唾液が少ないとクンニは気持ちよくない真実

驚異的な程気持ちいいクンニ

唾液が少ないとクンニは気持ちよくない真実
人の舌の感触は、たまらない程気持ちがいいものです。

クンニされる感覚は、何よりも快感を得られますし、どんな精巧なおもちゃであっても実際の舌に勝る感触はまずありません。

※ ここのページでは是非男性に見ていただきたい内容となっています。

SEXするとなれば

  • とにかくクンニが大好き!と思い、ひたすら舐める人もいるでしょう。
  • クンニが苦手な人もいるでしょうし
  • したくないのにAVでは必ずやっているからするものなのか?と仕方なしにする場合、
  • オンナが喜ぶからとりあえずはする。

など様々な理由の上、前戯の一環としてクンニをします。

オンナは、クンニされる行為自体を、恥ずかしいと思いながらも一部クンニが気持ち良くない・好きではないという人は除きますが、心の中ではとっても嬉しいものですし、汚い部分を舐めてもらっていることで、大変興奮します。

人の舌はおもちゃでは再現できませんし、人の自然な動きである舐め方も同じように作り上げる事はまず不可能ですよね。

クンニリングスは、驚異的な快楽を与えてくれるのです。

フェラも同じですよね。

いくらよくできたオナホールを使っても、実際のオンナのフェラに敵うものなどありません。

唾液が少ないとクンニは気持ちよくない真実

ですが、「クンニさえすればオンナは感じるもの」と考えてはいませんか??

それは全くの勘違いで、クンニされることが苦痛に感じる事もあるのです。


舌の硬さ柔らかさは、同じ舌は舌でも人間のカラダの違いによって異なります。舐め方や相性の問題もありますし、一概にどうすればオンナが喜ぶのかなんて事に決まりはありません。

ですが、一番の根本は【唾液の少ないクンニ】は、全くと言っていい程気持ちよくないのです。

唾液が少ないクンニを、ずっと繰り返されると、クリがどんどん痛くなってきてしまうという事を知らない男性が多いかも知れません。

管理人紗江が昔何度か体験した事でもありますが、唾液の少ない乾いた舌でベロベロと舌全体で舐め続けるようなクンニは、初めから気持ちよくない上、ガサガサとした感触で気持ちいいどころか痛くなってくるのです。


クンニには唾液が必ず必要

唾液の分泌には個人差がありますので、唾液量が多い人・少ない人、差があるのは仕方ない事ですね。

それに唾液の分泌は自律神経が制していますので、自分の意志で唾液を多くしようと思ってもできないのです。


唾液が少ない状態で、クンニをすると、乾いたままあそこを擦り付けられているような感覚しか得られません。


乾いた皮膚で、あそこやクリを撫でても感じないのはわかりますよね?フェラされている時でも、オナホールを使用している時でも、「無理に擦られる感触」という感じでしょうか。ある程度の湿り気は必ず必要です。

男性の場合、オナニーする場合は皮がありますので無理に擦られている感触はオンナよりもわかりにくいかも知れません。

  • 例えばほんの少しだけ硬いタオルで腕の皮膚をこすってみて下さい。
  • そして、ボディソープをつけて擦ってみて下さい。

これで、どんな感じなのかがわかっていただけると思います。

オンナのあそこは、普段大陰唇・小陰唇に守られていて大変敏感です。そんな敏感な箇所を乾いた状態でクンニしても気持ちいいわけはないのです。

※ 当然、例外もありますよ。硬いもので擦られるのが快感!という女性も存在しますが、基本的には唾液たっぷりの柔らかい舌がいいのです。

唾液にまみれたクンニでないと気持ちよくない

唾液が多いか少ないか、自分ではあまり考えた事はないと思いますが、クンニしている時に自分の舌がどう感じるかで判断できます。

  • ヌルヌルとした感覚を舌で感じたら、ひとまずOK。
  • 擦っているような感覚を感じたら、NGです。

唾液でヌルヌルしていないと、基本的に【オンナはいくらクンニをされても感じない】と考えて下さい。

唾液の少ない乾いた舌で、いくら長時間クンニしても感じずもう嫌になってくる事を知って下さいね。

唾液とはいっても、水のようにサラサラな唾液ではなく、粘り気のある唾液の方が感じさせる効果があります。

交感神経が優位にたっている興奮している状態では、粘り気のある唾液が分泌されると言われています。

先ほどとほぼ同じような説明になりますが、

  • 水を含ませたタオルで腕の皮膚を擦る。
  • ローション(あるいはボディソープ)をつけて擦る。

全く感覚が違うと思います。

唾液でヌルヌルしている状態でないと、クリへのクンニも有難迷惑になってしまう可能性があるのです。


ただし、唾液を出し続けるばかりでは、「私の愛液って汚いと思っているのかな?」と、興奮状態も冷めてしまいますので、注意が必要です。

詳しくはこちら ⇒ 男のクンニ中の唾液

愛している人に、ジュルジュルと美味しそうに愛おしそうにクンニされたら、唾液が少なくても感じるのかも知れません。


ただし、「美味しいよ。」なんて言うと、引くオンナもいるので要注意です。


唾液の少ない男性は、食べれるローションを使用してパートナーへ最高のクンニをしてあげる事をおすすめいたします。

現代のローションは、食べてしまっても全く無害なものが多くなっています。気持ち悪いという方もおられるかと思いますので、そんな時は、フルトピア チェリーや、ペペジュレなどで、美味しいクンニをしてみてはいかがでしょうか?

そして、いくらクンニされても気持ちよくないという女性の方は、パートナーに「ローションを使ってクンニしてみて」「友達から聞いたんだけどね・・・」「友達からもらったんだけどね・・・」なんて、ローションを使ってのクンニに切り替えてもらってみて下さい。

相性も舐め方もありますので、一概には言えませんがこれで苦痛なクンニを回避できるかも知れません。


おすすめローションは下記からどうぞ

唾液の少ない男性がクンニするためのおすすめローション

ヒゲが痛いクンニ

クンニの利点

ヒゲが痛いクンニ
柔らかく湿った舌で刺激されるクンニは、指や物に触れられる感覚とは全く違った未知の感触とも言える程の感覚です。

舌を尖らせたり丸めたり舐め方にも色々なバリエーションを持たせる事もできるので、性感帯の違いにも感度の違いにも、策を講じる事のできるのがクンニの利点です。

クンニする事を期待しいっぱいな人がいる反面・・・

「排泄する場所なのに・・・」と、敬遠する女性もいますが、その恥ずかしいという気持ちが余計に快感を呼び覚ます事になる事も多く、「そんな場所をあなたが・・・」と幸福感・満足感を得る事ができ、男性と同じように支配欲も満たされますね。

ヒゲが当たってビクビク、ヒリヒリ・・・

ですが、人によってクンニの根本的なやり方をわかっていない人もいるので、クンニに苦痛を感じている女性がいる事も事実です。

あなたのパートナーのクンニのやり方は好きですか?
おヒゲが中途半端に伸びているのに、唇周りを擦りつけたりはしないでしょうか?


管理人紗江も昔経験があります。
紗江はクンニされるのがとっても大好きですが、異様にクンニ好きな男の人もいます。

昔、そういったクンニ好きな人とベッドに入った時、いつもはないヒゲが数ミリ伸びていたんです。顔を見た時は何も気にしていませんでしたが、その相手がいつも乗ってきて欲しいという顔面騎乗でのクンニの際、チクチクする唇周りにギョッとしてしまいました。

まだウブな年代だったので、何故か「我慢しなきゃ」と思い、ヒゲが当たる痛い感触にビクビクと耐えながら、イクはずもなくイク演技。

1回2回のクリのオーガズムで許してくれるはずもなく、何度もヒゲがクリ辺りにジョリジョリ当たってヒリヒリ・・・クリの先が赤く少し擦り剥けていました。

お願い!もう許して!と言うと、オーガズムの気持ち良さに耐えられなくなったと勘違いしたその相手は、大変満足気な笑みを浮かべていたのでした。
それから数日はヒゲで擦られた後が痛く大変な思いをしました。

そのクンニ おヒゲが痛いよ・・・

それが何度も続くと、いくらウブな紗江でも我慢はできるわけもなく3度目くらいの日、「おヒゲがあたって痛いの・・・」と正直に告白しました。

「そうなの?ごめん!」とすぐヒゲを剃ってくれたので、初めから言っておけば良かったと思いました。

同じような経験をした人もいると思いますが、そんな時は「ヒゲがあたって痛い」という事を1回目から迷わず正直に話しましょう。

その時、その苦痛を話したにも関わらず、ヒゲをどうにもしてくれずお構いなしにクンニする場合は、それこそ迷わずその相手とは別れて下さい。
その相手は、間違いなく100%あなたを性処理道具としか見ていません。

セックスは、お互いを思い合って成り立ってこそ快感を得るものです。相手がイヤという事・特に痛みに関して喜んでするべき事ではありません。

※痛みには種類があります。
SMで成り立っている関係であっても、ある程度の適度というラインはわかるものです。

ヒゲがあたるのを回避するもうひとつの方法

「おヒゲがあたって痛いの・・・」ともし言えない場合は、「あなたの尖らせた舌先でチロチロと舐めてもらうときっとすぐイッちゃう。ねぇしてみて」と伝えて下さい。

舌を尖らせてチロチロと舐めるクンニのやり方では、伸びたヒゲが当たる事なく痛い思いを我慢せずに済みます。

こちらの方が言いにくいと思いますが、褒める事でプライドを守る上、オトコの征服感や支配感を満たす事ができるので、一石二鳥。
効果的にヒゲがあたるのを回避する事が可能です。

愛液は汚い?男のクンニの後のうがい

愛液は汚い?男のクンニの後のうがい

愛液は汚い?男のクンニの後のうがい
あなたのパートナーは、クンニの後うがいをしますか?
正確に言えば、セックスの後にうがいをするという事になりますね。
クンニの仕方にもよりますが、

  • 舌で膣口をすすりながら鼻でクリを擦りつけたり
  • 唇全体で膣口全体を舐めまわしたり

そんなクンニの仕方で、口や鼻の周りが愛液と唾液まみれになる事もありますが、オンナにとって愛液をすするようなクンニは興奮材料にもなりますし、ちょっぴり嬉しいですよね。

詳しくはこちら⇒男のクンニ中の唾液



下記のようなメッセージをいただきました。

22歳 Hさん女性
今の彼氏は、クンニをしたセックスの後、必ずうがいをします。
上を向いてガラガラガラ・・・
なんていつもされて、私の愛液ってそんなに汚い?と感じてとても悲しいです。
普通はするものですか?

クンニを含めセックスが終わって、うがいをあからさまにされるている光景はあまり見ていても気分のいいものではありません。


クンニの後にうがいする男性は、愛液を汚いと思ってしているのでしょうか?

クンニの後うがいするのは愛液が汚いから?

まず、基本的に愛液が汚いと思っている場合はクンニはできません。


ただ、中には「愛液が苦手だからクンニはなるべくしたくない」という男性もいます。

そういう男性がとりあえずのクンニをした後でうがいをするのは、汚いという気持ちの表れもあるかも知れませんが、基本的にはうがいをするのは愛液を汚いと思っているわけではありません。

  • 愛液や陰毛が喉に引っかかってイガイガする。
  • ドロッとした愛液が残っている口の中をさっぱりさせるため。
  • シャワーをする時には必ずうがいをするから、クンニや愛液は関係ない。

こういった事が考えられます。


口内発射をされた時を考えると、良くわかるのではないでしょうか。口の中にドロッと残る精液、気持ち悪いわけではなくても、うがいしたくなりますよね。

精液をゴックンした後は特に、喉がいがらくってたまりません。でも、うがいをするからといって、パートナーの精液が汚いと思っているわけではありませんよね。



それと同じで、パートナーもうがいをするから、愛液を汚いと思っているわけではないんです。


乾くとパリパリになる愛液

精液と同様、愛液も乾くとパリパリになります。

肌についたパリパリ感、ちょっと気持ち悪いですよね。


管理人紗江の彼も、SEXの後シャワーへ行くと、必ずガラガラ・・・とうがいをします。でも、そのまま寝てしまったり、すぐシャワーへ行かない時はもちろんうがいなんてしません。

ただ、口の周囲が愛液まみれの時は、洗面所へ行って口の周りを洗っています。かといって、飲み物をベッドから出てすぐ飲む事が殆ど。


頼んでおいた食事を食べないままSEXしてしまった時は、電子レンジでチンしてすぐに食べる時もあります。


そんな感じで、SEXして急いでうがいしに行くわけではない場合は、愛液を汚いと思っているわけではありません。
ただし、殆どの男性は自分の精液は汚いと考えています。
潔癖症の人は特に、精液はもちろん愛液などの体液自体を毛嫌いするのは当然です。


そういう人はクンニは大嫌いなはずです。

もし仮にすぐにうがいをされたとしても、彼女を悦ばせたいという気持ちや愛情あって、クンニをしてくれているのですから、そこはその気持ちを受け止めてあげましょう。

愛液どころか陰毛が口に入ってしまうのは、誰でも嫌なものです。
アンダーヘアはエチケットとして、クンニに差し支えないくらいのケアはしましょう。

合わせてご覧下さい。

セックスの癖?誰にでも同じ事をするの?

あなたとのセックスは特別?

セックスの癖?誰にでも同じ事をするの?
人には、必ず「癖」というものがあります。

  • 歩き方の癖
  • 話す時の癖
  • 無意識に何かの仕草をしてしまう癖
  • 人から指摘されて、わかってはいるけれどどうしてもやめられない癖

など・・・
「癖」でなくても、

  • 人それぞれ話し方・声のトーンが違う事や
  • 性格の違い

などで、人への接し方も違ってきますし、当然セックスの仕方にも影響してきます。


それぞれの相手がどんな対応であるかということも少なからず影響してきますが、本来 人の性格や持っている癖は変わりません。

セックスの時に、相手を気遣い優しく接する事が出来る男性ならば、その人はセックスの時にはオンナ全般に優しい態度を取ることができるわけであって、あなただから優しいわけではありません。

相手が誰だから、「特別」なんて有り得ない事で、誰が相手であっても、持っている「セックスの癖」は変わりません。

前の彼女への嫉妬心

当サイトは、「女性のためのサイト」です。
管理人自身オンナですし、当然女性の気持ちは嫌という程わかります。
オンナは自分本位で嫉妬深い生き物です。


自分の好きな彼氏が、セックスがうまく、セックス中の気遣い・思いやりがとても素敵だとします。
すると、嫉妬心が芽生え、大きくなりどんどん悪い方向へ向かってきてしまうパターンがあります。

  • 「前の彼女にも同じようにしてたの?」
  • 「女にはいつも私を抱くように同じやり方をしているの?」

といった感じの、前の彼女や他の女への嫉妬心です。

私でも誰でも同じなの?

下記のようなメッセージをいただきました。

33歳 Jさん 女性

付き合って2年になる彼がいます。
先日、プロポーズをされ結婚を前提の上であらためて付き合う事になりました。

彼は、私と真逆で女性経験が多く、初めてのセックスの時の印象も「今まで一度も感じたこともないくらい”うまい”」でした。
気持ちいいし、とっても優しくしてくれるのですが、どうしてもそのやり方で他の女を抱いてきたと考えたり、その同じやり方でされていると思うと、やりきれない気持ちになってしまいます。
このまま結婚しても、ずっとその気持ちが続くと思うと・・・

私はいったいどうすればいいのでしょうか。

お気持ちとても良くわかります。
自分の愛している人には自分だけ特別にして欲しい。
自分だけの影響しか受けて欲しくない。
そう思いますよね。

ですが、逆の立場になってみて下さい。
あなたはどうでしょうか?

  • あなたが彼氏にするキスは?
  • あなたが彼氏にするフェラは?
今まで経験してきたオトコ達から教えられたり、何度も何度もする事によって、覚えた事ではないでしょうか?
自分の事は棚にあげて、彼氏さんだけを自分の思い通りにしたいという気持ちは決して正しいとは言えませんよね。

セックスの癖?誰にでも同じ事をするの?

「セックスの癖?誰にでも同じ事をするの?」
この疑問に答えを出すのならば、答えはただひとつ。
「YES」です。


ただし、男女関係なく、相手が好きなコト・すると気持ちいいコトは意識的に行いますので、あなたが左の胸の方が感じるなら、左胸の方が多く責めるでしょうし、そういった違いは当然あります。


上記のJさんでも、同じような悩みを持つ方にも強く言いたい事があります。

あなたが愛している男性は、癖を含め、それまでの経験を含めた人間であるという事です。

もし、優しく気遣いができるような人間ならば、誰にでも柔らかい話し方をし誰にでも気遣いができる人なんです。

当然、セックスも例外ではありませんよね。
ある程度の性癖も関係してきますが、元々持っている癖ややり方は誰が相手でも、基本的なものは変わらないのが事実です。

もう変える事のできない癖に嫉妬するよりも、完成した相手の今までの全てをひっくるめて、彼氏を愛してみてはいかがでしょうか。


そして、あなた自身が新たに彼氏の癖になるような事を作り出せばいいんです。

合わせてご覧下さい。

彼にクリを舐められてイキたい!

彼にクリを舐められてイキたい!

舐められてイキたい

こちらの方でも、触れていますが、ひとぞれぞれ感じる場所に違いがあるように、クリを舐められても感じる場所感じにくい場所・または感じる舐め方というのがあるので、一概に舐められてもあまり感じないから、クリが感じないというわけではありません。

そして、彼の舐め方が必ずあなたにとって気持ちのいい舐め方であるわけがありませんよね。

彼に舐められてイッたことがないから、もう二度とイクことはできないんじゃないか?
オナニーでイクしかないんじゃないか・・・なんてまだあきらめるのは早いですよ。

彼の舐め方でイケないなら、イケるような舐め方をしてもらえばいいんです!

彼にイケるクリの舐め方をしてもらうために

皮を被ったままの方が感じる、クリの左側がいいなど、あんな小さなクリにも微妙な場所の違いによって全然違ってきます。

身体は本当に不思議で、ほんの1ミリほどの差でもそれが出てきます。

そこをイクように舐めてもらうのは、そう簡単ではありません。
まずは、オナニーでどこが感じるのか、どうすれば一番イケるのかを研究してみて下さい。

自身の一番感じる場所の場合、足先にまで貫くようにしびれが走る場合があります。

いったい何をされているのかわからなくなる程で、クリのどこをどう舐められているのかもわからなくなる程の快感が身体の隅々にまで行き渡ります。

もちろん、そこまでの快感がなくてもイけますが、そこを見つければ、ものの数秒でイク事も可能です。

クリのここをこう舐められたいと彼におねだりしてみる

色々な舐め方がありますが、あなたは彼にクリを舐められている時
こうして欲しいのに・・・と感じた事はありませんか?

その彼のクリの舐め方で、イク事ができているなら何の問題もありませんが、同じ舐め方しかしないワンパターンな男性がいるのは事実で、実はその方が多いかも知れません。

彼はどんな風にクリを舐めますか?

  • クリにチューチューと吸いつく
  • 舌を尖らせてクリをチロチロと舐める
  • クリ全体を覆ってレロレロ舐める
  • クリや全体をじゅるじゅる音をたててバキュームして舐める

人間の「癖」は、なかなか直す事はできませんよね。
爪を噛む癖・髪を触る癖など、直したくても直すことができない、それが「癖」ですね。

そして、女を抱く時、その癖は当たり前にあって、舐め方も同じ。

色々なバリエーションでクリを舐めてくれたら、女はどこが気持ちいいのかを知る事もできますし、
その反応を見て「こうされるのが一番よがっている」などと、学習してくれる男性が一番いいに決まってますよね。
向上心です!

ですが、世の中そういう男性って以外に少ないんですよね。

そして、女がイクふりをしてしまうのも、大きな原因のひとつになります。
これで満足しているから、いつもイクから・・・と、同じワンパターンな舐め方ばかりをしてしまいます。
本当は、あなたがイッてもいないのに、そう舐めればイクと思い込んで。

お互いに悲しいですよ。本当に。
自分の一番気持ちいい舐め方をしてもらって、イク事ができたら、そんな幸せな事はありませんよね。

こうして舐めて欲しいと正直に話してみましょう。
なかなか言い出せないとは思います。でも、二人の幸せなSEXのために!勇気を出しておねだりして下さい!

クリの舐め方を二人で研究する

クリを舐めてもらうときは、必ず唾液でベタベタにしてもらって下さい。
唾液が少ない彼なら、ローションをつけてクンニしてもらうのがいいですね。

無味無臭で、飲み込んでしまってもいいローションもありますので、舐めてもらってイクには、唾液やローションのぬめりは不可欠です。


クリの舐め方のバリエーションを研究する

舐められてイキたい

何度も言いますが、舐め方によっても全く感じ方は違います。当然あの小さなクリでも感じない場所はあるんです。そして逆にとてつもなく感じてしまう場所もあります。

舐める場所&舐め方 これが、イク条件にぴったり合った時にこそ、あなたは快感へと解き放たれるんです。
それを、二人で少しずつ開発できるようにしていって下さい。

彼にフェラの仕方を、どんな風にするのか、同じように試してあげれば、自分も・・・と言いやすくなりますよ。勇気を出して下さいね。
では、その舐め方にどんなものがあるのか見ていきましょう。

arrow

クリを舐める時に、皮の上から舐めるのか、皮を剥いて舐めるのかですね。

 

ここはかなり重要ですよ。
皮を剥いて、くりを剥きだしにされる事で痛みを感じる女性も多くいます。
案外、皮の上からの方が気持ちいい人って多いんです。

arrow

そして、クリを舐める舌の形や固さです。

 

  • 舌を尖らて固くして舐める
  • 舌を丸くして柔らかくして舐める
arrow

クリを舐める舌の場所

 

  • 舌先を使ってクリを舐める
  • 舌の腹でクリを舐める
arrow

クリの舐め方

 

  • 陰部に唇全体を押し当ててクリを舐める
  • 唇は離した状態でクリを舐める
  • クリには触れずに、空気を吸い込んで(または吐いて)クリを振るわせる
  • 舌を押し付けて、押す引くを繰り返す(引いたときもクリからは舌を離しません)
  • とにかく、じゅるじゅるとねっとり音をたてながらクリを舐める
  • チューチューとクリを吸いながら、舌先を動かして舐めてもらう
  • 舌を動かすのではなく、顔を振ったり回したりしてもらう
arrow

クリを舐める体勢

 

  • 寝転んで足を開いた状態で舐めてもらう
  • 寝転んで足を上に持ち上げて舐めてもらう
  • 寝転んで足を閉じた状態で舌をねじ入れて舐めてもらう
  • 寝転んだ彼の上にまたがって69の形で舐めてもらう
  • 寝転んだ彼の上にまたがって膝立ちで舐めてもらう
  • 四つん這いになって後ろから舐めてもらう
  • 四つん這いになって下から舐めてもらう
  • 寝転んだ状態で、彼がベッドの下に降りて舐めてもらう
  • 横向きになって、片足を上げて舐めてもらう

一見、同じじゃないかと思うかも知れませんが、こういう体勢もかなり重要なんです。
いやらしいと思う格好もひとそれぞれ違いますので、脳が感じる刺激も全く違ったものになります。

それに、微妙な角度が違う事で、常に当たる場所も変わったりしますので、とても大切な事です。

合わせて、洗面所で舐めてもらったり、時には少しカーテンを開けて見えるか見えないかというドキドキの中など、舐めてもらうシチュエーションも色々試してみるといいですね。


上記5つの条件をランダムに合わせながらバリエーションを付けるだけでも、かなり違った刺激となります。
合わせてご覧下さい。⇒クンニでクリイキしやすい体勢

時々膣の中にも舌を出し入れしたり、ビラビラを舐めたり唇でついばんだり、
アナルもつつくように・またソフトクリームのように舐めてもらったり、
乳首をつまんだり転がしたりしながらも感じやすくなります。

少し恥ずかしいかも知れませんが、自分でも乳首を触るのも効果的ですよ。

言葉責めが好きな人は、「美味しいよ」「いやらしい味がする」などと言ってもらうのもいいですね。

膣の方が感じると自覚がある女性は、膣の中に指を入れてもらいながら、クリを舐めてもらって下さい。

軽く出し入れするのもいいですし、Gスポットを刺激してもらいながら、ぐるぐるとかき回してもらいながら・・・このあたりも色々なバリエーションをしてもらいます。

そして、イキそうになったら、指の動きを止めてもらい、クリを舐めることに専念してもらいます。
イキそうになった時、手を止めて欲しいという合図を、事前に決めておくのがスムーズにいきます。

二人のそういう努力が、彼にクリを舐めてもらって気持ちよくイク事に繋がっていきますよ。


自分がイク事に集中するのが一番ですが、彼を責めるのが好きな人は、クリを舐めてもらいながら、彼が入ってくるのを想像し彼のペニスをしごいたり、シックスナインでフェラしながらの方がいいという人もいるかも知れません。




合わせてご覧下さい。

クンニしたがる男は【サド】なのか?

男のクンニ中の唾液

男はクンニ中の唾液ってどうしてる?

男のクンニ中の唾液
あなたはフェラの最中の唾液ってどうしていますか?
フェラをする時、基本的に唾液は沢山出す事が鉄則です。
唾液の足りないフェラよりも、沢山出した方が相手が気持ちいいからです。


クンニも全く同じで、唾液は沢山出しながらしてくれた方が気持ちいいですよね。

時々、クンニさえすれば気持ちいいと思っているのか、カラカラの舌で一生懸命クンニする男性がいますが、そういうクンニは気持ちいいどころか不快感しか感じません。

絶えず出している唾液ですが、垂らしてはいてもある程度口に溜まってきます。
その時、その唾液を飲み込むか?飲み込まないか?極端に分かれます。

唾液と混ざる愛液

クンニの仕方にも色々ありますが、愛液が口の中に入るか入らないかの違いもあります。

  • 表面を舐めるクンニ
  • 膣の中の愛液をすくい取るようなクンニ

どちらかだけ・どちらもする 男性によって違いますし、女性もどちらの方が感じるかも人によって違います。
下記の違いを見て下さいね。
※クリックすると別ウインドウでクンニ動画が開きます。

クンニ中の唾液
クンニ中の唾液


明らかに、舐め方が違いますよね。
表面を舐めているだけだと愛液は口の中には入りませんが、膣口までねっとりと舐めていると、当然出ている愛液と唾液が混ざります。

その唾液を吐き出すのか、口に入ってきたものを自然に少しずつ飲み込むのか、男性によっても違います。

愛液を飲み込むのが苦手な人のクンニは、クリを責めるのが中心のクンニになります。
そして、出た唾液も全て口の外に吐き出している事が殆どでしょう。

唾液を出すのは汚いと思っているから?

紗江は、愛液をすするようにズルズルと音をたてて、膣の粘膜を舐め取られるととても興奮します。

自分の愛液を飲み込んでくれるなんて、その行為自体とても恥ずかしい事でもあり興奮しますし、大変嬉しいものです。
でも、絶対イヤという人もいるでしょう。
そういう人は、クンニの後のキスフェラの後のキスも苦手だと思います。


でも、唾液を出すからといって、決して汚いと思っているわけではなく、ただ単に苦手なだけなんです。
潔癖症という言葉がありますが、人によってその潔癖の度合いも様々ですよね。

パートナーが、飲み込んでしまわないように唾液を吐き出すようにしている事にはすぐに気がつきますが、もしそうであっても何も気にすることはありません。
別にあなたの事を汚いと思っているわけではないんです。

こちらも合わせてご覧下さい。

唾液を出すかどうか相手による

愛液が苦手な人は、なるべく愛液が口に入らないようにクンニをし、唾液も吐き出しています。

ただ愛液が苦手ではない人だからといって誰の愛液の混ざった唾液でも飲み込むかと言うと、そうではありません。
誰でもかれでもクンニをした時に愛液の混ざった唾液を飲み込むわけではないんです。


逆の場合で考えてもそうですよね。
フェラ中は、我慢汁と呼ばれるカウパー腺液が出ています。

大量に出る人・あまり出ない人 色々ですが、愛していない男性のカウパー腺液は決して好むものではありません。

紗江は好きな人のカウパー腺液や精液なら、普通に飲み込む事ができます。
でも、本当に好きなパートナーではない場合、カウパー腺液が混ざった唾液は全て吐き出します。
口の中にどれだけ入ってきても、全部垂れ流し状態にするんです。
好意があれば誰にでもクンニできる男でも、その辺りの線引きは必ずあります。

カウパー腺汁や愛液が苦手かそうでないかという事も、人ぞれぞれですので、逆も同じです。クンニしている時の唾液をどうしているのかは気にせずにセックスを楽しむようにしましょう。



合わせてご覧下さい。