意思表示も、言い方を間違えたり、相手の受け取り様によっては、相手を傷つけてしまう可能性があります。

そして、いくら相性が抜群だからと、100%お互いが満足しているセックスをする事はまず不可能に近い事です。

多少やり方が違っても、皆ある程度我慢していたり、そういった不服を相手を好きな気持ちで補えたりするものです。

いくらテクニックがあっても何の役にも立ちません。

「思うようなやり方で・・・」言われた事ありますか?

思うようなやり方でして欲しいと

管理人紗江が今までに「こういうやり方でして。」と言われたのはたったの3人。

でも、紗江が「こうして欲しい。」とお願いしたのもたったの3人。
※言われた3人と言った3人のうち、お互いに言い合えたのはたったの1人、現在の彼です。

沢山のオトコに対し、

  • 「そうじゃないのに。」
  • 「そんなんでイケるわけがない。」
  • 「全然気持ちよくない。」

なんて、思うようなやり方でしてくれないともどかしい思いをした方が大半を占めますが、相手のオトコもきっと言いたい事あっただろうななんて、最近考えたりします。

そのうちの一人は、紗江がまだ10代の頃 オトコも乳首が感じるというのも知らず、自分から積極的に愛撫をしていくのを恥ずかしい事だと思っていた頃「乳首も舐めて欲しい。」と言われただけで、思うようなやり方ではない という意思表示とは少し違っています。

オンナであってもオトコであっても、「それちょっと違う・・・思うようなやり方で・・・」なんて言葉、お互いになかなか出せないという事です。

思うようなやり方をお互いに・・・

紗江がまだ中イキできなかった頃、現在の彼の舐め方で「もう少しこうしてくれたら。」と思う事があったんです。それは、きっとその前に付き合っていた人のやり方が体に馴染んでいたんですね。

紗江は彼に「こういう風に舐めて欲しい。」とクンニをされている時にお願いしました。

すると、すぐに思うようなやり方でしてくれました。

その後は、今日お願いして思うようなやり方でしてくれたら、次は数回我慢する。そして、6回目にまた何気にお願いする。

そうしているうちに、彼もふと気がついた時は、紗江がしてほしいと言ってたやり方でしてくれるようになりましたが、人間の癖はなかなか簡単には変える事はできませんから毎回というわけにはいきません。

でも、いつの間にかその紗江の思うようなやり方よりも、元々の彼の舐め方の方が感じるようになってきていたんです。

そして、彼の方は二人のセックスを繰り返す中で、

「こういうやり方でしてもらうと気持ちいいんだ。」

とある日話してくれました。紗江もできる限り気がついた時は、そのやり方をするようにしています。

そして、そのやり方以外でも紗江の別の愛撫に「何それ?それ凄い気持ちいい・・・」と驚き喘いで、新しく感じるやり方が二人の間にできる。
どんどん二人のセックスのやり方が確立されていきました。

好きな人が、思うようなやり方でやってくれないともどかしい思いをするのは誰でも同じです。
その時に相手を受け入れつつ自分もお願いする・・・を繰り返していけば、ちょっとずつ折り合いがつくようになってくるものです。


新しくお互いが感じるようなやり方を発見していくのも、とっても楽しいと思いませんか?

「思うようなやり方でして欲しい・・・」
そう思っているのは自分だけではありません。


「どういうやり方が気持ちいい?」とパートナーに声をかけて見るのもいい事ですね。

合わせてご覧下さい。

ペニスの平均サイズ

ペニスのサイズ・・・

ペニスの平均サイズ
目が大きい・小さい、背が高い・低い と個人差があるように、ペニスのサイズにも当然個人差があります。

小さすぎるのも考えものですが、自分のペニスサイズが大きいからって、自信過剰になっている男性が時々いますが、ペニスのサイズはただ大きければいいというものでもありません。

  • ペニスの固さや弾力
  • 肌の密着感
  • 腰使いのテクニック
  • 挿入前の愛撫・挿入中の愛撫の仕方
  • エッチ中の雰囲気作り
  • 相手を思いやる気持ち
  • お互いの愛情

などなど、色々な要素が含まれてこそ、気持ちのいいセックスは完成します。

ペニスサイズの大きいオトコがただスピードのあるピストンを途切れることなく続けても、全く気持ち良くない場合だってありますし、ペニスサイズの小さいオトコが相手の膣の性感帯をスローにじっくり責めるような腰使いをする方が気持ちいい場合だってあります。

ペニスの平均サイズ

ペニスのしくみについて
上記ページで世界のペニスサイズ「ペニスの長さが勃起状態で13,12cmとご紹介しています。

今や知らない人はいないと思われる程の男性のオナニーグッズTENGAが発表したペニスの平均サイズがあります。

  • ペニス全体の長さ・・・13.56cm
  • 亀頭の直径・・・3.53cm
  • 竿の直径・・・3.19cm

50万人にものぼるペニスサイズデータの調査で、15000人の世界のペニスサイズの平均よりも、確実性のある「平均サイズ」と言えますね。
TENGAの中でも、平均サイズに合うとオススメされていたのが、US・TENGA・ディープスロートカップが紹介されていました。管理人紗江も、以前彼のために購入したものです。


US・TENGA・ディープスロートカップUS・TENGA・ディープスロートカップ 790円

商品の詳しい使用詳細はこちらから




heart2小さいサイズのペニス

※クリックすると、別ウィンドウで大きく開きます。

小さいサイズのペニス 小さいサイズのペニス


小さいサイズのペニス 小さいサイズのペニス

ペニスの平均サイズを知る必要なんてない!

男性は、ペニスの平均サイズだとか自分のは大きい・小さいだとか気にしているようですが、基本的にオンナにとってそんな事はどうだっていいコトです。

もちろん、ペニスのサイズはとても大切ですが、凸凹がぴったり合わなければ感じる摩擦も減ってお互いに気持ちよくはなりません。


ですが、身体の相性はペニスの大きさだけで決まるものではありませんし、同じパートナーとの継続したセックスによって、膣がペニスの形を記憶し、その形に合わせていくような機能を持っていますので、ペニスのカタチだとかサイズは自分に合うものが最適で素敵なペニスだという事ですね。


そして、オンナの膣が緩いとかキツいとか評価をする男性がいますが、自分のペニスサイズは棚の上?と思うような言葉を聞く事も多々あります。

オンナが名器かどうかという事と同じで、誰にとってもいい形やサイズのペニスなんてありません。


合わせてご覧下さい。


挿入での潮吹き体験

Gスポットでの潮吹き

挿入での潮吹き体験
サイト管理人紗江は、昔から潮を吹く体質だったようで、Gスポットでの潮吹きを多くの男性にさせられてきました。

本当に気持ちいいと思える潮吹きを経験したのは、現在の彼が初めてでした。Gスポットでの潮吹きのさせ方に上手い下手があるのかも知れませんが、紗江自身は「 愛している気持ち 」だと考えています。

身も心も委ね快楽に没頭する事で、本当の快感を得る事ができるんじゃないかと考えています。

もちろん、クリを触られただけで潮を吹くとか、乳首を触られただけで・・・など言う人もいるようなので、そういう人は例外のハナシです。

ただ、紗江は演技で潮を吹く量までもを調節できるという友人もいましたし、自分が経験した事がないのでその辺りはかなりの疑問も持っていますし、はっきりとは言えません。

潮吹きのおねだり

彼に潮吹きは気持ちいいものなんだと開発されてからは、紗江からおねだりをするほどで、セックスが終っても潮を吹かせてもらっていないと、物足りないような気持ちにかられ、
「ねぇ。奥触って。」と言うのが、潮吹きをねだる時の言葉でした。


その時必ず彼は「潮吹きたいの?」と聞き返します。
紗江は、潮を吹きたいのか、触って欲しいのか、自分でもわかっていないので「ゆっくりでいいから」と、彼の手を持って指先を膣の入口に差し込み誘導します。

結局ゆっくりと触られているのがもどかしくなり、潮を吹くほどの快感を得たくなって、「もっと」と懇願。

紗江が潮を吹くのはGスポットはもちろんAスポットの両方です。
Aスポットを指で掻くように触られても大量の潮が吹き出します。

いつも最終的にはシーツはビショビショ。
家では絶対にできない行為でした。

いつもはそうやっておねだりをしたり、彼が潮を吹かせようと思う時以外は、潮を吹いた事のなかった紗江ですが、先日全く思いもよらない事が起きたんです。

挿入での潮吹き体験

先日、ちょっと久しぶりのセックスで、彼のいつもよりも長い前戯にうっとりしながら、温もりや息遣い。触れる指、舌の感触を味わっていたんです。


膣に指を軽く出し入れしながら、クリトリスを丁寧に舐めてくれる彼。何度も絶頂を迎えながら、もうそろそろ彼のが欲しいと考えてると、「奥触ってあげようか?潮ふきたい?」そういって、大量に潮を吹かせてくれました。


そして、冷たい潮の海を避け少し移動し、ペニスを挿入。
正常位で気持ちよくさせてもらっていました。
ピストンなしで、ポルチオを圧されてオーガズムを迎え、Gスポットを突かれてオーガズムを迎え、その快楽に酔っていました。

そして、体位を変え彼が上の方からグッと押し込むのと同時に、紗江もGスポットにあてようと腰を少し前に出すように意識すると、温かいものが紗江の太ももを伝ったんです。


挿入での潮吹き体験
上記画像でのような体勢でした。
片側の足は曲げ、向こう側の足は、彼の足と足の間で延ばし気味です。

下半身はうつぶせで片足を曲げ、上半身は横向きの状態です。

全く同じ体位でご紹介できないのですが、セックスの体位で言うと「 続八 裾野 」がまぁ近いという感じでしょうか。

彼の腰の動きに合わせて、潮がバシャバシヤと飛び出すのがわかりました。


彼も途中でそれに気がつき、
「紗江。潮吹いてるよ。どうして?」と、横から下半身を覗きこみました。そして、その腰使いを繰り返します。


紗江もあまりの気持ちよさに、自然に腰が動き、彼の腰の動きに合わせて自分で前後に動かすたびにバシャバシャと潮を吹きました。

挿入での潮吹き体験


紗江の腰の動かし方は、上記のような感じです。

  • ピンクの矢印のように前へしゃくり上げ、前後へ動かしてもいいですし
  • 緑の矢印のように、くるくる回すようなイメージでも、潮を吹きます。

膣内でペニスがあたっている場所は、下記のイキやすい後背位と同じものです。

イキやすい後背位


「紗江どうしたの?挿れて吹くの初めてだね。気持ち良かったの?」


紗江も挿入での潮吹きが初めての経験で本当にびっくりしました。

以前から女が最もイキやすい体位 【後背位編】を中心に、「 もう潮を吹きそう 」という感じの快感は得ていましたが、潮を吹くまでには至った事はありませんでしたから。

ベッドはもちろん冷たい潮の海。
指で吹かされた潮の海も反対側にあるしで寝るスペースがなく、宿泊できずに二人で帰るはめになってしまいました。

挿入での潮吹きに悩む・・・

潮吹きをもうしたくないっていう人の気持ちは、今まであまりわからなかった紗江でした。
口では、シーツが濡れるから防水シートを敷きましょうと簡単に言えても、実際自分がそんなカラダになって初めてその大変さに気がついたんです。

挿入だけで潮吹きしてしまうのが嫌だという切実な気持ちがやっとわかりました。


ホテルだから良かったものの、こんなに潮を吹いてしまっては家では安易にセックスできません。
家のお布団でのセックスはお預けでしたが、もうどこでも安心です。

潮吹きで悩んでいる人におすすめのシーツ⇒潮吹きしてももう安心のビニールベッドシーツ

紗江と現在の彼との付き合いは、はっきりと覚えていはいませんが、6年になるでしょうか。

愛しているんだと気が付いた頃に、感じた彼のニオイや、イクという事、ぴったりと吸い付くような手の感触など、今回の挿入での潮吹き、そんな事を考えるとやはり男と女の身体は、愛を持って重ねるたびに馴染んでくるものなんだなと実感しています。

今現在、彼とのセックスと比べると、若い頃していたセックスは、ただのおままごと程度で何の面白味もないものでした。
オンナのカラダは年齢と共に、性行為が良くなってくるものなんだという事も身を持って証明できている気がします。

その後、電マをクリにあてられて潮吹きも体験しました。

イケないと悩んでいるあなたも、もしかしたら一生イケないんじゃないかと心配しているかと思いますが、今イケなくても愛する人に抱かれているうちに、いきなり「イっちゃった」という可能性もあります。
イク事に拘らないのが一番です。


男と女の潮吹きのあれこれ TOP

女のオーガズムは男の10倍!の真相

女のオーガズムは男の10倍!の真相

女のオーガズムは男の10倍!の真相
男女が、カラダを貪り快感に酔いしれるセックス。


当然ですが、男性と女性の快感の感じ方、オーガズムの感じ方は、全く違うものです。
もちろん個人差もありますが、世の中基本的には男と女の2種類しかいませんよね。


その2種類で考えると、嬉しい時悲しい時寂しい時様々な場面で、男女は全く違う表現の仕方をします。
セックスにおけるオーガズムも同様で、分類では2種類に分けて考えると


女性が感じるオーガズムは、男性の10倍とも100倍とも言われています。

その真相は?
果たしてそれは本当なのでしょうか?

女は男よリ10倍気持ちいい?

もし男が出産すると、上唇をそのまま頭の後ろ側にめくり上げるくらいの痛さだとか、死んでしまうとかいう事を聞いた事はありますか?


人の感覚なので、何とも表現のしようがありませんが、男性側からすると10倍や100倍どころの痛みではありません。
そして、いくらどのように表現しようが、男は女にはなれないし、女も男になるなんて不可能。


セックスの気持ち良さやオーガズムの快感の度合いなんて、実際に確かめようがない事です。

オンナはオーガズムを何度でも得られる

絶倫とも言われる、抜かずの2発・3発とかいう事ができるオトコが時々います。


紗江の彼もかなり年上でありながら、抜かずの2発をやってのけた事がありますが、実は今までに2人にしかお目にかかったことはありません。
経験数からすると、すごく低い確率です。
たまたま当たらなかっただけか、精力たっぷりの若い男性ならまだ簡単な事なのかも知れません。

そんな男性は、連続で2度イッた事になるわけですが、通常よっぽどのバイタリティがなければできないような気がします。

それに比べて、オンナは何度でもオーガズムを感じられます。

  • 大きく一度しかオーガズムを感じない
  • 小さなさざ波のようにオーガズムを繰り返す

と十人十色ではありますが、連続して何度でもオーガズムを得る事だってできるんです。

絶倫の男性は別として、女は男性には絶対に得ることのできないオーガズムを何度も迎えるのができるという事です。


「 オンナのオーガズムはオトコの10倍 」と言われるひとつの理由には、そこも含まれているんじゃないかって思いますよ。

「女の悶える様子や喘ぎ声」が男の10倍説の理由?

一般的にオンナは喘ぎ声を上げる・男性は出さない という風に思われがち と言いますか、ここにも表現の仕方の違いがありますよね。

日本人女性は「受け身」の立場でもありますし、セックス中でも普段でもつつましい・可愛いと見られるような言動が染みついています。


お化け屋敷で「キャー!」と黄色い声を上げるのも、生まれた時からの「摺り込み」によっての事。

逆に男は男の「摺り込み」があります。

男性目線では、セックス中悶える様子や出す喘ぎ声を見聞きすると、「声が出る程そんなに喘ぐなんて、いったいどんなに気持ちいいんだろう・・・」と思って当然です。

女は男よりエロいと言われる理由もそこにあって、誰が言い出した事かはわかりませんが「 オンナのオーガズムはオトコの10倍 」と言われるのも、男性側のただの空想や予測なんじゃないかっていうのが、個人の見解です。

好きな人だと10倍どころか1000倍の快感♪

好きな人だと10倍どころか1000倍の快感♪
女は抱かれる事で、沢山のホルモンが分泌されます。
それが好きな人なら、オキシトシンという幸せを司る愛情ホルモンも大量に分泌されます。

男性と違って、射精を求めるセックスとは違い、女性はキスや抱擁・セックスは「 愛を確かめ合う行為 」という考え方をしていますよね。

男と女の考え方の違いは、

  • 男は空っぽになりたい
  • 女はいっぱいに満たされたい

と、根本的なものが正反対です。

オーガズムを得ようと得まいと、好きな人と肌を合わせるのは、女にとって男の10倍・100倍以上に幸福感を感じれる行為なのではないでしょうか。


だからといって、好きな人でないと「感じない」なんて女はそんなに可愛らしい生き物ではありませんよ。
快感に対しての貪欲さは男性を上回ります。

合わせてご覧下さい。

男と女の「愛着」について

愛着が湧くこと

愛着が湧く
愛着が湧く

慣れ親しんだものに深く心が引かれること。という意味ですが、

  • より深い愛情になる
  • 心から愛する
  • 相手を慈しむ

という感じでしょうか。


人間の愛着とはいったいどんなものなのでしょうか?

男と女の愛着について

人と出会い好きになると、恋愛ホルモンPEA「フェニルエチルアミン」が脳内で分泌されます。
そして、脳内麻薬エルドルフィンや快楽物資ドーパミンの濃度も上昇。

詳しくはこちら⇒脳の麻薬PEAの作用とは?

男性の変化

絆ホルモンの「ヴァソプレッシン」が多く分泌。
ヴァソプレッシンは、カップルの心をより深めると言われています。幸福感や満足感を与えるホルモンなんです。
「この人が喜びをくれたんだ」という記憶を作り出すことで、愛着を生むと考えられています。


その上、ヴァソプレッシンがより多く分泌されると、性的興奮を促すテストステロンは減少し、性欲が下がってしまうという考え方もあるんです。
ずっと同じ相手とセックスする事で、セックスの回数も減り「飽きられてしまったの?」という状態になっても、「愛着が湧いた」という風にも考えられるんです。

詳しくはこちらの下部で⇒同じ相手だとセックスは飽きる?

女性の変化

女性では愛情ホルモンの「オキシトシン」が多く分泌されるのですが、ヴァソプレッシンと同じく幸福感や満足感を与えるホルモンです。
オキシトシンは、もともと子宮の収縮とお乳を出す作用があるとして見つかりました。
母性愛の土台となるホルモンでもあります。
女性の場合は、このオキシトシンが、愛着に大きく関わっているんです。

そして、これらのホルモンが分泌される前の段階の、恋愛ホルモンPEA「フェニルエチルアミン」に寿命があるからこそ、絆ホルモンや愛情ホルモンが分泌されるのです。

詳しくはこちら⇒脳の麻薬PEAの作用とは?

男女の愛着を担うホルモンの違い

男女の愛着を担うホルモンの違い
幸福感や満足感を与えるホルモンで愛着を生み出すのは、
男性の場合は、「ヴァソプレッシン」女性の場合は「 オキシトシン 」ですが、この両者の祖先にあたるホルモンが同じと言われています。
愛着の生み方はそれぞれに違い、

  • 「ヴァソプレッシン」は、出逢いの後に愛着を生む
  • 「 オキシトシン 」は出逢いの前に愛着を生む

とされています。


「 オキシトシン 」が大量に分泌されると、相手に対する警戒心が弱まり、男性の接触を容易にしてくれるのに対し、「ヴァソプレッシン」は実際に触れ合った結果、相手に対して親しみの情を抱くかたちで効くというわけです。


基本的に、男性は誰とでも軽い気持ち簡単にセックスする事ができますが、女性は相手を信頼し安心感がないとセックスする事はできません。

女性は男性よりも、脳内の右脳と左脳をつなぐ「脳梁」という部分が太く、的確に右脳と左脳の情報交換ができるので直感力に優れ、些細な情報まで脳で判断できたり、男性の些細な変化に気づきやすいと言われています。
相手の見た目や話・ニオイなど、些細な情報まで、脳で判断できるので、女の勘が鋭いのはそのためです。

一方男性は、女性のように瞬時に判断する事はできません。
セックスにはすぐに飛びつく生き物ではありますが、愛着が湧くまではある程度の付き合いや時間が必要だというわけです。
男性の愛着にも身体の相性だけでなく、心の相性も関係してきます。


男女の愛着の作用にも、このような違いがあるんですね。

男性の愛着の脳の喜びとは何?

男性の愛着の脳の喜びとは何?
そして、男性に働く「ヴァソプレッシン」は、「この人が喜びをくれたんだ」という記憶を作り出すことで、愛着を生むと言いましたが、

上記ページで掲載している家庭を顧みない浮気者のネズミに「ヴァソプレッシン」を仕込んだところ、無事仲睦まじくつがいになって暮らした結果が出ましたが、そのオスのネズミは相手から「喜び」の記憶を作り出したと言えます。
では、実験の場合では、その「 喜び 」とは何だったのか?


その愛着の脳の喜びは、セックスの快感であったとされています。


動物にとって、セックスの悦びはもっとも強力な快感の源泉です。
それは、脳にとって大きな報酬効果をもたらします。


それを考えると、男性は繰り返しセックスする事で愛着が湧くという事になります。

ただし、この考え方はホルモンの作用だけの考え方であって、男女の関係はその関係性の背景や相性・付き合い方など様々なものが絡みあっています。
セックスを繰り返したからといって、愛着が湧くと安易に考える事はできませんね。

女がすぐ愛着が湧くワケ

以上の事を踏まえて考えてみると、男性とは違い、女性は一度寝ただけで相手に夢中になり依存してしまう傾向が多く


一度セックスをしただけで

  • 私の事カラダ目当てだったの?などとオトコを追い詰めたり
  • セックスしたから、もう私はアナタのオンナ。と彼女気取り・・・

「 勘 」という安易に働いた判断を元に、「 オキシトシン 」を大量に分泌させ、簡単に男を信頼・依存してしまう結果を招く事になってしまうんですね。

やはり女は複雑で面倒臭く、本当に怖い生き物だと思いませんか?



合わせてご覧下さい


セックス中に漂ういやらしいあそこの匂い

ニオイ・臭い・匂い?

ニオイ・臭い・匂い?
パートナーの匂いって好きですか?
体臭は、する人しない人に分かれますが、する人の中でもニオイがかなりキツい人もいますよね。


紗江は、現在の彼からする匂いがたまらなく好きです。
紗江の彼は、体臭なのかわかりませんが、口からも着ているシャツからも、車の中にも充満する程。

かなり年上の彼なので、周囲の意見を聞くと「加齢臭」じゃないかという意見が出ているのですが、その匂いは紗江にとっては「性的に興奮する匂い」なんです。

その匂いを嗅ぐと、子宮辺りが疼くような感覚になるんです。


で詳しくお話していますが、ニオイと相性には深い繋がりがあるんですね。

ただ、好きだから匂いが好きなのか?
嫌いだったらクサいと思うのか?
まではわかりませんが、

  • ニオイの嫌いな人とのセックスの相性は悪いと言えますし
  • ニオイの嫌いな人は愛せません。

男の匂い・女の匂い

ただし、女性の立場として考えると、「男のニオイ」というものは多少の違いはあるものの、似通った臭いがしますよね。
「匂い」ではなく「臭い」です。

年頃で男性ホルモンがみなぎっているような男まみれの部屋や、男性の多い電車などに入ると、「うん?何かクサい?」と感じた事はありませんか?

その男特有の臭いの元は、汗の出る器官「アポクリン汗腺」から分泌されている男性ホルモンのテストステロンから変化した「アンドロステノン」が皮膚にある在菌と混ざったものです。


実は、アンドロステノンは男女を問わず汗に含まれるステロイドです。


なのでもしかすると、汗をかきやすい女性からも「男のようなニオイ」がしているかも知れません。
実際汗っかきだと、同性であっても、「クサい」と感じる事はありますよね。


女性は、男性よりも脳の(嗅覚をつかさどる)「嗅覚野」が発達していて、匂いには大変敏感です。
生理の時期には特に、そういった「不快なにおい」に敏感になる女性が多いと言われています。

ちなみに「嗅覚野」は、大脳の記憶をつかさどる器官や感情を司る扁桃体があるので、匂いと記憶、また、匂いと感情 は結びつきやすいと言われています。
女性はにおいを嗅いだ時に、それに関連する記憶まで呼び覚ましやすいので、紗江が彼の匂いを嗅ぐと興奮するのは、密接に体を重ね合わせるセックスの時に感じた快感を思い出すから、興奮してしまうのかも知れないなと思いました。

セックス中に漂ういやらしいあそこの匂い

セックス中に漂ういやらしいあそこの匂い
先日のこと、「バックから犯したい」とバックから突き紗江は一度目の中イキ。
すると「いやらしいニオイがする」と興奮気味の彼。今まで何度か同じようなセリフを言った事がありました。

そこでそのいやらしいニオイってどんな?と詳しく聞いてみたんです。

  • メスのニオイ。
  • 動物的なニオイ。
  • いい匂いではなく、どちらかと言うとクサい類。

そのいやらしいあそこのニオイは、おしっこやうんちの臭いが同じように人によって違うものではなく、女は誰でも殆ど同じだという事でした。
でも、紗江にクンニしている時はいつも無臭なので、愛液のニオイでもないとか。

動物的ないやらしい臭い

生殖器にも、ワキの下などに多いアポクリン腺があって、ニオイが発生しています。

男性の性器周辺から発生する「アンドロステノン」のニオイと、女性器周辺から発生する「アンドロステノン」が混ざり、膣とペニスのピストンにより、ニオイが拡散して「動物的な臭い = いやらしいニオイ」が漂うんじゃないかなというのが、紗江の予想です。

そもそも男性ホルモンの「アンドロステノン」は、フェロモンです。

好きな人の汗の臭いでちょっぴり生々しいいやらしい気分になったり、野性的に「オトコ」を感じる事もありますよね。

男であっても女であっても、汗や体臭というものはクサいものではありますが、本能的に犯している・犯されている感もあったり、興奮する材料となります。


紗江の彼の言うセックスの時漂ってくる「いやらしいニオイ」は、動物の本能的なものなのかも知れません。


合わせてご覧下さい。

相性のカギを握る遺伝子 HLA

恋愛遺伝子と言われるHLAとは?

相性のカギを握る遺伝子 HLA

1954年白血球の血液型として発見された「HLA」(Human Leukocyte Antigen=ヒト白血球抗原)は人の体内のほぼすべての細胞と体液に分布していて、免疫に関わる重要な物質です。
臓器移植の際に、臓器の相性を決めるカギがこのHLAなのですが、


A座、C座、B座、DR座、DQ座、DP座など多くの抗原の組み合わせで構成され、それにさらにそれぞれが数十種類の異なるタイプ(アリル)をもち、ハプロタイプ(父母それぞれから受け継いだ遺伝子座の一対)の組み合わせは数万通りともいわれます。出典:hla.or.jp/about/


HLAは、体に侵入してきた外敵に対抗する免疫の仕組みをささえている物質で、色々な組み合わせのHLAの型を持っている方が、病気に対抗する力が強くなるんですね。

より強い子孫を残す事ができるので、HLAの型の違う相手に惹かれるという生き物の本能があるんです。

そして、HLA型の違いはフェロモンの組成の違いを生み出しています。

HLAと男女の相性の関係

HLAと男女の相性の関係

Tシャツの嗅ぎ分けテストの実験

1995年スイスのベルン大学 クラウン・ウィスデキンド博士のとても面白い実験の報告があります。
普段全く接触ない男女の学生50人に対して行われた実験です。

実験前には、ニンニクなど体臭に影響の出るものを食べることを禁止し、タバコも香水もなし・石鹸も無香料のもので、シーツも新品にし、できる限り関係ないニオイを遠ざけて行いました。


そして、男子学生に、二晩に渡り着たTシャツを、女子学生に嗅がせ「いい感じ」か「嫌な感じ」かを答えてもらいました。
そして、それを11段階の点数で採点してもらったのです。

実験結果

その結果、殆どの女子は、HLA型が自分と似ている男子学生が着ていたTシャツよりも、HLA型の似ていない男子学生が着ていたTシャツの方が、高い点数を付けたのです。


そして、それに対し感想を書いてもらうと、「元カレの匂いがした」とは「彼氏を思い出した」というコメントが多くありました。

HLAが相性を決める本能

このHLAの実験の結果で、HLAが人間の相性に影響を与えていると考えられるようになりました。


相手の顔を見る事もなく、話もせずにただTシャツを嗅ぐ事によて「好み」かどうかを判別しているのですから、「ニオイ」や「フェロモン」という信号が、HLAの識別に使われていると考えられるんです。

ただし、例外がひとつあり、これもまたクラウン・ウィスデキンド博士の実験により明らかになりましたが、自分のHLAの型と全く同じ型の男性にも惹かれるという事がわかったんです。


それは、父親から受け継いだHLA型限定とされ、母親から受け継いだHLA型は避ける傾向にあると報告されました。

人の意識とは全く無関係の遺伝子という本能が、相性に大きく関わっているんですね。


無意識のうちにHLA型を嗅ぎ分け、パートナー選びの上で相性を見極めているという、何とも不思議な現象が起こっているわけですが、人間の本能は本当に凄いものなんだと、紗江は感じましたよ。

妊娠のしやすさにも影響があるHLA

まだ驚く事に、女性が妊娠しやすいかどうかにHLA型が関係あるという事実も報告されているんです。

不妊治療のひとつに、「体外受精」ってありますよね。
妻から卵子を採取して、試験管の中で夫の精子を使い受精させます。

この方法で何度やっても受精が成功しないケースを調べていったところ、HLA型の一致度が高い夫婦程、成功が難しいという事がわかったというんです。

妊娠しない理由を、遺伝子だけで考えるのは、何ともせつない話ですが、

  • より強い子孫を残すため
  • 女性はより病気になりにくい強い免疫を持っている子ども

そういった本能が備わっているんですね。

HLAに拘らず出逢いを大切に

HLA型の一致・不一致に男女間の相性が左右されるのなら、ひたすら直感的にこの男性だと感じる相手を待ち続けるべきなのでしょうか?


本能的に直感的に、それがどこの程度なのかどんなものなのか、そんな事わかりませんよね。
顔がタイプだから一目惚れする場合だってあるでしょう。

私たちの本能は、自分で全く自覚がないところで働いていますので、本能的なHLAの相性がどうとか拘らずに、どんな小さな出逢いであっても大切にしていきたいなと紗江は考えます。

合わせてご覧下さい。

HLAの識別に使われているフェロモンについて⇒フェロモンっていったい何?

フェロモンっていったい何?

フェロモンって本当にあるの?

フェロモンって本当にあるの?

魅力的な人を見ると、男女関わらず「フェロモンが出ている」そう言います。
そして、好みにもよりますが、

  • 特に美人でもないのに、何だかわからないけれど色っぽいな
  • 男前ではないのに、どこからあの色気が出ているんだろう

そう感じた事はありませんか?


フェロモンと聞くと、「ニオイ」のような感じがしますよね。
「お色気がプンプンする」
こんな表現も、フェロモンはニオイのように感じるから現れた言葉のような気がします。

そもそもフェロモンというものは本当に存在するのか?
ですよね。


フェロモンは実際に存在します。

フェロモンの正体は?

フェロモンの正体は?

「フェロモン」とは、体内で生産され、排出されてほかの同種の個体に特異な行動を引き起す物質」のことです。

フェロモンという言葉が生まれたのは、1959年カイコガの雄が雌を呼び寄せるために放出するアルコールの一種「ボンビコール」が見つかった時です。


ギリシャ語で「運ぶ」という意味の「pherein」
「興奮」を意味する「horman」
の2語を組み合わせて作られた学術用語なんです。


合成したフェロモンの実用化もされていて、害虫駆除のための、毒をまくのではなく、性フェロモンを使っておびき出し、一網打尽にするという方法で、果樹園の害虫退治に役にたっているんです。

「AND」と言われる男性のフェロモン

男性のフェロモンは、精巣でつくられるアンドロゲンというホルモンが変化してできるステロイドの一種の「5β-16-アンドロステン-3α-オール」。

「EST」と言われる女性のフェロモン

女性のフェロモンは、卵巣でつくられるエストロゲンから出てくるステロイドです。

これらの物質が、フェロモンの有力候補だと言われています。


動物や人での様々な実験も実証済みで、ブタのメスにANDを嗅がせたところ、それだけで交尾の姿勢をとらせることに成功したと報告されています。

歯科医院の待合室の椅子に、”男性のフェロモン”ANDを振りかけておいたところ、女性の外来患者は何もしていない椅子よりもANDのついた椅子に座る傾向が高かったそうです。


一方そのとき、男性患者は、どちらの椅子にも均等に座ったといいいます。
ですが、ANDの濃度をずっと高くしていくと、男性はANDのついた椅子を避けるようになるのです。


フェロモンを感じる場所ってどこ?

まず、フェロモンはニオイと同じではなく、また別物なんです。


フェロモンは、極めて低濃度でその効果を果たすものが多い。それはホルモンなどと共通の性質である。その意味で、いわゆる臭いによる情報伝達とはまた異なったものである。出典:wiki


フェロモンを感知する鋤鼻器
ニオイは、通常の嗅覚ですが、フェロモンを感じるのは、鼻腔と上あごの間にある鋤鼻器(じょびき)という器官です。


ただし、ヒトの鋤鼻器は、胎児期に退化してしまい、機能している可能性は低いと言われています。


ただ、退化していても、フェロモンを受け止める受容体は存在していて、そこから脳の本能の中枢 視床下部へと情報を送っていると言われています。

そして、ヤギやヒトでは通常の嗅覚系でもフェロモン受容体の遺伝子が発現していることが報告されています。
ニオイを感じる器官でフェロモンを感じるという事ですが、フェロモンはニオイとして感じないレベルのごく薄い濃度でも、人に影響を与えるんです。

フェロモンが出ていると誰でも刺激を受けるの?

では、女性フェロモンが分泌されていたら、全ての男性が惹かれるのかって事考えますよね。
それは、間違いですね。


カラダの相性と同じく、男女間で刺激を受けるのは、色々な要素が組み合わさっての感覚なので、ホルモンの分泌や理屈では片付けられません。


紗江が、彼のニオイがたまらなく好きだからといって、臭いと感じる人もいますし、人それぞれですよね。



薄い濃度のフェロモンはニオイがするわけではありませんが、女性の場合は男性のフェロモンを匂いとして知覚できる人が多いという実験結果も出ています。


フェロモンが視床下部に反応を起こす濃度よりも1000倍濃くなると、ニオイとして感じられるようになります。
この濃度では、汗臭いようないやなニオイと感じられる事が多いようですが、ヒトによってはジャコウのような香りだという場合もあるようです。

紗江が彼の匂いに執着しているのは、もしかしたらこれなのかなと思いました。
紗江の彼はフェロモンがきつすぎるのかも?
1000倍の濃度なんてそんなわけないですが・・・

何だかわからないけれど、気になったり惹かれているようなら、その相手のフェロモンに刺激されて影響を受けているという事なのかも知れませんね。


こちらも合わせてご覧下さい。

フェロモン香水試してみますか?

処女を捧げた相手で決まるその後のセックス

私の初めて捧げます・・・「処女喪失」

処女を捧げた相手で決まるその後のセックス

当たり前ですが、初めは皆 必ず処女です。


あなたは処女を捧げた初体験を覚えていますか?


「処女」

処女(しょじょ)とは、性交経験がない女性のこと。
また、その女性の状態。「バージン、ヴァージン(英:virgin)」とも呼ぶ。


女性が初めて性行為を経験することを「処女を失う(なくす・喪失する・奪われる・捧げる・捨てる)」
あるいは単に「処女喪失」、また「ロストバージン」などという。出典:wiki


きっと処女を捧げた相手を覚えていないという女性は、限りなく100%に近く存在しないでしょう。
初めてを誰に捧げたのか忘れちゃった・・・
なんてヒトがいたらちょっとびっくりしてしまいます。(あくまでも、当サイト管理人紗江の感覚です。)

初めては誰に捧げる?

「エッチ」という経験した事のない未知の世界への好奇心も手伝って、若い頃には、必ずと言ってもいい程 処女について色々と考えます。

  • 処女を捧げるなら、この人に」とか
  • 「処女は本当に好きな人に捧げたい。」などと考えたり
  • 逆に「誰でもいいから、とにかく処女をなくしたい」そう思うヒトもいるかも知れません。

紗江が処女を捧げたのは、15の頃、3つ年上の彼氏でした。
大好きで大好きで仕方がなく、

  • 「処女を捧げるならこの人しかいない」
  • 「この人に処女を捧げたい」

そう考えていましたよ。
やはり、処女を捧げたいと思うのは、その時に一番好きな彼氏という風に考えるのが、一般的でしょうか。

捧げた相手で決まるその後のSEX

処女を捧げた相手で決まるその後のセックス
実は、処女を、大好きな彼に捧げようが、どうでもいい相手に捧げようが、どちらにも違いはありません。
処女を捧げたのが、

  • 女に対し思いやりのある性行為をする男性なのか
  • 自分本位な性行為をする男性なのか

この2つによって、その後のSEXへの考え方・SEXの見方がどう変わるのかが影響してきます。


ズバリ、処女を捧げたその時に、気持ちいい行為と感じるか、気持ち良くない行為だと感じるかが分かれ道となります。


それでも、ただそれだけの単純なものでもなく、

  • 処女を捧げた相手の男性が、SEXが上手か下手か
  • 相性がいいか悪いか
  • その時の精神的要素

など、色々なものがそれぞれ絡み合います。

初体験が、ガサツな男の手によって行われ、とてつもなく痛いものだったら、SEX自体の印象も悪く、トラウマ的になり、もうセックスはしたくないと思ってしまうでしょう。
愛し合う行為と胸膨らませていたのに、気持ちもこもっていない愛撫によって、自分本位なセックスをされてしまったら、「なぁんだ。エッチなんてこんなものか」と、印象がついてしまい、決してその後のセックスにいい影響にはなりません。
例え、相手も童貞だったりSEXが下手だったとしても
愛している気持ちを込めて「感じさせたい」そう思いながら、そっと優しい愛撫や挿入を行えば、キモチは伝わり、とても幸せな体験ができます。
そうなれば、年齢や回数を重ねるごとに、愛を伝え合う行為だと理解し、快感を得る事になるでしょう。

もちろん、初体験が一生 SEXへの考え方を左右してしまうわけではありませんが、”処女を捧げる”=”初体験”は、大きく関わってしまうのは事実です。

処女を捧げた15歳

紗江の初体験の相手は、割と遊び慣れた男性でした。
年上という事もあり、セックスには大変慣れていて、紗江の今までの男性経験の中でも、かなりの上位に入るくらい女のカラダの触り方はソフトなものでした。


そして、髪を優しく撫でたり、局部ばかりを責めるだけでなく、背中や首筋・頬などへの優しいキス。「好きだよ。」という愛の言葉。
全て、処女を捧げた時の男性がセックスの根本的な素晴らしさを教えてくれたんです。


紗江がクリでイカされたのも、スローモーションというくらいのゆっくりなスピードでクリを柔らかく優しく撫でられてでした。

その後何人ともセックスを経験していったのですが、処女を捧げたあの初体験が気持ち良かったからこそ、セックスという行為はいいものだという考え方になり、その後も好きになった男性とはカラダを重ねたいと思ったのは、その初体験があったからこそだと思っています。


これが、ひどい初体験だったとしたら、全然別の考え方になっていたかも知れません。


初体験によって、SEXを好きになるか嫌いになるか、イク事ができなくなってしまったり、不感症になる可能性だってあります。
処女を捧げる時の初めてのSEX、相手を選ぶのはオンナです。

まだ処女だという人がこれを見ているとしたら、処女を捧げる相手は本当にその男性で大丈夫ですか?
急がず慌てず慎重に・・・

そして・・・
果たしてセックスは初体験から気持ちいいものなのでしょうか。



処女のハウツーTOPへ戻る

初めて知った!身体の合う合わないってこういう事?

初めて知った!大きさだけじゃなかった。

ペニスの大きさにワクワク・・・

初めてベッドに入る事になった男性。
とんでもなく話は合うし、ルックスもタイプではないものの
割とイイ感じ。
笑顔がキュートで、とても優しい。
出逢ってから何度も会っていて、相手は自分にかなりはまっている。

こんないい条件ないなと、とりあえず唾を付けることにした。

ちょっとモーションをかけると、その人は超嬉しそうに、罠に引っかかってくれた。

そして、いよいよその夜。
ホテルへ入り、見た下半身はとっても立派なものだった。
ワクワク感もヒートアップ。

この大きさ・形 絶対気持ちいい!

キスから挿入まで

抱きしめられていい気持ち


キスされて、「 ・・・ん? 」


愛撫されて、「 うん? 」


挿入されて、「・・・」





相手が汗だくで腰をふる様を、無理やり喘いでいる自分を、天井の上から、しらっと眺めている感覚に陥った。

大きすぎるのも、膣が張り裂けそうでダメだけど、かなり良さ気だと思ったのに。
確かに、形もいいし、大きさもばっちり。
なのに、感じない。
何故だか違和感しか感じないのは、いったいどういう事なんだろう?

話をするのも楽しい、見た目も悪くない、ペニスはいい形・いい大きさ

これ以上何があるというの?

これが身体の相性っていうもの?

何も言うことがないのに、セックスで感じない。
その相手がセックス下手というわけでもなく、テクニックも持っているとわかるのに、どうやったらこういう結果になるのか、本当にわからなくて、よく考えた結果「身体の相性が悪い」という事。
今まで、こんな好条件にあたった事がなかったので、知らなかったけれど、どうやら身体の相性は、ペニスの大きさや形ではなく、見た目のいい感じでもなく、もっと別の部分にあるんだという事。

それは、本能のようです。

男女の体の相性って本当にある?



【濡れ事】ゴシップ&エンタメ館TOPに戻る

ニオイと愛とセックスの関係

ニオイは愛とセックスに関係がある?

ニオイと愛とセックス

当サイト管理人の紗江が男性のニオイについて考えたのは、15の頃でした。
当時、付き合っていた人は、紗江からすると年上の大人。
一人暮らしをしていて、昼間や夕方 合鍵を使って部屋をよく掃除しに行っていたんですね。


部屋に入ると、何とも言えないいいニオイで充満しているんです。
掃除というよりも、そのニオイを嗅ぎたくて、部屋に行っていたとも言える程でした。


その人はヘビースモーカーで、部屋には決まった芳香剤が置いてあったのですが、

  • 相手の体臭と
  • タバコ

その二つが混ざっていたのだと思います。


そして、そのニオイをいつも嗅いでいたいという気持ちから同じ芳香剤を自分の部屋にも買いました。
未成年でしたが、紗江もタバコを吸っていたので、同じニオイがするはずだと。


でも、ダメでした。
全く同じニオイはしません。

体臭が混ざっているからですね。
男性は、若い頃は特に「男くさい」と言われるニオイがします。


もしかすると、他の人にとっては臭いニオイだったのかも知れません。
でも紗江にとっては、とってもいいニオイだったんです。

それは愛していたからですね。


愛している男性のニオイは特別なもので、本当に心地よくたまらないくらいに感じる事があるんです。


当時は、その人と別れてから気がつきました。


その人は初セックスの相手でした。
セックスするのは殆どその人の部屋だったので、抱かれている時に、そのいいニオイを感じながら、とっても幸せだった事を覚えています。

実は、感じるニオイは、愛情そして、セックスの相性と深い関りがあるんです。

ニオイと愛とセックスの相性

野生の動物は、パートナーを選ぶ時のひとつの判断材料として、「ニオイ」が含まれます。


それはニオイではなくフェロモンなのかもと考えますが、フェロモンとニオイは似ているようで、実際には違うものだと紗江は思っていますよ。


心地よく感じる・好きでたまらないそのニオイを感じているのは、通常の嗅覚です。
嗅覚は第五感のひとつですね。
わかりやすく「臭覚(しゅうかく)」と言っていましたが、「嗅覚(きゅうかく)」と言うのが正確な言葉です。


嗅覚の仕組みは、鼻の穴の粘膜にある細胞によって、匂い物質が感知され、
電気信号となって神経を伝わり、脳へ伝わるというものです。
五感のうちで、嗅覚だけが、ダイレクトに脳に感覚を伝達すると言われています。
出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1373786398;_ylt=A2RAjLOLFnZWeigAa1SDAPR7


誰かを愛することや、セックスをする行為は、第五感であらゆるものを感じます。


その中で、ホルモンが分泌したり体が様々な変化を起こし、エクスタシーやオーガズムを感じるのですが、射精する男性とは違い女性は第五感のどれが欠けても、本当に感じる事はできません。


人それぞれですので、誰としても感じるという女性も事実存在しますが、そのケースは省いた上でのお話ですよ。


愛とセックスは理屈で言い表せないものもありますが、本来持っている本能的なもの・本能的な行動なので、相手のニオイが好きではない場合、本当の意味でのセックスは絶対にできないんです。

  • ニオイの嫌いな人とは、セックスの相性は悪く
  • ニオイの嫌いな人を愛せるか?と言えばそれは無理なんです。
ニオイとは言っても、香水の匂いや、おならの臭い、足の臭いなどとは別物で、体臭の事を指しています。

紗江にとってのニオイと愛とセックス

若かりし頃に、愛していた人のニオイというものを体験してから20年弱たった今、再度そういう事を体験しました。


現在の彼とは、少し距離を置いた関係から少しづつ近くなるにつれ、彼のニオイが気になりだしたんです。


迎えに来てくれた彼の車に乗ると、「ん?何かニオイがする?」くらいにしか考えていなかったのですが、気づいた時にはそのニオイが紗江にとっては何よりもいいニオイだと感じる様になっていたんですね。

彼に対して、愛を感じてからなんだと、今は確信しています。


中イキや乳首イキ、そして潮吹きの快感など、セックスの相性がここまでいいと思わせてくれた彼ですが

  • 心から愛している
  • 彼のニオイがたまらなく好き
  • セックスの相性が抜群にいい

順序はわかりませんが、ニオイと愛とセックスは全て繋がっているんだという事は、自身で体験して初めて言い切れるようになりました。

ただし、愛しているからと言って、必ずしもセックスの相性がいいとは限りません。
紗江は、たまたま今まで愛した人とは相性が良かった方だと思いますし、愛していない男性に抱かれて、そのテクニックにまいったというくらい気持ち良かった経験もありますので、一言では言い切れないものもあるんだと思っていますよ。

愛していると臭いニオイまで好きになる

ニオイと愛とセックス

紗江が大好きなその彼の大好きなニオイは、加齢臭なんじゃないかっていう結論が出ています。


体だけでなく、口からも同じニオイがしていて、どれだけ洗濯をしても、シャツからそのニオイが消える事はありません。


加齢臭を好きという人はいませんよね。


人にとっては、臭いニオイだとしても、紗江にとっては、何よりもたまらなく好きなニオイだし、彼のそのニオイの芳香剤を作れないかと思うくらいなんです。
きっと、愛や相性ってこういう事をいうんです。


先日、紗江の一番の友人とその話をしていましたが、友人は自分の小学生の息子の口のニオイがたまらなく好きで、朝起きたばかりの口の臭いでも、すごくいいニオイがするんだって言っていました。

自分の子供と、愛している異性を、比べるのは間違っていますし全くの別物ですが、それでも愛している異性の事でも少なくとも「愛」は存在しています。


紗江のニオイと愛とセックスの見解は以上です。
皆さんはどうお感じになられたでしょうか?




合わせてご覧下さい。

男女の体の相性って本当にある?

男女の体の相性っていったい・・・

男女の体の相性って本当にある?

男女間の体の相性。「あの人とは相性がいい・悪い」と言いますが、何だか目を合わせたくないという相手もいますし、価値観や好みの違い・話をしていてスムーズにいかない。


阿吽の呼吸など言いますが、合う相手だと一言でもわかりあえたり、何故だか意思の疎通がすんなりできたり、タイミングがとっても合います。


合わない人とは少し話すだけでも、ぎこちなくて沈黙になってしまって、どう話したらいいのかわからない事ってありますよね。

そういう相性があるのは、人間誰でも何となく感じますよね。

では男女の体の相性って何なのか?男女の体の相性は本当にあるのか?

紗江の体験を元に、男女の体の相性について考えていってみたいと思いますよ。

男女の相性って本当にあるのか?

男女の体の相性 ~ ケース1 ~

男女間でも、気の合う相手っていると思います。
昔そういう友達がいました。

  • 何でも話せる。言っている事・気持ちを察してくれる。
  • その男友達の言っている気持ちも理解できるし、賛同できる。
  • もし否定する事があっても、それを気兼ねなく言える。

本当に「友達として」大好きでした。
そこらの女友達なんかよりも、分かり合えている深い関係でした。

体の関係は一切なかったのですが、やはり彼も男だったんですね。
紗江の事を「女」として見ていました。

それを知った時は、凄くショックでしたが、まぁ。色々あって、一度だけ体を合わせてしまったんです。



異性として好きだったわけではなかったのですが、とっても大好きな男性。
心の相性はばっちりと言える程の相手でした。

だけど、彼とSEXした時、早く終わらないかと上の空。
感じるどころか、その彼のペニスが入っている膣が感じるのは、違和感だけで、紗江の上で揺れているその彼の顔が妙に知らない人に見えて、SEXとしての快感は殆どありませんでした。

もちろん全くなかったと言えば嘘になります。
首筋や乳首を舐められれば感じるし、クリに吸い付かれれば反応もしました。
でも、ペニスを挿入した時は本当に何も感じなかったんです。

印象とは違って、結構な大きさのペニスでした。
そのペニスを見た時は、ほんの少しだけですが期待もしました。


その彼のSEXの仕方が悪かったわけでもありません。
多分、女の扱いにも慣れていて上手な方に入る方だと思います。

大きなペニス・うまい腰使い それでもただ入っている違和感だけで、全然気持ちよくなかったんです。


その時、「これって体の相性が悪いのかな?」と感じた事を覚えています。

でも、その相手は満足そうに、とても良かったと言いました。
その後も、何度も求めてきましたが、紗江は自分の上で見た見知らぬ人に見えた時の嫌悪感と、膣が感じた違和感だけしかなく、ずっと断り続け、男女の関係がないまま今でもまだ大切な友達でいます。

でも、それは異性として好きじゃなかったからなのでは?そう思いますよね。紗江も感じました。
そのもっと後の出来事ですが、男女の体の相性を別のパターンから見てみます。


男女の体の相性 ~ ケース2 ~

異性として大好きな人がいました。
付き合いはそこまで長くはなかったのですが、その彼もまた、私の言っている事を言わずしてもわかってくれる人で、価値観や話し方・笑顔 全てが大好きで、生涯を共にして欲しいとプロポーズされていました。


その頃は、とっても大好きでした。
この人と結婚すれば、幸せになれると実感していました。
でも、SEXをするのがどうしても乗り気になれなかったんです。


紗江は、好きな人とは濃厚なキスがしたいタイプなんです。
セックスの最中も唇を常に感じていたいタイプなのですが、その人もキスが好きで、キスしてきても嫌な気持ちにしかならないんです。
やり方がどうだったとかは忘れてしまいましたが、キスの相性も悪かったのでしょうか。

そして、またケース1と同じです。
挿入されている時の違和感。


もう感じるより違和感の方が先に立ってしまい、ずっと演技するしかありませんでした。

だってとても好きだったんです。


でも、やはり体が満足できないと男と女はうまくいきませんよね。
何度も引き止められましたが、はっきりと、相性が合わないと伝えてお別れしました。

今でもやはり好きですね。
その気持ちに答えれば、自分が幸せになれる事は確実に感じています。

出逢った時、何故か運命的なものを感じ、何だろう?この感じ。
と出逢った瞬間に何だかわからないけれど運命的な衝撃を受けたのは、紗江が今まで生きてきて今お話している人と、現在の彼の2人なんです。

そんな風に大好きだった彼でも、体の相性が合わなければSEXしても悦びは得られないんですね。

そして、その彼はSEXは一生なくても構わないから、そばにいたい。と言っています。でもダメなんですよね。


紗江は性にはとても貪欲で、そんな快感なしでは生きてはいけませんから。
男女にはSEXは必ず必要だと思っています。

では、2つのケースとは逆をみてみましょう。

男女の体の相性 ~ ケース3 ~

別に好きでもない男性に抱かれて、凄く乱れめちゃくちゃに感じてしまった。
こういう事ってあなたはありますか?



体の繋がりだけでそばにいる男女・・・実はいるんです。
酒乱でDVなご主人、子どもは若いうちから独り立ちし、毎回逃げる妻。


それが数日たつと何故かまた戻ってきているんですね。

顔や体に青あざを作って、常に泣いている・・・何とも痛々しいんです。ある程度年を重ねてはいるけれど、とても聡明な女性で、男性なんていくらでもいるだろうにと、周囲は感じていたんです。

ある日、耳を疑うような真実の言葉を聞いてしまいました。
「あの人とのエッチがなかったら生きていけない。」

あんなに暴力を振るわれても、毎日泣いて暮らしても、それでも体がいうことを聞かないんだと。
他の男性にも何度も抱かれたけれど、満足できない。

ちょっと狂っているのかなと正直思いましたよ。
もしかすると本当は、そんなご主人でも愛しているのかも知れません。

でも、それが本能的に感じる男女の体の相性なのかなと感じました。

そう。紗江も、実際に好きでもない人とのSEXで、本当に気持ちよかったなーと覚えているSEXもあったので、男女の体の相性は気持ちとは関係ないという風に思います。

男女の体の相性まとめ

色々と考えてきて、男女の体の相性って本当にあるんだなと思います。今までの経験をまとめて、出した「男女の体の相性」の結論は下記です。


  • 男女の体の相性は本当にある
  • 心の相性とは全くの別物
  • 片方が悪いと感じたからといって、必ずしも相手も同じように感じるのではなく、お互いの感じ方は違う場合もある


そして、体の相性ではなく、生物としての本能的な相性はあるのでしょうか?


こちらも合わせてご覧下さい。

そして、もし相性が良くても、ずっと同じ相手だと飽きちゃう事もある?!

どこでわかる?体の相性

体の相性ってどこでわかるの?

どこでわかる?体の相性

男女の体の相性って本当にある?で、体の相性はあるものだとの結論に達しました。
では、体の相性って、いったいどこでわかるのでしょうか?

体の相性と一言で言っても、どこでわかるのか?そんな具体的な事を考えながら、実際に肌に触れてSEXしたからってわかるものではありませんよね。紗江は、体の相性はどこでわかるだとか、そんな単純なものではないんじゃないかと思っていますよ。

体の相性がどこでわかるか考えてみる

体の相性どこでわかる? ~体の相性はキスでわかる?~

キスが合うか合わないかで、SEXが合うかどうかの確立がかなりわかります。と言うか、まずキスの上手な男性はSEXも上手なパターンが多いからですね。

紗江の経験上では

  • 唇へのキス・体へのキスが上手だと、指でクリや膣を触る時も、そっと傷つけないように配慮できる男性が多かったです。
  • そして「大丈夫?」と痛くないか声をかけてくれたり、女性の体位がつらくないか気遣ってくれたり、そういう優しさも持ち合わせているケースが多いです。


それで全般的にSEXが上手いという風になるのかなと思います。

潮を吹かせられる・舐めるのが得意・腰を振るのが上手い それだけでSEXが上手なんて履き違えているような男は、まずSEXは下手です。


女性に対して思いやりのある男性は、とっても素敵ですよね。キスはSEXにとっては大変重要なポイントだと思います。

でも、キスの上手さでは、体の相性はわかりません。

体の相性はどこでわかるのか?「キスが上手い」ではなく「キスが合うか」


その上手いキスが合うのか合わないのか?
それを見極めるのはとっても難しいですね。
上手いものは上手いんです。気持ちよくなって当たり前ですよね。
それが本当に合っているのかいないのか、それをわかる自信、あなたにはありますか?


体の相性どこでわかる? ~体の相性は肌でわかる?~

  • 手を繋いだ感覚
  • 肌と肌が触れ合い抱きしめるフィット感

ここも大きなポイントです。
目は口ほどにモノを言うですが、体は(肌)は口ほどにモノを言います。
体の相性が合わないと、触れても気持ちよくありません。


でも、男性は100%すべすべでもっちりとした肌がいいに決まっています。ガサガサな肌が好きなんだよななんて人、聞いた事ないですよね。

肌が触れて気持ちいいそれだけで相性が合うか合わないか、これも見極めるのは困難です。

そういう好みの問題もあるので、こちらもはっきりとは言い切れませんが、「まるで吸い付くようになじむ肌」これが相性が合うという体の反応なんじゃないかと思いますよ。


体の相性どこでわかる? ~体の相性は性器の形でわかる?~

これは体の相性がどこでわかるのかの部分では、一番大きな部分ですね。

ペニスにも、上に反りあがっている・右下に曲がっている・カリが大きい・太さの違いなど本当に色々なペニスがあります。
女性の膣にも、前つき後ろつきや、キツさなど色々あります。


まず、体の相性ではなく、体の一部分の相性が合うのかどうかは大切です。
上に反りあがっていてGスポットをちょうど良く突いてくれるから最高に気持ちいい。など大きさや長さ・形が合うか合わないで、SEXが気持ちいいのかそうでもないのかが決まります。

ですが、これもキスと同様、その一部分の相性がぴったり合うからといって、体の相性が合うとは断言できませんよね。
なので、性器の形だけで決めれる程、体の相性はやはり単純な事ではないという事なんです。

ただし、本当に合わない相手だと、入れた時に違和感があり、感じません。
痛みを感じてしまう場合もあり、そういう場合は、本当に合わないという事なんです。


体の相性どこでわかる? ~体の相性は匂いでわかる?~

いい匂いなのか臭いのか、それはたいてい誰でも似た感覚を持っています。


ただし、匂いの中でも「好きな匂い」と「嫌いな匂い」は、どこが基準でもない自分だけの感覚です。

そして匂いは、理性で感じるものでなく、本能で感じるものなんです。

体の相性がキスが合うか・体の相性が肌が合うかというのも、もちろん本能的に感じるものなのですが、「匂い」はそこよりももっともっと前の段階なんです。


当然、付けている香水の香りではありませんよ。
その人自体の匂いです。
紗江は、今の彼を愛していると気づく前か気づいた後かはわかりませんが、彼の匂いがとてつもなく好きで好きで、何ていうか匂いを嗅ぐとたまらなくなるんです。


かなり変態じみているのかも知れませんが、いつも彼のシャツやブルゾンを嗅いだり、頭や口に鼻を近づけて思い切り「フンフン」と嗅ぎにいきます。
他の誰でもなく彼の匂いがするんです。


彼は当たり前に嫌がっていますが・・・

合わせてご覧下さい⇒ニオイと愛とセックスの関係


体の相性どこでわかる? ~体の相性はセックスのテンポ・タイミングでわかる?~

そして考えられるのは、SEXの時のお互いのテンポが合うか、タイミングがずれないか、やり方云々ではなく、あくまでも感覚的なものです。


ずれる相手は、何をしてもずれます。
わざわざ言葉をかけてもずれますよね。

そして何だか小さい気持ちですがイラッとしたりします。
経験はありませんか?
そんな相手とは、まず体の相性がいいとは言えません。

本当に細かな事ですが、例を挙げてみますね。

  • キスをしていて、もう離れたいのにまだひつこくしている
  • 服を脱がされながら脱ぐときのタイミングが合わない
  • 胸を揉まれて、相手のペニスに手をやろうとするけど、相手の手が邪魔
  • 69の時に、やめるタイミングが合わない
  • 挿入して自分の腰の動きと相手の腰の動きがいつまでたっても合わない
  • 髪を手で踏まれていて痛いから、目で合図しながら相手に伝えようと相手の手にそっと触れ、頭をずらそうとしても気がついてくれない
  • 正常位から、座位や女性上位へ持っていこうとするタイミングが合わない

などなど、言い出せばきりがありませんが、一見それってセックスのテンポやタイミングじゃなくって、男が下手なだけじゃ?と思うような事もありますが、そうではないんです。

全てセックスのテンポやタイミングなんです。
合う人は本当に合います。ずれる人は何をしてもダメなんですね。

そして、声もかなり大きく関係しています。

体の相性ってどこでわかるのかの結論

ここがこうだから、何がどうだからと言って、体の相性が決まるわけではないという事ですね。
体の相性はどこでわかるのかなんて、そういう答えはないものなんです。
体の相性は、最終的にはやっぱり「感覚」という事になるんですね。


体の相性はどこでわかる?= わかる場所はない。体の相性は本能や感覚で感じるもの



ちなみに、紗江は彼との出逢いは、感じたことのない感覚に陥り、初めて逢った瞬間から「もっとこの人を知りたい」そんな気持ちでした。

彼は、紗江の好きなタイプとは全く違うタイプだったんです。なので、不思議でしたね。

そして、まだ好きという感情もなく体を重ねていた時から、

  • 手を繋ぐ感覚がしっくりときて
  • なじむ肌
  • 大好きな彼の匂い
  • 膣に入れる指の太さ
  • ちょうど良いペニスの大きさ
  • 抱きしめられる強さ

初めて知ったんです。
体の相性ってこういう事なのか!


初めは中イキだとか乳首イキをさせてくれるだなんて思いもしませんでしたし、こんなに愛してしまうとも想像もしていませんでした。


彼も紗江と初めて知ったと言っていて、よく体の相性の事について話しますが、何がどうだかわからないね。
でも本能だね。
というのが最終的な言葉になります。

体の相性がどこでわかるのかな?と考えているうちは、相性は良くも悪くもない状態なんじゃないかなと思います。
イク事を「イッたのかな?イッてないのかな?」と思うのはイッていないのと同じで、体の相性が本当にいいと、直感的に「体の相性がいい」と感じるんだと思いますよ。
オンナの膣はパートナーのペニスのカタチを覚える?セックスし過ぎるとあそこは緩くなる?