女性ホルモン「エストロゲン」が多いと浮気願望が強い?

「エストロゲン」が多いと浮気願望が強い?

女性ホルモン「エストロゲン」が多いと浮気願望が強い?
分泌が多いと、性欲を増進させると言われている「エストロゲン」ですが、実は浮気願望についても関係があると言われています。

その浮気に関係があるのは、「エストロゲン」の中に含まれる「エスラジオール」という成分です。

テキサス大学の研究では、「エストロゲン」(エスラジオール」)が多い女性は、パートナー以外の男性に近づく可能性があるという研究結果を発表しました。

17歳~30歳の女子大学生52人を対象に研究を行った。
その結果、「エストラジオール(エストロゲン)が高い水準にある女性は、自分のパートナー以外の男性を誘惑したり、キスをしたり、さらに親密な行動をとったりする可能性が高いことが示された」という事です。


「エストロゲン」は、性欲を増進させる機能と同様に、異性の性欲を煽る身なりをしたり、刺激を求めるような行為をすると報告しました。

この研究はたった52人が対象で、信憑性に欠けるイメージがあります。

でも、「エストロゲン」は、魅力溢れる女性を作る美人ホルモンです。

魅力的なオンナには、男性が惹きつけられますよね。

異性と接する機会が増える事によって、たまたま研究に携わった52人が浮気性の女性が多かったため、【「エストロゲン」が多い女性は浮気願望が強い】という結果が出たのではないかな?と管理人紗江は感じたのですが、皆さんはどう思われますでしょうか?

「エストロゲン」の浮気願望の真逆論

分泌が多いと浮気願望が強い「エストロゲン」ですが、全く正反対の事も言われています。

【「エストロゲン」は恋に対して一途になる】という事です。

「エストロゲン」の分泌が多いと好きな人の事だけを一途に想い続ける作用があるとも言われていて、長所ばかりしか見えず、四六時中考えてしまう事になってしまうようです。

  • 浮気願望が強い。
  • 一途になる。
果たしてどちらが真実なのでしょうか?

「エストロゲン」は浮気?一途

実は、「エストロゲン」は妊娠中に大幅に増加するホルモンです。

妊娠すると、まずプロゲステロンが増加します。プロゲステロンは胎盤を作る働きを持っていますが、イライラしたり不安になったりする精神面に影響を与えます。

そして、妊娠が安定してくると、「エストロゲン」の分泌量が増えていき、出産するまで増え続けます。

「エストロゲン」は、母乳を出す準備や、子宮内膜を増加させる役割も担っています。

お腹の中に芽生えた大切な赤ちゃんの誕生を心待ちにし、幸福感を得ている時に分泌される事から、「エストロゲン」は浮気願望が強いのではなく、一途になる という説の方が有力だという風に考えるのが妥当ではないでしょうか?


・・・というのが、管理人紗江の個人の見解です。


合わせてご覧下さい。

前戯不足で濡れない女

何故濡れないんだろう・・・こんなに感じているのに。

前戯不足で濡れない女

  • 濡れないから不感症だと思われるかも。
  • 本当に気持ちいいのに、濡れないと演技だって思われてしまう?
  • あまり濡れないから性交痛でSEXするのが憂鬱。
  • 前の彼氏の時は濡れてたのに、何故か今は濡れない。

男性がペニスの勃起力を気にするように、女性も同じように愛液不足で悩む人が多いのですが、あなたはどうでしょうか?

前戯不足も濡れない原因だった!

女が、SEXで感じ・そしてイクためには、必ずリラックスする必要があります。

ですが、どれだけリラックスしていても、それにそぐう前戯は必ず必要です。

実は、女が濡れないと悩んでいる要因には、前戯不足という事実があるんです。

前戯不足である場合、愛情ホルモンであるオキシトシン幸せホルモンであるセロトニン、そして女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが充分に分泌されずに、濡れないという事にもなり兼ねません。
前戯不足だなと自覚した男性諸君は、もうほんの少しだけ気をつけて欲しいと思いますよ。


女性の方は下記もご覧下さい。

こういった女性ホルモンは、生理と深い関係にありきちんと分泌されないと生理痛やPMS(月経前症候群)を引き起こすと医学的にも証明されています。
生理とこの2つのホルモンの分泌の量についてはこちらをどうぞ
※新しいウィンドウで開きます。


前戯不足とホルモンの関係

女性ホルモンと自律神経が乱れることは、深い関わりがあり、濡れにくいと言った状況を作りだしてしまう原因にもなります。

濡れるためには、副交感神経を優位に働かせリラックスする必要があると何度もご説明していますね。

自律神経の乱れは、濡れにくくなる一つの原因になるんです。

更年期を迎えた女性が、濡れないと多くの方が悩んでいます。

前戯不足で平気なオトコ

それよりも、サイト管理人紗江は、オトコの勝手な前戯不足・前戯の手抜きに対して、一言言わせていただきたい心境ですよ。

オンナを気持ちよくさせるために前戯するのは男の役目、オトコを気持ちよくさせるために前戯するのがオンナの役目。お互いに前戯不足なんて思いやりが足りなさすぎますよね。

フェラだけを強制し、前戯不足になるなんて全く考えられません!

オトコだって刺激がなければ起たないように、オンナも興奮し挿入する前には濡れる必要があるんです。
濡れるためには

それを、オンナは濡れなくても挿れられるからって、前戯不足のままで続行し自分だけがイクなんて・・・

そんなオトコは、オンナが濡れるためには、前戯不足のままではいけないという事をしっかりと把握していただきたいと思いますよ。

性行為に前戯は必要なし?

オトコは、基本的に受け身のオンナとは違って能動的な生き物です。

もう珍獣と言っても過言ではないくらい、SEXには必ず射精が必要なんですね。
※基本的な事であって、全ての男性がそうと言うわけではありません。

そういったオトコに対し、「前戯不足!」なんて言ったって、わかりっこありません。

だって、自分の想いは自分だけのもので、異性だけに限らず同性であっても、人に心の奥底の気持ちを理解してもらうなんて事は100%絶対にできないんですから・・・。


前戯不足であろうがなかろうが、あなたが決めたパートナーなら、自分を信じて貫いてみるのもいいかも知れません。

合わせてご覧下さい。


男と女の浮気の謎

浮気を繰り返す男の謎

浮気を繰り返す男の謎

据え膳食わぬは男の恥


食べてくださいと、すぐ食べられるように支度が整えられた据え膳に手をつけないのは男の恥である。


炒り豆と小娘はそばにあると手が出る


1つ食べ始めると止まらなくなる入り豆を例えにしたことわざです。
いり豆と同じで、男性は近くにオンナがいるとすぐに気をとられるという意味。


頭禿げても浮気はやまぬ


頭が禿げる程歳をとっても色気があり、一度覚えてしまった浮気という快楽は、なかなか収まらないという意味。


SEXは男性にとって愛情があっての行為ではなく、「とりあえずしておこうか」程度でも簡単にできてしまうものです。
浮気に関しても「男だから浮気しても仕方ない」という考えが、今も当然のように残っていますね。

何故、男だからというだけで浮気が認められるの?なんて考えませんか?


そもそも、基本的にオンナは仮に浮気心があっても理性で抑える事ができます。
そして、オンナの浮気は本気の始まりとも言え、SEXに関しても男性のように、軽い気持ちでできるものではありません。


理由のひとつに、「女は受け身」という事が考えられますね。

詳しくはこちら⇒女が受け身のセックス

妊娠の可能性がある女性が、男のような感覚になれば、とんでもない事になります。
だから、昔から女性は女性らしくと貞操観念を植え付けられてきたのだとも考えられます。


一途なオンナから見れば、男が繰り返す浮気は、全く意味がわかりませんし、気持ちさえ理解し難い事でもありますよね。
まさに、浮気を繰り返す行為は「 謎 」でしかありません。

浮気防止ホルモン「ヴァソプレッシン」

男性は出逢い付き合っていくうちに、絆ホルモンの「ヴァソプレッシン」が、多く分泌されてきます。
「ヴァソプレッシン」は「この人が喜びをくれたんだ」という事で、愛着を生み出すとされていますが

詳しくはこちら⇒男と女の「愛着」について

実はヴァソプレッシンは「浮気防止ホルモン」とも言われ、逆にヴァソプレッシンの分泌が少ない男性は、浮気・離婚率が有為に高いという研究データも出ているんです。



人間では浮気の研究をするのは不可能なので、2種のネズミを使った実験がされました。

研究の結果

  • オスとメスが一夫一婦で、オスも子供の世話をし、一生を共にするプレイリーハタネズミは、「ヴァソプレッシン」が多い。
  • オスは出会ったメスと交尾をし、すぐどこかへ行ってしまい、子育てはメスだけでするというアメリカハタネズミは、「ヴァソプレッシン」が少ない。

という事がわかりました。




「ヴァソプレッシン」が少ないアメリカハタネズミは浮気者どころか、人間で言えば浮気を繰り返し続けるどうしようもない男と同じという事ですね。

そして、アメリカハタネズミに「ヴァソプレッシン」の受容体を脳内に入れたところ、増えた「ヴァソプレッシン」の作用か、つがいになったメスと共に暮らすようになったと言います。

男と女の浮気の違い

「肉体的」と「精神的」

男性の浮気は、ただのカラダの関係という割り切りができますが、女性は精神的な要素が必要です。
男性は、簡単に言えば興奮し射精さえできればいい生き物です。
精神的なものが必要か必要でないかの違いですね。


「本能」と「理性」

男はただ快楽欲しさに本能でSEXを求め、女は貞操観念など理性で抑えます。
妊娠してしまう可能性を常に考えているためですね。
そして、女の浮気は上記の精神的という面から始まる事が多く、理性を持って浮気すると言えます。


「ただの遊び」と「本気の前触れ」

そして、女がセックスをすると、愛着が湧きすぐ本気に変わってしまうパターンも多いのが現実です。
その点、男はただのセックスの相手と割り切った付き合いができます。
不倫しながらも、奥さんとは別れないというのはこういうワケですね。


「安心」と「物足りなさ」

男性は、女性が自分のものになったと安心すれば、浮気をして遊ぼうとします。
でも、女性はパートナーが、自分の思い通りにしてくれない物足りなさから浮気に走る傾向があり不安になると浮気してしまいます。


「自分のせい」と「人のせい」

男性の浮気は、出来心でついしてしまったと自分が悪い事は承知の上です。
でも、女性は「あなたが寂しくさせたから」などといって、何でも人のせいにしてしまいがち。言い訳は女の得意分野です。


こうして男女の違いについて考えていくと、当サイト管理人紗江は女でありながら。女というものはやっぱり怖いなとつくづく感じます。

オトコはオンナの気持ちもわからずに・・・とは言いますが、男性が、もし女と同じような生き物になったとしたら、世の中めちゃくちゃになってしまいますね。
オトコとオンナは別の生き物だから、うまく回っているのかも知れません。

合わせてご覧下さい。

男と女の「愛着」について

愛着が湧くこと

愛着が湧く
愛着が湧く

慣れ親しんだものに深く心が引かれること。という意味ですが、

  • より深い愛情になる
  • 心から愛する
  • 相手を慈しむ

という感じでしょうか。


人間の愛着とはいったいどんなものなのでしょうか?

男と女の愛着について

人と出会い好きになると、恋愛ホルモンPEA「フェニルエチルアミン」が脳内で分泌されます。
そして、脳内麻薬エルドルフィンや快楽物資ドーパミンの濃度も上昇。

詳しくはこちら⇒脳の麻薬PEAの作用とは?

男性の変化

絆ホルモンの「ヴァソプレッシン」が多く分泌。
ヴァソプレッシンは、カップルの心をより深めると言われています。幸福感や満足感を与えるホルモンなんです。
「この人が喜びをくれたんだ」という記憶を作り出すことで、愛着を生むと考えられています。


その上、ヴァソプレッシンがより多く分泌されると、性的興奮を促すテストステロンは減少し、性欲が下がってしまうという考え方もあるんです。
ずっと同じ相手とセックスする事で、セックスの回数も減り「飽きられてしまったの?」という状態になっても、「愛着が湧いた」という風にも考えられるんです。

詳しくはこちらの下部で⇒同じ相手だとセックスは飽きる?

女性の変化

女性では愛情ホルモンの「オキシトシン」が多く分泌されるのですが、ヴァソプレッシンと同じく幸福感や満足感を与えるホルモンです。
オキシトシンは、もともと子宮の収縮とお乳を出す作用があるとして見つかりました。
母性愛の土台となるホルモンでもあります。
女性の場合は、このオキシトシンが、愛着に大きく関わっているんです。

そして、これらのホルモンが分泌される前の段階の、恋愛ホルモンPEA「フェニルエチルアミン」に寿命があるからこそ、絆ホルモンや愛情ホルモンが分泌されるのです。

詳しくはこちら⇒脳の麻薬PEAの作用とは?

男女の愛着を担うホルモンの違い

男女の愛着を担うホルモンの違い
幸福感や満足感を与えるホルモンで愛着を生み出すのは、
男性の場合は、「ヴァソプレッシン」女性の場合は「 オキシトシン 」ですが、この両者の祖先にあたるホルモンが同じと言われています。
愛着の生み方はそれぞれに違い、

  • 「ヴァソプレッシン」は、出逢いの後に愛着を生む
  • 「 オキシトシン 」は出逢いの前に愛着を生む

とされています。


「 オキシトシン 」が大量に分泌されると、相手に対する警戒心が弱まり、男性の接触を容易にしてくれるのに対し、「ヴァソプレッシン」は実際に触れ合った結果、相手に対して親しみの情を抱くかたちで効くというわけです。


基本的に、男性は誰とでも軽い気持ち簡単にセックスする事ができますが、女性は相手を信頼し安心感がないとセックスする事はできません。

女性は男性よりも、脳内の右脳と左脳をつなぐ「脳梁」という部分が太く、的確に右脳と左脳の情報交換ができるので直感力に優れ、些細な情報まで脳で判断できたり、男性の些細な変化に気づきやすいと言われています。
相手の見た目や話・ニオイなど、些細な情報まで、脳で判断できるので、女の勘が鋭いのはそのためです。

一方男性は、女性のように瞬時に判断する事はできません。
セックスにはすぐに飛びつく生き物ではありますが、愛着が湧くまではある程度の付き合いや時間が必要だというわけです。
男性の愛着にも身体の相性だけでなく、心の相性も関係してきます。


男女の愛着の作用にも、このような違いがあるんですね。

男性の愛着の脳の喜びとは何?

男性の愛着の脳の喜びとは何?
そして、男性に働く「ヴァソプレッシン」は、「この人が喜びをくれたんだ」という記憶を作り出すことで、愛着を生むと言いましたが、

上記ページで掲載している家庭を顧みない浮気者のネズミに「ヴァソプレッシン」を仕込んだところ、無事仲睦まじくつがいになって暮らした結果が出ましたが、そのオスのネズミは相手から「喜び」の記憶を作り出したと言えます。
では、実験の場合では、その「 喜び 」とは何だったのか?


その愛着の脳の喜びは、セックスの快感であったとされています。


動物にとって、セックスの悦びはもっとも強力な快感の源泉です。
それは、脳にとって大きな報酬効果をもたらします。


それを考えると、男性は繰り返しセックスする事で愛着が湧くという事になります。

ただし、この考え方はホルモンの作用だけの考え方であって、男女の関係はその関係性の背景や相性・付き合い方など様々なものが絡みあっています。
セックスを繰り返したからといって、愛着が湧くと安易に考える事はできませんね。

女がすぐ愛着が湧くワケ

以上の事を踏まえて考えてみると、男性とは違い、女性は一度寝ただけで相手に夢中になり依存してしまう傾向が多く


一度セックスをしただけで

  • 私の事カラダ目当てだったの?などとオトコを追い詰めたり
  • セックスしたから、もう私はアナタのオンナ。と彼女気取り・・・

「 勘 」という安易に働いた判断を元に、「 オキシトシン 」を大量に分泌させ、簡単に男を信頼・依存してしまう結果を招く事になってしまうんですね。

やはり女は複雑で面倒臭く、本当に怖い生き物だと思いませんか?



合わせてご覧下さい


オナニーをしすぎると毛が濃くなるの?!

オナニーで毛が濃くなる?

オナニーのしすぎで毛が濃くなる?

このページでは、「オナニーで毛が濃くなる?」について考えていきたいと思いますよ。
オナニーが何故かいけない事だと認識されているのは、「女」である事が根本にあります。

詳しくはこちらから⇒男と女のセックスの目的の違い?





男性だけに限らず、女だって本能というものを持っています。
年齢は様々ですが、何らかのきっかけでそれに目覚め、ここを触ると気持ちいい・ここをこう触るとイク事ができる。そんな感じで、女もオナニーに対して色々と覚えていきます。そしてもっともっとと快感を求めるようになりますよね。

ananの”感じあうSEX 2014年8月no1917号で、一人エッチ、ホントの実態調査の500人のアンケート回答で、一人エッチの経験があると答えた人はなんと95%。
そして、ひとりエッチの経験の頻度にしても、

  • ほぼ毎日 6% 
  • 週3~5回 21% 
  • 週1~2回 46% 
  • 月1回 18%

こういう結果が出ています。
もっと詳しくはこちらから⇒一人エッチについて500人の本音

だけど、オナニーをしすぎると、毛が濃くなるって本当ですか?!

オナニーをしすぎると、毛が濃くなるって本当?!

オナニーをしすぎると毛が濃くなるのなどと言われていますが、それは思春期にし始める女性が多い事から言われている事なんじゃないかなと、紗江は思いますよ。

もちろんお医者さんではありませんので、医学的レベルの話ではありません。当サイトの内容全て、紗江独自の解釈の元のお話ですので予めご了承下さいね。

体毛は、ホルモンの分泌が大きく関係しています。
女性でも、女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンも持っています。
思春期になると、ホルモンの分泌が活発になって、男性ホルモンの量が多くなります。
それまでは薄くうぶ毛くらいだった体の毛も、そのために太くなったり濃くなったりします。思春期にあそこや脇にも毛が生えたりしますね。

ちょうどその時期に、オナニーを始める人が多いので、オナニーをしすぎると毛が濃くなるという風な解釈になるのだと、紗江は考えています。

オナニーで毛が濃くなるのは都市伝説並みの考えです

これは、全て紗江独自の解釈のお話ですので、医学的な根拠が全てに含まれているわけではありません。

オナニーで毛が濃くなる~否定その1~

上記でも言いましたように、思春期になるとホルモンの分泌が活発になり、男性ホルモンの量が多くなるのですが、それによって毛が濃くなったり・太くなったりするんです。ちょうどその時期に、オナニーを始める人が多いので、オナニーをしすぎると毛が濃くなるという風な解釈になるだけなんです。
オナニーのしすぎで毛が濃くなる事はありません。

オナニーで毛が濃くなる~否定その2~

オナニーは女性にとって、大切な女性ホルモンのエストロゲンを活発化させる働きがあります。
女性ホルモンは毛を薄くする効果があるんですよ。一方、男性ホルモンは体毛を濃くする働きを持っていますので、結果オナニーをする事によって、毛が濃くなるという事はないと考えてもいいでしょう。
エストロゲンは、胸のラインを綺麗に保ったり、美肌効果もあります。

オナニーで毛が濃くなる=間違い×!(紗江の見解)

紗江が、オナニーを始めたのは約9歳。
それからというもの、性の意識に目覚め、気持ちいいという事に逆らうことなく生きてきました。
したいと思えばオナニーをし、SEXに対しても躊躇なくしてきました。
もちろん「自分が傷つかない」それが根本にありましたが。

それで傷つかなかったとは言えませんが、自分は女である事を意識し常に正直に生きる。
自分に正直にエッチする。
それでも紗江の体毛は処理しなくてもいいという程ほとんどなく、あそこの毛は丘にちょこんとある程度です。

性に対して興味深々の時からオナニーを幾度となく繰り返してきて、こんなに体毛が薄いのはどうしてでしょうか?

紗江は、女性ホルモンの塊だからではないかと考えています。
女として意識して生きる そのことが体毛を濃くさせていないのではないかって思っています。

思春期に、もしかしたらオナニーのしすぎで体毛が濃くなっているのかも?!と不安になったとしても、ある程度成長してその思春期を過ぎるとホルモンバランスも落ち着いてきて、自然と薄くなってくることもあります。

オナニーで毛が濃くなるという説は、その可能性は全くゼロ!!だと紗江は言い切りたいと思います。
そして何よりも生物の本能の欲求を抑えるのは、絶対にいい事とは言えないと思います。

合わせてご覧下さい⇒明るい部屋でセックスしたがる男