欲しい・・・手に入らないものを求める男と女

欲しい・・・手に入らないものを求める男と女

欲しい・・・手に入らないものを求める男と女

あなたは、小さい頃の「欲しいもの」に関することを覚えていますか?

  • 自分が手に入れることのできないおもちゃを友達が持っていたら、物凄く欲しかった。
  • 欲しいと思っていたのに、手に入った途端飽きてしまった。

こういった記憶はないでしょうか?

人間は、欲しいと思ったものが手に入らないと刺激が与えられません。人の脳は常に「刺激」を求めているのは確実だと言えます。

当サイトは、エロサイトであるためセックスやオナニーに関するエッチな内容を中心としていますが、SEXだけに限らず、人間関係や物欲に対しても全て同じことが言えます。

手に入らないものが余計に欲しくなるのは、子どもであっても大人であっても皆同じなのです。

「欲しい」という感覚

男女関係では、付き合いたいとあれだけ願っていたのに、手に入り少し期間を置くと冷めてしまったといったケースが多くあります。

何度かカラダの関係を持ち手に入ったと思ったら「男が冷めてしまう」パターンと同じですね。

管理人紗江の彼は、かなり長い間紗江に対し「欲しい・・・」と囁いていました。

でも、彼が紗江を手に入れたと思ったとしても、紗江を要らないと思わないのは、真の愛があるからこそです。

紗江の彼は、自分の欲求のままに手に入れ不要になったら棄てるなんてそこらにいるような卑怯な男性ではありません。ただ、紗江に執着しているわけではないので、紗江が「要らない」と言うとそこで関係は終わってしまうでしょう。

いえ、もしかしたら自分の手から離れた途端、再度「欲しい」といった感覚に陥るかも知れません。

話が反れてしまいましたが、人が何かを「欲しい」と強く思うのは執着心あるからこそです。

手に入らない人を欲しいと求め刺激を得、手に入れると征服感や満足感で満たされます。手に入った人がそばにいるのが当たり前になってしまうと、何の刺激を得る事もできません。

大切な家族で考えるとよくわかりますね。
自分の大切な存在の家族にとって、自分を愛しているのに変わりはない安心感を持っています。

もう手に入っているのでわざわざ「欲しい」なんて思いませんし、よっぽどでなければ「会いたい」なんて言いません。幸せでいてくれるのだけが望みです。

それは、「欲しい」と求める気持ちを自然に手放しているからなのです。
でも男女関係では、そんな純粋な気持ちだけで終わらせることはなかなかできないのが現実です。

「欲しい」気持ちを手放す

欲しい欲しいと欲のままに欲していると、一段と手に入れたい衝動にかられます。

人はそうやって執着し、手に入れたい気持ちがより刺激となるので、欲しい気持ちをなかなか消し去る事はできません。

上記でお話した親子の関係や、下記ページでご説明しているクリエイターの作品に対する執着を考えてみて下さい。

人によっては、自分が描いた作品をいつまでも手元に残しておきたいという方もおられ、写真に撮りスクラップしている方もおられるでしょうが、それも執着ですよね。


「欲しい」「手に入れたい」と強く思う自分をまず受け入れます。そして、受け入れる事こそがその執着心を手放す事にもなるのです。

紗江が彼から教えてもらったのは、セックスの快感だけではありません。

  • 脳が求める刺激を理解する。
  • 無いものを数えるのではなく、有るものを数える。
  • ありのままの自分を受け入れる。

余りにも多くを学んだので、ここですべてを思い出せませんが、

「足らざるを知る」「足るを知る」というのもそのひとつです。

欲求や欲望に囚われすぎると、「もっともっと」と執着してしまう。人間は不完全であることを受け入れる=足らざるを知って「足るを知ること」


SEXで言えば、オーガズムに拘り続けるのではなく、相手との大切な時間を噛みしめ感じるまま自然な快感に集中する事が最も大切なのすね。

そして、不倫や報われない恋をしている方はもしかすると手に入らないからこそ、執着し欲しているという場合も考えられるのです。

男女が「欲しい」と思い、結婚によってお互いを手に入れその安心感でマンネリ化となってしまうのがいい例ですね。

もう幸せだから、相手を欲することもなくなってしまうのです。その気持ちを手放し自然で穏やかな幸せで満足しているからですね。

男も女も、エゴの塊です。
それに気がつくだけでも、欲しいという自分の欲がどれ程人間臭く、その気持ちを持っていない人など存在しないと理解でき、愛と「欲」を求める自己愛の共存を可能にすることができるのです。

前の相手でもこうやって感じてたのか?

前の相手に感じるジェラシー

前の相手でもこうやって感じてたのか?
自分の前の男・前の女に対する嫉妬心が芽生えるのは、誰しも同じです。

前の相手が全く気にならないという方は一人だっていないでしょう。

ですが、そう考える気持ちには大きく差があります。

  • SEXしている時に、前の相手の時はどうだったんだろう?
  • お料理を作った時、前の相手の方が美味しかったかな?
  • 考えがズレてしまった時、前の相手だったら意気投合していたんだろうか?
  • 前の相手の方が、カッコ良かったのかな・綺麗だったのかな?
  • 前の相手の前でも、そんなにいい笑顔を見せていたのかな。

こうやって、パートナーの前の相手に対して多かれ少なかれジェラシーを感じてしまうような場面は必ず経験するでしょう。

そう簡単には誰にも見せる事のない裸や、露わな姿を見せて行う性行為では、特に「前の相手」を意識してしまうのは当然ですよね。

前の相手でもこうやって感じてたのか?

  • 前の相手の愛撫はどんなだっただろう。
  • 自分のやり方じゃ満足していなくて、前の相手の方が感じていたかも知れない。
  • 前の相手の前でも、同じように感じこんな姿を晒していたのか?

人はカラダの関係を持つと、何故か一気に自分のものにしたという感覚になります。

前の相手は過去の事・いまこの時この相手を抱いているのは自分であり、感じさせているのも目の前にいる自分だけだ。

このような感覚は、男女関係なく沸き起こります。そう感じる事で自分の欲求を満たし、幸福感を得る事ができます。


ですが、前の相手の時は・・・と思う事は興奮を掻き立てる材料にもなりますよね。

興奮と言うのは、快感を得るだけではなく、苛立ちや焦り・恐怖や憤りという気持ちも含まれています。決して気持ちいいというだけが興奮ではありません。

管理人紗江の彼は、本当に時々ですが、セックス中に今までの相手・前の相手の事を、言い出す時があります。

  • 前のオトコの時も、こんな事されて感じてたのか?
  • 前のオトコが相手でも、そんな声出してこんなに濡らしてたのか?
  • 前のオトコにもこんな恥ずかしい恰好のバックで突かれてたのか?
  • 俺じゃなくても、そんな風にイッていたんだろ?

ありとあらゆる責め方をしながら、こんな事を言い出すと彼はそういった言葉をとめどなく発し、いくら嫌だと言ってもやめてはくれません。

紗江は、昔の男や前の相手について触れられるのか大嫌いです。いまは現在であり、いまの相手しか見ていないのにも関わらず、そんな事を引っ張り出されると気持ちが萎えてしまうからです。

それで、お互いがオーガズムに達し冷静になった後に聞いてみた事があります。

「前の人の事を言われるのは本当に嫌。なんでそんな事言うの?」

彼は言いました。
「前の相手にも苛められていた事を想像すると、すごく興奮するんだ。」

人の感覚や感じ方は、今の相手・前の相手でも基本的には変わる事はありません。

前の相手にしていた事・されていた事を想像し、人が興奮を感じるのは当然の事なのです。

誰かに物をプレゼントする際に、今までで一番嬉しいと感じるものをプレゼントしたい!誰もがそう思います。〇〇さんからもらったものが一番のお気に入り!と言われたら、嫉妬心が湧き出て口惜しさが込み上げますよね。
例えは全く違いますが、そういった嫉妬心・怒り・焦りの気持ちも、人間の脳が刺激を感じているから起こる感情なのです。

セックスだけに限らず、同性間の友人であっても同じような感情に苛まれるのが人間です。

そういった人間の本質的な部分を自身で認め、相手の気持ちも理解する。

自分自身や人間のそういう自己の汚さは目を背けてしまいたくなる部分ですが、自身の持っている欲に気づく事だけで、パートナーに対しても自分に対しても穏やかな気持ちになれるのです。


男女間では特にお互いがなかなか理解し難い性質を持ち合わせていますので、難しいかも知れませんが、もし仮にパートナーが「前の相手」の事をセックス中に持ち出してきても、とりあえずは受け入れてあげ相手の興奮を促すためにほんの少し我慢してあげていただきたいと思います。

そして、次の機会には「思いっきり感じたいから、前のオトコだとか他の人のことは今日は言わないで。」とお願いしてみるといいですね。

パートナーが、あなたへの愛もなしに自分の興奮を掻き立てるためだけに前の相手の事を言葉を発したり、目の前で他のオトコに抱かせるような事があればそれは歪んだ愛だと言えます。

でも、たとえ歪んだ愛だとしても、自分が選んだのならそれでいいのではないでしょうか?

浮気性の女

浮気性の女

浮気性の女
※ここではどちらかと言うと男性の方に見ていただきたい内容となります。

世の中、本当に様々な人間がいます。自分自身では絶対にあり得ない事もあれば、わかるわかる!と納得できる事もありますね。

  • オトコは浮気性だから仕方がないと暗黙の了解をしている人もいます。
  • 浮気性であるオトコの遊びを、オンナの第六感で透かさずキャッチして、調べ上げ問い詰め泣き叫ぶ場合もあります。
浮気をするのは決まってオトコ・不倫を持ちかけるのも決まってオトコという世間の認識がありますが、実はとんでもなく真逆という考え方もできるのです。

これを見て下さっている女性が、オンナである自分の事をきちんと理解しているのなら、少しは納得いただけるかと思います。

浮気性のオトコを受け入れるのは浮気性のオンナ

まずオトコがオンナをモノにしたいと思った場合、選ぶのは紛れもなくオンナです。

オトコは、あれやこれやと餌を撒き、精一杯の話術で気を惹こうとしますね。

でも、相手がそれを気に入らなければモノにすることはできません。気に入ってもらえなければいくら浮気性であってどれだけ頑張っても簡単に浮気・不倫できないのがオトコです。

相手にパートナーがいるとわかっていて、相手を受け入れるのはズバリ浮気性のオンナです。

世間には、自分が浮気性であり、いつもオンナをモノにできていると思っている男性が多くおられます。

「 俺は浮気性だ = 女にモテる 」

実は、これは大きな勘違いです。

妻帯者であったり、恋人がいるとわかっていて、簡単に釣られるようなオンナは浮気性が多く、しばらくするとまた他にオトコを作る確立が高いでしょう。

自分で浮気性だと思い込み、相手を釣ったつもりでいても、釣られたのは男性なんですね。

オンナは基本的にすぐに本気になってしまう生き物です。この人だと決めた相手がいても、隣の芝生が青ければ気になり惹かれてしまいます。そしてのめり込み、本気になる。

パートナーが自分に惚れているからといって安心して、浮気なんかしていたらその間によそへ目移りし去られてしまいます。

また、浮気相手がいるからと言ってその相手もあなたから去ってしまう可能性の方が高いと言えます。

何故なら、先ほども言いましたように、相手のオトコにパートナーがいるとわかっていて、それを受け入れるのは浮気性のオンナである可能性が高いからです。

浮気性のオンナのタイプ

男性は基本的に、浮気は浮気だと割り切る事ができます。パートナーはそのまま置いておき、浮気相手だけがどんどん変わっていくケースが多いでしょう。

ですが、オンナはオトコを乗り換えていく傾向にあります。そういった女性は、その都度本気になり、自分が浮気性だという自覚は全くないかも知れません。

では、浮気性の女の特徴を考えていきたいと思います。

浮気性の女は寂しがり屋

浮気性のオンナは、常に誰かに構ってもらいたがる方が多いと言えます。

寂しくなると、自分に優しく構ってくれるオトコになびいてしまい、浮気に走り本気になります。

「女心と秋の空」という言葉があるように、昨日まで相手にゾッコンだったのに、明日になったら、別の方を向く可能性だってあるのです。

浮気性の女は目新しい刺激を好む

パートナーとの恋が落ち着いてくると、目新しい刺激が欲しくなり、他へ目移りしてしまいます。

別の男性が表れ、新しい刺激を与えてくれれば、飽きてしまったパートナーには見向きもしなくなるケースも多いでしょう。


浮気性の女の本心は自信がない

浮気性だから、さぞかし自分に自信があるのだろうと思いきや、実は自信満々に見えても心底では自分の魅力に自信がない女性が多いと言えるでしょう。

どれだけ新しいオトコに乗り換えても不安に駆られ、常に新しい評価を得ようとします。

そして、その新しい評価により安心を得るのです。自分に自信を持つためにオトコを利用しているとも考えられますね。

浮気性の女は誰よりも一番でありたい

浮気症の女の特徴として、女として最高でありたいと考えているタイプがあります。

仲の良さそうなカップルを見て、嫉妬心が芽生えます。「あの女に負けている自分」に我慢できません。

その男性の中で一番の存在になりたいと考えます。そういった気持ちには気づかず、好きなんだと自分でも勘違いをし、奪い取るような行動に出るのです。

浮気性の女はやきもち妬き

浮気性の女は、どういう風にオトコとオンナが惹かれ合い恋に堕ちるかを潜在的に知っています。

自分のパートナーに対し、どうやって気を惹くのかどんな気持ちなのかをわかっている分、異常にやきもちを妬くタイプも多いと言えます。

そして、上記の「浮気性の女は誰よりも一番でありたい」のケースは、羨望心が人一倍強いタイプでもあります。

自分よりも優れているものに嫉妬しているだけなのです。


女は、浮気性であってもなくても、オトコより上手な生き物です。

もし、男性であるあなたが浮気性であるのなら、大事な女性を失わないように、異常の事を良く考えて行動した方が身のためです。

不倫で男が使う言い訳

不倫に対する考え方

不倫に対する考え方

不倫は、当事者だけでなく周囲を巻き込んで多くの人を傷つけてしまう行為です。

不倫に関するアンケートでは、下記をご覧下さい。

相手が既婚だと、全く知らずに恋してしまった場合は、どうしようもありません。ですが、それを知っている上で求められ求めた場合には、それなりに今後どうなってしまうのか考える必要がありますし、かなりの覚悟が必要ですね。

初めはただ軽い気持ちで、自分の欲求に逆らえず間違いを起こしてしまい、気づいたら好きになっていたというパターンもあるでしょう。

ですが、知った時点で引き返す事をおすすめします。知らなかったという事を言い訳にはできません。


管理人紗江は、不倫には全く賛同していません。ですが、その間違いを間違っていると言う事は誰にもできません。その判断をするのは各個人の考え方であって、本人以外は誰1人として理解する事ができないからです。

いくら気持ちを押し付けたところで、人の本当の心の内をわかる人など存在しません。

不倫でオトコが使う言い訳

不倫は、間違っている行為でしてはいけない事ですが、上記で言いましたように

  • 気づくと好きになっていた。
  • 初めはほんの少し満たされるだけで良かったのに。
  • こんなつもりじゃなかった。

などという場合であっても、絶対に信じてはいけない言葉があります。

言い訳その1・・・「君の事が一番好きだ。一番大切な存在だ。」

これは、不倫する際に一番使う言い訳です。

既婚者が、言う軽い言葉は絶対に信じてはいけません。

一番大切なのは、不倫相手ではありません。奥様かも知れませんし、家族が第一です。


これは、ただ関係を継続したいがために、言っている言い訳であって、決して本心ではありません。

仮に不倫相手の事を好きだと思っているのなら、余計にこの言葉は言わないはずです。


言い訳その2・・・「妻とはもう冷めている。」

上記でのお話で不倫をしているJさんの例も同じです。


嫁とは口も聞かないし、もう冷めきっているんだよ。何故?私だけを愛していると言ったくせに。

不倫相手の上司は、Jさんの事を好きなわけではなく、ただ自分の思い通りにするための口からの出まかせでありただの言い訳です。

少しでも奥様の悪口や家庭の不満を言って言い訳するオトコは、確実に不倫相手の事を利用しています。


言い訳その3・・・「出逢うのがもっと早ければ・・・」

上記と同じで、奥様の事をほんの少しでも話をして言い訳をするオトコはまず信じてはいけません。

奥様の事を好きになり、結婚して一生守っていこうと決めたのです。それを否定するような事を言うのでは、誰にでも同じ事を言い続けます。

不倫相手に飽きたり、もっと目新しいもの・もっと魅力的なオンナが出てきたら、不倫相手には見向きもしないでしょう。


決して100%確実ではありません。本当にそういった恋もあるでしょう。

ですが、そもそも「~してたら良かった。」「~だったら。」などという言葉を使う事は、人としてあまりよろしくはないですよね。

言い訳その4・・・「子どもが成長したら離婚して、君と一緒になる。」

今は無理だけど、子どもが大きくなったら必ず・・・という言い訳も、まるっきりでまかせです。

もちろん100%と言うことはできませんが、大切なのはやはり家族なんです。

誰にも明日はわかりません。いつか必ずという言葉はただの言い訳であって、不倫相手と一緒になるつもりなどありません。


不倫相手に言い訳しないオトコ

不倫をするオトコでも、一切無駄な言い訳をしないオトコもいます。

ですが、「不倫」をしている時点で、現在の不倫相手が特別なわけではありません。

浮気をする人間は、必ずそれを繰り返します。何かのきっかけで、何かに気が付いた時には、不倫も浮気もきっぱりとやめる場合もありますが、可能性は低いと考えても良いと思います。

管理人紗江の父は、かなりの遊び人だったようで、母は長く苦しみ続けていたそうです。

それこそ言い訳もせず浮気・不倫をし続ける毎日。

母はある日こう言ったそうです。
「人には必ず因果関係がある。自分がしている事は、いつか娘に降りかかってくるかも知れないよ。娘があなたと同じように遊ばれたとしても、あなたは何も言えないという事を肝に銘じておくことね。」

その後、父は一切外出しなくなったという事です。

紗江の覚えている父は、出張に出かけても車を走らせ必ず帰宅し、仮眠だけとった後にまた出かけるなど、自分が必ずそばにいないと心配するという感じでした。

言い訳もせず好き放題不倫をしてきたから、もし妻にされてしまったら・・・という不安があるのかも知れませんが、やはり何をどうひっくり返したって、大切なのは妻であり家族です。


ですが、人の事を好きになる気持ちは、誰にも止める事はできません。そのオトコは不倫相手を、本当に好きかも知れませんし、大切に想っているかも知れません。
そして言い訳をする理由は、まるっきりの嘘ではなく強く「失いたくない」と考えている気持ちは必ずあります。

不倫期間を経て略奪愛で現在幸せにされているご夫婦もいます。ただし、もし不倫相手に振り返った人は、次も同じ事をする可能性は充分にあります。

不倫は、多くの人を傷つけるので、できればしない方がいいのですが、もしも不倫相手が下手な言い訳をしたら、自分が傷つかない程度に考えておくべきですね。

合わせてご覧下さい

刺激が欲しい・・・禁断の恋【不倫】拍車がかかる想い

刺激が欲しい・・・禁断の恋【不倫】拍車がかかる想い

刺激が欲しい・・・禁断の恋【不倫】拍車がかかる想い

  • 人目を忍んで逢わなければいけない。
  • 声が聴きたいとき・逢いたい時に連絡を取る事ができない。

不倫は、一度知ってしまうと深く魅了され陶酔し、麻薬のように中毒性がある恋愛です。


脳の麻薬 フェニルエチルアミンが大量に分泌され、禁断の恋である不倫の恋に拍車をかける事になります。

そして、自分では意識しない部分で、脳が許されない事をしているなどの刺激に快楽を感じ、もっともっとと刺激を求めます。

上記ドーパミンの悪戯についての記事を見て、不倫と刺激 というタイトルでメッセージをいただきました。

不倫と刺激

アラフォー Hさん

ドーパミンの話参考になりました

夫に隠れて10年以上も続けて不倫していた彼と再婚し最近別れました。

「俺離婚するから一緒にならないか?」

夫の事は愛してましたし子供の事など色々とても悩んだものの、今自分が求めている相手はどっち?
その答えは案外簡単に出ました、彼でした。


それでも離婚を決意するまでには悩みつづけました。

でも、いつも頭の中にあるのは彼の事、彼との刺激的なセックス、夫とするより断然気持ちいいんですから。そして愛する家族を捨てて彼との生活を選びました。


そんな彼との生活も1年を待たずして終わるなんて想像すらしませんでした。あんなに求め、あんなに愛し、あんなに頭の中から離れなかった彼の事が・・・・

数か月経った頃から私の頭の中に浮かんでくる顔は元の夫の顔ばかりでした

なぜ?なぜ?なぜ?

そう思うようになった頃から彼とのセックスで前程の刺激・快感を得られてない、彼を求める気持ち、愛する気持ちが無くなってる事に気付いたんです。

愛する家族まで捨てて一緒になった人なのに、なぜこんなに気持ちが冷めてしまったの?
たまたまこのサイトを覗いてドーパミンや刺激の話を読んで少し納得できました

私が望んでたのは彼じゃ無く刺激だったんでは?
一緒に生活するようになり、いつもそばにいる、自分のものになった安心感、はじめはそれが嬉しくてとても幸せだと感じてました
ですが今思えばそれと引き換えに刺激が無くなってしまったんだと思います

辛い物もたまに食べるから美味しく感じられるんですね。毎日食べてるとその辛さが当たり前になってしまってもっと辛いものが欲しくなる。

そんな事にも気付かずに刺激を求める気持ち=愛だと勘違いするような私の様なタイプの女は初めから不倫なんてするもんじゃないですね、

出来る事なら元に戻りたい。
自業自得なのは解ってます、全て私が悪いんです。

でも帰りたい。

そして、その後再度ご返信をいただきました。

この気持を夫に伝えたい、でもそれは絶対に出来ません
だからメッセージしたんだと思います。


きっと初めから、ただの刺激を求めていただけで、お互いに愛なんてなかったんだと思います。
別れを切り出した時彼は怒り狂ってました。でも、夫の様な悲しみが全然伝わってきませんでした。

その時本当に愛してたのは、愛してくれてたのは夫だったんだって、今更気づきました。

これはご相談ではなく、気づき・誰かに伝えたいという一心で下さったメッセージでした。

ご自分が苦しんでおられる中、サイト内で掲載するのをご承諾いただき、不倫という刺激に溺れている方に一人でも深く考えるきっかけの言葉をいただいた事に心から感謝いたします。ありがとうございました。

今現在、不倫をされている方で、Hさんと同じような判断を迫られている方は、是非一度よく本当に求めている事は何なのかを考えてみて欲しいと思います。

本当に愛なのか?ただの刺激なのか?

その後Hさんよりご報告のメッセージをいただきました。

刺激が脳に間違った判断をさせる

不倫をし始めた頃は、楽しくて仕方がありません。

本来ドーパミンは、やる気やモチベーションが高まるホルモンです。人が目標を持った時点で分泌され、それに対してポジティブな影響を与える脳内物質です。

不倫はもちろんいけない事ですから賛同はいたしませんが、好きな人がいる事でよりよい刺激が加わり頑張っていくための活力になっている場合はプラスに働いていると言えます。

ただし、適度に分泌されているうちはいいのですが、過剰に分泌されると依存症を引き起こしたり、色々な間違った判断をさせてしまう事があります。

  • 相手を心から愛していると信じる。
  • 自分程不幸なオンナはいないと勘違いする。
  • 禁断の恋をただ純粋に好きなだけだと感じる。
  • 何故自分は幸せになれないのと哀しみに暮れる。

そして、報われない恋をしている事を哀しむ自分が刺激となり、哀しみも同じく刺激で、脳が欲しているだけなのかも知れないのです。

不倫は大変刺激的で魅力的です。

ただし、本当の愛なのか?それで自分が幸せになれるのかを、もう一度よく考えてみる必要があります。


女性のためのセックス講座~彼の心を鷲掴みにし、本当の愛を育む方法~


【改訂版】夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」


復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法


復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法


【改訂版】夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」

あの人の愛は嘘?本当?思いのまま・・・

あの人の愛は嘘?本当?

あの人の愛は嘘?本当?思いのまま・・・

浮気ばかりを繰り返すパートナー。

オンナと見れば見境なく、次から次へと目移りする。そうやって不安を感じている女性が世の中にどれ程いる事でしょう。

  • 私の事を好きだというあの人の本当の気持ちがわからない。
  • 嘘を言っているようにも感じるし、本当だと信じたい。
  • 私に対して本当に「愛」を持っているの?

オンナにとって、オトコの浮気ほど理解できないものはありません。

何故、一筋でいられないの?
オトコは一途な気持ちを持てる生き物じゃないのでしょうか?

いいえ。決してそんな事はありません。オンナであっても、遊び放題繰り返す人だっていますし、逆に一途なオトコだって存在します。


でも、基本的にオトコとオンナの浮気心には違いがあります。※別ウィンドウで開きます。

あの人の愛が嘘か本当かわからない・・・

  • 私に愛を持っていないのなら、もう別れたい。
  • あの人が愛してくれているかわからないから辛い。

自分が愛している人の愛が嘘か本当かわからなくて、辛いから別れたい。でも嘘か本当かを知りたい。でもわからない・・・別れたい。知りたい。わからない。・・・

永遠にこの繰り返しで、ずっと同じ苦しみを味わっていなかければいけないのだろうか。

逃げ出したくても逃げることもできずに、終わりのない道をぐるぐるとループするばかり。

そういう方には、いくつか考えてみて欲しい事があります。

二人の間に【愛】は存在しない

【あの人の私に対する愛】は嘘か本当か、と考えるのではなく

  • あなたの愛は本当か?どうかを考え
  • あの人の私に対する愛は、絶対に本人にしかわからないという事を知って下さい。

「私たちの愛は嘘だったの?」なんて言う言葉を聞いた事があると思いますが、【愛】は、自分の中にだけ存在するものです。
あなたとあの人の間には、嘘であろうが本当であろうが【愛】自体は存在しません。

無いものを考えるよりも、あなたの愛は本当なのか?を自分に問いかけてみて下さい。


あなたの愛は本当?本物なのか?

あの人の愛を求める。求めることは【愛】ではありません。

求めないというのは、男女間では難しい事ですが、例えば親子や同性の友人同士で考えてみると、何となくわかっていただけると思います。

私に愛を持っていないのなら、もう別れたい。と思っているあなたの愛は、キツいようですが・・・決して本当とは言えませんね。


愛が嘘か本当かよりも【思いのままに】

あの人の愛が嘘であっても本当であっても、そんな事【自分自身の愛】には何の関係もありません。

  • 自分が愛しているのか?
  • 自分が別れたいと思っているのか?
ただそれだけを考え、思いのままに行動すればいいんです。
思うようにしなさい。

相手の【愛】を知りたい・求めようとするから、苦しくなります。
自分が愛したいかどうかだけに焦点をあててみると、少しその苦しみから解放されます。

そして、好きな人が楽しくて笑顔になっているとそれを見ている時とっても楽しくなる事を考えると、パートナーにとっての幸せは自分の幸せだと気がつくと思います。

嘘か本当かではなく、自分の思いのまま行動してみると、【愛】の本当の意味が見えてくるかも知れません。


女性のためのセックス講座~彼の心を鷲掴みにし、本当の愛を育む方法~


【改訂版】夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」

自分を愛せない人が「愛している」と言うな。

自分の事どうしても愛せない

自分を愛せない人が「愛している」と言うな。
自分を心から愛している人っているでしょうか?

  • 自分の容姿
  • 自分の性格
  • 自分の考え方
  • 自分の生きている環境

ヒトは、必ず「評価」してしまい「評価」を求める生き物です。

その評価を求める気持ちは承認欲求と言い、大きく分けて他者承認と自己承認の2つに分類されます。

自分が嫌いだと主張するのは、自己承認が強く・他者と比べてどうだとか評価を得たいと強く願っている場合が多くあります。

一概には言えませんが、自分を愛せないという人は、それ以上に誰かに愛されたいと願っているんです。

自分を愛したい

サイト管理人紗江も、実はそういう性格で、

  • 常にいいヒトでありたい。
  • 誰かに好かれたい。
  • 自分を愛したい。

そう強く願っているのはもう既に自覚済み。

自覚していても、やはり自分のことは愛せない人間です。常に、容姿を含め行動や言動など全ての事において否定し続けてきました。

このサイトを始めたきっかけも、セックスやオナニーでイケない女性にその喜びを伝えたい!と願っての事でしたが、裏を返せば誰かに自分を認めて欲しい。愛して欲しい。という気持ちのがあっての事です。

それがなければ、このサイトは存在していなかったでしょう。

今となっては、毎日何万人という方がサイトを訪れて下さり。紗江を信頼し相談して下さる沢山の方がいて、紗江自身の他者承認欲求は大変満たされているわけですが、それでもやはり自己承認欲求は満たされないままでいます。

いつも自分を何故愛せないんだろう?と自問自答する毎日。

「自分を愛したい」「自己愛」の強さ

「自分を愛せない」「自分を愛したい」というのは、実はかなり大きな「自己愛」を持ち合わせている人です。もちろん紗江もそのうちの一人・・・

自分を愛したい・自分を愛せない、その狭間でユラユラと揺れ動いている。そういう人が見ててくれたらなと思いながらタイピングしています。

  • 自分を認めないような人が、人から認められるわけがありません。
  • 自分を愛せない人が、人から愛されるわけはありません。
紗江自身、自分を愛せない人間なので、同じような苦しみを持っていたとしたら、少しでも一緒にその苦しみから解放される手段を考えていきたいと思います。


ただし、それもただの承認欲求なので、あまり当てにならないかも知れませんね。

自分の愛せる場所を探す

自分を認め愛せる事・誇れる事を探して下さい。

紗江は自分が誰にも負けることなく、手を挙げて1番だ!と言える事があります。

それはどんな些細なことでもいいんです。

  • 誰よりもあの人の幸せを願っている。
  • 自分の中で得意だと思えることがある。
  • 栄養面で完璧と言えるくらいのお料理を作れる。
  • ファッションの事なら任せて!
  • お裁縫なら誰にも負けない。
  • 自分の事を精一杯愛したいと願っている。

最後の「自分のことを精一杯愛したいと願っている。」それだけで充分です。

きっと、あなたは自分を既に愛しています。

自分を愛せないなら誰の事も愛していると言えない

今までお話ししてきた「自分を愛せない」人が、もし心も身体も震え立たせるような男性に逢ってしまったとします。家族や知人に紹介する際に、どう言えますか?

「誰にも愛されない自分だけれど、この私がとっても信頼できる人がいてその人を愛しているんです。」

どこか矛盾していませんか?

人から愛されていない自分が精一杯の気持ちを伝えたところで、どうしてその人の事を認めてもらえるのでしょうか?何故、愛されない人間の言う人が、素晴らしい!と胸張って言えるのでしょう。

自分を「愛する」のではなく受け入れよう

【愛】というものは、愛されるも愛するもなく、【ただ自分の中に存在するもの】です。相手が誰であろうが、自分であろうがそれは同じです。

自分の事を愛せるヒトなど数少ないものです。「自分を愛したい。」と思うから苦しくなるんです。
自己愛で自分を満たそうとしないで下さい。

自分を愛するのではなく、「自分はこんな人間なんだ。」と、ただ受け入れて下さい。

【愛】は、ただ自分の中にだけあるものです。

【愛】は与えるもの?

今まで見てきたように、【愛】というものは、求めるのも与えるのも真実とは言えません。

【愛を与える】のではなく、精一杯の想いを込めて伝えるだけでいいんです。

それだけ、頭の片隅に置いておいていただきたいと思います。

続きは下記からどうぞ

男女間に【真実の愛】は存在しない?

【真実の愛】とはいったい何なのか?

男女間に【真実の愛】は存在しない?
【真実の愛】は人間の永遠のテーマです。

【愛】には、沢山の種類があります。

ここでは男女間の【愛】として考えていきますが

【愛】は【誰かが誰かに向けて存在するもの】という風に考えられますが、実はそうではなく【愛】は自分自身だけに存在しているものです。

かなりわかりにくいと思いますので、ゆっくりと解き明かしていきたいと思います。

愛し合うのが【真実の愛】?

お互いに愛し合っている事は【真実の愛】でしょうか?

  • 「これだけ愛しているから、あなたも私の事を愛して」
  • 「真実の愛を捧げているのに、あなたは愛をくれないの?」

人が、自己愛を持っているのは当然ですね。

そして、自己承認・他者承認などの欲求を持っていない人など一人もいません。

  1. 私があなたを愛しているのは真実なのよという自己承認
  2. 愛している事を認めてほしい・わかってほしいという他者承認

「【愛】を与え【愛】を得ようとする」その気持ちは決して【真実の愛】ではありません。


上記を言い換えると、「愛されるために愛する」という事になります。

愛されたいから愛するのは、見返りを求める【愛】であって、決して【真実の愛】という事にはなりません。

「愛している」気持ちは【真実の愛】?

人は、好きな人やパートナーに対し「愛している。」という言葉で、気持ちを伝えます。その愛しているという言葉にはいったいどういった気持ちが含まれているでしょうか?

男女間でよくある喧嘩。
嫉妬やヤキモチ、些細な事が原因の喧嘩など実に様々なものがありますが、仮にパートナーが浮気をしたとします。


愛しているパートナーが浮気をした時、あなたなら何を感じますか?

  • こんなに愛しているのに、何故浮気をするの?
  • これだけ愛しているのに、私だけを愛してはくれないの?
  • これだけ愛しているのに、どうして裏切るの?

「愛しているのに、どうして?」必ずこんな風に感じるのが人というものですね。

ですが実は、この「愛している」という【愛】は【真実の愛】ではありません。

では、ニコニコ笑っていれば【真実の愛】なのか?そうできる人は世の中に一人も存在しません。


真実の愛を持てる人は、世の中どこを探してもたったの一人もいないのです。

だから、そう思うのがいたって普通に人間ですね。

パートナーに浮気をされると、必ず哀しみに苛まれ、悔しかったり腹立たしかったり、心から微笑む人などいませんね。
当たり前の事ではありますが、それが「人」なのです。

こんなにも愛しているのに・信じているのに

もう2度と浮気はしないとパートナーが約束をしました。ですが、一度浮気が発覚すると、誰しも必ずその後も心配になります。
  • また浮気をしているんじゃないか。
  • 連絡がないから怪しい。

愛しているなら、あんな事があった後なのに、何故こまめに連絡をくれないの?私は【真実の愛】でこんなにも想っているのに・・・

ですが疑ってしまった時点で、【真実の愛】であるとは言えません。

私たちは生身の人間です。
疑心暗鬼になってしまうのは当然の事であって、そんな気持ちをなくす事なんて不可能ですね。

男女間に【真実の愛】は存在しない?

ページ上部で” 【愛】は【誰かが誰かに向けて存在するもの】ではなく【自分自身だけに存在しているもの】”と言いましたのは、男女間で言える事は、相手が想ってくれてこそ・相手が何かをしてくれてこそではなく、無条件で愛を持つことこそが【真実の愛】と呼べるものなんですね。

今回、【真実の愛】を真正面から考えてきて

  • 男が女を
  • 女が男を
  • そして、同性であっても恋愛対象として見た場合

男女間には【真実の愛】は存在しないのではないか?と管理人紗江は感じました。

この【真実の愛】を課題として考え始めて約1年。
紗江が、彼やその大勢の人と関わってきて、少しずつ教えてもらった大切な事だなと思います。


ただ、決まった答えのないものが【愛】であり、決して同じ【愛】はひとつも存在しません。人口が70億人だとしたら70億通りの【愛】があります。

だからこそ【真実の愛】というものはいったい何なのか、誰一人として【真実の愛】を紐解き答えを出す事はできないでしょう。

神こそはその答えを出してくれるのかも知れませんが、個人の想いにより必ず変化するので、未知の領域です。

※サイト管理人紗江は無宗教です。


では次に男女間の人対人以外・存在する【真実の愛】について考えていきたいと思います。


一途な女とダメ男?

一途な女とダメ男?

一途な女とダメ男?
どれだけ想いをはせても、どれだけ想っても、報われない恋があります。全ての人が想った人と幸せになれるとは限りません。

人が人と出逢い関わる確率についてはこちらのページで⇒あなたしかいないという一途な気持ち


世界中の人口の中で、出逢う確率が奇跡と言える程低い確率であったとしても、相手がいくらダメ男だと思ったとしても、その想いが人と被らないとは言えません。世の中は時として残酷だと感じませんか?

好きな人に想い焦がれ、身を焦がして奉じている人がどれ程いる事でしょう。
ですが、それほどまでに愛おしむ相手と言い切れるのでしょうか?

私は一途な女だから?

  • 私はこんなにあなただけを愛している。
  • 私はあなただけに尽くしてきた。
  • 私にはあなたしかいないのに。

一言言わせていただいてもいいでしょうか?

一途な女だからいったいどうしたと言うのですか?

一途だから何?
そのセリフを言うのなら、「一途だからどうしたの?」という問いかけに答えられるはずですよね。

何も言えないあなたは、いったい一途である事に対し、何を言いたかったのでしょう。

それに対する答えも、きっと決まっていて、こう答えるでしょう。

「だってこんなに一途に愛してきたのに何故?どうして?何故なのよ?」
「何故一途に想ってきた私を苦しめるの?」と・・・

ダメな男に惚れた一途な女

あなたがひた向きに愛しみ(いつくしみ)誠心誠意を込めて一途に愛したその相手は、ダメ男でした。

「駄目」という言葉を調べてみました。


ダメ(駄目)


ダメは、囲碁用語のひとつ。 ひとつは「打つ価値のない場所」という意味に用いられる。 日常語で「してはいけない」「価値がない」の意の「ダメ」は、囲碁用語から転じたものといわれる。


あなたの愛した男性は、果たしてダメ男だったのでしょうか?

ダメな男 = 価値がない男という意味ですよね。

本当に「ダメな男だった。」「ダメなどうしようもない人間だった。」そう思っていますか?それでいいのですか?

そのダメ男は、あなたにとっては価値のある男だったはずです。だからこそ一途に愛した。

でも、私を苦しめたからダメな男だとあなたは思いました。

ダメ男を愛した私

私はダメな男を愛してしまった。そして一途に貫いた。

それでいいのではないですか?

ダメ男でも愛した。そう。自分が愛したかったからですよね。

人の気持ち・心は、どれ程の大金を払っても買えるわけではなく、仮に買えたとしてもそれはまやかしです。お金がある上で存在する愛は、たったの2種類です。

  • そのダメ男ではなく、お金を愛した。
  • ダメ男のお金を愛したのではなく、そのダメ男の才能を愛した。
オンナが惚れるのは、男の才能なんです。
いくらダメ男であろうが、一途に惚れるワケは、そのダメ男が才能を持ち合わせているのです。
それに惹かれるのが【本能】というものなんです。

もし、そのダメ男が本当の意味でダメ男であるのなら、あなたもダメな女である事を否定はできません。

合わせてご覧下さい。

嫉妬と羨望の違いって?

【 嫉妬 】の意味ってなぁに?

嫉妬と羨望の違いって?
やきもちと嫉妬の違いについて、当サイトの考えはわかっていただけたかと思います。

嫉妬とやきもちは、感情を向ける相手が違うだけで、「不安や恐れの感情」が根本にあります。

嫉妬心は、自分が愛している人の気持ちや愛情が他に向く事に恐れおののき、その第三者に対し恨みまでもに発展してしまうものです。

そして、【嫉妬】のもう一つの意味は

「他人が自分より恵まれていたり、すぐれていることに対して、うらやみねたむこと。」とあります。

上記のもう一つの嫉妬心に対して、愛情は微塵もありません。

【 嫉妬 】と【 羨望 】の意味合いの違い

【 羨望 】をネットで検索してみました。


羨望

羨望とは、自らの持たない優れた特質・業績・財産などを他者が持つときに起こる、それらへの渇望、ないしは対象がそれらを失うことへの願望である


愛情がない上で嫉妬してしまう感情を【 羨望 】と言います。

  • キリスト教での羨望は七つの大罪の一つ。
  • ヒンドゥー教では、羨望は破滅的な感情である。
  • イスラム教では、羨望は心の不純物であり、善行を無に帰すもの。
  • 仏教でも羨望は、煩悩にあたります。

【 嫉妬 】と【 羨望 】とは異なってはいますが、
嫉妬の中に羨望が入り込むことはありますが、羨望の中に嫉妬が入り込むことは決してありません。

嫉妬の中に羨望が入り込むこととして、

  • ジェラシー(jealousy)愛情関連の嫉妬
  • エンビー(envy)優劣関連の嫉妬

として、嫉妬の両方の意味を担うことができるとされています。

愛情のない【 嫉妬 】や【 羨望 】の感情が強い人は、自己評価が高く承認欲求や独占欲が強いと言えます。

【 羨望 】は同性間の感情

【 嫉妬 】と【 羨望 】はよく似た意味もありますが、同性に嫉妬することはあっても、男女間で【 羨望 】の気持ちを持つ事はまずありません。

自分のパートナーが、とても綺麗なヒトと浮気をしていた。
そのヒトがあまりにも美しくて、パートナーを魅了したその美貌を羨ましいと思ったとしても、それは【 嫉妬 】であって【 羨望 】ではありません。

男と女のあれこれ というカテゴリに入れてはいますが、やきもち・嫉妬の流れで【 羨望 】の意味をご紹介してみました。

では、他の人と仲良くしたり、他の人に心奪われたパートナーに対してどう感じていますか?

嫉妬心?やきもち妬くのは誰に対して?

誰に対してやきもちを妬きますか?

やきもち妬くのは誰に対して?
誰かに対してやきもちを妬いた事がありますか?

あなたのパートナーと同僚の子が、仲良く話をしていた。

  • その時、あなたは同僚の子に対してやきもちを妬くのでしょうか?
  • それとも、パートナーに対してやきもちを妬くのでしょうか?

最近、管理人紗江は、ある人に対してやきもちを妬いてモヤモヤするような出来事がありました。


実は、紗江は肩甲骨を骨折をしてしまい、週に3回病院へリハビリに通っています。

担当の先生は、全くタイプでも何でもない男性で、動かすと痛む箇所も全て把握している理学療法士です。

大きなあたたかい手で痛む箇所を包むように押さえてくれたりと、たったの20分間ですが週に3回も助けてもらっていると、魅力さえ感じなかった先生に対して「好き」という感情が芽生えてきました。

痛む箇所を早く元のように動かせるように一緒に頑張ってくれている事で、一緒に苦難を乗り越えているような錯覚はまさに吊り橋効果。

吊り橋効果について詳しくはこちら⇒脳の麻薬PEAの作用とは?

リハビリの時間、間近にいる先生と話している最中も、ぎゅうって抱き締めて欲しいような感覚になって、吊り橋効果の作用って凄いな~と思っていました。

先生は次から次へと色々な患者さんのリハビリを行っていますので、当然その20分が終わるとすぐに次の患者さんを診られます。

ある日、紗江のリハビリが終わっておばあちゃんの足を動かす先生を見て、すごくモヤモヤした気持ちになってしまったんです。

リハビリ中は、紗江に触れ・笑顔を向け紗江の事だけを見てくれてるのに、もうこっちを向いていない事に、少し寂しくなってしまいました。


「今すごく好きな人がいるの。」と言った上で、その話を彼にしました。

「すごいお年寄りに対してやきもちを妬いてしまったのよ。」と言うと・・・彼は「そのおばあちゃんに対してやきもちを妬いたんじゃなく、先生に対してやきもちを妬いたんだよ。」と一言。

それが【やきもち】と【嫉妬】について、考えるきっかけとなりました。

【やきもちを妬く事】と【嫉妬すること】

やきもちと嫉妬の違いについて考えた事はありますか?

【やきもち】と【嫉妬】を調べてみると下記のような意味でした。


やきもち
嫉妬。ねたみ。


嫉妬
自分の愛する者の愛情が他に向くのを恨み憎むこと。
三者関係で自分が愛する対象が別の存在に心を寄せることを怖れ、その存在をねたみ憎む感情。


【やきもち】は誰に対して妬くの?

この場合、紗江はおばあちゃんに対してやきもちを妬いているわけではなく、先生に対してやきもちを妬いているという事になると、彼が教えてくれました。

彼の話をよく聞きよく考えてみると、その通りなんですね。

【やきもちを妬く】意味

  • 自分の好きな人の気持ちが、誰か他の人へ向けられている不安感。
  • 愛している存在である人が、自分以外へ好意を持つ恐れ。

そういう気持ちを持つ事が、やきもちを妬いているという気持ちなんです。そんな時に感じている心は、下記のようなものです。

【やきもちを妬いている時】の気持ち

  1. 何故その人を見ているの?
  2. どうしてその人と楽しそうに話しているの?
  3. 私よりもその人の方が好きになったの?

こういう事から、自分が好意を寄せている相手・愛している相手に対して向けられている気持ちが【やきもちを妬く】という事になります。

ネットでの検索では、【おばあちゃんに対してやきもちを妬いている】と逆パターンが多く見受けられますが、個人の主観ですね。
正しくは、相手の異性に対してやきもちを妬くではなく【好きな相手に対してやきもちを妬く】という事だと感じました。

嫉妬は誰に対してするもの?

【嫉妬】という気持ちも、【やきもち】とほぼ似ていて、自分の愛している人の愛情が他に向く事に対して不安や恐れといった感情を持つ事です。

今回の紗江の体験でご説明しますと【嫉妬している】のは、相手のおばあちゃんに対してで、先生にではありません。

三者関係で自分が愛する対象が別の存在に心を寄せることを怖れ、その存在をねたみ憎む感情である。

「何故私の好きな人のそばにいるの?」と感じるのは、相手のおばあちゃんに対して妬む気持ちを持っている=【嫉妬している】という事になります。

決して、その先生に対して【嫉妬している】わけではありませんね。

【やきもち】と【嫉妬】の違い

  • 【やきもち】は、愛する対象に対してするものであり
  • 【嫉妬】は、その第三者へ対して向けられる気持ち

これが【やきもち】と【嫉妬】の違いです。


そして、【嫉妬】にはもう一つの意味があり、下記のように記されています。
他人が自分より恵まれていたり、すぐれていることに対して、うらやみねたむこと。

合わせてご覧下さい。