潮吹きはさせるけど、男は冷めていてはセックスできない

毎回潮を吹かされたい・・・

潮吹きはさせるけど、男は冷めていてはセックスできない

管理人紗江は、彼とベッドに入り、自分が何度イッても一度は必ず潮を吹かされたいと思っています。

何人と付き合っても、どれだけ多くのオトコとSEXしても、今まで全く感じた事のなかった感覚なので、自分でもどうなってしまったんだろう?と疑問にさえ感じています。

手マンによる潮吹きしかしたことのなかった紗江ですが、少し前挿入によって潮吹きを体験し頻繁に潮を吹くようにはなりましたが、それでも100%毎回潮を吹くわけではありません。

詳しくはこちら⇒挿入での潮吹き体験
ですが潮を吹かなかったからと言って、毎回毎回「物足りないの・・・」なんて煩悩に呑まれ自分の欲望をぶつけてばかりいてはいけないと、時々は我慢をしますが、先日は我慢する事ができませんでした。

その気じゃないのに無理矢理潮吹き・・・オトコの冷めた感覚

それで、もう時間が全くないという状況の中、一緒にシャワーを浴び彼が急いで服を着ている時、紗江はブラとブラウスだけを着て「ねぇ。奥触って」と呟きました。

彼は、「もう時間がないよ。何回もイッたくせに。」と、奥を触って潮を吹かせるのを拒否。

何度も何度も「1回だけでいいから」「一瞬だけでいいから!」とお願いし、「しょうがないなー」とベッドへ戻ってきてくれた彼。

GスポットやAスポットを刺激してもらい、潮を吹かされ満足した紗江でしたが、彼は

  • 「もう疲れた。ヘトヘトで死ぬかも。」
  • 「急いで洗っておいで。」

と、どちらかと言うと冷静沈着な表情で手を洗い、清算しようとポケットから財布を取り出していました。

性感帯について詳しくはこちらからGスポットをはじめとする膣の中の5つの性感帯

潮吹きで満足させてもらったとは言え、もう一度彼のモノでイカされたい・・・人間の欲望は果てしないもの。もっともっとと限りなく求めます。むらむらしながらも、シャワーでさっと流し、服を着ながら聞いたんです。

彼が冷めた表情をしていたわけではありませんが、大きくなっていないペニスや、早くホテルを出ようとしている様子を見てわかってはいても聞きたくなってしまいました。

「潮吹かせてた時、どんな気持ちだった?冷めてたよね?したくならないの?」

冷めていたらできないオトコ

「冷めてたよ。もう俺 仕事モードだから。」

仕事の打ち合わせで時間に間に合わないかもという時だったので、彼の気持ちは仕事に切り替わっていました。
1回戦・2回戦が終わった後や時間がないという時に、無理矢理潮を吹かせてもらったり、「もう1回だけお口でイカせて」と舐めてもらったりして、再度挿入というパターンは多々あります。

  • その気になっていない。
  • 他の事に気を取られて興奮しない。
  • 身体が疲れていてやる気も起こらない時。

こういった冷めている時は、男は当然起ちませんね。

冷めている時、舐めたり潮を吹かせる事はできるけど、挿れることはできません。

冷めていてもできるオンナ

でもその逆に、もう何回もしてヘトヘト・・・という時に、彼が「もう一度お口でイカせて。」と言ってきて、仕方がないなぁ・・・と思って自分は完璧に冷めていても、潮を吹かせるのと同じように当然フェラはしてあげれます。

でも、もう1回!と挿れてきたとしても、冷めていようが冷めてなかろうが、オンナは受け入れる事簡単に可能ですよね。仮に冷めている事で濡れていなくたって、唾液や相手のカウパー腺液やローションを使えばいとも簡単です。
その時は冷めていても、ピストンされているうちに、どんどん感じてしまって・・・という事もあり得ます。

オンナは冷めていたってできる・でもオトコは冷めていたら起たない = できない という事です。

自分が冷めていても相手を感じさせてあげよう

男女関係では、思いやりが大切です。

自分が抱かれて感じ・喜びを感じたいくせに、

  • 一緒にひとつになりたいだけ。
  • 感じている顔を見たいだけ。

などと、オンナは特に言い訳をしたがる生き物ですが、それは自分の欲求であって、実は決して相手に対する優しさではありません。

自分の気分が冷めていても・したくなくても、パートナーに快楽を与えるためだけに行為に及んでもいいのではないかと紗江は思います。

紗江の彼が冷めていながらも、潮吹きをさせてくれた事は、相手の事だけを考えた行為ですね。
そして、オトコと違っていつでもどんな時でもどんな冷めた気分・欲情していなくても、できるのがオンナです。
パートナーのためにできる事は、こういった面でもあるという事を知っていただきたいと思いますよ。

自分の喜びではなく、相手が喜ぶ事をすすんでできるのが【愛】です。



男と女の潮吹きのあれこれ TOP

セックス中に他の相手を想像する男と女

セックス中に考える事

セックス中に他の女の事を想像する男
大好きな人とするセックスの時、あなたは何を考えていますか?

相性が悪ければ快感を得る事ができずに、もどかしい思いをしながら「そんなじゃないのに・・・」なんて考える場合もあるかも知れませんが、相手の事を愛おしく思う気持ちに加え、基本的に考えるのは下記の事が多いでしょうか。

  • もっと感じたい。もっと気持ちよくなりたい。
  • もっと気持ちよくなって欲しい。
  • 二人で一緒に気持ちよくなりたい。

相手を責める時は、相手の反応や声を聞き、もっと感じて欲しくて・もっと喜んでもらいたくて、あらゆるテクニックを使おうと頑張っていると思います。

責める側が多い男も同じく、感じさせる事で快感を得る生き物です。
相手のオンナがどう感じているのか、声や表情を読み取って、体位や腰使いを駆使したり、感じさせるために責めているものです。

でも、その相手に魅力を感じなくなっていたり、マンネリ化や心変わり・また他のオンナに魅力を感じていたりすると、他の異性を想像しながらセックスしているという事もあるでしょう。

相手の事が好きでたまらない、その相手を抱きたい・抱かれたいと思っている時に、他の異性を想像するという事はありません。

セックス中に他の男の事を考える女

昔、紗江の知人がこんな事を言っていました。

旦那とのSEXでは、全く濡れない。
もうカラカラよ。
でも、夜のお勤めは必要だから、仕方なく目を閉じて、〇〇(好きな芸能人)に抱かれていると想像すれば、濡れてくるし感じる。
でも、絶対に目を開けちゃダメ。
途端に、快感が逃げてっちゃうから。
それで、かろうじて我が家のSEXは成り立っているの。

このご夫婦は結婚して15年、お互いの気持ちは冷めざめ、その後離婚をされましたが、こんな風にパートナーとのセックス中に、他の男の事を想像するという方はいるでしょうか?


実は、セックス中に他の相手の事を想像するはオンナの方が多いと言えます。愛撫の時も挿入の時も、オンナは責められている時の方が多いですよね。

一概には言えませんが、責められている時の方が、他の相手を想像する事が可能な方が多いと言えます。

オンナの方がセックス中に他の相手の事を考える方が多いと言うのは、責められたり・挿入されたり、オンナはだいたいが受け身であり、身体や膣内に集中できる時間が長いという事からです。

男が他の女を想像するタイミング


なかなかイケない


男性が他の女を想像するのが一番多いのは、あまり興奮せず、なかなかイク事が出来ない時や中折れをしてしまう時です。


目の前にいる相手では脳が快感を得ず、他の女を想像して興奮を高める必要があるからです。

そのためには、他の相手の事を想像し、女であればクリや膣内・男性はペニスに集中する事が必要です。
他の相手の事を想像するのは性器に集中しイクためのプロセスなんですね。。


責められている最中


上記で言いましたように、オンナの方が責めている時よりも責められている時の方が多いので、他の男を想像しやすいのと同じように、男性が責められている時です。

男性の場合でも、自分が愛撫されていたりフェラをされている時に、あまり興奮しなかったり快感が少ない場合は、目を閉じ他のオンナにされているところを想像します。


相手のリアクションがあった瞬間


愛撫によって反応の仕方は人によって全く違います。

  • 身体の反応。
  • 声の出し方。
  • 感じている時の仕草。

など、顔やスタイルに好みがあるように、自分の好みの反応というものがありますよね。

自分が相手にした事によって、声を出したりピクついたり、相手が何らかのリアクションをします。

それが、自分好みの反応でなくしっくりこない時、過去に体を合わせた自分好みの女の事をふと思い出す瞬間があります。


男が他の女の事を想像する時で一番多いのは?

男が他の女を想像する時で一番多いのは、ペニスの感覚に集中できる時 = 【挿入中】です。

膣の中に入ったペニスだけの感覚に集中する事ができる時が、一番他の女を想像しやすい時なんです。

他の女を想像し、「あの女を自分が責めている」という支配欲・征服欲などが満たされた脳への刺激を得るために、他の女の事を想像します。

  • 身体の相性が良かったり、好みだった過去の女
  • まだ抱いた事はないが惹かれている女の想像をする
  • アダルトビデオの好きなシュチュエーションなどのシーン

「他の女」と限定されるわけではなく、普段見ているAVの好きなシーンを想像する場合もあります。

違う女を想像している時の男の本音

上記のように、挿入中フェラ中など、違う女を想像しイクために性器に集中している時は、実は目の前の相手は、ただの道具でしかありません。

言えば、テンガなどのオナホールを使ってオナニーしている時と変わりなく、イクための道具としか見ていません。

ただ、繰り返しになりますが、SEX中 違う異性を想像している割合は、間違いなく男性よりも女性の方が多いものです。

そして、その想像の相手ともしそういう雰囲気になったら、女も殆どが受け入れるでしょう。あなたは、パートナーに抱かれながら他の男の事を想像するのは、浮気ではないと言えますか?


女の方が怖い生き物ですよ。

もうしたくない?夫婦のセックスレスの原因

夫婦のセックスレス

もうしたくない?夫婦のセックスレスの原因
一度セックスをしなかった原因により、レスはどんどん悪化。
結果もう何年もレスのままというご夫婦はかなり多いのではないでしょうか。


恋愛に熱く燃え、結婚というスタートラインに立ったものの、セックスレスになるご夫婦が多くおられますが、せっかくそばにいたい・一生を共にしたいと思った二人なのに、夫婦になるとレスになってしまうのは何故?

  • 毎回同じパターンのセックスばかりで、刺激が得られなくなってしまった。
  • 毎日顔を合わせ嫌な面が見えてきた。
  • 子どもができ、パパ・ママと呼び合うようになり、お互い異性として意識しなくなった。
  • 良く見せたいという気持ちがなくなり、自分を飾らなくなた。
  • 相手を感じさせたい気持ちよくしてあげたいという気持ちが減っておざなりな扱いになった。
  • 結婚前とは容姿が変貌してしまった。

どういった理由だとしても、レスになる原因の根本はお互いに「あまり興奮しない。」「自分本位になる。」ということになります。

夫婦であってもそうでなくても、付き合いが長くなると、「慣れ」によって興奮が減少してきたり「自分本位」になるのは仕方ありません。

どんなことでも、継続に必要なのは「努力と忍耐」。

レスを防止するには、必ず「努力」が必要になってきます。

もうしたくない?夫婦のセックスレスの原因

夫婦間でレスになってしまっている原因は、人によって様々なものがあると思います。

ここでは、夫が求めてきても「したくない!」と断ってきた結果レスになった場合で考えていきたいと思います。


夫をもう男として見られないのが原因?

夫婦であればマンネリ化するのは当然です。

セックス中に他の相手を想像してしまうように、興奮を得られなくなってきた事が原因にもなります。

あれだけ好きで、抱かれると幸せだったという気持ちを思い出してみて下さい。

相手も同じで妻を女として見れなくなるのは相手も同じです。


忙しくて疲労が重なる毎日・・・断っているうちに自然にレス

現代では、共稼ぎが主流でお仕事をされながら家事・育児に追われている女性も多いですね。

日々の疲れで求めてこられても応じる気になれず「また今度。」その言葉のまま放置していたら、いつの間にかレスになってしまうというケース。

「また今度ね。」と言ったら、夫から求めてくるのを待つのではなく、自分から積極的に誘ってみる努力が必要です。

一度断ると男のプライドもあって夫からは言い出せないものです。いつまでも受け身でいると、そのままレスになっても仕方ありません。

多少疲れていても、数日後には色っぽく自分から責めていってあげるなど、夫の性欲を満たしてあげて下さい。


もう私に愛がない?・・・レスの原因

夫の前戯の減少・自分本位な行為にうんざり。

  • 昔はちゃんと前戯をしてくれていたのに今は全くしてくれない。
  • 愛撫は全くなく、イカせてもくれず自分だけがイッて終わり。
  • キスもろくにしてくれない。

そういった愛の感じないセックスが度重なり、自分に対しての愛が感じられず、セックスが嫌になってしまう事も原因にあります。

でも、そこに自分の欲ばかりが先だっているのにお気づきですか?

自分の欲を抑えて、夫を感じさせてあげるという事も必要です。

でもいつも我慢ばかりしていることはありません。時々は、「愛されていないような気がして寂しい。」「もっとこうしてほしい。」と、お願いしてみるのもちろん必要ですね。


私は道具なの?レスの原因

ただ隣にいるからセックスすると、道具として見られているような感覚になってそれが我慢できずに、レスになってしまう場合もありますね。

管理人紗江が、まだ十代の頃こんな声を聞いた事があります。

20代くらいの若者が沢山集まって話していました。

  • 結婚って、タダでヤルためにするもんだろ。
  • 気もお金も時間も使わずにデキるんだから凄くラッキーじゃね?
  • 俺もう毎日やるわ!早く結婚したいやつはみんなそうだろ。

大声で大笑いしながら話すその様を見て、吐きそうになったことを鮮明に覚えています。

紗江が男性に対して不信感を持ったのはこの事がきっかけでした。

その時から、女として見られるのではなく「人」として求められたいと思い始めたのですが、おざなりな愛撫・挿入だけで終わるセックスが続くとそんな風に感じても仕方ありません。
でも、そんな風に思っているオトコはただの下衆であり、そんなオトコばかりではありません。それに、自分が惚れたオトコがそんなしょーもないオトコであるわけがないですよね。

もし仮にそんな風に感じたら、その気持ちをきちんと話すべきです。

夫が全く求めてこないのがレスの原因

レスの原因が相手が求めてこないというのは、なかなか難しい問題です。
セックスは、お互いに求める事が前提でないと成り立つ行為ではありません。

自分ばかりが性欲があっても、相手がその気になってくれないと必ずレスになってしまいますよね。

男女が仲良くしていくためには、話し合いをする事が必ず必要です。
上記のように心のうちを打ち明けてみて下さい。


夫に対する不満がレスの原因

夫婦になると、今まではなかった問題が出てきます。

  • 私ばかりが忙しくしているのに、何も手伝ってくれない。
  • お金の使い方や人付き合いの事で揉めている。
  • 子育ての方針の不一致で喧嘩が絶えない。

このような原因で、顔を見るとイライラするし、もう触れられたくないと思い断っているうちにレスになってしまったという人も多いと思います。

嫌な面を見つけると、次から次へと増えてきて、何をしても腹が立ってくるものです。人は固定観念を持ってしまうとなかなか変える事ができなくなってしまいますね。

ただし、そこで考えて欲しいのは「自分自身」についてです。

変わってしまったのは自分だけでしょうか?昔は、「そういう男っぽいところが好き」なんて思っていた事もあります。

自分自身も変わってしまったんだという事を少し考えてみて下さい。


どんどん状況が悪化するレス

男性は、女性と違って必ず射精する必要があります。とは言っても、精子を溜めておくと身体に悪いという事はありません。

精液の主な主成分はタンパク質です。精液が溜まると、古いものは分解されて体内に吸収されます。

だからといって、精液を溜めていても何の不都合もないというわけではありません。

射精という一定期間のリズムが狂ってしまうと、精神的なストレスになってしまい、ストレスがかかるというのは当然肉体的な健康にも害を及ぼしてしまうので、やはり男性には必ず女を抱くという欲望を満たす行為やそれに伴った射精をすることは必ず必要です。


子どもが可愛すぎて、妻に対して興味がなくなってしまう夫もいますが、女性は結婚して子どもができると、全神経が子どもにいってしまったり育児に追われそれどころではなくなってしまったりして、夫に対する配慮もなくなってしまいますよね。

夫がセックスを求めてきても、性行為自体がおっくうで「今日は疲れているから」と断る事の繰り返し・・・
断られた夫は、男としての自信をなくし大変傷つきます。そして次に誘う事が怖くなったり、「次も断られるだろう。」次第に求める回数が減ってきた原因で、レスになってしまう。

そして、「もういいや。」と思いその刺激を外に向けてしまう事にもなり兼ねません。

レスの原因が自分にあるという場合は、自分が嫌だからという理由だけで断るばかりではなく、男性の立場になって少し考えてみて欲しいと思います。


合わせてご覧下さい。

セックス中伝わる・・・さりげない優しさ

セックス中伝わる・・・さりげない優しさ

セックス中伝わる・・・さりげない優しさ

付き合いが長くなるにつれ、変わる男の態度・・・
愛や優しさの欠片も感じないセックス・・・


詳しくはこちらでお話しをしていますが⇒私はタダでヤる道具じゃない!

このページでは、されて嬉しい気持ちが伝わるようなさりげない優しさをご紹介したいと思います。

女性は「ほんとそれー!!」「あるある♪」
と思ったら、是非RTやラインなどでのご紹介をお願いします。
そして殆どの男性は、一度理解してもすぐ忘れる癖がありますので、ここできっちりと「愛の伝え方」や「繊細な女性の気持ち」をお勉強していって欲しいと思います。


さりげない優しさで伝わる愛・・・

セックス中伝わる・・・さりげない優しさ
セックス中だけにかかわらず、優しさをはき違えている男性も多々見かけます。
女性がはき違えた色気を出すのと同じような感覚なのでしょうが・・・

女性のはき違えた色気についてはこちらから⇒男にとっての色気のある女とは?

男性も女性も、自分で気がつかないのは仕方ありません。
自分の短所は自分ではわかりませんから。


ですが、”人のフリ見て我がフリ治せ”というように、「誤魔化そう」といういやらしさのある気持ちは、よく注意していると案外簡単にわかるもの。


優しさは、さりげないから意味を持ちます。
決してアピールするものではありません。

ただ、「わかって欲しい」という気持ちから恩着せがましくするつもりはなくても、「こうやってしてあげているんだよ」とアピールしてしまうんですね。
それは「人」であれば当然の事であって、表現の仕方に多い少ない・強い弱いはあるにしろ、そんな気持ちがない人なんて世の中どこを探してもいません。



セックス中は特に人間の本音がでてしまう場面でもあります。
人間が抗う事のできない「性欲」に支配されてしまいがちになるからですね。

でも、それ以上に「愛」があれば、考えなくても自然と出てしまう行動があるはず。
自然と出てしまう = さりげない という事ですよね。



ただ、そのさりげない優しさが、計算した上での優しさかどうかを見抜くのはあなた自身です。
オンナは、勘が働く生き物です。
男の単純な嘘くらい、いとも簡単に見抜くくらい造作もない事ですから。



ただし、女性よりも上手な男性がいても然り。

こちらも合わせてご覧下さい。愛されていると実感できるような愛撫
※男性の方へ
下記の例は、それぞれにオンナの気持ちが萎えるバージョンも載せてありますが、人と場合によります。
セックスで荒っぽくされて余計に興奮を感じる場合もありますし、「愛」と「興奮」は全くの別物という考え方をすると、優しくされるだけが幸せというわけでもありません。


個人差やその時の気分・性癖などによっても全く違うので見極めが肝心です。


さりげない優しさで伝わる愛・・・服を脱がせた後・・・

服を脱がせた後、しわにならないように、ソファなどにさらっと横たわらせるような感じで置いてくれる細やかな気遣いは、女にとって大変嬉しいものです。


※ NG 何を思っているのか、綺麗にたたもうとうするのは逆効果。
余計変なしわになるじゃん!


さりげない優しさで伝わる愛・・・楽な姿勢になるような配慮

さりげない優しさで伝わる愛・・・楽な姿勢になるような配慮

正常位での挿入中、キスをしようと顔を上げて彼の唇へ近づけていったら、枕が高くなるような置き方で頭の下に置きなおしてくれる。

※ NG キスしようとしているのを無視するのではなく、

  • 軽く「チュッ」
  • 枕を置きなおす
  • 熱いキス
    • の順序なら尚GOOD。

      また、女性の首を腕で抱えながら熱いキスをし、その後で枕を置いてくれると、女がその瞬間気持ちが高まってキスを求めた意味まで把握してくれているようで、胸キュンです。


      さりげない優しさで伝わる愛・・・頭をぶつけないように配慮

      愛撫中や挿入中、女性は気持ちよくなると、上へ上へと逃げる習性があります。
      頭の上のベッドの柵や、ラブホテルなどでは、結構尖った角が突き出ているものですよね。
      そこに頭をぶつけないように、枕を置いてくれたり、手でガードしてくれると胸キュンですよね。


      さりげない優しさで伝わる愛・・・フェラ中にそっと・・・

      フェラ中、髪をそっと耳にかけてくれたり、優しく頭を撫でてくれる。

      ※ NG 興奮しているからといって、頭を持って押し付けるなんて、一気に気持ちが萎えてしまいます。


      さりげない優しさで伝わる愛・・・優しく声をかける・・・

      手マンなどの時に「痛くない?」「こうしても大丈夫?」と優しく声をかけてくれると、とっても安心しますね。
      「痛くなったり、つらかったら我慢せずすぐに言ってね。」なんて言ってくれていると、もし「大丈夫」と言った後でも、ちょっとでも痛い時は、言いずらい気持ちを配慮したその言葉で、言いやすくなります。


      ※ NG 「これ気持ちいい?ぐちょぐちょに濡れてるよ。」なんていやらしい言葉 女は求めてはいません。
      ※言葉責めを含んだSMプレイは例外とします。

      終わった後のさりげない優しさ

      男がセックスをする前に優しくできるのは当たり前。
      始まる時よりも、終わった後の優しさはとっても重要ですよね。
      お互いにオーガズムを得、快感の余韻に浸る時間は、お互いの愛を確認し合い、深める時間でもあります。


      さりげない優しさで伝わる愛・・・二人がイッた後・・・

      自分のモノはティッシュでさっと覆って、先に女性のあそこを拭いてくれるのには、愛を感じますよね。

      そして、横に添い寝をし、髪や肩を撫でたり、カラダの色々な部分にキスをしてくれると、セックスだけが目当てではないんだという確信に変わります。


      セックス中伝わる・・・さりげない優しさ

      髪や濡れた上半身などの汗をそっと拭って、「汗が乾いて寒くない?」と配慮してくれる優しさに胸キュン。
      布団では暑いからと、バスタオルを体へかけてくれる男性なんかも素敵ですね。


      ※ NG 汗が乾いて寒いからと、布団を首までかけられてしまった時は、「暑いってば!!」なんて言いたくなります。


      さりげない優しさで伝わる愛・・・飲み物を取ってきてくれる・・・

      男性の方が大変にしたって、女も多少なりとも動きますし、喘ぎ声を上げもするし、セックスってとっても重労働・・・かなり疲れるし喉も乾きますよね。
      少し落ち着いたら、さっと飲み物を持って来てくれる優しさには、ぐっときます。


      ※ NG どこへ行くんだろうと思ったら、自分だけお水を飲んでベッドに戻ってくるなんてヤツ、いないとは思いますが最低です。


      さりげない優しさで伝わる愛・・・さりげない言葉・・・

      セックス中の言葉同様、終わった後に軽く後戯をしながら、「綺麗だったよ。」「気持ち良すぎて我慢できなかった。」なんて言葉は、最高の褒め言葉となりますよね。
      あまりに感じすぎて激しく悶えてしまった事を後悔する時ってありませんか?

      悶え・感じている時や、絶頂を迎える時の顔や体の痙攣なんて好きな男性には見せたくないものです。
      女にとっては、お世辞にも「綺麗」と言える代物ではありませんから。

      「綺麗だったよ。」と褒めてもらえるのは、

      「自分の前で曝け出してくれる君が愛おしいんだよ」

      という意味合いも含め、「愛してくれている」そう感じさせられてとっても幸せな気分になりますね。


      愛されていると実感させる愛撫はこちらからどうぞ ⇒ 愛されていると実感できるような愛撫
      ただし、考えたくはありませんが、こういったさりげない優しさを自然に醸し出している男性は、実は前の彼女にも そしてその前の彼女にも・・・
      またこれから仮に浮気する女性と出会ってセックスする時にも、同じ優しさのあるセックスをするんです・・・

愛されていると実感できるような愛撫

愛されていると実感できるような愛撫

愛されていると実感できるような愛撫
エッチなムードになるともう興奮しすぎてすぐにSEXを開始したい気持ちはわかりますが、服を脱がしてすぐ・ベッドに押し倒してすぐに、胸を揉んだり吸い付いたり、ショーツに手をかけたり、すぐに局部へ愛撫を開始する男性は、どれだけ飢えてるの?と疑ってしまいますよね。

それに、愛の実感が微塵もない上、それこそただヤるだけが目的なような気がして、気持ちも萎えてしまいます。


局部を愛撫されるのは当然気持ちはいいのですが・・・男性が一番わかっていないのはその辺り。

  • 乳首を触るなら、手のひらで耳から頬辺りを包んで。
  • クリを触るのなら、ぎゅうっと抱きしめて。
  • ピストンするなら、しばらく静止して見つめて熱くキスをして。

そういった愛撫の方が、心がいっぱいに満たされ、愛されていると実感できるものなんです。

男性とは全く違う!快楽を感じるポイント

男性は、繋がっている卑猥な部分や揺れているバストなどを見ることによってより興奮を感じますが、女性はそんな事を求めてはいません。(基本的に)



SEXの快感がどうとか、そんな事は一切関係なく、愛されていると実感できるような愛撫をしてもらえると大変嬉しいものですよね。

その「実感」こそが、女にとってのもうひとつの快感のポイントです。

ここでは、愛されていると実感できる男性からの愛撫などをご紹介していきます。

RTやラインなどでのご紹介で世の男性にも是非広めて下さいね。


愛されていると実感・・・局部以外へのソフトな愛撫やボディタッチ

局部以外へのソフトな愛撫や、じゃれ合ったりしながらのボディタッチは、「射精をするためにSEXをする」男性と違って
「裸で触れ合う」事によって愛を感じる女性にとっては、快感をも勝る喜びです。


愛されていると実感・・・あえてポイントをずらした愛撫

男性が性的に興奮しないような場所(バストやあそこ以外の場所への愛撫)は、愛おしまれているような愛情を感じますよね。

首筋に背中や腰・腕など・・・

※ NG 1か所をあまりにもひつこく愛撫しすぎるのは、イライラさせてしまい逆効果です。


愛されていると実感・・・挿入中も絶えず・・・

愛されていると実感・・・挿入中も絶えず・・・
挿入しながらでも、唇や頬・首筋など絶えずキスをしたり、頬ずりをしてくれる。

NG 男性の視覚的な興奮は、揺れるバストや結合部を見る事ですが、そんなところガン見されても全く嬉しくないし、むしろAVでも見てろ!と言いたくなりますよね。
それに、ピストンしながら乳首を吸ったり舌で転がしたり、それが必ず毎回・・・?
気持ちはいいけど、
そういうところじゃなく、キスして欲しい・・・オンナゴコロをわかって下さい殿方。


愛されていると実感・・・全裸の密着愛撫・・・

愛されていると実感できるような愛撫
愛撫をしていき、お互いに全裸になってから、ぴったりとカラダは密着。
手足を絡め抱きしめ合ったり、カラダの線をなぞるように撫でたり、唇や首筋・肩などへのキスなど、お互い熱を確認し合いながら愛し合う時間。
じゃれ合ったりしながらのボディタッチと同じような感じですね。

ポリネシアンセックスというSEXの仕方があるのをご存知ですか?
魂の交換のための行為とも言われていて、下記のピストンしないという事も含まれます。
男女共に、味わった事のない快感を体験できるかもしれません。愛を確かめるために是非お試しあれ。

詳しくはこちら⇒ポリネシアンセックス



009

愛されていると実感・・・挿入後あえてピストンしない

挿入した後、とにかくピストンさえしていれば気持ちいいんだろうと勘違いしている男性が多く存在します。

どこでどんな風にしてそんな事を覚えてしまったのかはわかりませんが、激しくピストンすれば気持ちいいというものではありません。
男も女も、ピストンを全くしなくても、イク事も可能なんです。

詳しくはこちら ⇒ ピストンしないSEX

そして、挿入してから相手の膣の中の熱や感触を愛おしむように、じっと静止したままキスしたり、頭を撫でたり、愛の言葉を囁いたりされると、急いで射精しようとしている様子も感じられませんし、
愛されているんだなと実感できますよね。


愛されていると実感・・・見つめ合う

これは、SEXが始まってから終わりまで、いつのタイミングでもOKです。
エロ好きな男性が、そんな事もそっちのけで、相手の瞳を愛おしそうに見つめるなんて、オンナにとってそんな幸せな事はありません。
特に、挿入後ピストンせずに見つめるのは100点満点です♪


愛されていると実感・・・手を繋ぐ

愛されていると実感・・・手を繋ぐ
これも、上記と同様SEXが始まってから終わりまで、いつのタイミングでもOKです。

  • 愛撫をしながら。
  • 挿入しながら。

熱く指を絡ませ合う。
それだけでオンナは愛されていると心の中は満たされます。

ところが、指を絡ませ手を繋ぐ行為。
見つめ合うのも、挿入中愛を感じるようにじっと静止する事も・・・
実は愛していない女性とのセックスでも、できる男がいるんです。


男はそんな疑似恋愛的な雰囲気を楽しめるという事です。
一般的な女性にはありえませんよね。

セック中甘いムードを作る事のできる男が、オンナが愛を感じて喜ぶような基本的な事を全て理解していて当たり前。


セックス中伝わる・・・さりげない優しさで、男の単純な嘘くらい、オンナは勘が働き見抜けると言っていますが
全て見抜けるわけはありませんし、自分よりも上手な男性もいるものなんですね。

愛されていると実感するような愛撫や、言葉があったとしても、100%信じてしまう事のないよう、誰とのSEXであっても、ひとまず「SEXの快感だけを楽しむ」くらいの気持ちでいるようにした方がいいかも知れません。

SEXで愛を感じたからといって、オンナの気持ちをきっちりわかり、それに心から応えてくれるような特別な男は1人もいないと思っていてもいい程です。



後になって「この人だけは特別だと信じていたのに・・・」そんな風に泣きを見ないように心掛けておくべきですね。
本来、女はそういう割り切りができる生き物なんです。
一途なあなたでも、例外ではありません。


合わせてご覧下さい。

男に甘える方法~ 馴れ合い編 ~

馴れ合った男女の関係

男に甘える方法

長く付き合った男性・夫婦 二人の時間を共有すればする程、「馴れ合い」が生じてきます。


男性は、平気でおならをするようになるし、セックスの後腕枕をしてくれていたのに、してくれないようになるし、すぐにいびきをかいて寝てしまうか、テレビをつけます。


女は心の中で「ねぇこっちを向いて」「私を見て」と願います。


「甘えたい」という気持ちは、自分を一番に考え、自分を愛して欲しい そう強く願う自己愛からの表れです。だからと言って、甘えたいと思うのは当たり前の感情であるし、甘えてはいけないというわけではありません。

ですが、いつもいつも自分を甘えさせてもらおうと思うのは、相手よりも自分の事の方が愛していると言えるんです。
  • 今までだったらしてくれたのに。
  • もっと優しかったのに。
  • ちゃんとキスも愛撫もしてくれていたのに。

不満ばかりが募り、いつでも自分自分自分。

では、最初はどうでしたか?
自分よりも彼の体の事を心配し、彼に無理をさせたくない と思っていたはずですね。


彼が変わったのは事実。
付き合いが長くなると、本性を表す事ができるんですね。それは何故か?安心できるパートナーになったからなんです。


おならをするのも、クンニをささっとしかしてくれないのも、あなたを本当のパートナー・家族として認識しているからなんですね。


安心しているんです。気を遣わなくても癒される相手になっているんです。

女は勝手なもので、おならをしたり、子どもみたいにふざけたり、今までは隠していた爪を噛む癖をあなたの前でするようになったら、嬉しく思います。
私の前で、本当の自分を見せてくれている!って。


でも、自分にとって不利になる事、自分が気に入らない事をすると、腹が立ちます。相手がどういう気持ちかも考えずに責め立てますよね。

そういう部分を彼は持っているんだ。
全て認めてこそ、本当の「愛」だと言えるんですね。自分の思い通りにしてもらえる事が「愛」ではありません。

甘えてくる女というのは、たいてい高慢な女と思って間違いない。
彼女は自分の甘えが通ると思っている。
自分の甘えが通ると思うことが高慢でなくて何であろう。


通ると思うからこそ甘えるのである。
したがって、だいたいにおいて甘えた女の魅力は長続きしないものである。


一時期の可愛らしさを過ぎてみれば、高慢だけが鼻についてとてもやりきれるものではない。
したがって、魅力のある女性というのは甘えていない女である。


ねこなで声を出したら自分の思うことが通ると思うのは、
あるいは自分が可愛がってもらえると思うのは、
それだけ相手をなめているからである。                  出典:homepage1.nifty.com/koseki2SA/


馴れ合いの中で上手に甘える

男に甘える方法

ですが、男は所詮男。
そこまで深く考えているわけはない!!紗江も声を大にして、世の中の男に言いたいですよ!大切ならもっと努力をしろ!男だからって何でも許されると思うな!と。


でも、相手に変わって欲しかったら、まず自分を変えてみましょう。
すぐに納得する事は難しいと思いますし、あーそうだったんだと気づいても、また腹が立つ・・・その繰り返しです。それが、長く付き合っているカップルや夫婦がお互いに成長していくための過程なんですね。



男を操作するのは簡単です。
馴れ合いの中でも、上手に甘えていけばいいんです。


ただし、甘えたいと思った時の8割ほどは我慢しましょう。
女は全てを計算できる生き物です。
男にはできない事ができてしまう凄い生き物なんですね。

でも、そのうちの2割は彼がテレビを見ていようが、甘えちゃえばいいんです!
おかまいなしに、ベタベタくっついていけばいいんですね。
うっとうしいと言われても、くっつきたかったら、彼が何をしていてもそれでいいはずです。相手がどう ではなく、自分はどうしたいか それで満足できるように、思いっきり甘えてみましょう。


キスして。抱いて。とせがんで甘えましょう。
きっと、彼も時々はそれに答えてくれるはずです。
時々では我慢できないかも知れませんが、男は子ども。子どもは無邪気に泣いたり笑ったり自由です。



そんな可愛い子どものような男を、見守ってあげられるような素敵な女性になりたいものですね。

一番覚えておいて欲しいのは、
何かを求める時は、自分からも彼を癒し与える気持ちになりましょうと言うことです。

ご結婚されたばかりの方や、長く付き合っていきたい彼がいるあなたは、今からこういう事を踏まえて自分を磨き、今よりももっともっといいオンナになっていきましょう!



こちらも合わせてご覧下さいね。

女性のためのセックス講座~彼の心を鷲掴みにし、本当の愛を育む方法~