唾液が少ないとクンニは気持ちよくない真実

驚異的な程気持ちいいクンニ

唾液が少ないとクンニは気持ちよくない真実
人の舌の感触は、たまらない程気持ちがいいものです。

クンニされる感覚は、何よりも快感を得られますし、どんな精巧なおもちゃであっても実際の舌に勝る感触はまずありません。

※ ここのページでは是非男性に見ていただきたい内容となっています。

SEXするとなれば

  • とにかくクンニが大好き!と思い、ひたすら舐める人もいるでしょう。
  • クンニが苦手な人もいるでしょうし
  • したくないのにAVでは必ずやっているからするものなのか?と仕方なしにする場合、
  • オンナが喜ぶからとりあえずはする。

など様々な理由の上、前戯の一環としてクンニをします。

オンナは、クンニされる行為自体を、恥ずかしいと思いながらも一部クンニが気持ち良くない・好きではないという人は除きますが、心の中ではとっても嬉しいものですし、汚い部分を舐めてもらっていることで、大変興奮します。

人の舌はおもちゃでは再現できませんし、人の自然な動きである舐め方も同じように作り上げる事はまず不可能ですよね。

クンニリングスは、驚異的な快楽を与えてくれるのです。

フェラも同じですよね。

いくらよくできたオナホールを使っても、実際のオンナのフェラに敵うものなどありません。

唾液が少ないとクンニは気持ちよくない真実

ですが、「クンニさえすればオンナは感じるもの」と考えてはいませんか??

それは全くの勘違いで、クンニされることが苦痛に感じる事もあるのです。


舌の硬さ柔らかさは、同じ舌は舌でも人間のカラダの違いによって異なります。舐め方や相性の問題もありますし、一概にどうすればオンナが喜ぶのかなんて事に決まりはありません。

ですが、一番の根本は【唾液の少ないクンニ】は、全くと言っていい程気持ちよくないのです。

唾液が少ないクンニを、ずっと繰り返されると、クリがどんどん痛くなってきてしまうという事を知らない男性が多いかも知れません。

管理人紗江が昔何度か体験した事でもありますが、唾液の少ない乾いた舌でベロベロと舌全体で舐め続けるようなクンニは、初めから気持ちよくない上、ガサガサとした感触で気持ちいいどころか痛くなってくるのです。


クンニには唾液が必ず必要

唾液の分泌には個人差がありますので、唾液量が多い人・少ない人、差があるのは仕方ない事ですね。

それに唾液の分泌は自律神経が制していますので、自分の意志で唾液を多くしようと思ってもできないのです。


唾液が少ない状態で、クンニをすると、乾いたままあそこを擦り付けられているような感覚しか得られません。


乾いた皮膚で、あそこやクリを撫でても感じないのはわかりますよね?フェラされている時でも、オナホールを使用している時でも、「無理に擦られる感触」という感じでしょうか。ある程度の湿り気は必ず必要です。

男性の場合、オナニーする場合は皮がありますので無理に擦られている感触はオンナよりもわかりにくいかも知れません。

  • 例えばほんの少しだけ硬いタオルで腕の皮膚をこすってみて下さい。
  • そして、ボディソープをつけて擦ってみて下さい。

これで、どんな感じなのかがわかっていただけると思います。

オンナのあそこは、普段大陰唇・小陰唇に守られていて大変敏感です。そんな敏感な箇所を乾いた状態でクンニしても気持ちいいわけはないのです。

※ 当然、例外もありますよ。硬いもので擦られるのが快感!という女性も存在しますが、基本的には唾液たっぷりの柔らかい舌がいいのです。

唾液にまみれたクンニでないと気持ちよくない

唾液が多いか少ないか、自分ではあまり考えた事はないと思いますが、クンニしている時に自分の舌がどう感じるかで判断できます。

  • ヌルヌルとした感覚を舌で感じたら、ひとまずOK。
  • 擦っているような感覚を感じたら、NGです。

唾液でヌルヌルしていないと、基本的に【オンナはいくらクンニをされても感じない】と考えて下さい。

唾液の少ない乾いた舌で、いくら長時間クンニしても感じずもう嫌になってくる事を知って下さいね。

唾液とはいっても、水のようにサラサラな唾液ではなく、粘り気のある唾液の方が感じさせる効果があります。

交感神経が優位にたっている興奮している状態では、粘り気のある唾液が分泌されると言われています。

先ほどとほぼ同じような説明になりますが、

  • 水を含ませたタオルで腕の皮膚を擦る。
  • ローション(あるいはボディソープ)をつけて擦る。

全く感覚が違うと思います。

唾液でヌルヌルしている状態でないと、クリへのクンニも有難迷惑になってしまう可能性があるのです。


ただし、唾液を出し続けるばかりでは、「私の愛液って汚いと思っているのかな?」と、興奮状態も冷めてしまいますので、注意が必要です。

詳しくはこちら ⇒ 男のクンニ中の唾液

愛している人に、ジュルジュルと美味しそうに愛おしそうにクンニされたら、唾液が少なくても感じるのかも知れません。


ただし、「美味しいよ。」なんて言うと、引くオンナもいるので要注意です。


唾液の少ない男性は、食べれるローションを使用してパートナーへ最高のクンニをしてあげる事をおすすめいたします。

現代のローションは、食べてしまっても全く無害なものが多くなっています。気持ち悪いという方もおられるかと思いますので、そんな時は、フルトピア チェリーや、ペペジュレなどで、美味しいクンニをしてみてはいかがでしょうか?

そして、いくらクンニされても気持ちよくないという女性の方は、パートナーに「ローションを使ってクンニしてみて」「友達から聞いたんだけどね・・・」「友達からもらったんだけどね・・・」なんて、ローションを使ってのクンニに切り替えてもらってみて下さい。

相性も舐め方もありますので、一概には言えませんがこれで苦痛なクンニを回避できるかも知れません。


おすすめローションは下記からどうぞ

唾液の少ない男性がクンニするためのおすすめローション

唾液を飲まされ感じる女

唾液を飲まされる

唾液を飲まされ感じる女
「 唾液を飲まされ感じる女 」と言うこのページのタイトル、そんなの感じるわけないじゃんと疑問に思い、見にこられた方も多いと思います。

「 唾液を飲まされ感じる 」ではなく「 彼に唾液を飲まされ悩む 」の方が妥当かも知れません。

性行為中、キスをしている時、唾液を口に送り込まれ飲まされた経験はあるでしょうか?

唾液は、人の体液にあたります。
通常、唾液なんて誰のものであろうが気持ちいいものではありません。

  • 笑った時やものを食べている時に、歯の間につばが糸を引いている人。
  • 年を重ねた人に多い、話しているうちに唇の端にどんどんつばが溜まってくる人。
  • 寝ている時によだれを出す人。

不潔感ある人なら尚更、唾液は鳥肌がたつくらい気持ち悪い場合もあります。


唾液を飲まされるなんて、考えただけでもゾッとします。

” コップに唾液を溜めて飲ませる ”
かなりマニアックなアダルトビデオでそういったシナリオのものがありますが、そんなことしていったい何になるの?と、唾液というもの自体、敬遠して当然です。
女であっても男であっても、そう感じるのは同じです。

唾液を飲ませる側の心理

上記ページで、唾液を飲ませる心理について触れていますが、要は自分の体液を飲ませる事によって支配欲や征服欲が満たされる事で快感を感じ興奮します。

知っている範囲では、普通の生活の中で、唾液を飲ませる人はいません。

性行為中には、気分が高まり、脳がもっと性的快感が欲しいと要求する事で、そういった行為に及びます。


男性の勃起には、テストステロンというホルモンの分泌が大きく関係していますが、それが分泌されると闘争本能や征服欲を刺激し、性的衝動を引き起こします。

  • 脳が刺激を求める
  • 性的刺激によりテストステロンが増加。
  • 征服欲もより増加する。

こういうわけなんですね。

唾液を飲まされ感じる女

唾液を飲まされて感じる女性と、全く感じない むしろ嫌いな女性と大きく二手に分かれると思います。

でも、基本的にオンナはキスが大好き。
キスが好きなオンナは、

  • 女性が大好きなムードあるロマンスを感じる。
  • 男が感じるとされるペニスを挿入する快感だけでなく、深い繋がりや愛を確かめるため。
  • そして、性的快感を得る。

これらにより、愛されていると実感できるからです。

ただし、それでも男性とあまり大差はありません。

詳しくはこちらの下部からどうぞ⇒彼氏がキスしてくれなくなった

唾液を飲まされ感じる女は

愛しているパートナーに、舌で唾液を送り込まれ、飲まされる事により、よりパートナーと密な接触をしていると感じ、支配される悦びを得・ひとつになったと一体感を感じ、特別なコトをしてもらったという感覚から「自分のものにした」という満足感までも感じます。

それだけでなく、男性の唾液にはテストステロンが含まれていて、これが女性の口に入ると、テストステロン濃度が上がり、性欲や感受性が高まるとも言われているんです。



当サイト管理人紗江は、実は彼に唾液を飲まされるととても感じます。
彼の体液を、自分の体内に受け入れたという精神的な喜びが一番の理由。
そして、唾液を送り込まれた事で、自分のためにしてくれたんだと深い繋がりを感じ、愛を実感できる瞬間でもあるんです。

彼は過去に、射精する直前キスしてきて、唾液を送り込んできた事があります。
何千回ものセックスの中でたったの数回程度なのですが、その時はたまらない程の幸福感を感じます。

あえて、聞いた事がなかったのですが、この記事を書くにあたって聞いてみました。

  • 「そんなコトしてるつもりはないけど、言われてみればしているかも・・・」
  • 「なんで唾液を飲ませるの?」
  • 「・・・征服欲かな?」

という答え。
もっと詳しく教えて欲しかったのですが、「わからない。」ばかりであまり当てにはなりませんでしたが。

今まで唾液を飲まされて感じたのは、現在の彼で2人目です。
という事は、いくら「愛している」を前提としても、それが紗江の本質という事になりますね。

自己分析すると「 オトコに支配される 」それで悦びを感じるオンナだってワケです。
特別なコトをしてもらっているという面では、ある意味「 支配欲 」でもあります。


下記も合わせてご覧下さい。

でも その特別なコトをしてもらって嬉しいと思うのとは裏腹に、彼もそういう癖があるという事です。
男は、好きではない女性にでも唾液を飲ませるという行為を、性的興奮を得るために普通にできるものなんです。

ただし、根本的に逆はありません。
好きでもない女の唾液を飲まされて悦ぶ男性は、よほどマニアックな性癖の持ち主だと言えるでしょう。
合わせてご覧下さい⇒唾液を飲ませる男の心理とは?

唾液を飲ませる男の心理とは?

相手の唾液気になりますか?

唾液を飲ませる男の心理とは?
キスで、パートナーの唾液が気になった時はありますか?

キスの激しさや唾液の多い少ないにもよりますが、口の周りがベチャベチャになるという人もいるかも知れませんね。
舌を絡めキスをすると、少なからず相手の唾液に触れる事になります。
その時、相手の口の中が唾液まみれだったとしたら?


ディープキスが苦手な人は、唾液が気になるという人という事になりますね。



当サイト管理人紗江は、昔 面白い経験をした事があります。

その相手とは初めてのSEXで、とてもSっ気の強い男性でした。

特に好きでもなく、誘われて何となくセックスしたのですが、行き過ぎの言葉責めやヒップのスパンキングなど、本当に好きな相手じゃないと感じない数々の事をされ、気持ちはもう完全にテンションが下がっていました。

そして、「 唾をちょうだい。 」と言われ、思いっきりドン引き。
さっきまでドSだったのに、いきなりMっ気?心の中でそう思いながら、口を開けてまっている相手の口に、唾を出して垂らすと「 美味しい 」と笑顔。

すると、「 口を開けろ 」といきなりの命令口調。
まさかこういう展開になるとは、思いもしていなかったので正直焦りました。

紗江は「 イヤ。 」
それまでの下がったテンションにプラスアルファ、もう唾を飲ませようとしている事で、一気に気持ちが萎えてしまって、このままセックスは継続できないなと考えながら一言。


相手は、思いもよらなかった返事がきたからか、不思議そうな顔をしていましたが、紗江の萎えを感じたのか、そのまま唾液を飲む飲ませる事は一言も言いませんでした。

好きでもない相手とのキスは嫌いに決まっていますし、好きでもない男性の唾液を飲むなんてあり得ませんよね。

時々、「 キスって好き? 」と聞いてくる男性がいますが、基本的にキスという行為は惚れた男とするから気持ちいいのであって、誰としても気持ちいい行為ではありません。
唾液を飲む飲ませる云々以前の問題です。


唾液を飲ませる男の心理とは?

唾液を飲ませる男の心理とは?
唾液を飲ませる男の心理とはいったいどういうものなのでしょうか?

男性からすると、唾液を飲ませるという行為は、精液を飲ませる快感に近いものがあります。

  • 自分のものにした。
  • 相手を手に入れることができた。

自分の体液である唾液を飲ませる事で、征服欲や支配欲が満たされるからです。

当サイトのあらゆるところで、征服欲や支配欲について書いていますが、基本的に男性はそういった気持ちで、満たされ興奮し快感を得ているんです。

それは、実はオンナでも同じ事。

  • 好きな人の秘密を自分だけしか知らないという事。
  • 誰にもしれくれない事をしてくれるという特別感。

クンニリングスをしてもらって、精神的な快感を得るのも同様。

男性とは少し感じるツボが違いますが、ある程度似通っていますし、精神的に満たされるという事は、征服欲・支配欲に大きく関係しているんです。


性行為では色々な性癖があったり、試してみたい事もひとそれぞれ多くあります。
ただ女性の場合は、本当に好きな男性限定で「気持ちいい」と感じるという人の方が多いと言えますが、男性はそうではありません。

唾液を飲ませる行為は、雄の本能的なものであって、決して好きな相手だからしたいわけありません。
ただそういった性癖という場合が殆どだと言えるでしょう。



合わせてご覧下さい⇒唾液を飲まされ感じる女

愛液は汚い?男のクンニの後のうがい

愛液は汚い?男のクンニの後のうがい

愛液は汚い?男のクンニの後のうがい
あなたのパートナーは、クンニの後うがいをしますか?
正確に言えば、セックスの後にうがいをするという事になりますね。
クンニの仕方にもよりますが、

  • 舌で膣口をすすりながら鼻でクリを擦りつけたり
  • 唇全体で膣口全体を舐めまわしたり

そんなクンニの仕方で、口や鼻の周りが愛液と唾液まみれになる事もありますが、オンナにとって愛液をすするようなクンニは興奮材料にもなりますし、ちょっぴり嬉しいですよね。

詳しくはこちら⇒男のクンニ中の唾液



下記のようなメッセージをいただきました。

22歳 Hさん女性
今の彼氏は、クンニをしたセックスの後、必ずうがいをします。
上を向いてガラガラガラ・・・
なんていつもされて、私の愛液ってそんなに汚い?と感じてとても悲しいです。
普通はするものですか?

クンニを含めセックスが終わって、うがいをあからさまにされるている光景はあまり見ていても気分のいいものではありません。


クンニの後にうがいする男性は、愛液を汚いと思ってしているのでしょうか?

クンニの後うがいするのは愛液が汚いから?

まず、基本的に愛液が汚いと思っている場合はクンニはできません。


ただ、中には「愛液が苦手だからクンニはなるべくしたくない」という男性もいます。

そういう男性がとりあえずのクンニをした後でうがいをするのは、汚いという気持ちの表れもあるかも知れませんが、基本的にはうがいをするのは愛液を汚いと思っているわけではありません。

  • 愛液や陰毛が喉に引っかかってイガイガする。
  • ドロッとした愛液が残っている口の中をさっぱりさせるため。
  • シャワーをする時には必ずうがいをするから、クンニや愛液は関係ない。

こういった事が考えられます。


口内発射をされた時を考えると、良くわかるのではないでしょうか。口の中にドロッと残る精液、気持ち悪いわけではなくても、うがいしたくなりますよね。

精液をゴックンした後は特に、喉がいがらくってたまりません。でも、うがいをするからといって、パートナーの精液が汚いと思っているわけではありませんよね。



それと同じで、パートナーもうがいをするから、愛液を汚いと思っているわけではないんです。


乾くとパリパリになる愛液

精液と同様、愛液も乾くとパリパリになります。

肌についたパリパリ感、ちょっと気持ち悪いですよね。


管理人紗江の彼も、SEXの後シャワーへ行くと、必ずガラガラ・・・とうがいをします。でも、そのまま寝てしまったり、すぐシャワーへ行かない時はもちろんうがいなんてしません。

ただ、口の周囲が愛液まみれの時は、洗面所へ行って口の周りを洗っています。かといって、飲み物をベッドから出てすぐ飲む事が殆ど。


頼んでおいた食事を食べないままSEXしてしまった時は、電子レンジでチンしてすぐに食べる時もあります。


そんな感じで、SEXして急いでうがいしに行くわけではない場合は、愛液を汚いと思っているわけではありません。
ただし、殆どの男性は自分の精液は汚いと考えています。
潔癖症の人は特に、精液はもちろん愛液などの体液自体を毛嫌いするのは当然です。


そういう人はクンニは大嫌いなはずです。

もし仮にすぐにうがいをされたとしても、彼女を悦ばせたいという気持ちや愛情あって、クンニをしてくれているのですから、そこはその気持ちを受け止めてあげましょう。

愛液どころか陰毛が口に入ってしまうのは、誰でも嫌なものです。
アンダーヘアはエチケットとして、クンニに差し支えないくらいのケアはしましょう。

合わせてご覧下さい。

男のクンニ中の唾液

男はクンニ中の唾液ってどうしてる?

男のクンニ中の唾液
あなたはフェラの最中の唾液ってどうしていますか?
フェラをする時、基本的に唾液は沢山出す事が鉄則です。
唾液の足りないフェラよりも、沢山出した方が相手が気持ちいいからです。


クンニも全く同じで、唾液は沢山出しながらしてくれた方が気持ちいいですよね。

時々、クンニさえすれば気持ちいいと思っているのか、カラカラの舌で一生懸命クンニする男性がいますが、そういうクンニは気持ちいいどころか不快感しか感じません。

絶えず出している唾液ですが、垂らしてはいてもある程度口に溜まってきます。
その時、その唾液を飲み込むか?飲み込まないか?極端に分かれます。

唾液と混ざる愛液

クンニの仕方にも色々ありますが、愛液が口の中に入るか入らないかの違いもあります。

  • 表面を舐めるクンニ
  • 膣の中の愛液をすくい取るようなクンニ

どちらかだけ・どちらもする 男性によって違いますし、女性もどちらの方が感じるかも人によって違います。
下記の違いを見て下さいね。
※クリックすると別ウインドウでクンニ動画が開きます。

クンニ中の唾液
クンニ中の唾液


明らかに、舐め方が違いますよね。
表面を舐めているだけだと愛液は口の中には入りませんが、膣口までねっとりと舐めていると、当然出ている愛液と唾液が混ざります。

その唾液を吐き出すのか、口に入ってきたものを自然に少しずつ飲み込むのか、男性によっても違います。

愛液を飲み込むのが苦手な人のクンニは、クリを責めるのが中心のクンニになります。
そして、出た唾液も全て口の外に吐き出している事が殆どでしょう。

唾液を出すのは汚いと思っているから?

紗江は、愛液をすするようにズルズルと音をたてて、膣の粘膜を舐め取られるととても興奮します。

自分の愛液を飲み込んでくれるなんて、その行為自体とても恥ずかしい事でもあり興奮しますし、大変嬉しいものです。
でも、絶対イヤという人もいるでしょう。
そういう人は、クンニの後のキスフェラの後のキスも苦手だと思います。


でも、唾液を出すからといって、決して汚いと思っているわけではなく、ただ単に苦手なだけなんです。
潔癖症という言葉がありますが、人によってその潔癖の度合いも様々ですよね。

パートナーが、飲み込んでしまわないように唾液を吐き出すようにしている事にはすぐに気がつきますが、もしそうであっても何も気にすることはありません。
別にあなたの事を汚いと思っているわけではないんです。

こちらも合わせてご覧下さい。

唾液を出すかどうか相手による

愛液が苦手な人は、なるべく愛液が口に入らないようにクンニをし、唾液も吐き出しています。

ただ愛液が苦手ではない人だからといって誰の愛液の混ざった唾液でも飲み込むかと言うと、そうではありません。
誰でもかれでもクンニをした時に愛液の混ざった唾液を飲み込むわけではないんです。


逆の場合で考えてもそうですよね。
フェラ中は、我慢汁と呼ばれるカウパー腺液が出ています。

大量に出る人・あまり出ない人 色々ですが、愛していない男性のカウパー腺液は決して好むものではありません。

紗江は好きな人のカウパー腺液や精液なら、普通に飲み込む事ができます。
でも、本当に好きなパートナーではない場合、カウパー腺液が混ざった唾液は全て吐き出します。
口の中にどれだけ入ってきても、全部垂れ流し状態にするんです。
好意があれば誰にでもクンニできる男でも、その辺りの線引きは必ずあります。

カウパー腺汁や愛液が苦手かそうでないかという事も、人ぞれぞれですので、逆も同じです。クンニしている時の唾液をどうしているのかは気にせずにセックスを楽しむようにしましょう。



合わせてご覧下さい。